« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月30日 (火)

犬と猿

年末商戦もたけなわだ。

おそらく無表情ファイルも今回が年内最後となるだろう。

11月、12月のこの最低な時期も最終局面。

もう少しで終わってくれる。

終わったところであと300日もすればまた年末商戦が始まるわけだが。

『シン』を倒しても10年経ったらまた復活するスピラの民の心境ってきっとこんなんなんだろうな。

年内最後だからいろいろと盛り沢山で書いてやりたいとこだがなにしろ忙しくてヒマがないしネタもない。

来年は年末用に素晴らしいネタを考えておこうかな。

そんで今回はまた動物の話なんだけど。

いきなり。

テレビで賢い動物をやってて、動物で1番賢いのはなんだろうと考えた。

やっぱ猿か?

猿って賢いイメージがあるけど、実はそうでもないんじゃないかと思う。

手を使えるからいろいろできるようにも見えるが。

単純な計算くらいはアシカやオタリアだってできるし、イルカは会話もできる。

タコは寿命が100年あったら海底に文明ができるくらい賢いらしい。

何より猿はトイレを絶対覚えない。

トイレなんかうちのうららでさえ覚えるのに。

それどころかモカちゃんやおもちでさえ覚えてる。

いっつも『うへ〜っ』て顔してるのんちゃんも、トイレはもちろんのこと一通りの犬芸はできるしノブが横向きの押し戸は開けて部屋に入れる。

閉めないから冬は開けっ放しにされて寒いんだけど。

でも鼻で押せば倒れるようなダンボールでバリアを張ると立入禁止を理解して入ってこようとしない。

やはり犬は1番賢いと思う。

そういえば先日、職場で盲導犬を見た。

ラブラドールレトリバー。

職場のすぐ近くにも盲導犬の訓練学校があるのだが。

動物は立入禁止になっている職場の中を飼い主と歩く姿はまさに威風堂々。

ちょっと感動した。

盲導猿もいないわけだし、やはり1番賢いのは犬と言えるだろうな。

そう考えるともう少しのんちゃんを尊敬せねば。

あ、アメリカでは老人介護に介助猿なんていうのも研究されてるらしいが。

猿なんかに介助されるってのはまっぴらですよ。

こんなことを1年通してズルズルと書いてきてしまったわけだが。

みなさん、来年もよろしくお願いしますね。

では良いお年を。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年12月26日 (金)

マウンティング

マウンティング
日頃お互い全く無関心なうららとモカちゃんが珍しく鼻を突き合わせたお宝ショット。

うららは基本的にのんちゃん以外に興味ないからなぁ。

今回はそんなうららのちょっとふしだらな話。

前回金利の話を書いたときなにやら証券マンっぽいトラックバックがついたが、このブログ読んでる人はどちらかと言えば下ネタ好きばっかりなので。

下ネタになります。

いたずら好きなうららはいつものんちゃんにちょっかいをだしているのだが、最近マウンティングをするようになった。

マウンティング。

マウンテン・ティムではない。

マウンティング。

それは発情した動物のオスがぬいぐるみや人間の足にまとわりついて擬似性交をする。

まぁ動物はみんなやるんだけど。

まさかのんちゃんに乗っかってやりはじめるとは。

オス同士なんだけど。

そんなにのんちゃんが好きかい。

好きなんだろうな。

のんちゃんの後をいっつもいっつもついて歩く。

のんちゃんがゴロンとすると周りをぐるぐる回り、飛び越えたり乗っかったり。

マウンティングしたり。

でもそれがクセになるとスプレー(縄張りをつくる為にオシッコをする)をしたりわがままになったり。

何よりのんちゃんが落ち着かないので、そんな時は制止して小屋に入れちゃう。

空気が読めないうららはどんどん調子にのっちゃうからなぁ。

不満そうな顔をするけど仕方ないな。

あ、いきなりだけど今日の雪は凄かったねぇ。

朝駐車場から車だそうとしたらゴム長履いてても意味ないくらいの深い雪。

一晩で車半分くらい埋まってんの。

昨日職場から帰ったのは夜の10時近かったのに、それからそんなに積もったのかい。

道路に面した駐車場、しかも四駆の自分の車でさえがむしゃらに除雪して脱出には30分。

出たら出たで1m先くらいしか見えないような猛吹雪。

なんとか職場まで来て急いで作業してると、えむあーるさんから電話が来た。

息も絶え絶え。

そういえば彼の城は完全に旗竿地。

道路まで出るには10m以上はありそうな。

そんな道に1mも積もってるとなると。

完全に陸の孤島。

そして八甲田山のような吹雪で。

職場の知人は朝のビル風で身体が浮いたらしい。

なんとか生きていたえむあーるさんは家を出ても渋滞で全く動かなかったようで。

どうなったものやら。

自分が会社の付き合いでたくさん買ったクリスマスケーキを食べてくれと頼んだのを断ったバチが当たったのだろう。

でももう4日もケーキを食べ続けてる自分も大変な思いをしてるのは何故だろう。

まぁ今日のとこはこんな感じで。

雪かきしてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

家を買う(ローン・金利編)

最後に大事な話。

お金だ。

家を買うには金がかかる。

当たり前だが、普通の人はローンを組むことになる。

ローンは銀行の住宅ローンか、元住宅金融公庫(現在はフラット35という)で組むことになる。

フラット35は一生涯金利が変わらないので人生設計は立てやすいが、金利が高め。

民間は変動金利と固定金利があるが固定は高め、変動は今は低いが将来上がるか下がるかは誰にもわからない。

金利3%って、3000万で90万とかそんな単純な計算じゃないんだよね。

計算方法は書くと面倒臭いから知りたい人は直接聞いて。

ちなみに現在の金利から3000万の借り入れで35年ローンを組むとすると金利が1%上がったら総支払い額は700万くらい上がることになる。

恐ろしい。

今年は春から金利が低く、ずっと『今が底だ』と言い続けながらじわじわと下がり秋のリーマンショックで更に下がることになった。

現在は過去にないくらい低いらしい。

北海道では民間の銀行で当初1.4%くらいか。

北海道は全国で民間向け住宅ローンが一番安いっぽい。

本州は企業向けで各銀行張り合っているためにそっちの金利ばかり下がっているって話。

自分がさっさと買ったのは金利が低い今が一番いいと考えたこともあって。

金利の低い時って頭金貯めるよりも早く買う方がいいと思う。

だって頭金100万貯めてる間に金利0.2%でも上がっちまったら返済額100万くらい増えちゃうからなんも意味ないもの。

今は頭金0でも家買える時代だから。

もちろんその後も変動してるから一概には言えないけどスタートから多く払うことになったら不利に決まってるし。

それから、変動金利を選ぶことはまぁハイリスクであることは間違いないけど。

多分これからの時代、そこまで金利が上がることはないと思うんだよ。

確かに過去には金利6%だの8%だのなんて時代があったけどね。

それは完全にバブル時代とか、今の中国のような。

経済が成長しているときは当然金利の上昇もある。

昔の人はよく不動産屋に騙されて『金利が上がると給料も上がりますよ』なんて言われて家を買ったりしたらしいね。

でも景気がよくなったからっていきなり給料が上がる会社なんて無いから後で困ったらしい。

現代は完全に経済も安定期になっているので、そうそう金利の上昇は無いのかなって。

でもこれは自分の勝手な読みだから今から家買う人、金利上がったからって文句言うのはなしね。

いろんな本読んでまとまった自分の意見はこんな感じ。

高い買い物だから受験よりも勉強したもの。

ほんとはまだまだ細かいこと書けると思う。

卒論のテーマ住宅ローンにすればよかったって思ったり。

専攻は憲法だったけど。

とは言え根本は素人ですから。

専門家が見たら『何言ってんだこいつ、死んでしまえ』とか思うようなこと書いてるかもしんない。

そこはまぁ、笑って流してくれ。

自分が家を買った流れはだいたいこんな感じだ。

嫁はずっと賃貸でもいいよって言ってたんだけど。

そこは人それぞれの価値観があり。

自分は生まれた時から一戸建てだったし、小学校の頃からいつかは庭付き一戸建てを買おうという野望を持っていたから。

納得のいく物件に巡り逢えて、迷わず買った。

30歳だと早過ぎるって言う人もいたが。

でも40からだとちょっと遅いだろう。

30〜35年もローン払うんだから。

じゃあ適齢期は35くらいか?

そんなんあいまい過ぎる。

聞いた話では。

ある人は、休日たまたま入っていたチラシを見てブラッとオープンハウスを見に行ったところ、急に欲しくなってあっという間にそこに決めてしまったそうだ。

またある人は、家を決めてもう契約する寸前になってから身内に不幸があり、そこで熱が冷めて結局買ったのはそれから5年後になったと。

それでもどちらも今は幸せに暮らしているらしい。

だから、自分が納得したならいつでもいいんだろうな。

引越したらみんな招待するから。

もうちょっと待っててくださいね。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年12月22日 (月)

スペクタクル

スペクタクル
今年も年賀状印刷をお店に申し込んだ。

来年は丑年かぁ。

そういえば今年はねずみだったな。

ここんとこのんちゃんとうららの写真ばっかり付けてたけど、子年のうちにもうちょっとねずみもアピールしておかなきゃ。

というわけで今回はおもちの写真。

小屋から出ないでほうれん草を食べる横着なやつ。

そうそう、先日感動する映画を見ようとまたDVDを借りた。

キアヌリーブス主演の『イルマーレ』。

自分にしては珍しくラブストーリーである。

面白かった。

2年前の相手と時間を越えて文通できるポストの話。

面白かったのに流行った形跡無し。

しかも2006年の映画でキアヌはスピード、マトリックス、コンスタンティンなど次々とヒット作に出た後だったのに、なんでこんなに不発だったんだろう。

恋愛映画はインパクトが薄く、名作は多くてもヒットに結び付かないのか。

やはりテレビCMや新聞の宣伝は一瞬の迫力がないとインパクトを与えるのが難しいのかも。

もう一本、『300』をみた。

これまた流行ったのか流行ってないのか。

100万人の大軍隊で侵略してくるペルシア軍に対し、僅か300人で自分達の土地を守ろうとするスパルタ人兵士達の話。

超、壮大なスペクタクル。

スパルタ人異常に強い。

最初は人間の軍隊対軍隊、普通の戦争映画かと思ったら。

途中からペルシア軍はほとんど北斗の拳のようなありえないぐらいの巨人や忍者、魔術師やモンスターを使って攻め込んで来る。

これ前半実話だと思って見てたが。

かなりファンタジー入ってるな。

しかし、スパルタ人強い。

モンスター含む敵の大群を華麗な剣技で撃退。

全然やられる気配なし。

でも段々と強力な兵士が現れるようになり。

一人、また一人と倒れるスパルタ人。

不思議なもので敵軍は何千人死のうが見ていて何とも思わないのに、スパルタ人に死者がでると非常に胸が痛む。

特に王の親友である隊長の息子が油断から敵の騎士に首を跳ねられるシーンは。

隊長と共に自分も悲痛の叫び声をあげた。

もう、相当映画にのめり込んでしまっていた。

まぁそんなこんなで最終的には自軍の半妖怪に裏切られ、全滅するスパルタ人。

そこから王の命令で生き延びた一人が同志を集め、3年後に3万人の軍隊で再び100万人のペルシア軍を迎え撃つところで映画は終わる。

ほとんどあらすじを書いてしまったが、北斗の拳みたいなものに興味のある人は見てほしい。

どっちの映画もとても素晴らしい出来で。

人生が少しだけ豊かになりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

Kちゃんと家の話

床屋のKちゃんに行ってきた。

ちょうど昼飯時だったのか、ドアを開けると店は無人だったが奥さんが二階から走って降りてきた。

『あ、オレンジくんいらっしゃい!家買ったんだってねー!』

なんで知ってんだ。

そしてなんでそんな無駄にセクシーなファッションなんだよ。

奥さん、ピチッとしたシャツにやたら短いタイトスカート。

その後二階からバタバタとKちゃん登場。

『お、オレンジくんいらっしゃい!家買ったんだってねー!』

なんで全く同じこと言うんだよ。

そしてなんでこの真冬にピチッとしたシャツ一枚なんだ。

『〇〇小学校の近くなんでしょ?△△ホームなんだってねー!』

詳しいよ!

『なんでそんな知ってんですか』

『何でも知ってるよ!』

相変わらずテンション高い。

『この前2ヶ月ぶりくらいにえむあーる君に会ったけどなんか身体締まってきたね〜』

そうか?

ちょくちょく会ってるから自分はちょっと気付かないけど。

『引越し屋は決めた?うちは〇カイにしたけど値段も安かったし対応も丁寧だったよ〜。最後に壁紙傷付けられたけどねぇ』

ダメじゃねーかよ。

『あと引越してすぐ犬が壁紙かじってボロボロにしちゃってねぇ。ショックだったよー。治そうと思ったら同じ壁紙が無くて違うの貼っちゃったよ』

新築なのにKちゃん家ヒドイことになってるな。

『トイレは二つある?うちは自宅用とお客さん用作ったんだけど実際お客さん用は誰も使ったことないなぁ』

あ、玄関の左側お客さん用トイレだったんだ。

知らなかったし。

書いてないから誰もわかんないんだよ。

『△△ホームって高いんじゃない?俺の従兄弟もそうだけど建物だけで4000万してたよ。3LDKで』

高すぎだろ!

何にこだわったら3LDKの建物だけでそんな値段になるんだよ!

『この近くにお城みたいな建売の家があってね、何年も売れてなかったのにこの前人が入ったんだよ。もう車なんて外車しか似合わないような家なのに住んでる人Fitだったんだよねぇ』

Kちゃん爆笑。

何の話だよ。

テンション高い。

『向こうの新興住宅地は見た?』

『見ましたよ。最初はあの辺も考えたんですけど。』

『いやーあそこは止めて正解だよ。建築の知り合いが言ってたけどあの辺基本的に盛り土だから地盤めっちゃ弱いんだって!しかも土地安くて若い奴が多いからゴミ捨てのルールとか悪いらしいよ。散らかって酷いって。若い奴はだらし無くてダメだなぁ』

若い頃悪かった奴の言葉は説得力があるなぁ。

そしてKちゃんヒゲ剃りへ。

相変わらず敏感肌の自分にはキツイ。

絶対血ぃ出てるよ。

終わった後ベッタベタ軟膏塗ってるし。

そんで全部終わってコーヒー飲んで。

ご近所付き合いの話なんかしたりして。

そうそう、そん時Kちゃんの娘がちょうど学校から帰ってきたのね。

『コンニチハー』

って。

店の玄関から出入りするんだなぁ。

んで髪ボサボサなの。

Kちゃん切ってやれよ。

とか思ったり。

帰り際Kちゃん

『オレンジくんは年内最後かな?もっかい来るかな?』

行かねーよ!

もう今年2週間しかないじゃん!

どんだけ待ってんだ。

って思った。

そんな感じ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

家を買う(メーカー編)

住宅選びはメーカー選びと言っていい。

何人かの住宅メーカーの営業に、同じ質問をしてみた。

『欠陥住宅の本なんかいろいろ出てますが、これだけ法改正で厳しくなった今時の新築に欠陥住宅なんてあるんですか?』

零細企業の営業はこう言う。

『今は外部の厳しいチェックがあり、欠陥住宅はまずありえませんよ。まぁ住宅は木造なんで長い時間が経てばそれなりに若干の歪みが出ることはありますが、それを欠陥と言ってしまったら大工さんが可哀相です』

大手の意見は。

『残念ながら欠陥住宅は今でも相当数あります。僅かな歪みから重大な損害に繋がることがありますし、例え僅かな歪みでも、許すわけにはいきません』

なんかこの営業の態度を見ただけで大手と零細には大きな差があるように感じる。

ってかそんなこと言われたらもう安い物件買いづらいじゃん。

とりあえず住宅メーカーって言ったって主な仕事は設計や監査や売買で。

実際に家を作るのは下請け業者。

部品を作るのはさらに下の孫請け業者。

安いメーカーは必ずこの下の業者を叩いて値段を下げさせる。

すると下請けは採算が合わないからコストを下げる為に材料のランクを下げたり、必要な手順を飛ばしたりする。

そういうのが欠陥住宅になっていく。

大手の値段が高いのは、ブランド力だけでなくそういう背景があるかららしい。

とはいえ大手だからってまるっきり安心はできないし、小さくても真面目にきちんと作っているところは沢山あるから一概には言えないんだけどね。

口コミとかも大事だ。

本には気になるメーカーの建てた家に実際に住んでる人の意見を聞いたり、家を見せてもらえと書いてあったが。

そんな奴はそうそういないのでインターネットの口コミサイトで評判をチェックするのが一番手っ取り早いと思い。

見ると、いろいろ書いてあるな。

でも企業の口コミサイトって基本的に悪口ばっかりなんだよね。

やたらと攻撃的な口調で。

暗いなぁ。

タ○ホームとかやられすぎじゃね?

家って買った後も『10年間保証』とか『定期点検のアフターサービス』みたいのが付いたりするんだけど。

住宅メーカーって現在日本に何十万社もあり。

従業員は経営者がいかに儲かるかがわかるから、ある程度の人脈と技術が身についたら次から次へと独立する。

しかし大半が上手くいかないので、20年前から今まで残っている業者はほんの一握り。

自分の家を建てた会社が倒産したら、保証もなんもあったもんじゃない。

もちろん木の城とか松本建工も潰れる時代だから大手だからって安心はできないが。

昔から長く続いている会社の方がまだ安心ということだ。

まぁ心配ばっかりしてたらいつまで経っても買えないからね。

ある程度の勉強をして納得したら思い切って買っちゃうしかない。

たとえそれが欠陥住宅だったとしても自分が最後まで気付かなきゃあいいわけだし。

地震とかも自分が生まれて30年、家が傾くようなのは札幌に一度も来てないから大丈夫でしょ。

あとはもう、営業の人柄だよね。

いろいろ見たけど中には信用できない奴とか胡散臭い奴いたもの。

営業には何かと相談していくことになるし入居後のメンテナンスやクレームなど長い付き合いになるのだから、きちっとした人物でなければ絶対駄目だ、と思った。

メーカーを語るとだいたいこんなところか。

シリーズ最後は1番大事なお金の話を予定してます。

お楽しみに!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

相棒の後

今年は『相棒』ブームでさ。

今昼の2時にも再放送やってるじゃない。

自分の職場の休憩室でも昼休みみんな見てんのね。

それに合わせて休憩入ったりね。

自分は全然興味ないからさ。

そのみんなが見てる途中から余裕で入って行って飯を食うわけさ。

それが終わるとみんな仕事に戻るのね。

広い休憩室に自分一人。

そしたらさ。

なぜか今、続けざまに3時から『特命係長只野仁』が入るのよ。

何コレ。

なんで昼間っからこんなんやってんだよ。

んで自分、当然テレビ見たいとも思わないからまぁ知らん顔して飯食ってたりして。

そのうちなんかエロいシーンに。

ってか『特命係長』エロいシーンばっか。

無駄に下着姿だったりセックスしてたり、3時にそんなん再放送すんなよ。

そんな時に限ってさ。

バイトの女の子たちが休憩に入って来たりして。

当然一人で休憩してる自分とテレビの画面に気付くよね。

うわっ…

みたいな反応。

『いや見てねーし!』

って言いてぇ!

でもいきなり言い訳とかするのもおかしいし!

そこでちょっと

『やだーオレンジさん、一人でやらしーの見てるー!』

くらい言ってくれる女の子とかならまだ笑って

『違うっつーの!』

とか弁解する機会もありそうなものだが。

全然喋ったことない女の子とかだともう気まずさ全開。

ちょっと他の番組に変えたそうだけどなんか自分に気を使ってチャンネルそのままにしてくれてる様子があったり。

いや気使わなくていいから!

ってかチャンネル変えてください、ほんとに!

んでたいていみんな毎日休憩入る時間とか決まってるから。

同じパターンに連続で何日もはまったり。

オレンジどんだけ特命係長好きなんだよ、とか思われる。

それが女の子達の間で噂になったりして。

だんだんと自分に引いてくるわけだ。

特命係長のせいで。

もう昼飯の時間変えるしかないな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

そう二

もう辞めようと思ってんのに。

見ちゃった。

『SAW2』

止せばいいのにって思いながらね。

グロかった…。

寝る前に見たらドキドキして寝れなかった。

精神異常者が勝手に罪があると判断した人間を監禁してえぐい殺人をする話。

このシリーズ有名なの?

なんか5くらいまで出てるみたいだけどこの前1を借りて初めて知ったんだよね。

3は見ないよ。

フリじゃなく、絶対見ないから。

ってゆーかホラーを見ない。

ジャパニーズホラーってさ、純粋に怖いよね。

こんなとこに人がいたら怖ぇーってところに人がいたり。

でもアメリカンホラーってとにかくグロい。

そして痛い。

肉体的にダメージを与える映像を見せることで想像力を掻き立て、見ている側にもダメージを与える。

血とか内臓が出まくるんだよ。

北斗の拳並に。

想像力豊かな自分は見てるだけで内臓が飛び出た気分だ。

監禁された気分だ。

もうホラーはいい。

この寒いのに寒気のするホラーなんか見れるかっつーの。

この次は心温まる映画を見て。

大泣きする予定。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

家を買う(決めちゃった編)

休みのたびに5〜10件くらい物件を見て周り。

車で走ってて良さそうな立地条件にオープンハウスとかを見かけたら、看板の電話番号に電話した。

やはり、大手は高い。

土地の坪単価は同じなのに全体の値段を聞くと500〜1000万も違う。

それがだんだんわかってきたけど、一応見る目を養う為にできるかぎり見学した。

家の選びかたの本とかも買って読んだ。

んである時、結構最初のうちに散歩がてら見た土地の近くにオープンハウスがあったのを思い出して。

歩いて見に行ったのが自分が決めることになった家だった。

とりあえず看板の電話番号に電話して中を見せてもらうことに。

見た。

南向きのいい家だ…。

値段を見た。

高ぇ…。

しょぼしょぼと帰った。

数日後、その業者から電話が。

以前モデルハウスで使っていたのである程度は値引きできると。

他の物件も紹介したいとのこと。

んでまた休日、他の物件を紹介してもらったが高いっつーの。

手も足も出ないから。

どんな奴が住むんだよって。

それから、最初の家の値引きの件。

モデルハウスの2年落ちだってことで、ん?結構引いてくれてる。

これなら検討の余地ありか。

それならってことで、2回目の見学。

最初はどーせ高くて買えないと思ってあんまり一生懸命見てなかったんだよね。

2回目、じっくり隅々まで見たら、これはもしかしたらお買い得かも。

しかも年内に決めればさらに値引きもしてくれそうな雰囲気だ。

だいぶ相場感も身につき自分の理想がわかってきて、迷ったのがここと結構近くの新築もう一軒。

最後は両親も連れて行き2軒見た結果、日当たり、庭、メーカー、施工の丁寧さ、営業の態度などを比較してこちらに決めることにした。

建売っていうのは作ってるところが見えないから注文住宅よりも手を抜いてる可能性が高いらしい。

でもモデルハウスで使っていたものに関しては。

メーカーがいつも作っているものを普段着とすると、モデルハウスはよそ行きだと。

一般のお客さんだけじゃなく取引業者とかも家を見に来るから特にきっちり力を入れて作っているって本で読んだ。

これなら安心か。

メーカーも北海道では最大手だし。

こんな感じでサクッと決めてしまいました。

あ、のんちゃん達の意見を聞いてなかったなぁ。

まぁウンコできる庭もあるし、ちゃんと寝床も作るから。

きっと気に入ってくれるでしょ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

家を買う(家編)

ある程度見て回り、土地に関しては相場感というのが身についた。

いよいよ家を考えようと、休日にチラシで入ってた中古物件とかモデルハウスを見に行ってみることに。

よくわかんないけどいきなり行って見せてくれんのかな?

いきなり行った。

モデルハウスってなんで万国旗がかかってるんだろう。

その日は祝日だったんで。

一軒目、とりあえずピンポン押してみると、中からリーゼントのオッサンがのそっと。

あれ、横浜の三浦の家か?

間違えたかな。

謝って帰ろうとすると、三浦にどうぞどうぞと案内された。

どう見ても堅気じゃない顔をしているが、どうやらこの家で客が来るのを待っていたらしい。

入ってみた。

うわっ新築の木の匂い。

新しい〜。

いい家だ。

家具とか新品で高そう。

オール電化、食洗機付きシステムキッチン、ロードヒーティングの二階建て。

すんごい豪華。

こりゃあ新築に住みたくなるわ。

自信を持って家を勧め、やたら口の上手い三浦。

しかしね。

自分でこの家に近づけようとした時、一体いくらかかるのか?

一軒目を見たこの時初めて気付いたこと(遅い)。

仮に土地を買い、表示された金額で家を建てたとき、この状態になるのか?

なりません。

なぜなら、照明、カーテン、キッチン、シャンプードレッサー、家具などは標準装備ではなく。

全てオプションとして追加料金になってくるのである(業者によってはキッチンなどは付いてくるところもある)。

これじゃあ土地を買って家を建てる以外にどんだけ金がかかるかわかったもんじゃない。

しかも家を買うと必ずかかる経費(登録料、強制加入の火災保険など)が200万近くかかることになるという。

引越し代など含めると、プラス500万くらいはみておく必要がある、と。

軽く絶望。

やっぱりいい新築建てるのは無理があるよ…。

自分の考えてた予算から500万引いて家を建てることもまぁ出来なくもないんだけど。

この家をガンダムに例えるなら、500万引きの家はガンキャノンくらい旧式の装備になる感じで。

いやほんとに乗せてくれるんならガンキャノンだろうと旧ザクだろうが贅沢は言わないんだけど。

ジョジョで例えるならみんなスタンドを使える中で自分だけ波紋で戦うジョセフくらい旧式。

でもジョセフは隠者の紫を使えるからまだマシだ。

もうツェペリ男爵がキラークィーンに戦いを挑むようなものだ。

それどころかスピードワゴンがキングクリムゾンに戦いを挑むようなものだ。

いや、そこまで絶望的ではないか。

そもそも戦いは関係ない。

話が逸れたが。

三浦に完全に打ち取られ、しょぼしょぼと引き上げる自分。

それで、今度は中古を見てみることに。

うん…中古もいいんだけどね。

なんかやっぱり新築を見ると、見劣りしちゃうというか。

いいなぁ、新築。

そうだ、新築の建売。

自分で建てるんじゃなくて建ててから売るやつ、あれならすでにそこそこの装備込みの値段になってるはず。

カーテンとか照明はついてるし。

でも希望の場所にそんなんあるかなぁ。

空いてる土地は散歩してたら見かけることあるけど、売ってる新築ってそうそう見かけないし。

あったとしても自分で建てるわけじゃあないから納得いくものかどうか。

そんなこと考えながら、建売と中古を中心に休日は家探しで奔走することになり。

いつの間にか家探しにすんごいのめり込んでた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

☆7000☆

☆7000☆
好評ののんちゃんとうらら仲良しショット。

ちゃんと確認してないから7000ヒットしてないかも。

昨日ガソリン入れたんだけどね。

安くなったねぇ〜。

札幌で110円前後まで下がってきた。

2〜3ヶ月前まで180円くらいだったじゃない。

一気に下がってきたからね。

こんだけ下がったらタンクから灯油泥棒してたセコい奴も自分で灯油買えるんじゃないか。

一時期はどこまで上がるのかと思って心配してたけど。

年内にこんなに下がるとは。

ちょうど1番高かった時に燃料手当が出たから、サラリーマンとしては儲けたと言える。

なんかガソリン高すぎるからって車を売っちゃった早気(はやけ)な人もたくさんいたんでしょ?

電車通勤にしたらやっぱり電車賃のほうが高くなった、みたいな。

燃費のいいのに乗り換えた人とか、全然元とる前に安くなっちゃった感じだもんね。

自分も実は春までガソリンが下がらなかったら自転車でも買って職場まで自転車通勤しようかと思ってたけど。

これなら自転車代が高くついちゃうかもな。

でも運動不足には自転車なんだよなぁ。

そうそう、新居の暖房は灯油セントラルだから灯油代高騰はマジで家計に響く。

引越し前に下がってくれてほんと助かったよ。

そしてお気に入りのカーボンヒーターなんだけど。

この前つまづいて倒したら壊れて修理に出すハメになった。

今うちには灯油ストーブしかないんで。

ほんと下がってよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

家を買う(土地編)

最初はそんなに土地にこだわりはなかったのね。

よくわかんなかったし、安くてそれなりに交通の便がよければいいかなって。

でも見ていくうちにわかったよ。

深い。

沢山あっても、同じ条件の土地は二つとない。

安いところにはそれなりに理由があり。

物件に掘り出し物はないっていうのがよくわかった。

同じ地域でも、家の向きで当然値段は違うし。

傾斜になってたら安いけど、結局家建てるには整地しなきゃいけないから高くついたり。

南向きで前が駐車場、日当たりがいいと思っても。

数年後、そこがマンションになって全く日が当たらなくなることもある。

聞いた話だが、不動産屋が二つ並んだ土地を持っている場合必ず北側の土地から先に売りに出すそうだ。

南に先に家が立つと、北側の土地の値段が下がるし、買い手もつかなくなるから。

マンションなんかでは北側に建てて『日当たり良好!』とかいう宣伝文句で人を集めた後、南側の土地を別の業者に売ってしまったりするという。

同じ業者だと、広告が詐称だと訴えられてしまうからだそうだ。

汚い世界だが、商売だから仕方ない。

あと、家の前の道路とかも要注意。

表通りはビュンビュン走ってる車の音とかトラックの音が気になるし、かといって中通りの道路幅が8mを切るところは冬に除雪が入らない。

昔水田だったなんて土地も地盤が弱い可能性大。

取引先で、中古の家を買った奴が言ってた。

『家はいずれ古くなって価値は下がるだろ。それに多少悪くなったって修繕していける。でも土地は価値が下がらないし、一度買ってしまったらもう取り返しがつかないからね。』

なるほど、新築の立派な家とかは憧れるけど実際土地が悪ければ住みづらい家になることは間違いない。

おおいに参考になる意見だ。

自分はというと、とりあえずは車で走りまわってチェック。

実は買った家は、最初のころ社長さんに紹介された土地を犬の散歩がてら見に行った時に発見したわけだが、全然見学なんて考えてなかった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »