« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月30日 (水)

浴場で欲情

夏ということで、とりあえずプールに入る為に定山渓ビューホテルに行ってきた。

CMでもお馴染みだがここには『ラグーン』というジャンボプールがあり、日帰り1500円で大浴場と一緒に入り放題。

行った。

大学の頃友人達と来たことがあったが、なかなか広くていい感じ。

でも全体的に子供向けか。

その割には波のプールの奥は深さ180センチ。

途中からいきなり深くなってて自分でも顔を出すと足がつかないなんていう恐ろしいトラップがあったり、油断ならない。

夏休みのせいかファミリーが多いな。

子供はいいけど親は仕事しろよな、平日なんだから。

話題の死海プールがあった。

他は賑わってるのにここだけ全然人がいないな。

なんで?

入ってみた。

おっおっ浮くじゃないの。

ウッヒョーこれはなかなか楽しい!

なんでみんな入んないんだ?

しかし、入って1分もしないうちに。

いててて、痛ぇ!

ささくれとか、かさぶたとか、引っ掻き傷がめちゃめちゃ痛い!

まさに傷口に塩を塗り込まれたような。

堪らずシャワーへ。

なるほど、これは入れない。

CMで浮きながら本を読んでる女の人は、すんごい我慢してるか全く無傷かどっちかか。

それから、フローライダー。

あのサーフボードみたいなやつ。

自分はやらなかったけどやってた若いあんちゃんが超上手い。

激流の中、立って飛び上がったり回転したり。

子供向けのアトラクションでそこまでの実力を見せなくてもね。

午後からは若い連中も増えてビキニギャルも登場。

別にそれが目的で行ったわけではないが、ツイてるな。

あ、プールだから眼鏡もコンタクトもしてない!

ツイてねぇ〜!

一通り遊んで疲れたので大浴場へ行くことに。

タオルを忘れた。

まぁいいや、たいして客もいないし全裸でダッシュ。

ざぶざぶといろんな風呂に入りまくり。

のぼせて帰ってきた。

札幌近郊にもまだまだ遊べるところはあるな。

今度はどこ行こう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

スパロボと地震と花火

長いなぁ〜スパロボ。

今回のやつどうやら3つのストーリーからなっており。

1つ目40話強、2つ目40話強、3つ目20話、で構成されているらしく。

1話1時間じゃあ終わらない感じ。

しかも主人公二人でストーリーが違うからオールクリアーするには100時間×2くらい必要ってこと。

そしてストーリーも面白いので会話部分読み飛ばすのも勿体ない。

まぁ前作よりも会話が幾分短いのが救いか。

前作はステージ間の1回の会話シーンが余裕で30分以上あったからね。

会話だけ読んで戦闘前に寝ようと思ったら30分くらい寝るのが遅くなったりしたものだ。

とにかくスパロボにハマッてる。

先日、東北で結構大きい地震あったよね。

そんときもスパロボやってたんだけど、札幌もかなり揺れて。

テレビは嫁がビシッとNHKに切り替えてニュース速報になったよ。

いくらスパロボ好きでもそういう時はまぁ退いた。

地震のときちょうど友人が函館に行っていたことを思い出した。

メールで無事かどうか確認したところ『ホテルが倒壊して爆発した』との答え。

実際はホテルの8階の部屋でデリヘルを呼んでいたらしいが、とりあえず無事でなによりだ。

その友人が函館からの帰りに直接うちにやってきた。

おやつ食ってファンタグレープを『ルネッサーンス!』とか言って飲んで横になって帰って行った。

人のスパロボの時間邪魔してなんて奴だ。

んで昨日は豊平川の花火を見てきた。

毎年のことだけど、やっぱりよかったな。

そしたら帰りに大学の弓道部時代の友人からメールが。

『花火見に行ってたな。ススキノで見たよ』

見たんなら声かけてくれりゃあいいのに。

ってかあんな何万人もいる中人込みに紛れて歩いてたのによく見つけてきたな。

もう何書こうとしたかわかんなくなったけど、最近はそんな感じです。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年7月22日 (火)

ちもしーず

ちもしーず
ブログを全然更新しない奴から『退屈だから更新しろ』とか催促をされてカチンと来たが。

『ちもしーず』とは写真のコンビ名。

リーダーうらら(ネザーランドドワーフ)、サブリーダーのんちゃん(バーニーズ)の二匹組ユニット。

ちもしーの名前の由来はイネ科の干し草。

ウサギの餌なわけだが、ウサギには基本的に干し草とラビットフードを与えることになる。

一般にラビットフードは嗜好性が高く、栄養が豊富だがカロリーも高いので与えすぎると太ったり歯が悪くなったりする。

干し草は繊維質が豊富で歯も丈夫になる。

干し草の種類にはマメ科のアルファルファとイネ科のチモシーがあり。

うちのうららの好物は、アメリカ産の『パスチャーチモシー』という草なわけだ。

これをムキになって食うのだが。

なんか知らんけど、のんちゃんもチモシーが大好物になった。

犬なのに干し草に大はまり。

そして食べはじめてからうんちの調子がすごくいい。

基本的にお腹の弱いのんちゃんも、チモシー効果でプリプリうんちだ。

なので、うららにチモシーをあげる時はいつものんちゃんにも食べさせることに。

うららはとりあえずトイレはしっかり覚えたので結構居間で放し飼いにしたりしてる。

外に出しといてもオシッコしたくなったら小屋のトイレに戻る利口な奴だ。

うららとのんちゃんはまぁまぁ仲良しだ。

うららが好奇心旺盛なのでのんちゃんにちょっかいを出すことが多い。

野犬はウサギの天敵なので、野性では自殺行為なのに。

その辺は危機感のない奴だ。

のんちゃんもたまにうららにかまったりするが、だんだんエキサイトして追いかけっことかするのでちょっと危険。

のんちゃんの体重で誤ってふんずけたりすると命に関わるし。

そんな時は慌ててのんちゃんをなだめる。

そんな感じで家の中は動物がうろうろ。

プチふれあいパークです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

10秒に1人

コカコーラのキャンペーンで今、10秒に一人Tシャツが当たるのって知ってる?
 
CMでも
 
『10秒に一人当たる!今も誰か当たってる!』
 
ってやってる。
 
500ミリペットに1枚シール付いててそれに出てるコードを入力すると当たるってやつ。
 
それ当てようと思って送ってんだよね。
 
今んとこ57枚。
 
全滅。
 
どう考えてもおかしくね?
 
なんで10秒に1人当たるのに57本も飲んで当たんないの?
 
10秒に1人ってことは1時間で360人、一日で8640人当選する計算。
 
それで57回送って当たらないんだから、8640の何十倍も一日に飲んでる人がいるってことだよね。
 
そんなにコーラ飲んでる奴いんの?
 
いや、仮に飲んでたとしてもみんながみんな応募するわけじゃあないし。
 
意味わかんねー!
 
みんなコーラ風呂にでも入ってんのかよ。
 
ちなみにWチャンスの15ポイントで1000名に当たる自転車も当たり前のように3回連続はずれ。
 
怒るよホント。
 
別にそんなTシャツ欲しいわけじゃないんだけどさ。
 
こうなってくると意地になるっていうか。
 
自分懸賞はぼちぼち当たる方だし。
 
んで当たるまでやろうって思っちゃうところがコカコーラの企みにハマッてる気がする。
 
ちくしょう。
 
これ訴えてもいいか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

ディズニーオンアイス

月曜日嫁と二人、月寒アルファコートドームでディズニーオンアイスを見てきた。

自分は特別ディズニーファンという訳ではないが、行ってきた。

嫁がディズニーランドの年間パスポートを買うくらいディズニーファンなので。

2ヶ月も前にチケットを買っていた。

ずいぶん昔、こういうところに来るとなぜか知り合いに会う確率が高いと書いたが、やっぱり会った。

自分と嫁の共通の知り合いの女だったが、いい歳して夢見がちな恥ずかしいところを見られたと思った。

しかも今回のお題は『プリンセスドリーム』。

ディズニーっていうだけでなんだか恥ずかしいのにプリンセスとなると超赤面である。

客席は意外と半分も埋まってない感じだ。

しかし始まる前はたいして期待していなかったが、始まってみると。

感動した。

日頃から感動屋の自分はつまらんことですぐ泣ける男だが、やはり泣けた。

なんかミッキーが出てきただけで感動した。

プロのスケーティングを生で見たのは初めてだったが。

すごいと思った。

自分も参加したくなった。

スケートはそこそこできるのでカニの役くらいやらせてくれないかな、と思った(アリエルの演目でカニが出てた)。

でも出演者は美男美女が揃っていたので。

きっとカニもよく見たらイケメンなんだろう。

途中休憩を挟んでの約2時間だったが、飽きずに最後まで見れた。

でもその日は実は発熱。

なんだかだるいと思ったら38度超えだった。

うちには人間用の体温計がなかったので、のんちゃん用の体温計で測ったがうまく測れた(犬の尻に入れるやつ)。

でもとりあえず帰ってきて『CHANGE』を見る気力は残っていたので見てから寝た。

ディズニーオンアイスはとても面白かったので。

来年も見に行こう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

てれっ

てれっ
ウサギってリラックスするとてれっと手足伸ばして寝るんだけどね。

この日のうららは小屋の中で真後ろに足を伸ばして寝てました。

てれ〜ん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

恥溜まり荘の自由人

リンク先のブログからパクったわけではないが、自分も自分のマンションのことを少し書こうかと。

まだ住み始めてから1年も経ってないわけだが、いろいろと人に言いたいことがあったので。

自分の住家は3階建てマンションの1階角部屋。

1階のいいところはベランダから出入り出来る、庭を勝手に使える、引越しの時の物の出し入れが楽、など。

悪いところは冬寒い、日当たりが悪い、泥棒が入りやすい、など。

まぁ南東向き角部屋なんで日当たりの悪さはカバーされ、ペットOKなので空き巣の心配もそれほどない。

間取りは居間8畳+対面キッチン・洋室6畳×3部屋(全室クローゼット付き)・バス・トイレ・UT。

冬の雪掻きが非常にきっちりしており、そんなに雪が降ってなくても週に一回は必ず除雪車がきて駐車場を真っさらにしていってくれる。

おかげで今年の冬はえむあーるさんが路駐するスペースを作る以外に除雪をする機会はほとんどなかった。

駐車場込みで75000円。

新婚向けっぽい造りで若い夫婦が多く住み、ペット可なので周りの家はほとんどなんか飼ってる。

そしてこのマンションの最大の特徴。

管理人がいない。

厳密にはいるんだけど、マンションが管理されていない。

管理人がそのマンションにいなくて不動産会社が管理していることはまぁよくあると思うが。

うちのマンションはホントに誰もいないので、風紀は全て住人の良識に委ねられているわけだ。

しかし、誰にも管理されていないとだらし無い生活をする恥ずかしい大人はどこにでもいる。

掲示板には未だにヨサコイメンバー募集の貼り紙がしてあるし。

マンション周りの路上駐車は当たり前、燃えるゴミの日にソファーやベットや鍋が捨ててあったり一階の住人は勝手にベランダの外を耕して畑を作ったりしている。

周りの住人に迷惑さえかからなければ何をやっても許されるようなところがあるらしく、暗黙の了解でみんな周りが不快にならない程度のことをいろいろやる。

かく言う自分も入居時にごねてベランダ横の二台分の駐車スペースを貰い、そこにプランターを置いてトマトを栽培したりしている。

もうすぐ収穫。

動物も一匹しか申請していないが四匹飼ってる。

防音はしっかりしているので他の家のペットがうるさいと感じることはないのだが。

とにかくみんなやりたい放題。

そんな中、非常に大胆な隣の家。

住人が鳥の方と反対の隣。

おそらく土木関係の仕事をしているであろう若い男性とヤンママ、そして赤ん坊がいる。

ペットはいないと思われる。

ベランダにはいつもマットレスがあり、雨で濡れてもう使えないだろう。

カーテンは夜でも開いていることが多く、中の様子がたいていまる見え。

しかも道路に面した側。

なるべく覗かないようにはしているが、どうしても見えてしまう。

こう言っちゃあなんだがかなりだらし無い部屋。

今のところ自分の期待するようなものは見えていない(別にいやらしい意味ではない)。

あんまり見てて隣人トラブルになるのも嫌なんだけどどうしても目がいってしまうんで。

せめてレースのカーテンでもつければいいのにな。

っていう感じのマンションだけど。

今空き室あるから誰か入って来ない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

前夜祭その2

前回のあらすじ

前夜祭という名のお通夜にやってきた上司と自分。

一人だけグレーのスーツを着たKYな上司に振り回され一番前の席へ。

見たことない雰囲気のお通夜の最前列で、この後どんな波乱が待ち受けているのか…。

『これより、前夜祭を開催致します。司祭入場』

司会の人が言う。

奇妙な歌を歌いながら、神主のような格好をした老人登場。

百人一首に出てそうなファッションに、よくおはらいで使う棒の先になんかふさふさ付いたのを振り回し。

とりあえず歌う。

長い。

5分くらい。

歌が終わると神主、二本のローソクにマッチで火を点けようと。

シュボッボボボボボ…

点かねぇー!

一本目ぎりぎりまで粘って挫折。

うわっ熱そう。

二本目で点火。

こっちがドキドキするよ。

それから司会の女、

『皆様、ゴテイトウ下さい』。

『ゴテイトウ』ってなんだ?

こういうの初めてだからホントわからん。

ちらっと後ろを見るとみんな頭を下げてる。

あー『ご低頭』ってことか。

慌ててお辞儀。

そんでなんか念仏らしきものをぶつぶつ。

それがまたすごい長い。

5分くらい。

座ったまんま頭下げてんのすごいつらい。

『お直り下さい』

開放。

壁に掛かっている『前夜祭次第』にはほぼ読めない漢字で八項目くらい書かれているが。

今どの辺りなんだ?

その時司会の女。

『一拝。ご起立ください』

一拝ってまだニ項目目じゃねーかよ。

今の一連の動きでようやく一項目終わりかよ。

始まって10分以上経ってるぞ。

んで立って。

『一拝』って言われたから上司と自分、頭下げてすっと頭を上げると。

あれーみんなまだ頭下げてんの。

自分と上司、ニ拝目。

『お直り下さい』

みんな頭を戻して座る。

言われるまで下げてなきゃダメなのか。

うーん、読めないなぁ。

それから神主、ローソクを消したと思うと

『消灯!』

と叫び。

照明が消え、部屋は真っ暗闇に。

2〜3分そんな状態から神主の

『点灯!』

の声で全点灯。

めちゃめちゃまぶしい。

なんか部屋を暗くしている間に霊がその家の守り神になって位牌に乗り移ったそうだ。

ホントに何が起こるかわからなくてドキドキの祭だ。

上司もうかうか寝ていられないらしい。

一番前だし。

そしてなんやかんやでいよいよメインイベント。

献花台みたいなやつに一人ずつ木の枝みたいのを起き、ニ拝・ニ拍手・一拝。

『それでは、ご家族の方からどうぞ』

司会の言葉に隣に座っていた家族が立ち上がり、それを見て立ち上がる上司。

いやいや自分達はどう考えても最後の方だろう。

絶対家族に『この人達何だろう』って思われてるよ。

『続いて親族の方どうぞ』

自分達の後ろの席にいた親族が立ち上がり、また行こうと立ち上がる上司。

まだだって。

頼むから一番前で目立つ行動は控えて欲しい。

ただでさえ一人だけ明るいグレーのスーツ。

『それではそれ以外の皆様、どうぞ』

ようやくやりたくてしょうがなさそうだった上司と自分達の番。

先頭きって行き、神主から枝を受け取ると献花台に置いて。

ニ拝・ニ拍手・一拝。

席に戻る。

上司、ボソッと

『おい、みんなニ拍手してるぞ。拍手は一回なのにな』。

いや、合ってるよ。

間違えてるのはお前だ。

それから後ろの方の人達も続々と枝を貰いに行くが。

あっもう無くなりそう。

どうすんだ?

神主、おもむろに献花台に先に置かれた枝を持ってきて、後から来た人達に渡す。

形だけってことか。

また上司ボソッと、

『足りなくなって回収しました』

いや言わなくていいよ。

その後も立ったり座ったりお辞儀したり、いろいろあったがとりあえずプログラムは最後まで進行。

全て終了すると、神主の挨拶が始まった。

坊さんはこういう時喋るの上手だけどね。

神主はちょっといまいち。

歳とりすぎてた感じ。

『で、ありました。それでも神は…』

そこで神主ピタリと停止。

ん?

神はどうしたんだ?

動かない。

おい、神主しっかりしろ!

神主ぃーーーー!

『えー、神をいつも感じることが…』

復活。

今完全に喋ること忘れたよね。

ドキドキさせるわ、ホント。

そんなこんなで無事終了し。

なんか迷惑ばっかりかけて行かない方がよかったんじゃねーの?

みたいな前夜祭でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

前夜祭その1

前夜祭に行ってきた。
 
なんの前夜祭かって?
 
決まってるじゃないの。
 
葬式の。
 
一般的にはお通夜と言われているやつ。
 
祭とは失礼な言い方だと思う人もいるかもしれないけどね。
 
実際前夜祭だったのさ。
 
まぁ順を追って書くよ。
 
突然の訃報というか、自分の部下の母親が亡くなったという話があってね。
 
自分と上司の二人でお通夜に行こうという話になったわけさ。
 
お香典は三千円か五千円か迷ったけど30になったから五千円にした。
 
上司は『お前と俺と同じ金額だと体裁悪いからお前三千円にしろ』って言ってきたけど構わず五千円にした。
 
二人で出発しようと思い自分はちょっとお洒落な黒のスーツを着たわけだが、上司は何故かいつも着ているちょっと明るいグレーのスーツ。
 
『葬式って黒で行くもんじゃあないんですか?』
 
と聞くと
 
『年に30回も葬式出てるんだからそんな特別な格好しなくていいだろ』
 
と意味不明な返答。
 
確かに会社全体で4000人も従業員がいるわけだがその中で自分の職場にも200人の従業員がいて。
 
そこの葬祭に全部出席する上司は年に30回くらいは行く機会があるだろう。
 
だとしても相手にしてみりゃあいつものことじゃないんだしそんな言い分通用しないと思うんだけど。
 
自分の上司ちょっと公の場で一緒にいると恥ずかしい事が多い変人、というか大胆な男なんだよね。
 
それにしても年に30回も葬式に出て1回五千円の香典を払うと年間15万。
 
それはそれで大変なもんだな。
 
だからと言ってグレーのスーツはどうかと思うが。
 
んでとりあえず自分の車で斎場へ向かったわけだが住所通りの所には別の大手斎場が。
 
あれ?確かに住所はここなのに、違う斎場?
 
ちょっと後ろを見ると小さい看板。
 
あ、あったあった…って小せぇ〜!
 
なんで目の前にこんなでかい斎場があんのにこんな田舎の区民会館みたいなホール?
 
まぁ人ん家のことだからいいけどさ。
 
で、出ている看板。
 
『〇〇家前夜祭会場』
 
え、前夜祭?
 
お通夜で来たんだけど。
 
ちょっと早く着き過ぎた自分たちは受け付けを済ませるとまだ係の人しかいない会場の中へ。
 
なんか係の人にチラチラ見られたから多分まだ入ったらダメだったと思うんだけど、グレースーツの上司がズカズカ入って行くもんだから仕方なく。
 
なんだかちょっと変わった雰囲気。
 
祭壇や花はあるが、坊さんの座る椅子などは無く、代わりに献花台のようなものが。
 
そして壁には『前夜祭次第』と書かれたプログラムが。
 
『なるほど、神葬祭だったか』
 
上司が言うには普通の仏教っぽい葬式ではなく、なんか神様の前でやるパターンのやつらしい。
 
自分はそういうのは初めてだったので興味深かったが上司は
 
『こりゃあ嫌な雰囲気だなぁ…まぁ仕方ないな』。
 
いやいや仕方ないのはお前だよ。
 
今確実に係の人こっちを見たよ。
 
しかもグレーのスーツ。
 
ちなみに『仕方ないな』は上司の口癖。
 
さらに
 
『祭ってことはフェスティバルだな』
 
とか意味不明なこと言ってる。
 
気まずくなった自分は上司を誘って時間まで車に戻って缶コーヒーを飲むことに。
 
ダラダラした後戻ってみるともうみんな中に入ってる。
 
でも上司、
 
『タバコ一本吸って行こう。お前の車禁煙だからな』
と喫煙所へ。
 
『こういう時は最後の方に入ったほうがいいんだよ。入る人数で椅子はどんどん後ろに追加されるから。寝るには後ろに座らないとな』
 
なるほど、本当に失礼な奴だが年に30回も出てるとそういう意見になるのか。
 
でもあんまりのんびりし過ぎて係の人が『早く入って下さい』って呼びに来た。
 
慌てて入ると、あれ?
 
後ろに空き席がない。
 
係員に誘導されて、なんと自分達一番前へ。
 
おいおい話が違ぇーぞ!
 
お前ホントに年に30回も葬式出てんのかよ!
 
しかも当たり前のように一人だけグレー
 
家族の隣、親族の人達よりも前に着席。
 
激恥ずかしい。
 
そして前夜祭が幕を開け、その全貌が明らかになっていく…。
 
つづく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

なりたい自分

結構昔からよく専門学校のCMで言われてるフレーズ。

『なりたい自分になろう!』

何気なく聞いてて思った。

なりたい自分?

モテる男になりてぇなぁ。

自分の理想はクールで沈着冷静、でも内面には熱いものを持っており周りからの人望も厚いナイスガイ。

ケンシロウみたいな感じ。

女の子にモテモテ。

それから、『卑怯』って言われないようになりたい。

職場でも、友達にも、家族にさえ『卑怯だ卑怯だ』って言われてるもんで。

藤木君なみに卑怯だと言われる。

藤木君ってのがどのくらい卑怯かは知らないが。

あと、運転中に女子高生を見てぶつかりそうにならないような男になりたい。


なりたい自分。

学校行ってなれるか?

なれない。

そーいう意味じゃなくてだよね。

職業のことだよね。

わかってるさ。

なりたい職業。

プロ野球の監督になりたい。

自分が監督になったら関本なんか使わないで今岡を使うのに。

江草とか先発で使うのに。

それか前にも言ったけど最高裁判所長官ね。

これもなれねーだろう。

本当になりたい自分には専門学校100年行ったってなれねーんだろうな。

そんなもんか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

うらラー

うらラー
ここんとこすっかりうららに夢中になり。

うらラーになってる。

のんちゃんは毎日『ちぇーっ』って顔。

もう少しうららが慣れたらのんちゃんと一緒に公園でも散歩させたいな。

なんて考えてるけどまだちっちゃいから慌てるこたぁないか。

ようやくトイレも覚えたとこだし。

とりあえずうちで生活する二人と四匹の中では好奇心旺盛な年頃のせいか1番愛想がいい。

人が近付くとひょいっと小屋から顔を出すし。

おもちなんかは捕まえようとするとジタバタ暴れるんだけど、うららは抵抗しないでじっと抱っこされるのを待ってるんだよね。

15年くらい前まで実家でうさぎを飼ってたことがあったけどこんな可愛かったかねぇ。

癒されますな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »