« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月30日 (土)

頭隠して

ゴールデンドゥードルの琥珀は倒れるものが苦手。
 
壁にちょっとしたものが立て掛けられてるだけでそこには近づかない。
 
なのでかじられたくない家具には倒れやすい何かを立て掛けておいたりする。
 
例えばインテリアに使うネット。
 
たぶん重さにしたら200gくらいしかないと思うが、こんなものでも倒れると超ビビる。
 
なんとなくそれに気づいたネザーランドドワーフのうらら。
 
琥珀が近づいてもネットがあれば大丈夫。
 
 
『無敵!』
 
 
いや、ケツが出てるぞ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

イエティ

イエティ:ヒマラヤ山脈に棲息すると言われる雪男。大・中・小様々なサイズのものが目撃されているが、そのほとんどは動物の誤認。ネパールの寺院に奉られているイエティの頭骨はヒグマのものと判明している。ムックはイエティの子供。ゲーム『ドラゴンクエスト』でも有名。
 
ビッグフット:身長2mとも3mとも言われる全身毛むくじゃらの巨人。北米、ロッキー山脈に棲息するとされる。正体はハイイログマやチンパンジーの誤認という説も。
 
サスカッチ:こちらもロッキー山脈で目撃された獣人。毛むくじゃらだが顔には毛がなくゴリラの誤認とも言われる。銃で撃たれた際一度は倒れるもすぐに立ち上がり逃亡、犬が苦手という説がある。ゲーム『ファイナルファンタジー』『ヴァンパイア』などにも登場。
 
UMA大好きの自分だが雪男なんてのは所詮こんな生き物の誤認なんだろうなぁ…。
 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年1月27日 (水)

うららの涙

最近うららが右目から涙を流すようになった。
 
何か悲しいことがあったんだろうか…のんちゃんがいないのが悲しいのか。
 
なんて思うのは人間の勝手な妄想で実際は病気である。
 
元気に跳ね回ってるし食欲もあるのだが心配なので病院に連れて行った。
 
うららのことになると必要以上に過保護になると言われる自分。
 
うちの近くにはうさぎも診れる病院があり、以前にも一度うららの食欲が落ちたとき診てもらったことがあった。
 
わりと有名な病院。
 
うららを段ボール箱に入れて移動(移動用キャリーバッグが欲しい)。
 
行くと待合室にはすでに数匹の犬が。
 
病院の犬っていうのは当たり前だけどみんな元気がないな…。
 
気になったのはまだ3〜4ヶ月くらいと思われる小さなゴールデンレトリバー。
 
手術の後だったらしくお腹には縫い目が。
 
横で聞いてた話によるとどうもタオルか何かを飲み込んで胃腸に詰まっていたのを手術で取り除いたと。
 
ちょっとしたもんならゲロ吐かせる薬とかで取り出すことは可能だろうが、そんな子供のうちから切腹するハメになるとは可哀相に。
 
そして嫌な話だが受付で手術費用は14万になりますとか言ってるのが聞こえてしまった。
 
子犬だったからきっとまだ買ってきたばかりだったろう。
 
セコい人間はすぐ金の計算をしてしまうが、ゴールデン自体の値段もたぶんそのくらいだろうから、飼い主はやりきれないな。
 
琥珀もわりと飲み込み癖があるほうで、他人事じゃないんだよね。
 
物じゃないから治すのに14万かかるんなら新しいの買ったほうがいいねーとかいうわけにいかないしさ。
 
一番思ったのが昔ハムスターが弱ったとき。
 
800円くらいで買ったハムスターなのに病院で治療したら3000円くらいかかった。
 
大きい金額ではなかったがこんななついてない奴だし代わりなんていくらでも買えるし病院に来ないで新しいの買ったほうがどう考えてもいい。
 
と、合理的で冷たいとよく言われる自分が考えるとそうなんだけど。
 
動物のこととなるとどうにも理屈じゃないんだよね。
 
例え金魚でもお金を出して助けられるものなら助けたい。
 
限度はあるが。
 
おそらく買ったばかりであろうゴールデンの子犬を連れてきていた夫婦もきっと同じで。
 
まだ愛着はわいてなくても大金を払って子犬を助けることに迷いはなかったはず。
 
話はそれたが、うららの涙。
 
診察室に呼ばれて体重を計ってみる。
 
1.72Kg。
 
うーむ、ネザーとしては理想的な体重。
 
さすがうらら。
 
診察の結果どうやら鼻が詰まって普段鼻に抜ける分泌物が目から出てしまっていたらしい。
 
要は鼻水が逆流して目から出ていたと。
 
うさぎにはよくあることで大きな病気に繋がる重大な事態ではないようだが、なかなか治るもんでもないらしい。
 
しばらく出なくなってもまた出たりとか、慢性的に繰り返すみたいで。
 
目薬でも挿しとこうって話になった。
 
ちなみに治療費1300円。
 
当のうららは何事もなかったかのよう。
 
自分で擦ったりすると余計な病気を誘発しそうで心配だが全く気にする様子はなさそうだ。
 
その図太さがまた素敵。
 
とりあえずうららは元気なので。
 
うららファンの皆さん、ご心配なく。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

バグが…

ラストハルマゲドンプレイ中にちょっとしたバグが…。
 
プレイ中っていうかゲームを始めようとロードしたんだけど。
 
なんと散々育てたジャイアントスネークの防御力と敏捷性が1レベルに戻ってる!
 
なんでだ!?
 
他のステータスはみんな20〜30と上がったままなのに…なんて地味な嫌がらせ。
 
パーティーはコールドスリープルームを終了。
 
 
人類滅亡後蘇る事を夢見て冷凍保存された人間のミイラが横たわる。
 
ファミコンの中でも非常に不気味な画像が多いのがこのゲームの特徴。
 
今は戻らずの塔という真女神転生のカテドラルも真っ青の広大なダンジョンに潜入。
 
しかもオートマッピング他地図機能一切無しと。
 
そこを捜索中にサルバンの破砕日が訪れ一度脱出。
 
写真はサルバンのパーティー。
 
 
レベル上げして写真のゴーレムはタロスに。
 
アンドロスフィンクスはキマイラに。
 
ドラゴンニュートはロイヤルドラゴンに。
 
スライムはシャンブルマンドに変身したところだ。
 
 
これからまだまだ変身を繰り返しながらレベルをアップしていく予定。
 
詳しい攻略はまた次回!
 
お楽しみに!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

仲良しだった二匹

バーニーズマウンテンドッグの野々花とネザーランドドワーフのうらら。
 
 
やたら仲良しだった二匹。
 
 
ってゆーかのんちゃんのいるところにいっつもうららがいるって感じで。
 
このときはまだうららは半放し飼い。
 
人が家にいるときはほとんど部屋に出してた。
 
トイレにこだわりを持ってておしっこやウンコをするときは確実に小屋のトイレに戻るうららだからできる放し飼い。
 
そしてピョンピョン跳ね回るうららを黙って見つめるのんちゃん。
 
のんちゃんにとっては嫁の実家暮らしの幼い頃から多数の猫と暮らしてたので小動物がうろうろしてる環境は普通だったのだろう。
 
以前書いた話の続きになるが、こんなのんちゃんといつも一緒にいたうららは大きい犬が好きな、野性の勘が全くないうさぎに育ってしまった。
 
幼少期の環境がそうだったのだから、そりゃあ悪い犬なんかいないと思ってしまうだろうな。
 
そんなわけで白い悪魔の琥珀を恐れることもなく、今日も接触を試みるのである。
 
 
琥珀が落ち着いてうららの相手ができるようになるのはいつの日か…。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

いいことがありました

正月にもう3〜4年会ってなかった大学の友人から年賀状が来てて、なんか急に会いたくなり。

メールで連絡してみたところ、なんと今は南区のわりと自分の家の近くに住んでると言う。

家の近くっていうか職場のすぐ近くで、何度か自分のことを目撃しているという。

なら声かけてくれよ。

って思ったが口には出さず、せっかくだから飲みに誘うことにした。

超久しぶりの再会(向こうは自分を見てたが)。

感激だ。

駅で待ち合わせ、近くの居酒屋に入った。

彼は自分の友人の中でもトップクラスの好青年。

快活なスポーツマンでイヤミもなく、きちんとしたところに就職してそれなりのポジションにもついているようだが人を見下した態度も取らない。

結婚して幸せな家庭も築いている。

おかしな言い方になるが理想の友人なのである。

自分もそう思われるようにならなきゃな。

3時間くらいはいただろうか。

学生時代の話、今の仕事の話、定年後の話などいろいろなことを話せた。

楽しかった〜。

翌日には職場で仕事をしていると子供を連れて来てくれた。

是非また一緒に飲みに行きたいものだ。

よかったこともう一個。

自分が昔から大ファンだった元阪神タイガースの藪恵壹投手が半年ぶりにブログを開設。

半年前に藪ログでフレズノ・グリズリーをリリースされたことを報告してからずっと消息不明だったが、先日の小林繁氏の告別式に参列している様子がニュースで流れ。

日本にいたのかと思っていたら翌日には新しくブログを開設!

ようやく藪の足どりを掴めそうだ。

どうもブログの内容は『告別式に行った』とか『ゴルフに行ったが前が詰まって進まなーい』とか野球に一切触れていないのが気になるが…。

まさか現役復帰を諦めてただのブロガーになってしまうんじゃ!?

そんな心配をしつつも応援を続ける自分でした。

気になる藪の新ブログはこちら↓

http://keiichiyabu.blog113.fc2.com/

みんなで応援しよう!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

ラストハルマゲドン

ラストハルマゲドン

ファミコンの名作シリーズ。
 
今回は『ラストハルマゲドン』。
 
ご存知だろうか、この超名作を。
 
このゲームを買ったとき当時のファミコンソフトにしてはかなり高額な方に入るであろう9800円もしたのをやたらきっちり覚えてる。
 
2Dフィールドに3Dダンジョンというスタイル。
 
パソコンからの移植で内容はまたRPGなのだが、一般的なものとは大きく世界観が違う。
 
美男美女をそろえたパーティーのゲームに対するアンチテーゼ。
 
目的も世界を救うなどというありきたりなものとは違う。
 
舞台は人類が滅亡したあとの地球という非常にネガティブな世界。
 
虫けら1匹も生き残ってはいない荒廃した地上に突如あらわれた魔族たち。
 
かつて人類に地上を奪われ魔界へと追いやられた魔族たちがここぞとばかりに姿を現し魔族の王国を創ろうとする。
 
しかし、宇宙から降り注ぐ108つの石版。
 
同時に一筋の閃光が地上に出た魔族スケルトンの頭を貫いた。
 
『かはっ!』
 
 
その場に倒れるスケルトン(この『かはっ!』はオープニングの名シーンであり一部のマニアの間で超有名なシーン)。
 
貫いたのは宇宙から来たエイリアンの光線銃。
 
そしてエイリアンは語り出す。
 
『地球は我々チリウス星人の第203植民星と決まった。これを魔族の王に伝え降伏せよ。逆らえば死あるのみ』と。
 
怒り狂う魔族たち。
 
魔族は直ちに12の種族からの代表者で討伐部隊を組み、エイリアンの殲滅、そして宇宙から降り注いだ108つの石版の謎を解き明かしに出発するのだった…。
 
 
ちなみにここでかかるオープニングの曲がすごい名曲。
 
こんなゲームにしか使われてないのはもったいないと当時は話題になった。
 
当時のゲームにしては魔族が主役という非常に斬新なストーリー。
 
舞台が舞台なだけに町もなければ武器を売る店もない。
 
装備はエイリアンを倒して手に入れる『宇宙塵』と呼ばれる物質を集めて自分達で強力なものを作り出していく自給自足。
 
売るとこもないから武器はいらなくなったら捨てるしかないし、誰が何を装備できるかわかんないから作って装備できなかったなんてザラ。
 
武器作製できるモンスター、防具作製できるモンスター、道具作製できるモンスターなど、それぞれ特性があり。
 
魔族は昼活動できる4人、夜活動できる4人、そして月に1度ある『サルバンの破砕日』と呼ばれる普段の10倍の長さがある日に活動する4人が、交代で探索を行う。
 
レベルアップに関しては、FF(フー・ファイターズじゃないよ)2と同じシステムと言えばわかるだろうか。
 
攻撃ばかりしてれば攻撃力や体力が上がり、魔法ばかり使っていれば魔力レベルばかり上がる。
 
スタートは1月13日の金曜日深夜0時。
 
気になる主人公パーティーは以下の通り。
 
昼のパーティー
 
オーク:武器防具を装備できる戦士タイプのモンスター。
 
ハーピー:やたらセクシーな女性型モンスター。飛行能力を持つ。
 
ミノタウロス:攻撃力も魔法も強力なオールマイティ。
 
ジャイアントスネーク:水に入れるが他の能力は少々低い。
 
夜のパーティー
 
ゴブリン:ほとんどの武器防具を装備できる。特殊能力を持たない。
 
ガーゴイル:飛行能力を持つ。戦闘力は高め。
 
サイクロプス:攻撃も魔法も強力。全ての防具が装備できる。
 
スケルトン:中間クラスの能力。使える魔法が多い。
 
サルバンのパーティー
 
ゴーレム:素手の攻撃力が非常に高いモンスター。
 
アンドロスフィンクス:やたらセクシーな女性型モンスター。回復魔法、補助魔法を多く持つ。
 
ドラゴンニュート:翼は無いが飛行できるモンスター。
 
スライム:特殊能力が非常に強力。
 
さらに、このゲームのモンスターは一定のレベルになると他のモンスターから細胞をもらい変身、どんどんグラフィックが変わっていくという贅沢さ。
 
サイクロプスは3レベルでアルゴスに。
 
オークはトロットに。
 
スケルトンはリッチに、というふうに3、5、9、15と何の法則もないレベルでグラフィックが変わり、キャラクターの成長が非常に楽しみになる。
 
 
現代史とは違う観点からノアやヒトラーなどを解釈したり、ストーリーも衝撃的。
 
ちなみに自分は子供の頃クリアーできなかったのでこれから挑戦してみるつもりだ。
 
うまく進めば攻略編を書こう。
 
本当是非みんなにもやってほしいゲームだ。
 
でもはっきり言って流行んなかったし今売ってるとこ見たことないから手に入れるのは困難かもなぁ…。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

パンクした!

なんかいつも乗ってる自分の車の左前にごとごとと違和感が。
 
平地なら気にならないんだけど雪や氷でガタガタのところを走ると運転してて体に伝わるショックが大きい。
 
なんかなってんのかなぁと車を降りて見てみると。
 
あ、ぺしゃんこ。
 
しかも煙出てる!
 
車のパンクなんて初めてだわ…自転車なら結構あったけど。
 
とりあえず近くのスタンドへ。
 
んで見てもらったらタイヤの側面が裂けてるって言うのね。
 
側面が裂けたら直せないわと。
 
なんてこった。
 
タイヤを買うのを勧められたがスタンドは高いので一先ずスペアに交換。
 
真っ直ぐオートバックスへ。
 
自分が履いてたのはグッドイヤーだったんだけどシーズン真っ盛りで今更タイヤを買う人なんてそうそういないので同じやつは在庫無しと。
 
まぁ別にそんなこだわりないけどオススメはブリジストンかヨコハマタイヤだと言うので。
 
今回はヨコハマに挑戦。
 
阪神ファンだが横浜。
 
1本だけ換えるとバランスが悪いので2本購入。
 
前二つを新品に、そして一番減っていたのを外して後ろを今まで使ってたやつに。
 
国産の新型タイヤでもスタンドで買うより1本につき3000円も安かった。
 
とは言え出費だ。
 
車を持ってると何の前触れもなく突然金かかるからなぁ。
 
ちなみに犬を飼ってても車を持ってるのと同じくらい金がかかる。
 
餌代だけでなくワクチンだの、狂犬病だのフィラリアだのといった予防接種。
 
病気や去勢の治療費。
 
物を壊されたときの修理代など。
 
大型犬はとくに高い。
 
まぁぶつぶつ言っても仕方ないが。
 
おかげで冬道が非常に快適に。
 
全然乗り心地が違うわ…多分じわじわ抜けていったんだと思うけどよく今まで気付かなかったな。
 
おかげで休みだからせっかく一日ファミコンしてやろうと思ってたのに台なし。
 
でもうちの小動物トリオの掃除はきっちりやった。
 
久しぶりにみつばの水浴びも。
 
うららご満悦できれいになったトイレにぷりぷり。
 
 
前に載せた写真に似てるなぁ。
 
そんな感じの休日でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月19日 (火)

導かれし者たち

導かれし者たち
いよいよ第5章に突入。

本編はここから、主人公『しゃあ』がこれまでの仲間を集めて世界を救う冒険の旅に出る。

また、導かれてもいないのに仲間になってしまう役に立たない連中も多々登場(ホフマン、パノンなど)。

このゲームの最大の特徴なのだが、これまでプレイヤーキャラクターとして冒険してきた仲間達はなんと、全て『NPC(ノンプレイヤーキャラクター)』に。

自分の意思では全く操作不能、主人公の作戦のみで行動する自立思考になってしまうのだ。

この結果、魔法使い系キャラの使い勝手が最悪に。

ボスキャラ相手に効きもしない『マホトーン』や『マヌーサ』を連発したりすることになる。

したがってえむあーるさんも言っていたが注目のレギュラーは、おそらく99%の人がライアン、アリーナ、勇者、クリフトになるのではないか。

魔法使い系のマーニャ、ブライはMPが切れたらゴミなので長い洞窟には連れて行けないし、ボス戦もほぼほぼ魔法が効かないのでアウト。

遊び人系トルネコは多分自分で操作できればそこそこ強いはずだがコンピューター思考では異常な行動をとる為論外。

僧侶系のミネアとクリフトを比較した場合、キアリー、ベホマラー、スクルト、ザオリクなど使える魔法はクリフトに集中。

ミネアがラリホーやメガザルを覚えたところで使う機会は皆無である。

HPも低すぎ。

クリフトもはぐれメタルとかに効きもしないザラキを連発したりしてイラッとくるが。

勝手に行動していても戦士系さえ並べていればおおよそ攻撃しか能がないのでいらんことされずに済むのだ。

5章のストーリーは書くと長すぎなので書かないで、ここでは裏技を中心とした攻略を書こう。

まずカジノ。

コイン交換枚数を838861枚で頼むとなんと必要なお金が4ゴールドに。

これで5章スタート時点から全員素早さが2倍になる星降る腕輪と、装備できるメンバーに最強防具はぐれメタルのたてを持たせることができる。

スタート直後から異常な素早さと防御力。

ある程度進んで船を手に入れると『王家の墓』というはぐれメタル生息地にたどり着く。

ここがレベルの上げどころ。

2時間でレベル25から全員40前後に。

『ミナデイン』『パルプンテ』など総ての魔法を覚え、いつでもクリアーできる。

一度も回復せずにダンジョンを突破できるほどのレベルなのでレギュラーはクリフトからマーニャにチェンジ。

作戦は『ガンガンいこうぜ』。

これでガンガン行った結果驚きのスピードで話は進み。

エスターク2ターン撃破。

起きなかった。

そして天空から地下世界へ。

小さなメダル32枚も全て集め、最強装備に。

相変わらずガンガン行った結果。

デスピサロも秒殺。

終了。

最高レベルはアリーナの52、最低はミネアの42。

もう少し上げてもよかったがさすがに飽きた。

レベル40を過ぎたあたりからライアンの成長は急激にストップ、マーニャが異常な勢いでパワーアップ。

99までいったときどうなってるのか気にはなったが…。

なんにしてもこれ以上続けるエネルギーはなかったので、終わりにして。

また新たなファミコンゲームに挑戦するぞ!

こう御期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

合コンがしたい

今更年末の話になるが。

えむあーるさんが合コンに行ってた。

相手は学校の先生らしい。

うらやましい。

自分は合コンに行ったことがない。

っていう話をすると

『そっか〜行ったことないのか〜』

とちょっと馬鹿にした雰囲気を出された。

くそっ。

『いい出会いあったか?』

と聞くと

『合コンはその場で出会いを求めるんじゃなくてそこから出会いを広げる為のものだぜ〜!行ったことないんじゃわかんねぇかな〜』

とまた馬鹿にされた。

くそっ。

普通の企業って結構合コンの誘いとかあるんだろうか。

うちの会社は合コンやった話とか聞かないな。

まぁ変な話うちの職場は若い男女が大勢いておしゃべりもできる環境。

合コンやってるようなもんだし。

こんだけ男女がいて彼氏彼女ができない奴は実際合コン行ってもできるわけないんだろう。

そうは言っても。

合コンしてみたい。

見知らぬ男女が真実の愛を求めて酒を酌み交わす、ある意味あいのり『合コン』。

まぁ酒が飲めないって時点で自分はすでに負けているが。

合コンではないが大学の弓道部同期達と居酒屋で新年会をした。

驚いたのは年末年始にかけて同期の二人が退職していたこと。

一人はすでに次の職場が決まっているようだがもう一人は予定無しと。

30過ぎてから仕事を辞めるってのはすごい勇気だ。

自分はきっと定年になるまで向いてない今の仕事をしてるんだろうな。

家も買ったし。

退職金もたくさん欲しいし。

同期とはたまにしか会わないので会うたびに驚かされることが多い。

実は入院してて外出許可で新年会に来てくれてたりとか。

新年会には来なかったが宮崎に行ったとか言って東国原知事の蝋人形の写メを送ってきたりとか。

でもおかげさまでとても楽しいときを過ごすことができた。

夏には同期の1人が結婚式をあげるらしい。

今年はそれを楽しみに夏まで頑張っていこう。

そしてそこで新郎新婦に合コンをセッティングしてもらおう。

ちなみにこの新年会の帰り『バスで帰るわ〜』なんて言って別れたが、この日は日曜だった為終バスはとっくに無くてタクシーで帰りました。

うかつだった…。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2010年1月15日 (金)

急に大人に

急に大人に
別にボルゾイやテリア系の新しい犬を飼ったわけではありません。

いつものゴールデンドゥードルおとぼけ琥珀。

嫁が風呂でシャンプーするとき耳周りをバリカンでカットしたらこうなった。

体の毛はフワッフワに膨らんで一回り大きくなったのに顔だけ小さくなったので突然大人になったイメージ。

目つきも鋭いがこれは疲れて眠たいから…。

でもほっとくとまた体の毛は潰れて顔の毛は伸び…子供に戻っちゃうんでしょうねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

雪と遊ぶ

雪と遊ぶ

北海道と言えば雪。
 
ゴールデンドゥードルの琥珀も北海道に生まれたからには雪好きになってもらわないと。
 
と思って雪の公園を日々連れまわしている。
 
初めて雪が積もった日はさすがにおっかなびっくりで、誰かが作った雪だるまに吠えかかる始末。
 
しかし今は飼い主を引っ張って転ばせるくらい大はしゃぎになった。
 
またドッグランへ。
 
ランは銀世界。
 
もふもふと遊ぶ琥珀の写真を撮ってみる。
 
 
うーん、もうすぐ10ヶ月なんだが…どんだけ子供の顔してんだ。
 
手足の太さと顔の大きさでお子様度がぐんとアップ。
 
雪まみれなんですけど…帰りの車はまたシートベチャベチャですよ、コレ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火)

後ろ姿

後ろ姿

冊越しにうららを見る琥珀。
 
あまり撮ってなかったうちのゴールデンドゥードル琥珀の後ろ姿だ。
 
お互い遊びたがってるわけだし体の大きさが同じくらいなら絶対仲良くなれるんだが。
 
 
こっちはうららの後ろ姿。
 
『琥珀のとこ行ってもいいかな?』
 
 
『やめよ』
 
何しろこの体格差じゃあよっぽど琥珀がおとなしくなってくれないとなぁ。
 
 
『遊びたいなぁ〜』
 
いやいやもうちょっと大人になるまで我慢してね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

モンバーバラの姉妹

『第4章モンバーバラの姉妹』

錬金術師エドガンには二人の弟子と二人の娘がいた。

あるときエドガンは実験中事故で『進化の秘宝』なるものを作り出してしまう。

進化の秘宝はジョジョで言う石仮面並に究極生物を作る道具(力を完全に引き出すためには黄金の腕輪というアイテムが必要らしい。例えるならエイジャの赤石)。

弟子のバルザックはエドガンを殺害し、進化の秘宝を盗み出してしまう。

エドガンの娘踊り子マーニャと占い師ミネア、そしてもう一人の弟子オーリンは仇討ちの旅に出る。

3人はバルザックの居所を突き止めるがバルザックは既に悪魔に魂を売り、キングレオ城の主キングレオと手を結び3人を返り討ちにしてしまう。

オーリンは2人を逃がす為犠牲になり、マーニャとミネアは船でエンドールへと落ち延びて行くのだった。

4章終了時のレベルはマーニャ13レベル、ミネア12レベル。

だんだん書くのがめんどくさくなってあらすじだけずらずらずらっと書いちまった。

そしてこの二人も5章ではスタート時以外使われないのであった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

武器屋トルネコ

『第3章武器屋トルネコ』

書いてる時点で既に第5章をやっているわけだが、1章2章と順番に書いてしまったので仕方ない、トルネコについても書こうと思う。

雇われ武器屋のトルネコだが、いずれ世界一の武器屋になりたい野心家。

嫁と息子を家に置いたまま伝説の武器を探す旅に出る。

結論から言うと自分の店を持ったトルネコが世界一の武器屋になるため旅に出て武器を仕入れられなくなったので嫁がその店で預かり所を始めるという本末転倒な話なのだが。

このトルネコ、3章スタート時点では雇われているため定期的に給料が入る。

なのでいつまでも旅に出ないでいると結構金が貯まって最初から『破邪の剣』とかを手に入れることもできる。

自分も随分金を貯めて強力装備にしてから冒険に出たので思いっきり低レベルでどんどん話が進んだ。

ボンモール王子とエンドール王女の縁談に一役買い。

途中スコットとロレンスという雇ったことを後悔する使えない二人を雇い。

自分の店を持って西の国までトンネルを開通させたところで3章終了。

強力装備だった為スピードクリアーでなんと終了時点でトルネコのレベルは9。

そして5章で役に立たないトルネコの出番は3章終了と同時に終わるのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

これでもだんだん成長してる

これでもだんだん成長してる

寝とります。
 
相変わらずカーペットのようになって。
 
えむあーるさんが遊びに来た後はいつもぐったりだ。
 
琥珀のテンションについていける人はなかなかいないので今のところえむあーるさんくらいしかお客さんをうちに招待できない。
 
でもこれでも少しは大人になってるんだよ。
 
壁をかじったり絨毯を引っ張ったりしなくなったし。
 
ソファーから綿は出すけどね。
 
もうちょっとだな、琥珀。
 
 
『何が?』
 
と言ってるようなおとぼけ顔。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

ちゃんといるよ

あんまりモカちゃんの写真を載せないのでモカちゃんは琥珀に食べられてしまったんじゃないかと心配している人もいるようだが。
 
ちゃんといるよ。
 
 
掃除中外に出たがるモカちゃん。
 
 
小屋の上でアクロバティックなモカちゃん。
 
 
水を飲むモカちゃん。
 
もう12月で2歳になった。
 
頑張って長生きしてほしいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

おてんば姫の冒険

ドラクエ4やってます。

『第2章おてんば姫の冒険』。

サントハイムの王女アリーナは得意の武術を使って腕試しの冒険に出たいおてんば姫だ。

いやぁおてんばだ。

『おてんば』って言葉が今使わない言葉だが。

城から外に出られなかったので自分の部屋の壁を蹴り破って外に出るほどおてんばだ。

琥珀でさえ壁をかじっても貫通はさせないだろう。

王女の部屋なのに窓もなかったのか。

自分の部屋の壁を蹴り破って外に出るって頭おかしいとしか思えないな。

こんな頭のおかしい姫様も5章になれば超使える人気キャラだ。

一緒に旅する仲間は神官クリフトと魔法使いブライ。

魔法使いのくせに初期で使える魔法はヒャドのみ。

旅を続けてレベルが上がると使える魔法も増えていくのだが、今まで何をやってきたんだよ、ブライ。

ゴミのように使えなかったブライもヒャダルコを覚えた時点で急に鬼神のような強さになった。

冒険はいけにえ話や偽お姫様、砂漠のバザーを経て武術大会へ。

あっさりした1章に比べて内容は随分盛り沢山だ。

エンドールの武術大会では5人連続で勝ち抜くとなんと姫様と結婚できるという。

結婚したくない姫様はアリーナに優勝を頼む。

なんだか変な連中5人を倒し、優勝したところでサントハイムの人々が全員行方不明になったという一報。

原因を解明するため3人はさらに旅に出たところで2章が終了するわけだ。

クリアー時のレベルはアリーナ14、クリフトとブライが13。

ドラクエ面白過ぎ!

なんて名作なんだ。

冒険はまだまだ始まったばかり。

先が楽しみだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

ドッグラン初め

ドッグラン初め
今年初ドッグランに行ってきました。

12月はほとんど行けなかったので久しぶりのラン。

車の中から琥珀のテンションはピークに達して暴れ回る。

窓もくもる。

ランは三が日休みだったらしく、4日の今日はドッグラン開きを待ち望んでいたテンションの高い犬で溢れかえり。

除雪されているスペースが少なかったので小型犬大型犬入り乱れて凄い犬口密度。

今日は珍しく多かったのがジャックラッセル。

あとラブと柴。

相変わらず一番でかい琥珀。

結構何回も会ってる常連の人(犬)とかも来てたので琥珀も顔なじみの犬に楽しく遊んでもらえた。

そういうとこを写真撮りたいんだけどなかなか動きが早くて撮れないし。

寒くて手出したくなかったし。

んで写真は帰って来て疲れて寝てる琥珀。

なんか汚ぇ…。

ボロ雑巾のようだ…。

ドッグランで雪の中をまふまふと走り回った後。

雪まみれなんだけどそれが毛に絡まっちゃって取れないからそのまま家に入る。

一応シャワーで落としてドライヤーで乾かすんだけど。

微妙に湿気があるまま疲れたから寝ると。

それもソファーで。

起きたら寝癖がついてたりする。

まぁ今日は久しぶりにたっぷり遊べてよかった。

また近いうち行って思いっきりストレス解消してこよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 2日 (土)

心配しなくても夢オチ

ちょっと油断した瞬間にうちの動物3匹が逃げ出してしまったんだよ。
 
琥珀とうららとみつば。
 
玄関が開いてたみたいでさ。
 
モカちゃんは逃げなかったようだ。
 
夜で真っ暗だったんだけどやべぇと思って外に飛び出したら猛吹雪。
 
もうあんまり前も見えないくらいのすごい吹雪で。
 
何となく前の方に動物達の姿が見えるからとにかく追いかける。
 
そしたらいきなりね。
 
何者かに棒で頭を殴られたのさ。
 
それで意識を失って。
 
どんぐらい経ったかわかんないけど雪の中目を覚ますと傍には琥珀とうららが。
 
みつばの姿は無いが…とにかく2匹をうちへ連れ帰る。
 
んで2匹を家に入れて自分はまたみつばを探しに行こうと玄関のドアを開けるとね。
 
そこには全く知らないババァが。
 
白い服来て5〜60代くらいか。
 
水嶋ヒロみたいな髪型の。
 
おっかない顔して警棒っぽいのを持って立ってんのよ。
 
んでドアをガバッと開けて家ん中に入って来てさ。
 
超〜怖ぇ!
 
ババァ、逃げようとする自分の足を掴むと思いっきり警棒振りかぶって。
 
ギャーーーッ!!
 
……………
 
っていう初夢を見たよ。
 
毎年あんまり初夢って覚えてないんだけど、今年はリアルに覚えてた。
 
いい歳して怖い夢見ちゃった。
 
 
元旦の琥珀とみつば。
 
多少部屋でウンコするくらいは我慢するからさ。
 
外に逃げてババァを連れてくるのは勘弁してくれよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

目キラキラ

目キラキラ
琥珀の目がキラキラしてるのはこっちにおやつを持ってるから。

普段はもっと意地悪い顔してます。

なんかいたずらして困らせてやろうみたいな。

随分幼く写ってると言われる写真だが撮ったのはつい先日、琥珀ももう9ヶ月。

そろそろ性格も落ち着いてちょうだいね。

あ、ちょうど今日元旦だ。

いつも読んでくれてるみなさん。

今年もよろしくね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »