« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月30日 (金)

野乃花と琥珀

2月、野乃花が天国へ旅立ち。
 
 
3月生まれの琥珀を6月から我が家に迎え入れた。
 
バーニーズとゴールデンドゥードル、大きさも同じくらいで色こそ違えど同じモッサリ系。
 
生まれ変わりとはいかないまでも、初めはとにかくのんちゃんの変わりとしてうちに大きく空いた穴を埋めてくれることを琥珀には期待した。
 
しかしだ。
 
こうも違うもんか?
 
そりゃあ幼犬と老犬、テンションも人に対する感じ方も違うだろう。
 
いろんな犬種がいてそれぞれに特徴があり、飼いやすさだって違うことはわかってた。
 
でもなぁ。
 
わかっていてもそのギャップに戸惑いはでかい。
 
聞けば、子犬時代はラブやゴールデンよりもバーニーズのほうが手がつけられないやんちゃぶりだというが。
 
のんちゃんもそうだったのかな。
 
元々子犬時代の飼い主の育児放棄から嫁が引き取ることになったのんちゃん。
 
あの人間嫌いな性格はやんちゃをして相当飼い主にやられた挙句捨てられた過去を物語ってる。
 
一方の琥珀はかなり自由奔放というか。
 
まぁたまに悪さをして叱られたりもするが、一応たっぷりの愛情を注いで接してるつもりだしうちに来るお客さん達も犬に優しい人ばかり。
 
もちろんのんちゃんも大人になってからは同じように接していたが、やはり子犬時代の環境っていうのは後々まで大きく影響されてしまうもの。
 
結果のんちゃんは飼い主には飼いやすく、よく言うことを聞いて迷惑をかけない犬にはなってたけど。
 
控え目で社交性には欠けていた。
 
似ているところもある。
 
お腹が空くと餌入れの前に立ち、顔だけこっちを向いて『飯。』っていうポーズをするところ。
 
のんちゃんも琥珀も騒いでご飯を催促せずにひたすら餌入れの前で『飯。』って顔をする。
 
 
水が欲しいときも『水。』って顔をする。
 
話は戻るがそののんちゃんの代わりは、残念ながら琥珀には務まらないだろう。
 
うららものんちゃんは大好きだったけど琥珀は苦手なようだし。
 
自分も今だにときどきフッとのんちゃんを思い出して切ない気分になることもある。
 
いい奴だったよ。
 
そうそう、琥珀がのんちゃんの首輪をつけられるようになった。
 
穴はまだのんちゃんより細い方だけど。
 
確実にのんちゃんサイズに近づきつつある。
 
この首輪は嫁がのんちゃんの為に革製品店で特注で作らせた高価な1点もの。
 
年季は入っているが琥珀に装着すると、突然立派な犬に見えるように。
 
首輪でこんなに印象が違うもんか。
 
この首輪、のんちゃんの形見なのでホントはおさがりにはせずに琥珀は琥珀で新しい特注品を作ろうかと思ってたんだけど。
 
琥珀もよく似合ってて、おさがりにしようかなって。
 
今はいたずらばっかりだけど、いずれのんちゃんみたいにこの首輪に見合った名犬になればいいな、と。
 
そんなことを考えながら過ごしてます。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月29日 (木)

JAPANの4番

今年の日本プロ野球もいよいよクライマックスだね。

残念ながら自分の中での今シーズンは阪神タイガースがCS進出を逃したところで終わっていたのだが。

もっと言ってしまえば昨年のリーグ優勝を掠め取られたリベンジとして挑んだ今シーズン、早々にリーグ優勝戦線から脱落してしまった時点で微妙にナインのやる気は無くなっていたように思える。

そんな辛い2009シーズン。

日本シリーズを目前にした今、ようやくタイガースに明るい話題が。

なんとあのJAPANの4番、城島健司の入団が決定したと!

これは嬉しい!

心強い!

ところでなんで『長嶋JAPAN』、『王JAPAN』、『星野JAPAN』って言うのに『原JAPAN』って言わないんだろうな。

所詮原はJAPANの顔とは認められず、か。

話は逸れたが。

城島は頼もしいな。

タイガースの正捕手矢野は既に40歳、シーズンフル出場は難しい。

二番手狩野はあまりにも打てない。

正捕手と右の強打者、一度に獲得できたことになる。

タイガースも補強補強で、巨人みたいだと言われたり。

広島の1軍だとか言われたりするが。

まぁいいじゃない。

頑張れ城島!

来期こそは必ず巨人に勝ってほしいものだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月27日 (火)

世界のフラワーロード

ご存知『100s』のニューアルバム『世界のフラワーロード』初回限定盤を買った。

ここで100sのことを書くのは2年ぶり、前回のアルバム『ALL!!!!!』を買ったとき以来か。

人によっては『え!?まだファンだったの!?』とか言う人がいるかもしれないが。

まだファンだ。

自分が大学一年のとき、周囲の友人達に中村一義ソロ時代の歴史に残る名曲『永遠なるもの』を聞かせて周りがみんな熱狂的ファンになったことは今でも鮮明に覚えてる。

また、大学4年のときは車でアルバム『ERA』をかけていると気付いたら周りがみんな買っていたということもあった。

さて、今回のニューアルバム『世界のフラワーロード』。

前作に続き今回も収録曲全曲のPVが入ったDVD付き。

なので内容はDVDを説明した方が早そうだ。

PVとは言っても今回のものは前作と違い1曲1曲作成されているわけではなく。

1曲目からラストの16曲目まで全編中村一義の出身地江戸川区小岩のフラワーロード周辺で撮影。

全編通して一つの作品のように仕上がっている。

ちなみに監督は松山ケンイチ主演『ウルトラミラクルラブストーリー』の横浜聡子。

スタートの『出口vs入口』『世界の私から』『魔法を信じ続けているかい?』までは子役として知られる北村匠海出演となっている。

『世界の私から』が来たとき、もう100sワールド炸裂。

中村一義のデビュー曲『犬と猫』を彷彿させるポップな音楽にロックな歌詞。

身近にそんな嫌な奴いんのかと言いたくなる。

素晴らしいアルバムを早くも確信。

ちなみに3曲目の『魔法を信じ続けているかい?』は中村一義ソロ時代のファーストアルバムに収録されている名曲『魔法を信じ続けるかい?』を受けての原点回帰の曲。

歌詞には過去の全アルバムのタイトルや『同情の群れはとうにない』など懐かしいフレーズが入っている。

さらに『ウルトラミラクルラブストーリー』主題歌『そりゃそうだ』ではオーストラリア人芸人チャド・マレーンが登場。

商店街の真ん中で踊り続けるわけだが。

これはウケる。

曲に集中できない。

その後いよいよ超名曲『モノアイ』へ。

モノアイとは?

そのまま『単眼』って感じだろうか。

ガンオタはジオン軍モビルスーツのザクやドム、ズゴッグなどに付いている単眼スコープのことをモノアイというが。

それか?

グループ名も百式だし。

PVでは女優麻生久美子が一眼レフを持って名演技。

一眼レフ…あぁ、モノアイってこれか。

その後『セブンス・ワンダー』『いぬのきもち』『ミス・ピーチ!』などなど俳優さん達が登場しながら続き(セブンス・ワンダーの警官役はもしかして100sメンバーの小野か?)。

11曲目『ある日、』では無人の公園からこれまでの映像の総集編へ。

中村一義ソロ時代の『永遠なるもの』PVもデビュー曲『犬と猫』以降のPV総集編になっていて感動的な仕上がりだったが。

それを彷彿させる作り。

ただ途中でチャドの回想が出るとちょっと笑えてしまう。

ここで一段落。

そしてここからラストまでが一気にクライマックス、名曲の連続。

『フラワーロード』ではまた北村匠海が商店街を撮影して歩く。

13曲目『まごころに』。

ここまで来て初めて100sメンバーが全員出演する。

ただし映像で歌っているのは一義ではなく別の女性で。

この曲が、超いい。

100sのアルバムは終盤に名曲を揃えるパターンが多いが、今回も。

14曲目『最後の信号』。

これが噂のアルバム中最高の名曲。

ファンや専門家の評価も最も高く、この曲を聞く為だけでもこのアルバムを買う価値があるという。

PVは『まごころに』とは逆に一義一人が歌う。

確かに、いい。

一拍置いて、ラスト『空い赤』へ。

麻生久美子が出演。

アルバムの最後を締めくくる。

16曲で57分とトータルでは短いが、『最後の信号』のように6分超の曲もあり演出にメリハリがあって。

まるで1本の映画を見た後のような満足感。

普通DVDなんてそんな何度も見ないんだけど、これは終わったらすぐまた見てしまった。

素晴らしい完成度。

このDVDを見せて、久しぶりに友人達を熱狂の渦に巻き込もうと思う。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2009年10月26日 (月)

ハプニング

えむあーるさんオススメの映画『ハプニング』を見た。

えむあーるさんがあんまり面白いっていうので、借りようと思っていたのだが。

相当人気があるのかいっつも貸出中。

しかし、先日ついに借りられる状態で発見。

借りた。

まぁ所詮えむあーるさんのオススメだ。

どーせ男子トイレと間違って女子トイレに入ったとか。

結婚式のスピーチを書いた紙を家に忘れてきて本番大失敗したとか。

テレビに出るって前の日みんなに宣伝したのに使われなかったとか。

その程度のハプニングなんだろうと。

そんな気持ちで見たわけだが。

とんでもない。

大ハプニングだ。

まぁ今回はみんな見てるかもしれないしまだの人はこれから見てほしいからあえて詳しくは書かないけど。

自殺してた。

アメリカ人がたくさん。

マジハプニングだ。

何言ってるかよくわかんないかもしれないが。

見えない恐怖と戦う展開は自分のイチ押し映画『ミスト』に似てるかも。

とりあえずみんな死ぬわけよ。

ビルから飛び降りたり、銃で頭撃ったり、木から首を吊ったりしてさ。

キモいよホント。

そしてあの大災害を『ハプニング』の一言で済ませてしまうのがすごい。

でもまぁまぁ面白かった。

釈然としない終わり方ではあったけれども。

残念ながら結局オススメ映画はこういった一流のものになってしまうのな。

もう一本紹介したい。

『ヒルズハブアイズ』

これはやられたね。

やられたってのは失敗したとかそういう意味じゃなく。

もう『ホステル』以来の衝撃的グロさ。

ジャパニーズホラーが幽霊だとか見えないものへの精神的ホラーだとしたらアメリカンホラーはゾンビなどのスプラッタの世界。

火葬で遺体が無くなるか土葬で遺体が残るかの違いなんだろうな。

ゾンビとは違うがこれぞアメリカンホラーっていう感じで。

ストーリー

メキシコの砂漠で幾度となく核実験を繰り返したアメリカ。

しかしそこには立ち退きを拒否した先住民達が。

核の影響でそこで生まれた奇形の子供は異形の姿となり、通り過ぎる旅行者などを襲う食人鬼と化していた。

そしてある旅行者家族が砂漠を抜けようと食人鬼の集落へ…。

っていう感じ。

グロい。

痛い。

吐き気のする映像の連続。

なんでこんな映画作るんだ…。

あ、見る奴がいるからか。

たぶん好きな人が見たらかなり面白いからね。

グロいの好きな人、是非オススメですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月24日 (土)

オクスプリングの消える魔球

内輪の話で申し訳ない。

どうでもいい話なので毎回読んでくれてる人も今回は読み飛ばしてもらって構わないが。

最近の関心事、と言うか興味がある事、と言うか心配事。

リンク先の『オクスプリングの消える魔球』。

元阪神タイガース投手クリス・オクスプリング氏の書くブログで楽天情報満載。

ほぼ毎日、くだらない楽天の試合結果を書き綴ってる。

気になっている点なのだが。

楽天のシーズンが終わった今、ブログは存続されるのかどうかだ。

いつもいつも楽天の試合をプロの解説者バリに語っていた。

まさかこの後来シーズンが始まるまでずっとつまらんストーブリーグネタになってしまうのか?

それともこれから毎日どうでもいい甲子園ネタに移行していくのか?

または最近めっきり消滅したイタリア料理ネタが復活してしまうのか?

裏をかいて全く新しい連載が始まってしまうのか?

まさか春までブログを停止してしまうなんてことはないだろうが…。

本人的にはこのあと何かプランがあるのだろうか。

いや、きっと何も考えていないのだろう。

もしかしたらこれを読んで初めてネタが無くなることに気づき、今頃焦っているのかもしれないな。

無計画な男だから。

今後、彼がどのような対応をしてくるのか。

正直、今まで読んだどの記事よりも興味深い。

なんてことを書くときっとプレッシャーになるんだろうな。

今後が楽しみだ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

ドッグランひまわり

ドッグランひまわり

ちょうど一ヶ月ぶりくらいにドッグラン『ひまわり』に行ってきた。
 
まぁこのドッグラン、人里離れた山奥にあるせいか失礼ながら流行ってない。
 
うちから一番近くて人里離れたって言うとうちが人里離れているみたいに聞こえてしまうが。
 
うちは一応住宅地。
 
人里離れてるのは農家の友人しげちーの家。
 
自分がひまわりに行ったのは二度目だが、二回とも快晴にも関わらず先客は無し。
 
屋内、屋外ありベンチと犬用の水と遊ぶ為のボール。
 
そして金網の向こうには数匹の馬。
 
広さもそこそこあり、設備的には全然問題無いのだが。
 
絶対車が無いと行けない場所ってことと、あとは宣伝不足か?
 
ひまわりに行ってる人のブログもいろいろ見てみたけどいっつもガラガラっていうのは共通点。
 
それでも行くと看板犬の黒ラブと受付のお姉さんが目一杯遊んでくれる。
 
琥珀もテンションアップ。
なりふり構わずひたすら走る。
 
すごい興奮。
 
馬はすごいクール。
 
んでこの前は、受付のお姉さんがゴールデンドゥードルを見たがってる友達を呼ぶと。
 
しばらくすると、スタンダードプードル2匹トイプードル1匹連れた友達さん登場。
 
目の前で見たスタンダードプードルはやはりカッコイイ。
 
2匹ともスマートで、上品にカットされてる。
 
ケツは琥珀、右にいるのはポニーの子供。
 
プードルはモッサリ毛でガッシリ体型の琥珀とは似て非なる生き物。
 
実は琥珀を飼う前はスタプー欲しかったんだよね。
 
急に犬が増えたので琥珀ビビる。
 
みんなの輪に入って行けない琥珀。
 
走り方も一匹だけ明らかに子供。
 
でかいんだけどコロコロしてて。
 
でも15分くらいしたらうちとけたかな。
 
みんなと一緒に走り回るようになり。
 
約2時間、休むことなく走りつづけた琥珀。
 
うちに帰ってからは泥のように眠った。
 
いっつもうちでこんぐらいおとなしけりゃあいいんだけどなぁ…。
 
やっぱりちょくちょくドッグランで走らせなきゃダメだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

うさぎの飼い方

うさぎの飼い方
月末に、友人のえむあーるさんが新築賃貸に引っ越しするということで。

これを機に一人暮らしの彼に何かペットを飼わせたいと考えてる。

ペット可かどうかわからないので静かなやつを。

やっぱり自分のオススメは何と言ってもうさぎだな。

とにかく手がかからないし、鳴かないし、癒される。

髭男爵のひぐち君なんかは一人暮らしで3匹も飼ってる。

自分も一匹飼ってて最近もう一、二匹くらいほしいな、と思っているのだが。

うさぎだけで飼うなら外出中と寝てる間だけ小屋に入れてあとは部屋の中を放し飼いにもできる。

トイレは犬よりよっぽどしっかり覚えるし。

電気コードと部屋の角だけかじられないようにガードすればOK。

うさぎは肉球が無いので滑るフローリングには行かないから絨毯を角まで敷き詰めなければ解決できる。

あと畳の部屋も立入禁止。

ひぐち君の家の畳は酷いことになってるらしいから。

値段的にはホームセンターで一番安いミニウサギだと4〜5千円。

ネザーで1〜2万円、ロップイヤーやライオンは2〜3万円。

フレミッシュジャイアントは4万くらいで売ってた。

北海道に一件しかないといううさぎ専門店に行ったときは血統書付きでネザーでも4〜5万くらいしてたが。

そんな立派なのはいらないだろう。

世話は2、3日に1回トイレ掃除。

これは5分くらいで終わる。

あと2週間に1回くらいお風呂で全洗い。

15分くらい。

それから必要な経費としては、ケージが4千円〜1万円くらい。

トイレが千〜2千円。

トイレの砂はうさぎ用だと2Lで400円くらいするがどう見ても同じような猫の砂は8Lで400円くらい。

絶対猫砂で代用するべきだ。

これはかなり違う。

餌はペレットが数百円、チモシーが数百円ってところ。

最初に買い揃えちゃえばもうそんなにかかることはない。

病気とかしなければ。

こんなに飼いやすくて可愛いのになんであんまり流行らないんだろ。

この辺でみんなに薦めて大うさぎブームを巻き起こしたいと思う。

手始めにえむあーるさんが引っ越したあかつきにはみんなを集めて引っ越し祝いをやるついでにうさぎの良さについて熱く語ってこようと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月15日 (木)

地球が静止する日

『アイアムレジェンド』を見てからなんとなくB級映画を見ないようになってしまい。

最近では『1408号室』『SAW3』『デイオブザデッド』などそこそこメジャーなホラーばかり見ていたが。

ホラーばかりもいかがなものかと『地球が静止する日』を借りようとゲオに行ってみた。

えー地球が…地球が…っと。
これこれ、『地球の静止する日』。

ん?

地球の?

危ねぇ、微妙に違ぇ!

こっちこっち、『地球が静止した日』。

……。

違ぇ!

キアヌ・リーブス出てねぇ!

パクリタイトル映画凄いな。

今までもいろんなのあったけどこれは似たの出過ぎだろ。

よく見ると『地球が凍結する日』『地球に侵略する日』『地球に襲来する日』など様々なタイトルの映画が。

ゲオもよくこんなに揃えたな。

間違って借りた人からクレームこないのか?

アダルトビデオじゃないんだからこんな訴えられるスレスレのタイトル付けんなよな。

ひとまず間違えないように借りて見てみた。

うーん。

キアヌ・リーブスはかっこよかったが。

いまいち。

盛り上がりに欠けると言うか。

正直あんまり面白くなかったかも。

これは『地球の静止する日』を見た方がよかったか?

いや、思い切って『地球が凍結する日』か?

これはまとめ借りして全部見る価値がありそうだ。

レジカウンターの人いっつも一枚一枚読み上げて確認してくれるからな。

まとめて持って行ったら『地球…ん?地球が…?』ってテンパるに違いない。

その様子を見るだけでまとめて借りる価値がありそうだ。

自分もこのまままたB級路線に戻っていくのかな…。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

携帯の凄い機能

2ヶ月くらい前に買った自分の携帯の漢字変換機能は超凄い。

変換候補には大勢のタレントや有名人の名前が入っているが、とりあえずプロ野球選手の名前が多い。

しかもちょっと偏ってる?

自分用にカスタマイズしたつもりはないし、普段から野球選手の名前をフルネームでメールに使うことは無いから変換に名前が出るのは明らかに製作者の意図なわけだが。

やたらタイガース選手の名前が多い気がする。

例を挙げてみる。

『まつさ』まで打つと変換候補には『松坂大輔』が。

『ながしま』で『長嶋一茂』『長嶋茂雄』が。

『まつい』で『松井稼頭央』『松井秀喜』が。

その辺はメジャーだから当然か。

一茂はちょっと微妙だが。

それじゃあと思ってタイガース選手の名前を検索。

『かねも 』で『金本知憲』。

『あらい』で『新井貴浩』。

『あかほ』で『赤星憲広』。

結構入ってるな。

じゃあこれでどうだ?

『いまお』でなんと『今岡誠』が!

さらに

『はまな』で『濱中治』、『しもや』で『下柳剛』、『ふじか』で『藤川球児』、『あんどう』で『安藤優也』、『いがわ』で『井川慶』が!

めちゃめちゃ入ってる。

もっと試してみる。

『いなは』で『稲葉篤紀』、『おが』で『小笠原道大』、『たなか』で『田中将大』、『こくほ』で『小久保裕紀』、『わだ』で『和田一浩』。

『いわせ』で『岩瀬仁紀』、『もりも』で『森本稀哲』、『だる』で『ダルビッシュ有』、『くりは』で『栗原健太』。

しつこいようだが『あおき』で『青木宣親』、『やまさ』で『山崎武司』、『あべ』で『阿部慎之助』も出る。

じゃあどの辺が偏ってるのかっていうと。

なんと『いわくま』や『まつなか』が出ない。

なんで下柳や安藤が出て岩隈が出ない?

やはり下柳の方が岩隈よりも格上か。

人数の多かったタイガースでも出ない1軍選手もいる。

鳥谷、藤本、関本、久保田、福原、あたりは落選。

岡田や真弓もない。

どういう基準で変換候補にしてるんだろうな。

でもプロ野球選手って芸名じゃなくて本名なわけだしこういうので変換候補に出たら嬉しいだろうな。

『自分も一流だー!』みたいな。

あ、一応確認したけど川尻は出なかったわ。

残念…。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

ほわっほわドゥードル

ほわっほわドゥードル
夏も終わったし休日琥珀のシャンプーをしようと思い。

押し入れを探すとなんと在庫切れ。

なんてこった…。

大型犬のシャンプーは重労働だ。

かなり気合いを入れて自分も嫁もシャンプーファッションになっていたわけだが、これからってとこで心が折れた。

しかし先のばしにしても仕方ない。

近くのホーマックに買いに行った。

いっぱい種類あんな…。

今って犬用も泡タイプが主流なのか泡で出るやつの方が多いな。

今までは水で薄めるタイプのやつだったが。

今回泡スプレーを買ってみた。

帰ってきて庭でオシッコを出し、早速お風呂場へ。

シャワー中は非常におとなしい琥珀。

普段もっさりの琥珀もシャワーを浴びると貧弱に。

足細っ!

顔ちっちゃ!

シャカシャカと泡ぶくでもみくちゃに洗い、ぬるま湯ですすぎ。

しかしこっから徐々に暴れだす琥珀。

びしょびしょで体当たりしてくる。

危なっ!

タオルでがっしがし拭くわけだが、やっぱりあんま毛が抜けないのね。

さすが半分プードル。

頑張って抑えつけてドライヤー。

次第に乾燥してくると、おっと、ふわっふわ。

なんていい毛皮。

羊みたいだ…。

前に散歩中たまたま近くの小学校が終わる時間だったからわざわざ正門前に行って小学生にもみくちゃにされた時は

『すげー白クマだー白クマだー』

と言われた琥珀だが。

どちらかと言えば羊。

毛刈りしたい気分。

顔の毛もふわふわし過ぎて目が無くなる。

やっぱり毛並みがいいと琥珀も高級感が出るなぁ。

これでもうちょっと落ち着いてくれるともっといい犬なんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 9日 (金)

恒例の

ラジオ出演の依頼がやってきた。

道内のローカル局だが人気番組なのでリスナーは多い。

知り合いが聞いていることも多く、よく終了後には『ラジオ出てたね』と声をかけられる。

加えて必ず言われるのが『別人みたいなテンションだったよ』と。

まぁそりゃあ。

普段のテンションでラジオ出てたらボソボソ声でマイクも拾うまい。

リポーターさん達ともすでに顔見知りなわけだから余計な気を使わせないようにもしなきゃだし。

苦手分野ながら盛り上がってるふりをして声を張っていったりする。

とは言えたまの出演に毎度緊張は相当なもの。

全道で何万人聞いてるかもわからん。

前の日から考えただけで胃から何かが飛び出しそうになる。

しかも今回は微妙にテンションが上がり自ら大学の友人達にラジオ出演を連絡してしまった。

友達が聞いているかもしれないと想像しただけで顔が真っ赤になってしまう。

本番、ここは集中。

担当リポーターは半年前と同じ女。

『お久しぶり〜』みたいな感じになったがまた当日は自分の仕事が尋常じゃないほど忙しく。

挨拶もそこそこに本番ギリギリまで仕事をこなし。

時間になったらダッシュでマイクの前へ。

まぁ緊張してるとは言ってもこんな芸当ができるようになったのはやはり慣れてきた証拠か。

最初の頃なんかは1時間も前から自分なりに原稿を作って準備万端で挑んだのに声が震えたもんな。

ちょっとだけリハーサル、というかどんな感じの流れで話すか通してみて。

『この曲終わったら来まーす』

みたいな。

おっと早っ。

ヘッドホンからはなんか古い音楽。

そして。

突如リポーターのテンション最高潮に。

今までフツーに話してたのに出番になるとまるで何かが憑依したようにテンションアップ。

毎回ここで一瞬引く自分。

しかしそうも言ってられないのでなんとかテンションを上げてついていく。

始まってしまうと胃が痛いとかは忘れて話に集中できた。

気付いたらあっと言う間に終了の雰囲気。

早かった…。

なんだかもうちょっと喋りたかったな。

終了後はブログに写真を載せたいと言うので一緒に写真撮って。

直後、友人のえむあーるさんからメール。

『テンション低っ』

聞いてたか。

ってか低くねーし。

あれでも頑張ったのよ。

次はまた半年後くらいになるかな。

そろそろ一発ギャグでもいってやろうかと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 6日 (火)

掃除中

掃除中
モカちゃん小屋を掃除中。

琥珀が来てからろくに運動させてないなぁ…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月 5日 (月)

研修で事故

先日自分の会社の本部で研修があって。

そんなの行きたくないんだけど会社が年間何百万もかけて取り組んでるプロジェクトらしく。

各事業所から毎月誰かは出席しなくちゃいけないと。

もう実はスタートから3年も経ってて一切の効果なし。

いい加減会社もやめればいいんだがすでに引っ込みがつかないような、そんな最低な研修。

それで行ったら知らない人達となんか班とかつくられてゲーム形式でやるような感じで。

4時間。

超長い。

今回仕方なく普段行かない研修所へ行ったのさ。

来てたのは40人くらいか。

最初講師達の長い説明があり。

一回休憩。

自分はその時トイレに行きまして。

ガチャッと開けるとあれ?

小便器がない。

うろうろしていると個室から何故か女が。

びっくりして逃げる女。

自分もびっくりしたけどどういうことかとトイレから出てみると、あ!!

女子トイレ。

マジか!

男子トイレはとなりのドアで。

こんな初歩的なミスを冒すとは!

研修前に汗びっしょり。

トイレで用を足すのも忘れフラフラと部屋に戻る。

しかも研修が始まったらなんと。

その女と同じ班に!

なんてこった!

気まずさ全開。

全然研修に集中できねぇ。

絶対変質者だと思われてる。

泣きそう。

ただでさえ身にならない研修は尚更身につかない。

4時間の研修は延々続き。

終盤、自分的にもう二週間くらい経ったかのように感じた。

始終キレのない動きで研修の最終試験はA〜DのうちのC査定。

絶対あの女職場に戻ってからトイレに変態が入ってきたって周りの人達に言ってまわってるよ。

しかも名札ついてたからバッチリ名前覚えられたかも知れないし。

クソッもう二度と行かねぇ!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

挟まりドゥードル

挟まりドゥードル
ソファーと座椅子の間から首を出してこっちを見てる琥珀。

介助犬になる犬とは思えないだらしなさ。

大丈夫か…?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 1日 (木)

書くことないから

ちょっと思ったことをノムのようにぼやこうと思う。

半年に1回の番組改変期とかって、たいてい歌番組の特番やってたりする。

『懐かしのヒット曲特集!』

みたいな。

何十年も前のヒット曲をじゃんじゃん流したりする。

しかし。

だいたいヒット曲って限られてるから毎回同じ曲だ。

視聴者的にはもう正直全然懐かしくない。

最悪懐かしいって言ってもせいぜい1年ぶりくらいの懐かしさで。

そろそろ趣向を変えないと。

ここはもうテレビ局は足並みを揃えて懐メロ番組は30年くらい放送禁止にするべきじゃないか。

その時、視聴者は本当の感動を覚えることになるのではないか、と思った。

も一個。

自分は仕事で雑誌を扱っているわけだが。

気になっているのはパチンコ、パチスロ雑誌。

自分はギャンブルはやらないタイプだが、雑誌の表紙にはでかでかと

『この法則で必ず勝てる!』

の文字が。

勝てんの?

必ず?

じゃあちょっとやってみようかな、って思ったりするが。

そんな雑誌出したらパチンコ屋さん潰れてしまうのでは?

って思ったりした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »