« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月30日 (火)

琥珀1歳

琥珀1歳

我が家のゴールデンドゥードル琥珀が3月30日で1歳になりました。
 
6月の初めから我が家にやってきて約10ヶ月。
 
いろいろあったけど琥珀中心の楽しい10ヶ月だった。
 
うちに来たばかり、6月の琥珀。
 
 
そして現在の琥珀。
 
 
おんなじ顔して寝てるなぁ。
 
サイズはずいぶん巨大化したけど。
 
これまで散々いたずらと破壊を繰り返してきた琥珀。
 
しかし1歳が近づくに連れ徐々にいたずらはおさまり落ち着きが出てきたように思える。
 
レトリバーは子供のうちのやんちゃは全く手がつけられないが、1歳から1歳半になるとちょっと寂しいと感じるほど落ち着いてしまうとよく言われているが。
 
琥珀に限ってこの明るい性格は一生モノで、落ち着くことはないだろうなんて思っていたけどね。
 
落ち着いてきたもんだ。
 
誕生日だからなんかプレゼントしてやりたいとこだがそりゃ飼い主のエゴってもんで。
 
結局一緒に遊んでやるのが一番嬉しいんだろ。
 
せめて骨型ガムをプレゼント。
 
 
写真うつり悪いなぁ。
 
モッサリ毛で変な妖怪にも見えるぞ。
 
だいぶ近所でも有名になってきた琥珀。
 
もうちょっと雪が溶けたらさらに町内の名物犬になるように、いっぱい散歩しよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月29日 (月)

神の雫

神の雫
『神の雫』って漫画を知ってますかね?

ワインのソムリエかなんかの話。

一時期亀梨和也主演のドラマになって話題だったよね。

自分の職場でもそのとき『神の雫モデル』のワインなんかを発売したりした。

でも漫画もドラマも見たことないから内容は全然知らない。

面白いのか?

って思ってたわけでもないんだけど、この前仕事から帰ったらうちに1巻があった。

嫁にどうしたのか聞くと、付き合いで買ったと。

付き合いで漫画を買うってどういう話かっていうと、なんでも週末『神の雫』の作者亜樹直が馴染みの本屋に来てサイン会を開催するらしい。

期間中漫画を買った人にはサイン会の整理券が渡される仕組み。

それを店頭や広告で2ヶ月以上前から告知していたのにものすごい勢いで余っていると。

それでサクラってわけじゃないけど付き合いで漫画買って整理券を貰ってきたんだと。

整理券の番号を見た。

『4』…。

おいおい!

サイン会3日前なのに整理番号4っておかしいだろ!

人気ないにもほどがあるぞ!

整理券何枚用意しててこれから何人までサクラを集める気だ?

そーいえば5〜6年前だったと思うけど日ハムが北海道に移転する前の年。

自分の職場に当時日ハム選手の中ではメジャーな方だった芝草宇宙がサイン会をしに来たことがあった。

今でこそミーハーなファンが大勢集まる日ハムサイン会も札幌移転前は全く人気なし。

芝草のサイン会は驚くほど客が集まらず社員全員サクラになって並ぶハメになった。

そうそう、札幌ドームでやった新庄の入団会見でさえ阪神ファンの自分はもちろん見に行ったけどあの広いドームに数百人しか集まらなかった。

移転した年にうちの近くで江尻慎太郎が一日消防署長をやったのを見に行ったときは、20人くらいしか集まってる人がいなかった。

あ、ミーハーな日ハムファンの話はいいや。

そんで当日嫁が行ってみると、結構人が集まってたらしい。

正直あんまり興味なかった嫁はさっさとサイン貰って帰ろうと思ったら、なんかみんな漫画にサインしてもらってると。

仕方なく2巻をその場で購入。

中途半端に2巻にサインを貰って帰ってきた。

ところでこの『神の雫』。

嫁はカタカナばっかりでわけわからんって言ってたけど、せっかくなんで自分も読んでみた。

面白ぇ…。

やや三枚目の主人公、神咲雫がワイン勝負の時だけ感性を爆発させてかっこよくなるありがちなパターンの。

ワインを飲んだ感想が『花畑に佇む少女のよう』とか『シャガールの1枚の絵が見える』などミスター味っ子のリアクション並のコメントが飛び出す。

いや、ミスター味っ子の味皇の『うーまーいーぞぉぉぉー!!』と叫んで津波の中を泳いだり宇宙へ飛び出したり巨大化して大阪城を破壊したり車椅子で病院の階段を駆け上がったりするリアクションにはかなわないが。

確かに専門用語が多く非常に理屈っぽいためにとっつきにくい感じはあるが、カタカナが苦手じゃない人なら初心者にもわかりやすい内容。

ワインの銘柄に詳しければ尚更ね。

自分は酒は飲まないものの仕事柄ワインの知識がちょっとはある。

頭でっかちではあるが、産地や飲み方は多少心得ているつもり。

なので結構すんなりとその世界に入っていくことができた。

先が読みたいけど24巻も出てるみたいなんだよなぁ。

そんなにあると読むのも集めんのも面倒臭い。

でもなんか漫画集めたいと思ってたとこだし。

ちょっとのんびり古本屋で探してみようかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

セ・リーグ開幕

ようやく待ちに待ったセ・リーグ開幕!

我等が阪神タイガース、開幕戦の相手は横浜ベイスターズ。

開幕ダッシュで弾みをつけるには最高の相手。

結果…快勝!

先発のエース安藤が3点を先制されるも移籍後初試合の城島が3安打4打点の活躍!

そして下位打線まで1発の出る新猛虎打線がいきなり本領発揮。

8番桜井からタイガース第1号が飛び出した!

安藤は5回までで下がり、その後は最強のリリーフ陣筒井、久保田、メッセンジャー、藤川が1回ずつパーフェクトに抑えて終了。

主力組も初戦から安打が出て最高のスタートがきれたと言える。

どっかの球団では先発3本柱とかいうのを立てて3連敗しているところもあるようだが、やはり先発だけよくてもダメだ。

長く勝ち続けるには救援投手が先発以上に重要なのである。

今年自分が注目しているメッセンジャー。

退団したアッチソン、ウィリアムスの代わりをなんとか最後まで勤めていってほしいと思う。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

さすがに似てる

さすがに似てる

写真が誰だかわかるだろうか。
 
ユニフォームは違うが、なんとなくピンとくるだろう。
 
そう、世界の王。
 
王貞治。
 
王心凌じゃないよ。
 
ナムコから出ているベースボールライブというゲームで。
 
弓道部メンバーを肖像権の許可も得ずに勝手にアローズという球団を作ってみたところ、一部選手の顔が激似と絶賛されたわけだが。
 
では実際ゲーム中に登場する選手達はどんな感じなのかと。
 
ずっとこのゲームをやってきたわけだがここでじっくり検証を。
 
衣笠祥雄。
 
 
さすがに似てる…。
 
やっぱ素人が作ってるのとは違う。
 
現役選手はどうだろう。
 
岩隈久志。
 
 
感じが出てるなぁ。
 
悔しいが。
 
下柳剛。
 
 
激似。
 
すんごいリアル。
 
ほとんど写真だろ。
 
こんな感じのベースボールライブ。
 
やりたくなってきたろ?
 
パワプロの丸いキャラはそろそろやめにしてさ。
 
みんなこっちに移籍してみないか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

マーリー世界一おバカな犬が教えてくれたコト

を見ました。
 
嫁がゲオで借りてきたので。
 
一時期さんざんテレビでCMとかやってたよね。
 
所詮動物映画なんて子供の見る映画だろうと思っていたんだけど。
 
号泣。
 
泣きましたよ…これは反則だよね、ホントに。
 
犬を飼ってる人が見たら絶対泣くでしょ。
 
映画館で見たら大恥かくとこだった。
 
結婚を機にラブラドールの子犬を飼うことになった夫婦の生活の物語。
 
夫婦が世界一おバカな犬と言うラブラドールのマーリーのいたずらはまるでうちのゴールデンドゥードル琥珀を見てるよう。
 
ちなみに劇中ではラブラドールと並んでラブラドゥードルがよく登場しており、アメリカではドゥードルがかなり浸透していることが伺える。
 
マーリーのいたずらはほぼほぼ琥珀と同じソファーを掘ったり壁をかじったり。
 
日本の犬もアメリカの犬もやることは同じなんだな。
 
夫婦はマーリーに散々振り回されながらもブチ切れることもなく、一生懸命世話を続ける。
 
そしてマーリーも歳をとり、最期の時を迎える…。
 
ベッショベショに泣いた。
 
健康な犬を飼ってる人も、誰でも一度は考える飼い犬の死。
 
自分はすでに人生で2度愛犬の死を看取っている。
 
2回とも若干のペットロスになりながらも、またこうして犬を飼っている。
 
飼っているときはいずれ別れがくることをわかっていながらも犬を飼うことは自分にとってこの上ない幸せで。
 
自分は一生犬と暮らしていくと思う。
 
そして自分は犬からこれだけ幸せをもらっているのだから、犬にももちろん幸せになってもらいたい。
 
『犬はブランド品も高級車もいらない。枝一本あればいい』
 
と映画は締めくくっているわけだが、それだけ犬の幸せは飼い主にかかっているということで。
 
自分も今一緒に暮らしている犬が多少いたずらをしても温かい目で見守りつつ、責任を持って幸せにしてやろうという風に改めて思う映画だった。
 
ところで同じ日、琥珀を連れてドッグランに行ってきた。
 
前日の夜が猛吹雪だったのに当日は快晴だった為にランは半分積雪、半分ひどい泥んこ。
 
真っ白な琥珀はたちまち泥だらけに。
 
大変だったがこの日一緒に遊んだのはなかなか珍しい犬ばかりで。
 
黒ラブ2匹にフラット2匹、それから狆に秋田にボクサー。
 
琥珀はボクサーとフラットとちょっとビビるくらいの勢いで喧嘩のようにはしゃいだがちっちゃい狆はその間をマイペースでちんちんちんと歩く。
 
可愛い。
 
帰ってきてからは相変わらずの熟睡。
 
 
安心しきって寝てるように見える。
 
幸せであってくれるといいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月25日 (木)

大好評につき

大好評につき

前回ちょっとネタで写真を付けただけだが非常に反響が大きかった自分のプロ野球チームアローズのメンバー。
 
一生懸命選手を作成したものの今まで他人に見せる機会がなくて残念だっただけに、今回ブログで皆さんに見てもらえたことをとても嬉しく思う。
 
一応ピッチングモーションのオクスプリングさんの写真も付けてみた。
 
頂いた質問に答えつつ他のメンバーの写真も少し付けたいと思う。
 
ただ前回のオクスプリングさんやビッキーの出来があまりにもよかった為に見る側の期待も高まっているようだが、あの完成度はミラクルのレベルなので。
 
若干ハードルを下げて今回は見ていただきたい。
 
とりあえず質問の答えとして、ポジション。
 
オクスプリングさんは先発投手。
 
TKOは7番ショート、ビッキーはセカンド。
 
ビッキーのバッティングフォームはクラウチングスタイル。
 
 
写真じゃわかんないけどバットをブンブン振り回してる。
 
でも打順は2番。
 
他の選手も見てみよう。
 
えむあーるさん。
 
 
これも結構似てない!?
 
打順は5番でサード。
 
1学年後輩の主将Kちゃん。
 
 
床屋のKちゃんじゃないよ。
 
こちらもビッキーと同じ外人顔にしてみた。
 
先発投手、投球フォームはトルネード。
 
このゲーム、顔が作れるだけじゃなくフォームも打撃、投球共100種類以上。
 
ちなみにシゲチーは種田のガニマタ打法である。
 
写真の容量がオーバーしたから貼れないけど。
 
生年月日、利き腕、用具の色、出身地など入力項目は異常な多さなので真剣にやると一人作るのに30分以上かかる。
 
それを1チーム44人。
 
こっちは早く試合をしたいのに物凄い我慢して作り続けた。
 
こうやって作ったチームでペナントに挑む気分は最高。
 
でもこのゲームリアルさがウリなもんだからプレイもリアルで。
 
1試合1時間くらいかかる。
 
それをシーズン140試合。
 
長すぎ。
 
そしてコンピューターのレベルをパーフェクトにするとめちゃめちゃ強くて全然勝てない。
 
各チームクリーンナップを打つ強打者にはもうどこ投げても打たれる感じだ。
 
それもそのはず、自分が作ったアローズは当時最弱だった楽天の能力をベースに作られているのだ。
 
やる気なくす。
 
それでもせっかく作ったアローズ。
 
140試合やった結果2位だった。
 
ちなみに1位は王貞治や江川卓など伝説のOB選手を集めて自分が作ったフロッグス。
 
どうしても勝てない最強チームフロッグスのメンバーはまたそのうちブログに載せよう。
 
そんな感じで自分で顔まで作れるナムコの野球シリーズ。
 
貸してあげるから誰かチーム作って自分と対戦しないか?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

理想は犬好きの男性

タレントの山本梓がDVDの発売記念イベントで理想の男性を語った。

『理想は犬好きで優しい男性なら誰でもいいです。やせててもぽっちゃりでも』

以前別の取材では『長身の男性』と語っていた山本梓。

これは…もう完全に自分じゃないか。

身長自称180(実際は178)でまぁまぁ長身の部類に入ると思われる自分。

犬好きは言うまでもなく、犬なくしてオレンジは語れないほどの愛犬家。

そして取引先からは『仏のオレンジ』(ほとけです。フランスじゃないよ)と言われているくらい優しさには定評がある(パートからは好かれてないけど)。

さらに山本は熱狂的阪神ファン。

彼女の父も阪神ファンであり、娘の結婚相手は阪神ファンしか認めないと語っている。

もう間違いなく山本梓の理想の男性は自分。

一応言っておくが別に自分は山本梓のファンではない。

向こうがどう思ってるかは知らないが。

まぁどうしてもと言われたら付き合ってもいい。

なんてあんまり書くとファンからクレームが来てブログが炎上するかもしれないのでこの辺にしとこう。

山本は芸能界でも有名な愛犬家。

飼っている犬はなんとあの『ポーチュギースウォータードッグ』。

オバマさん家でゴールデンドゥードルとファーストドッグ争いをして当選した話題の犬である。

やはりまだ日本には数十頭しかいない稀少犬。

見た目もドゥードルと似てる感じで色は黒。

それをもう4年も前から飼っている。

犬に対して異常な情熱を燃やしていて水とフードだけで一ヶ月に5〜6万注ぎ込んでいるらしい。

収入は歩合ではなく給料のはずなのでそんなに金があるとは思えないが。

山本梓は高学歴という話もあるが、正しい情報かどうかさだかではない。

ただオールスター感謝祭でトップ10入りしたこともあるので、才女であることは間違いないだろう。

と、天津向並の情報を披露してしまったがホントにファンじゃないから。

向こうがどう思ってるかは…はもういいや。

結局自分が言いたいのは。

『犬好きの男性が理想』って女が言うとなんか急に親近感が湧いてテンションが上がる自分がいるっていう話だよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

今年は寅年

セ・リーグ開幕が近づいてきた。

今年は寅年。

タイガースの年。

今年の阪神タイガースは新戦力が多く、5年ぶりのBクラスに終わった昨年とは全く別のチームと言える。

期待大。

中でもメジャー帰りの城島の加入は大きなプラス材料。

打線は厚みが増し、近年機動性を重視していた小粒チームから本来の重量級猛虎打線に戻ってきた感がある。

最大のマイナス要因は赤星の引退。

代役にマット・マートンを加入したものの俊足とは言い難く、守備力の大幅ダウンは否めない。

オープン戦では先頭打者ホームランを放っており、パンチ力のあるリードオフマンとしてどこまで数字を残せるか。

2010タイガース基本オーダー

1番センター:マートン
2番セカンド:平野
3番ショート:鳥谷
4番レフト:金本
5番ファースト:新井
6番キャッチャー:城島
7番サード:ブラゼル
8番ライト:桜井

1番から8番まで1発が見込める強力打線。

投手はエース安藤を筆頭に能見、岩田、下柳、久保、小嶋あたりが先発ローテーションか。

期待の新戦力メジャー40勝フォッサムはオープン戦直近の2試合で5回6失点、4回7失点と厳しい成績の為ローテーションは見送られる見通し。

ただ、12球団1と言っていい鉄壁のリリーフ陣を誇るタイガース。

アッチソン、ウィリアムスが抜けたとは言えリリーフエースの江草、筒井からこちらも新加入のメッセンジャー、今期復帰の久保田、そして守護神藤川と盤石。

先発が5〜6回まで持ちこたえての逃げ切りが必勝パターンになるだろう。

オープン戦は11位と奮わなかったものの、上位はパ・リーグが占めてタイガースは6勝9敗。

シーズンは非常に混戦になること間違いない。

パ・リーグも早くも大盛り上がりを見せているが。

開幕が待ち遠しいな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

安い!

自分が家を買って1年経ちました。

犬と遊びたいが為に買った庭付き一戸建て。

動物との暮らしは無趣味な自分の唯一の趣味と言っていいだろう。

自分の趣味の為に人生を懸けて大きな買い物ができている自分は幸せだと思う。

そんなうちのすぐ近くに古い二世帯の空き家が一軒。

自分が家を探しているときにそこも見たから土地の値段はよく知ってる。

そこを取り壊して最近家を建てはじめた。

どうやら建て売りのようだ。

その販売価格が衝撃。

いくらかは書かないけど。

土地の値段を差っ引くと、異常な値段で建ててることになる。

ちなみに自分が見たときの土地の値段は付近の相場通りだった。

家を買うとき何十件も見て回った自分はそれなりに相場が頭に入ってるつもりだ。

ありえない。

安いと言われてるタマホームでもそんな値段にはならないだろう。

絶対おかしいぞ。

具体的に言えば築10年以上の中古並。

なんかあるよ、そこの家。

どうやって作ってるか気になるなぁ。

えむあーるさんあたり買ってみてくんないかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

女王みつば

我が家の立場に順位をつけるとこんな感じ。
 
1番:みつば(小桜インコ)
2番:うた(オレンジ嫁)
3番:うらら(ネザーランドドワーフ)
4番:琥珀(ゴールデンドゥードル)
5番:オレンジ(かじり木)
 
なにしろ1番はみつば。
 
みつばには誰も逆らえない。
 
非常に気分屋で機嫌のいいときと悪いときに差があるみつば。
 
機嫌のいいときはピチピチとさえずって手や肩にチョコンと乗ってくるのだが、機嫌の悪いときは指がちぎれるんじゃないかと思うくらいの力でついばんでくる。
 
これには我が家で最高の権力を持つ嫁も手を焼いている。
 
暴れん坊の琥珀でさえ機嫌の悪いときにちょっかいを出そうものなら容赦なく鼻をついばまれる。
 
 
このときは上機嫌だったので琥珀の鼻ツン責めにもピチピチと楽しそうにさえずってた。
 
水浴びをさせると一気に機嫌がよくなり人にすりすりと寄って来るのだが。
 
 
2番は嫁。
 
基本的にみつば以外は頭が上がらない。
 
そしてうらら、琥珀と。
 
この2匹はどっちが上か微妙なとこなんだけど。
 
たいていうららが琥珀を挑発してるのでうららが上かな。
 
 
微妙な距離の3匹。
 
まぁなんだかんだで仲よくやってる。
 
ちなみに5番がオレンジ(かじり木)と。
 
みんなにかじられたりついばまれたり蹴っ飛ばされたりしながらせっせとお世話させていただいてます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

TバックとOバック

婦人下着にあるTバックとかOバックってよく聞くよね。

TバックはなんとなくわかるけどOバックってどんな感じ?

どんな人が履くの?

ケツに丸く穴空いてんの?

パンツ脱がなくてもウンコできんの?

他にどんなアルファベットが考えられるかな。

AバックBバックとかは無理があるな…。

VバックYバックくらいはいけそうじゃね?

Iバックは結局Tバックと同じ形になってしまうかな。

なんてつまらぬことを考えてしまった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

ビュン!

 
ネザーランドドワーフのもっちりうらら。
 
 
ビュン!
 
もっちりなのに意外と軽快な動き。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

刑務所へ行こう

嫁が網走刑務所を見てみたいと言い出した。

網走刑務所とは日本最北端の刑務所であり、また最も脱獄が難しいと言われる刑務所。

今も刑務所として稼働しているため外から見るしかできないが近くには博物館があり、そこには囚人が働く姿が蝋人形で作られ展示されたりしている。

過去の歴史は古く、網走監獄と呼ばれた時代は主に再犯者を集め刑務所というよりは強制収容所のような扱いだったという。

囚人達が労働者として使われた国道、道道工事では8ヶ月で200人以上が死亡、1000人以上の行方不明者が出たとされる。

有名な明治の脱獄王『西川寅吉』、昭和の脱獄王『白鳥由栄』も収監されていた(西川寅吉は日本史上最も多く脱獄した犯罪者。異常なスタミナの持ち主で警察に追われ秋田から三重まで走って逃げたと言われている。その際足に五寸釘のついた板が刺さったがそのまま数十キロ走って逃げたことから五寸釘寅吉と呼ばれた。また、白鳥由栄は非常に強靭な体の持ち主で手錠を壊して逃げるのを得意とした。さらに肩関節を外す柔軟さと食事の味噌汁を毎日鉄格子に吹き掛けて錆びさせ壊す粘り強さで網走刑務所も脱獄した)。

網走刑務所はその施設の劣悪さと凶悪犯が多いというイメージから高倉健主演映画『網走番外地』の舞台にもなっている。

そんなところに行ってみたいらしい。

正直自分はそんなに興味がない。

なぜなら学生時代法学部だった自分は大学の研修でリアル刑務所に潜入したことがあるからだ。

同じ法学部だったオクスプリングさん達と共に裁判所や刑務所などいろいろな施設を見学した。

裁判は見れても囚人のいる刑務所の中はなかなか一般の人は見ることができないだろう。

非常に貴重な体験をした。

自分が見学したのは札幌からそれほど遠くない月形刑務所。

網走は現在それほど重犯罪者を収容してはいないようだが、逆に月形に収監されている犯罪者はほとんどが再犯の悪人ばかり。

見学にはかなり覚悟が必要だった。

スーツ姿で刑務所に向かった自分達。

映画やドラマで見るような監獄や独房がそこにはあった。

囚人達はみな仕事に出ている時間で牢には誰もいなかった。

面会室などにも入り、囚人側の席に座って遊んだりした。

しかしふざけてられるのもここまで。

なんと自分達は囚人達が働く作業場まで案内されたのだ。

そこは工場のように様々な機械が並び、囚人達と思われる男達が椅子や机など木製品を製造しているようだった。

その様子を間近で見学する自分達。

別にガラス越しとかじゃなくて普通に働いてるところを歩く。

やたらごつい坊主の男や入れ墨だらけの男が黙々と作業していた。

なんてことを嫁に話すと

『なんか質問してみれば良かったじゃん。何やって捕まったんですか〜。とか』

って言いだした。

無理です。

全くそんな冗談言える雰囲気なし。

そりゃあ自分だって

『刑期何年?あと何年?』

とか

『脱獄しないの?穴とか掘ってないの?』

とか聞きたかったけどさ。

ほんと無理。

向こうは全くこっちを気にする様子はなかったけど、とりあえず恐かった。

そしてそれから囚人墓地へ。

外に出る日を夢見ながら無念にも刑務所内で死んだ囚人達が眠る墓地。

別の意味で怖い。

幸い昼間だったので何も出なかった。

それから刑務所内で結構豪華な昼ご飯を食べ。

博物館を見学して帰宅。

面白かった。

興味を持った人、中を見てみたい人。

なんか犯罪をすれば中を見れると思いますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

グージャス

グージャス
ゴー☆ジャスではありません。

森永から昨年秋に発売したアイス『グージャス』。

かなりお気に入り。

平らなケースに入ったコーヒーアイスにチョコとかクランチのトッピングが贅沢に乗ってる。

特徴はパッケージが横に平らなので最初から最後まてアイスとトッピングが一緒に楽しめるとこ。

メーカー参考小売価格157円。

でも65円で売ってるとこ見つけた。

超お買い得です。

オススメだからみんな食べてみて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

久しぶりのラン

しばらく忙しくて全然行けなかったんだけど、この前ようやく予定のない休みが取れたんで琥珀を連れて月寒グリーンドッグにやってきた。
 
天気がよかったこともあり、10匹くらいは犬がいたかも。
 
でも小型犬が多かったみたいなので1番広いAは避け、琥珀だけBで遊ぶことに。
 
ここも十分広いんだけどどうも一人で遊びたがらないわがままゴールデンドゥードル琥珀。
 
 
『遊んで』
 
広いんだから好きなだけ走り回ればいいのに、誰かと一緒に遊びたがる。
 
仕方なく一緒に走り回ったり、ボールを投げたり。
 
疲れるけど、琥珀が楽しそうだからいいか。
 
2時間くらい休まず全力で走りっぱなし。
 
相変わらずすごい体力。
 
んで帰ってきたらもう爆睡。
 
だいたい2日間くらいは動けなくなる。
 
 
『疲れたの』
 
マイペースだなぁ。
 
最近いたずらもしなくなり少しずつ落ち着きが出てきたようにも見える琥珀。
 
もうすぐ1歳。
 
すくすくと育っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

パワメジャ

たまたま寄ったゲオで100円だったので『実況パワフルメジャーリーグ2006年度版』を買った。
 
自分は野球ゲームはナムコの熱チュー派なのでコナミのパワプロシリーズは持ってなかった。
 
みんなパワプロいいって言ってるけどナムコの方がリアルでよくない?
 
操作に関してはほとんど同じだし。
 
キャラクターメイキングとかリアル顔作れて楽しいし。
 
前に新球団アローズを立ち上げて弓道部で1軍選手44人全員作ったからね。
 
顔から体型からフォームから全部手作り。
 
膨大な時間がかかったが。
 
オクスプリングさん。
 
激似。
 
胸に輝くアローズの文字と背番号18。
 
この写真で指名手配したらきっとオクスプリングさん捕まるんじゃないかと思うくらいの力作。
 
主将TKO。
 
なかなかいい男だ。
 
野球選手なのに青いグラサン。
 
ビッキー。
 
似せることよりネタで黒人に。
 
そんな彼も結婚したわけで。
 
こんなキャラを作って奥さんには申し訳ない。
 
こんな感じで作ったキャラ達には大変な愛着が湧き。
 
ペナントに参加させると燃えるのだ。
 
なので日本版のパワプロは却下。
 
メジャーに挑戦してみることにした。
 
でもメジャーの選手はよくわからないので、やっぱ日本人選手のいる球団だよな。
 
日本人メジャーリーガーといえばまずみんなが思い浮かぶのがそう、藪恵壹。
 
確か2006年だと渡米して最初の球団オークランド・アスレチックスに所属していたはず。
 
やぶやぶ…っと…。
 
いねぇ!
 
アスレチックスAAA選手まで確認したが藪がいねぇ!
 
ってことはサンフランシスコ・ジャイアンツか!?
 
でも確かジャイアンツには2008年からだったような…。
 
いねぇ。
 
そんな…藪がいないなんてなんて出来の悪いゲームだ。
 
と、あっちこっちの球団の選手を見てみた。
 
イチローや松井秀喜、松井稼頭央らはいるが…。
 
最後、30球団目のコロラド・ロッキース。
 
イターーー!!
 
ちゃんと1軍選手の中に『藪』の名前が!
 
なんと2006年にはコロラド・ロッキースに所属していたのか。
 
ストレート最速93マイル(約149キロ)、球種はカーブ、高速スライダー、スプリット。
 
スタミナD。
 
完全にリリーフだな。
 
ホントは先発で使いたいとこだが仕方ない。
 
とりあえず1試合やってみよう。
 
先発は知らない外人。
 
1回投げて1失点。
 
2回からはリリーフ藪。
 
使える…5回まで無失点。
 
しかし6回からいきなり崩れて炎上。
 
負けた。
 
やっぱりロングリリーフは厳しいようだ。
 
とりあえず強化して藪を最強選手まで育てようかな。
 
そしてメジャー最多勝を狙ってやるのだ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

酷い目にあいました。

何がって?

日高○郎ですよ。

出演させていただきましたが。

こてんぱんにやられてきたよ。

惨敗。

今回はえむあーるさんにも前もって言ってしまったからな。

聞いている側も友人としてさぞかし痛い思いをしたに違いない。

しかも今回は職場で誰も中継場所に見に来てないからどうしたのかと思っていたら。

終わって昼飯を食べに休憩室に行ったら真ん中にラジカセが置いてあり、みんな爆笑で聞いていたらしい。

なぜか大盛り上がりで大好評だったが。

こっちにしてみれば生き恥。

さらには本部の上司もたまたま車で聞いていたらしく。

後から職場に現れて笑い者に。

『俺よくあの放送聞いてるけどあんな盛り上がることないぞ』

と。

褒められてんだかなんなんだか。

『お前が出た瞬間無難に終わってほしくないと思ったが。晤郎は力あるわ〜お前の面白さを存分に引き出してくれたもんな。あれは一瞬でお前が面白い奴だって読んでたぞ』

いやいやそんなん力じゃねぇよ。

いじったらたまたま盛り上がったんだろーが。

クソッ。

あれ中継が終わった後もまだスタッフで盛り上がってたからね。

『大盛り上がりだったんでオレンジさん是非レギュラーに』

とか言われてたからね。

冗談じゃない。

大ケガですよ、まったく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月13日 (土)

3助っ人正念場

球春到来なのでいきなりプロ野球の話。

いよいよ今シーズンもプロ野球開幕が目前に。

我等が阪神タイガースには今年から3人の助っ人外国人が入団。

心強いぜ!

ケーシー・フォッサム:投手(年俸5400万)

ランディ・メッセンジャー:投手(年俸5400万)

マット・マートン:外野手(年俸1億)

オープン戦昨日の試合には3選手揃って登場。

ローテーション入り確実視されるメジャー40勝の先発フォッサムは5回6失点。

魔球スローカーブの制球が定まらず大炎上。

絶好調K・F(久保田・藤川)に繋ぐポストウィリアムスのメッセンジャーは1回1失点。

そしてポスト赤星のマートンは4打数無安打に1エラーのおまけ付き。

タイガース外野手は金本が確実、あとの2席を5〜6人の選手が争う激戦区。

個人的にはセンターはマートン、ライトは林が理想と考えていたが…。

大丈夫なのか、3外国人。

昔からのタイガースファンはバースを伝説化する傾向があり、助っ人外国人に寄せる期待が他球団より大きい。

特に今年は1度に3人も獲得し、自分も非常に期待している。

まだ日本に慣れてないのか?

なんとか開幕までには間に合わせてほしいものだ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

CDチェンジャー

自分の車のオーディオはCDが6枚セットできるCDチェンジャー。

現在セットされている1軍。

①Perfume:GAME
②JAYWALK:心の鐘を叩いてくれ
③JAYWALK:Down Town Storys
④TOKYO NO.1 SOUL SET:Jr.
⑤王心凌:閃耀2005
⑥100s:世界のフラワーロード

濃い…。

自分で言うのもなんだが改めて見返してみるとなんてマニアックなラインナップだ。

ちなみにストックされている控え選手達は絢香、ミスチル、バンプ、平井堅など比較的一般受けするメンバー。

もうちょっと混ざってもよさそうだが今聞きたいのを入れていったらこんなメンバーになってしまった。

このオーダーになってるとき職場の女の子に

『オレンジさん、帰り乗せてってくださぁい』

なんて声かけられたらどうしよう。

または可愛い女の子のヒッチハイクを乗せることになったらどうしよう。

きっとテンパってカチカチカチカチCDをチェンジして回すに違いない。

オシャレな曲をかけようと汗だくになるに違いない。

そんなときに限って携帯に電話とかかかってきたりして両手が塞がってTOKYO NO.1 SOUL SETの『ヤード』とかがかかりまくったりして隣の女の子が引きまくるに違いない。

やばいな…やっぱ1枚くらいはオシャレなやつ入れておかないと。

100sをボニーにしとこ。

ところで前回の覚醒剤の話の続きなんだけど。

中村耕一は別にマークとかされてたわけじゃなくほんとに偶然路上で職質されて見つかったらしいね。

芸能人ってよくそういうことあるけど、東京ってそんなにやたらと職質とかされんのかなって思ってたら。

友達のブログに書いてあった。

東京の職質はすごいらしい。

なんもしてなくてもしょっちゅう車止められたり。

自転車で走ってても止められたり。

ひどいときは月に5回、週一くらいで職質されたりすると。

んでなんでそんなに職質するかってーと、実際警察が声かけたら100人に1人くらいは覚醒剤とか薬系ヒットするらしいよ。

ホントかよって感じだけど、もう実は自分らの想像をはるかに超えて東京はやばいレベルまできてるみたいだな。

オクスプリングさんは大丈夫かな。

たまに『モリーヨ見たいーヨ』とかちょっとラリッた文章入ってるからもしかしたら危ないんじゃない?

札幌は全然ないなぁ。

自分の知り合いでも怪しい人はまぁ…いなさそうだし。

あ、でもえむあーるさんあたりは『ロシアのフルチンコ』とかとてもまともな人間とは思えない文章書いてたな。

薬物に詳しそうだし。

怪しいのかなぁ。

そう考えたらちょっと周囲に対して疑心暗鬼。

自分はせいぜい疑われないように気をつけよっと。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2010年3月10日 (水)

JAYWALK!

昨日、人気バンドJAYWALKのヴォーカリスト中村耕一が覚醒剤所持で逮捕された。

実に残念だ。

自分の中学、高校時代一世を風靡したJAYWALK(当時はJーWALK)。

CMソングに使われた『何も言えなくて…夏』がオリコン4位の大ヒット。

高校1年くらいのときに厚生年金会館に友達とライブを見に行ったが若者とは違うオヤジロックの迫力に圧倒されて一気にファンになったものだ。

アルバムも結構持ってる。

高校でJーWALKが好きだと言ったらあだ名が『J』になった。

でも逮捕。

まさに『何も言えなくて』だな。

っていうふうに友達みんなにメールしたら大反響だったので流行らそうと思ったらニュースやスポーツ新聞で使われてしまった。

クソッ。

『JAYWALK』は元々信号無視とかルール無視といったようなアウトローを指す言葉。

まさにアウトローだな。

っていうふうに言おうとしたらそれもスポーツ新聞に出てた。

クソッ。

すでに閉鎖されてしまったが中村耕一のブログの内容は酷かったらしい。

詳しくは知らないが明らかに普通とは違う、相当ラリった文章だったとか。

見たかった。

一人でこっそりやってるもんなのかな。

他のメンバーも怪しく思えるが。

でもなんか久しぶりに聞きたくなってきたな。

車にCDセットしておこう。

皮肉にもこういうときってみんなに聞いてもらえるんだよね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

王心凌

王心凌

相変わらずマニアックなオクスプリングさんが最近コメントに入れてくる『王心凌(ワン・シンリン)』。
 
台湾を中心に歌手、女優として活躍してる27歳。
 
英名シンディー・ワン。
 
日本人10000人に聞いたら1人くらいは知ってるかな?
 
日本で活動はしてないしCDもネットじゃないと手に入らないからほぼ知ってる人はいないだろうな。
 
だからオクスプリングさんからその名前が出て正直驚いた。
 
推測だがオクスプリングさんは去年台湾に旅行に行ったらしいのでおそらくそこで知ったのではないだろうか。
 
自分はと言えば2年くらい前にチラッとこのブログに書いたような気がするが、中国へ旅行に行ったときだ。
 
北京最大の繁華街『王付井』の中心にあるCDショップで記念になんか現地のアーティストのCDでも買って行こうかと思い、パッケージの写真が一番可愛いくて売れてそうな子を選んで買ったのだが。
 
それが王心凌だった。
 
買ったのは『閃耀2005』。
 
 
もちろん中国語は読めないので適当に買ったのだが、後で確認したところDVD付き限定盤ベストだった。
 
日本人アーティストの曲もカバーしてあり、なかなかいいアルバム。
 
そして注目はDVD。
 
プロモーションとかではなく、なんと王心凌自身がそれぞれの曲のダンスをレクチャーしてくれるレッスンDVD。
 
ヒット曲22曲もダンスを教えてくれる。
 
22曲ひたすら身振り手振りで解説。
 
でも何言ってるかわかんなくて意味ない。
 
日本デビューはしないんだろうか…してくれたらこのDVDすごい価値になるんだけど。
 
ちなみにプロモーションビデオでは日本の女子高生の制服や軍服のコスプレで踊ったりしていて萌え要素が高い。
 
興味のある人は是非インターネットの動画サイトで見てみて。
 
王心凌のブログはこちら
 
 
どーせ読めないけど。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

ウルティマⅣ〜聖者への道〜

ファミコンネタになります。

マニアックな名作紹介のコーナー。

『ウルティマ』というゲームをご存知だろうか。

日本でドラクエやFF(フー・ファイターズじゃないよ)が大ブームになった1990年代よりさらに前、1981年にパソコンゲームとしてアメリカに誕生したRPG。


その後日本でファミコンに移植されたが、中でも最もマニアックであり(自分の中で)大ヒットしたのが『ウルティマⅣ〜聖者への道〜』。

Ⅰ・Ⅱ・Ⅲに関してはファンタジー世界を舞台に敵を倒しながら先へ進み悪の親玉をやっつける一般的なRPG。

しかしⅣに関してはかなり毛色が違う。

非常にオリジナリティの高い作品。

舞台はⅢのボス『エクソダス』が倒された後の世界。

世界は平和になったもののまだまだ人々の心には悪があり、民衆をより良き世界へ導く先導者の出現が待たれていた。

主人公は人々を導く為に聖者(アバタール)を目指して旅をするのが目的となるのである。

『ロマンシング・サガ』などに先駆けて主人公は8人のうちの1人、それぞれ自らの国がスタート地点となって他の仲間を探すところから始まる。

しかもこのゲーム、酷いことに自分で主人公を選べない。

『伝説のオウガバトル』のようにゲーム開始時に占い師ホークウィンドが幾つもの質問をプレイヤーに投げ掛け、その答え次第で主人公がどのキャラクターになるか決まってしまうのである。

気になる主人公キャラクターは以下の8人。

①誠実の町ムーングロウから魔法使いマリア

②やさしさの町ブリテインから吟遊詩人イオロ

③勇敢さの町ジェロームから戦士ジェフリー

④公平さの町ユーからドルイド僧イアナ

⑤名誉の町トリンシックから騎士デュプレ

⑥清らかさの町スカラブレイからレンジャーシャミノ

⑦献身の町ミノックから鍛冶屋ジュリア

⑧おごりの町マジンシアから羊飼いカテリーナ

これらの主人公のうちどれかがプレイヤーキャラクターとして与えられる。

しかしキャラクターの能力にはありえないほど差があり、正直羊飼いなんかで始めてしまうとゲーム序盤からやる気がなくなること間違いなしだ。

さて、ではどうすれば聖者になれるのか。

それは8つの町に象徴される8つの徳を極めることが必要だ(おごりの町は滅び、途中から謙虚さを極めることになる)。

徳を極めるのは大変なストレス。

例えば街にある宝箱は開けてはならない。

盗みを働くと名誉の徳が大きく下がるからだ。

戦闘から逃げると勇敢さが下がるし、街で嘘をつけば誠実さが下がる。

上がるときは非常にゆっくりなのに下がるときは一瞬だ。

ときにはどちらに転んでも大きなマイナスが避けられないシチュエーションに遭遇する。

物乞いに金をせがまれたときなど。

断ればやさしさの徳が下がり。

与えれば公平さの徳が下がるのだ。

残念ながら自分はまだこのゲームをクリアーしていない。

ストーリーがないので全然進んでいる気がしないし、いろんなことを気にしすぎて物凄いイライラが募るからだ。

自分のようなのんびり屋をイライラさせるくらいだ。

相当数の人がこのゲームにイライラしたことだろう。

一体どうすればクリアーになるのか。

ラストハルマゲドンが終わったら、久しぶりにこれに挑戦してみようか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

晩酌

全然酒を飲めない自分だけど仕事柄酒が山ほど手に入る。
 
ビールやリキュール系ならなんとかいけるものの焼酎や日本酒は完全にアウト。
 
なので貰ったお酒は押し入れにすごい勢いで溜まっていく。
 
酒飲みの人は羨ましがるかもしれないが、世の中うまくいかないもので飲めない自分ばかりいただく仕組み。
 
もちろん周りに配ったりもするが、なにしろ家族も飲まないし友達も少ないのでなかなか無くならない。
 
なんとか消化しようと苦手な晩酌を試みる。
 
最近のもので言うと『サントリージョッキのみごたえ辛口生』が押し入れにケースで在庫してあり。
 
 
飲んでみた。
 
うん、わりと飲みやすい。
 
新ジャンルが苦手な自分も350缶くらいならおいしくいける。
 
このジョッキ生、最近話題のCMやってるよね。
 
6人のタレントが曜日毎に日替わりで宣伝して土日に全員出演バージョンやるやつ(木曜は二人)。
 
面白い企画。
 
でも自分が知ってるのは金曜担当稲森いずみだけだ。
 
あとの人達は有名なのか?
 
アイドルマニアのオクスプリングさんとかなら詳しいだろうか。
 
まぁいいけど。
 
春はお酒も新商品が続々と出るからまたサンプル缶が溜まっていくんだろうなぁ。
 
そんなわけで結構毎晩、酒飲みみたいに晩酌してます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

先越されました。

3ヶ月くらい前にここでラビットカフェ『喫茶うらら』を開きたいと書いたのだが。
 
なんと3月1日から札幌ファクトリーのペットランドに『うさカフェ』がオープンしたらしい。
 
やられた…見事にパクられた。
 
なんて影響力があるんだ、このブログ。
 
って誰一人影響受けてないかもしれないけど。
 
とにかくうさカフェ偵察に行かねば。
 
なんならうららを面接させてそこのスタッフにさせたいくらいだ。
 
 
うららはやる気なしのようだ。
 
どうやら4〜5羽のうさぎがちょろちょろしてるスペースでコーヒーを飲める仕組みらしい。
 
甘ったるいコーヒーを飲んでる周りをうさぎがプイプイプイプイ言いながら走り回る。
 
チーンと丸くなったりする。
 
 
超絶癒される空間。
 
いいなぁ。
 
やっぱりうちもあと2〜3羽飼いたいな。
 
きっとうさぎ飼ってない人には理解できないだろう。
 
キモッとか言ってることだろうが。
 
それでもうさぎはいいってことをみんなに知ってもらいたいのだ。
 
うさぎの良さにまだ気づいてない人は人生の3割を損してるぞ!
 
みんな一緒にうさカフェに行こう!
 
そしてうさぎを飼おう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

変人偏屈列伝

変人偏屈列伝
名作漫画紹介シリーズ。

『変人偏屈列伝』を買った。

2004年に発売した荒木飛呂彦と当時アシスタント鬼窪浩久(現在はエロ漫画家)の合作短編集。

週刊誌に1つ目の作品が掲載されてから実に15年かけてようやく一冊にまとまった。

ハードカバーでなんと1800円。

高い。

内容は実在の人物の実話を元にした、偉大なる変人達の生涯を荒木飛呂彦流に短編形式で綴るというもの。

スタンドは出ない。

タイカップやニコラ・テスラなどの有名人から、無名ながらその生涯をかけて自分の信念を貫き通した人物まで様々。

荒木ワールドがぎゅうぎゅうに凝縮されているため一冊読むには大変なエネルギーが必要。

かなり面白いので一気に最後まで読めるのだが読み終わった後は疲労の為放心状態に。

あと

『死刑執行中脱獄進行中』

っていう同じく荒木飛呂彦の短編集もあるんだけど、これがまた名作。

ジョジョ第4〜5部連載中にまとめて描かれたもので、無名の死刑囚が処刑室から脱獄を試みる本のタイトルと同じ『死刑執行中脱獄進行中』や遭難したクルーザーで人間と食料を奪い合う猫を主役にした『ドルチ』、ジョジョ第4部に登場した人気キャラ岸辺露伴の不思議体験にスポットを当てた『岸辺露伴は動かない』など名作ばかり。

これもハードカバーでちょっと値が張るけどかなりオススメ。

マニアックだけどとても面白い短編集なので、興味を持った方は是非両方お買い上げになって、一緒に荒木ワールドを語り合いましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

わんちゃんねこちゃん

 
うちのわんちゃんゴールデンドゥードルの琥珀。
 
 
嫁の実家のねこちゃん虎猫ささら。
 
前々から思ってたんだけど、ペットの犬とか猫を呼ぶときってさ。
 
なんでわんちゃんねこちゃんなんだ?
 
誰もおかしいと思わないのか?
 
犬がわんちゃんなら猫はニャーちゃんだろ!
 
猫がねこちゃんなら犬はいぬちゃんじゃないか!
 
わんちゃんは王貞治だ!!
 
おっと興奮してしまったが。
 
納得いかないです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

町内パトロール

ときどき見かける市民の町内パトロールみたいなやつ。

一般の有志が黄色いジャンバーとか着て町内の不審者や不審物を注意して回る。

この前の朝通勤するとき信号待ちしてたら、黄色いジャンバーに町内パトロールの腕章を付けた

ジジイが。

じいさん直角に腰が曲がり、杖をついてヨタヨタ歩く。

おいおい。

何をパトロールしてるんだお前は。

散歩しようと思ったらそのジャンバーしかなかったのか?

それとも香港のカンフー映画とかでよくある戦うとき杖とか武器にして異常に強くなるじいさんなのか?

いや、どう考えてもそれはないな…。

今にも倒れそうなじいさん。

お元気でパトロールしてくれ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »