« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月28日 (木)

鬱です。

どうも最近鬱でござる。

『ござる』とか言ってる時点でそんなへこんでないじゃ〜んとか思われるかもしんないけど。

どうにも気分が沈みがち。

特別なんかあったわけでもないんだけどなぁ。

雪のせいかな。

うちの前の駐車スペースもこの一週間ですっかり埋まってしまったので友人も呼べないし。

当然自分から遊びに行っても友人宅に車を停めるスペースはないだろうな。

それどころか友人の車も埋まって動けなさそうだし。

漫画返さにゃあならんのに。

なんかいい気分転換ないかね。

なんて思って昨日は夕方になってからぶらりとお宝百貨店『万代』に行ってきた。

一通り歩き回ってたらいつの間にか3時間くらい経ってて。

収穫はDVD『コンスタンティン』と『アイロボット』。

そしてゲーム『三國無双3エンパイアーズ』。

自分コーエーのゲームってやったことなかったんだけど。

専攻地理だから日本史世界史興味ないんで。

しかもアクションゲームって普段やらないんだけど。

ここは気分を変えて新しいものに挑戦してみようと。

全く前の見えない猛吹雪の中なんとか帰って来て。

やってみた。

主人公に選んだのは『孫堅』さん。

初心者にオススメって説明書に書いてあったから。

字が小さくて読めん…。

画面に100人くらい人が出てきて自分がどれかわからん…。

でもこれは面白いかも。

おっしゃー皆殺しじゃー!

……………。

酔った…。

字が小さいのに目まぐるしくかわる画面で。

油断するとサクサク斬られるし。

ムキんなってるもんだからさすがに伝説の酔いゲー『クーロンズゲート』をクリアーした自分も具合が悪くなり、嫌な汗をびっしょりかいてリタイア。

ぐったり。

また鬱状態に。

ダメだ、他の気分転換考えなきゃなぁ。

ゴルフの打ちっぱなしでも行ってこようかな。

いや、現実逃避してないで雪掻きしてこよう。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年2月24日 (日)

身内と思うと。

温厚と言われる自分も時としてパートに声をあらげることがある。

仕事だから仕方ないと言えば仕方ないのだが。

怒鳴った後で『もう少し言い方があったな』と反省したりする。

自分の母親くらいの歳のパートだ。

もし自分の母親がパート先で若い奴に怒鳴られていると思うととても嫌な気分だ。

反省だ。

平和主義と言われる自分も時として学生アルバイトに怒りをあらわにすることがある。

しかしもし自分に息子がいたとして、サボってばかりの上司にヤキを入れられたりすることを考えると。

とても可哀相に思えてしまう。

もっと楽しく仕事させてあげなければいけないな、と思う。

反省だ。

卑怯と言われる自分は時として陰で上司の悪口を言う。

表向きはニコニコしているが、自分の父親くらいの歳の上司を『くそだ』とか言う。

しかし、それを自分の父親に置き換えてみると。

仕事もできない若い部下に実力でその地位まで行った父親が悪口を言われていると思うと残念でならない。

反省だ。

エロと言われる自分は、時として職場の若い女性達にセクハラをする。

言葉のセクハラだ。

手は出さない。

しかしもし自分に娘がいたとして、それに置き換えて考えると。

いや、待てよ。

みんな平等なのだから、自分だけ偽善者になっても仕方ない。

セクハラしよう。

自分は手は出さないが、職場には平気で女のケツとかを触る年配の職員がいる。

触りまくっているが、なぜかその人ぐらいになると許される。

怒る女はいない。

もうなんて言うか、あんまり男として見られていないと言うか。

言葉でやらしいことを言うような人ではなく、単純に触る。

通りすがりに自然にケツを叩いたりする。

相手が怒らない素晴らしいテクニック。

自分が触ろうものなら一発で上司にチクられて地方に飛ばされるに違いない。

悔しい。

あまりにも悔しいので、触っても訴えられない方法をあれこれ考えてみた。

その中で最も有効的と思われる方法がこれ。

『年配の社員が触った直後に自分も触る』

間髪入れずに触る。

そうすりゃあ前の人が許されるくらいだ、自分も許されるに決まってる。

そうなってくるとみんな調子に乗って5人くらい連続で触ったりして。

これは間違いなく仕事辞めるだろうな、その娘。

……………。

なんの話だっけか。

今回はいいこと書こうと思ったんだけど訳わかんない話になったな。

反省だ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月19日 (火)

グラビア

このブログからリンクしてるファッションヘルスの女の子なんだけど。

今月末に発売する雑誌の表紙と巻頭グラビアになったんだって。

本人喜んでたから一応宣伝しといてあげよう。

ブログもすすきの関連ではどうやらアクセスランキングが1位みたい。

デビューしてまだ1年も経ってないのにそんなにメジャーになってくるとは本当に浮き沈みの激しい業界なんだねぇ。

本人、今月は撮影でお金が入ったからあんまり働いてないんだってさ。

今回の雑誌の撮影でいくらもらったか聞いてみたよ。

すぐ金の話をして申し訳ないんだけど。

『〇〇万円。』

……………。

それって限りなく3ケタに近い2ケタじゃない。

一流AV女優は一本出演で何百万って話は聞いたことあるけど。

脱いで撮られてそんなに貰えるもんかい。

自分の友達の友達にグラビアアイドルがいるんだけどね。

撮影料一番貰ったときで『ヤングサンデー』だかなんだかで3〜40万とか言ってたなぁ。

事務所に所属してたりするとそっちの取り分もあるからね。

脱いでる脱いでないの違いもあるかもしんないけど。

『今回はかなりギリギリまで出してまぷ』

とか言ってたし。

そう言えば自分はまた3月にラジオの出演を依頼されちまったよ。

またしても全道のラジオに自分のローテンションな声が流れるわけだ。

いい加減断ってやりたかったけどそうもいかないらしい。

でも今回はなんと自分に出演番組の選択権あり。

『日高吾郎ショー』と『午後もトコトン』から選んでくれとのこと。

もちろん素人に厳しくないみのや雅彦を選択。

しかしなんでヘルス嬢より自分の方が絶対メジャーなメディアにでるのにノーギャラなんだ?

不公平極まりない。

展開によっては北海道中の人達の聞いてる番組で恥までかかされるのに。

考えた結果。

もしかして脱いでないからか。

脱いでラジオ出演すればギャラ貰えますかね。

なんてこと考えてみたりしてます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年2月15日 (金)

義理義理

今年も職場ではたくさんの義理チョコを戴いてきました。

人によってはもう男子社員にチョコをあげるのが義務みたいになってたり。

自分がいない間に机の上に投げてあったりして。

顔合わせてるんだから手渡しすりゃあいいじゃんよ。

そこまでしてくれなくてもいいよ、とか思う。

お返しも馬鹿になんないしね。

そんなもんで夜は友人のとこに行ってチョコ食べながらダラダラして。

マンガを借りて帰ってきた。

このマンガがまたなんともネガティブなストーリーっていうのかな。

突然現れる怪獣を普通の少年少女が突然現れるロボットにのってやっつけるっていうどっかの人気マンガのパクリのような話なんだけど。

変にカルトな要素がない分こっちの方が単純で。

妙にリアルで気持ち悪い。

すんごいもやもやした気分になるマンガだ。

読まなきゃあよかったとか思う。

しかもまだ続いてるし。

そんな感じで今日の仕事はもやもやしながら。

この文章もなんだかもやもやだね。

今日は早く帰ろうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

墓場の鬼太郎

前回『あかり』のことをブログに書いたところ自分にメールによる問い合わせが殺到。
 
ほんとにちっちゃい店だから地図にも出てないしね。
 
今日また行こうと思ったら休みだった。
 
チェッ。
 
それからゴルフの打ちっぱなしに行ってきた。
 
すっごい久しぶりだったけどね、あんまり変わってなかったかな。
 
途中から猛吹雪になってきて、それはそれで珍しい環境で打てたかも。
 
 
 
突然話は変わりますが。
 
火曜の深夜、新番組『墓場鬼太郎』が始まった。
 
実は自分、昔単行本の『墓場の鬼太郎1巻』を持ってたことがあって。
 
テレビアニメになるんだからやっぱりゲゲゲの鬼太郎のように一般受けするような絵柄になるのかなって思ってたら。
 
昔の漫画そのものの絵柄。
 
これはいい。
 
内容も漫画とほぼ同じ、ミイラと幽霊の子供の鬼太郎はシュールで変にヒーローになってないし、目玉の親父もちゃんと親父の目玉だった。
 
感動した。
 
恐らくこの先砂かけババァのネズミ男に対する『ビビビビビ』もきっちり再現されるに違いない。
 
深夜のテレビの楽しみが増えたなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

あかり

みんな、『あかり』っていう定食屋知ってる?
 
ほんとは漢字で書くんだけどね。
 
この前職場の先輩にすんごい定食屋があるって言われて昼飯に連れて行かれたのね。
 
小さいお店のカウンターに多分家族でやってると思われるんだけど初老の男性と女性、そして息子っぽい若い男。
 
 
先輩が名物のザンギ定食を食ってみろっていうからそれを注文してみたよ。
 
700円
 
まぁフツーの値段か。
 
先輩は人にザンギを勧めておいてトンカツ定食。
 
750円
 
んでそれが頼んでから出てくるまで結構時間かかんのね。
 
棚にはマンガや週刊誌がずらりと並んでいるからみんなそれを読んで待つみたい。
 
ふと気付いたカウンターに座っている客の皿。
 
でかい…。
 
どうやらあんかけ焼きそばのようだが、見ただけで胸やけするような量が乗っていて。
 
反対側、テーブル席の客が食べているのはどうやって作ったのかそれも巨大な皿に溢れんばかりにのったオムライス。
 
あいつら昼間っからよくあんな大盛り注文すんな…自分は普通のサイズで十分だよ。
 
なんて考えていると先輩のトンカツ定食がやってきた。
 
……………。
 
あれ?先輩大盛りって言ってたかな。
 
皿に盛られたのは信じられないくらい巨大なトンカツ定食。
 
長さ30センチ以上はありそうなトンカツにご飯も大盛りだ。
 
すげえ…
 
『いや、これで驚いてちゃダメだから』
 
先輩に言われてしまったが。
 
なかなか自分のザンギは揚がらないみたいで。
 
でかいかららしい。
 
なんか怖くなってきた
 
そして。
 
愛想のない店主がドンッとテーブルに置いた皿。
 
ちょっとこれはありえなくない?
 
特大の皿に乗っていたのはまさに、げんこつサイズのから揚げ5個。
 
げんこつってのも女の子の手じゃあなくてオッサンの手くらいのげんこつね。
 
それと山盛りのキャベツ、スパゲティーサラダ、ご飯と沢庵。
 
これはなんかの冗談か…。
 
とりあえず食べてみた。
 
うまい!
 
2個目までは。
 
3個目ですでに胸やけ。
 
限界です。
 
しかし貧乏性の自分は意地でも出されたものを残したくない。
 
限界突破!4個クリアー!
 
5個目が異常に重たい!
 
ご飯も多い!
 
休むと絶対入らないので一気にラストスパート!
 
……………。
 
食った〜!!
 
完食です!
 
エイドリアン!
 
最強のザンギ定食を完食できる者はなかなかいないらしい。
 
それでもやはり店員の愛想は会計まで中国並に悪い。
 
これ絶対食ったらタダにしてくれてもいいような量だったんだけど。
 
しかし本当の地獄はここから。
 
職場に戻るともう本当に動けません。
 
2時間はぐったりして。
 
仕事にならなかったなぁ。
 
悔しいから誰か連れて行ってザンギ定食食わしてやりてぇ。
 
今度一緒に行ってくれる人募集ね。
 
自分は二度とザンギ定食食べないけどね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

同居人増えた。

同居人増えた。
実家のハムスターが先日、天国へ旅立った。

とても可愛がっていたのだが、2年3ヶ月の短い生涯を終えた。

悲しい。

動物が死んだときってほんとに切ないよね。

そしてそれまで可愛かったのに死んだ途端触れなくなるのはなぜだろう。

だからってわけじゃあないけどまた買ってきてしまった。

ハムスター2匹。

しかも今回はちょっとお高い高級ハムスター。

前回飼っていたパールホワイトジャンガリアンの変種で、ちょっと珍しい銀の『シルバーパールハムスター』。

とゴールデンの変種で全身金色に輝く『キンクマ』(写真)。

金と銀。

オリンピック前に縁起がいいな。

結構レアなのに目を付けてしまったので金額は前回のほぼ倍、2匹で3360円。

うーん、思い切ってしまった。

しかし自分、ジャンガリアンは何度も飼っていたので慣れているものの、ゴールデンの種類は初めて。

やたらでかい。

そして力強い。

驚いたことに家に着くまえにお店から持ってきた箱を食い破って出てきやがった。

慌てて別の箱に移してから小屋をセッティングしたけど。

こりゃあ手がかかりそうだな。

名前をつけてみた。

キンクマはカフェモカっぽい色なので『もか』。

シルバーは大福みたいな見た目から『おもち』。

今まで猫4匹と一緒に暮らしてたのんちゃんもハムスターは初めて。

興味津々だ。

おもちを手に乗せてのんちゃんに見せてみた。

ふんふんと匂いを嗅いで。

……………。

パクッ!

『あっ!!』

食いやがった。

慌てて手を引くと手の中ではキョトンとしたおもち。

どうやら甘噛み。

にしてもおもいっきり口に入ったように見えたが…。

その後ものんちゃんは小屋の前にじっと座って2匹を凝視。

2匹は知らん顔でエサを食べたり回し車で遊んだり。

そんな感じで、我が家の生活は二人と三匹の大人数になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

ちんげちんげあいにー

最近、中国で25元(約375円)で買ってきたアイドルのCDにはまってまして。

インターネットで調べると割と人気のあるアーティストらしく、日本にもファンはいるみたい。

王心凌(ワン・シンリン、英名でシンディー・ワンと読む)っていうアーティストなんだけど。

25歳って書いてた。

ドラマとかも出てるみたいで。

これが意外といい曲ばかり。

それもそのはず、どうやら自分が買ったのはベスト盤(しかも初回限定盤らしい)。

ここんとこずっと聞いててちょっと口ずさんだりして。

お気に入りは4曲目の『愛イ尓』って曲ね。

超いい。

もうその曲のラストの『チンゲチンゲアイニー』っていうフレーズが頭についちゃって。

歌詞カードも中国語だから意味は全然わかんないんだけど。

多分ラブソング。

絶対いいこと言ってると思うんだよね。

あんな可愛い娘に『ちんげちんげ』って言われて中国の男はめっちゃテンション上がってるんだろうな。

意味のわからない自分もなぜかテンション上がるもの。

毎日車で『ちんげちんげ』って歌いながら通勤してる。

是非一度、みんなに聞いてみてほしい。

きっとクセになるね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

報道を正確に理解しなきゃね。

ずいぶん騒がれてる冷食餃子の食中毒。

メーカー、販売店にはお客さんからの電話が鳴りっぱなし。

でもね。

基本的に電話してくる奴っていうのはニュース見てなくて新聞ちゃんと読んでない奴ね。

だってちゃんと報道を見て理解してりゃあ何が良くて何がダメなのかわかるでしょ。

こんだけ散々テレビでやってんだから。

それを『この商品は大丈夫ですか?』とかわざわざ電話で聞いてくるなんて愚の骨頂。

『別メーカーだけど中国産で気持ち悪いから返品したい』とか。

中国広いし!

冷食なんてほとんど中国産だからね!

『JTの商品だから』とか。

別にJTで作ってるわけじゃあねーし!

『みよしのの餃子も不安だから返品したい』まで言い出す始末。

『みよしの』は道内産だよ!

そこまでいったらあんた食うもの無くなるよ!?

日本で流通してる商品どんだけ中国産あると思ってんだ。

冷食以外にも加工肉や食品の大半は中国原料混入。

大手スーパーやデパートのお惣菜コーナーだっておかずに冷食使ってるんだぜ。

まぁきっと不安だから誰かに『大丈夫です』ってはっきり言ってほしいんだろうな。

自分みたいに朝からダラダラ仕事サボってコーシー飲んで製造元の工場なんか知るわけない人間でもいいから『大丈夫』って言ってほしいならいくらでも言ってやるけど。

まぁ結局日本人は中国産の食べ物を食べずに生きてはいけないんだから。

そんな宝くじに当たるより低い確率の食中毒なんか心配してる暇があったらしっかりニュースでも見ておけばいいんじゃないの?

っていうのが対応に疲れた業界人の意見です。

あ、今日冷食特売やってるからたくさん買って帰ろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »