« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月31日 (月)

ブレッシャー

先日職場で相変わらずブラブラしていると。

60〜70代くらいのババアに『ちょっと!』と声をかけられた。

感じのいい自分はいつものように『はい、なんでしょう』とにこやかに返事。

ババアが言った。

『ブレッシャーどこにあんの!?』

ブレッシャー?

なんじゃそりゃ?

聞いたことない。

『すみません、それはどういった物でしょうか』

感じのいい自分、一応確認してみる。

『ブレッシャーったらブレッシャーでしょ!』

ババア、ちょっとキレた。

クソッ全然わかんねぇ。

客が独自の言葉でこっちに聞いてくるのはよくあることだ。

『ウェッティありますか?』と聞かれたときはなんとなくウェットティッシュなんだろうなというのは予想できたし、正解。

『コマーシャルでやってるシュッシュッてやつ』って言われたらあぁ、フォグバーねとか。

そのくらいの推理は現場にいると日常茶飯事、朝飯前である。

しかしブレッシャーとは?

かなりの難易度。

するとババアの連れのジジイが登場。

ジジイ、ババアに『何聞いてる?』と。

ババア『ブレッシャーの場所』。

ジジイ『あぁ、ブレッシャーか』。

やべ、ジジイもブレッシャーわかってやがる。

でもこっちが聞いても教えてくれる気配がない。

仕方なく自分、『申し訳ありませんが当店でブレッシャーの取り扱いはありません』と断る。

『何言ってんの、いつもここで買ってんのよ!』

またキレた。

いつも買ってんなら場所覚えとけよ。

『無いならもういいわ!』

キレっぱなしのババア、ジジイと共に消えた。

チッとか思ったがこごは我慢だべ←女帝薫子風。

感じのいい自分はそんなことでは腹を立てない。

どうしても腹が立ったときは『そっちは金払ってこっちは金貰ってんだ、せいぜいグダグダ言うがいいさ』と思うことにしているとても感じのいい自分。

ババアがいなくなった後またブラブラしていると、2分後またババア『ちょっとあんた!』と。

ウザ。

感じのいい自分、にこやかにそちらを向くと。

『ブレッシャーあったからね!まったく!』と。

あったならいいじゃねーか、こっちはブラブラすんのに忙しいんだからわざわざ報告に来んなよ。

ババアのカゴをチラッと見てみた。

どれもこれも見慣れた商品群…全然ブレッシャーに該当するものが入ってねぇ!

後から周りの人に聞いたが誰もわからず。

インターネットでも調べたが…出ねぇ。

『ブレッシャーノ』とかいうサッカー選手しかヒットしねぇ。

気になる…誰かブレッシャーが何か教えてくれ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

休日をだらだら語る

休日をだらだら語る

今クアーズのジーマを買うとついて来るおまけ。
 
なんと木下優樹菜や手島優の唇からとったシリコン型。
 
これを瓶の口に装着しながら飲むことにより、三流アイドルとキスをしている気分でジーマを飲むことができるという超気持ち悪いアイテムなのである。
 
イタ過ぎる…だいたい手島優って誰だよ。
 
こんなもん欲しがるのはオクスプリングさんくらいだっつーの。
 
まぁそれはいいんだけどね。
 
アイドルに興味ない硬派な自分は昨日またドッグランひまわりに行ってきた。
 
ひまわり大好き琥珀は大興奮。
 
しかし雨あがり…。
 
 
汚れた〜。
 
この汚れかたはヤバいな。
 
あごから腹、足にかけて真っ黒に。
 
なんかもう途中からどうでもよくなっていいだけ汚してしまった。
 
車に乗せる前にお姉さんに協力してもらってある程度泥を落とし。
 
家に帰ってからはさらにシャワー。
 
遊び疲れた琥珀はシャワーもドライヤーもおとなしく、なんとか元通りに。
 
やっぱり長毛は大変だなぁ。
 
ひまわりのお姉さんは琥珀のウェービーな天パ毛をとても羨ましがり、今度美容室行くとき琥珀の写真を持っていって『この髪型にしてください』って言うとかわけわからんこと言ってたが。
 
でも確かにマメにシャンプーしてるわけでもないのに室内飼いのせいか琥珀の毛は非常に美しい。
 
若さのせいかな。
 
外人の子供の髪の毛のようだ、とも言われた。
 
そのあと西岡に新しくオープンしたジャスコへ行ってみた。
 
肌着買おうと思ったんだが紳士の服とかなんも売ってないんだな。
 
ジャスコっていうよりはテナント少なくて衣料品もなくてフツーの食品スーパー?
 
みたいな感じだった。
 
夜はえむあーるさんとゴルフの打ちっぱなしへ。
 
えむあーるさん格段に上達しててちょっと驚いた。
 
負けてられないな。
 
そのあとえむあーるさんの家でスト4やって撤収。
 
忙しい休日だった。
 
余談だが、しげちーはマジシャンロードをホントに買ってプレイ中らしい。
 
『難しすぎ。なんじゃあの2面』
 
というメールがきた。
 
是非クリアーしてもらいたいもんだ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

水飲み特集

昔はうさぎには水を飲ませたらダメだと言われていた。
 
野菜を与えていれば必要な水分を摂取できるのだという。
 
それでよくうさぎも生きていたもんだ。
 
現代は考え方が変わり。
 
うさぎ小屋に水ボトルは付き物。
 
水分のないペレットが主食のうららもよく水を飲む。
 
何故か水が無くなると下痢をすることもある。
 
 
水を飲む姿は実に可愛い。
 
手からあげても飲む。
 
 
うまうま。
 
ちょっと高めに釣り上げてみる。
 
 
可愛い…。
 
なんて可愛いんだ、ネザーランドドワーフ。
 
やはり嫁を説得してあと10匹くらい飼いたい。
 
もっと言えばうさぎ小屋に住みたいくらいだ。
 
きっと『無数のうさぎとうさぎ小屋で暮らす男』として有名になることだろう。
 
テレビ局の取材が来るかもしれん。
 
うさぎおじさんと呼ばれることは間違いない。
 
人気が出る可能性は五分五分だ。
 
しかし不衛生なのでやめておく。
 
ちなみに嫁に『うさぎ好きな男はどうだ?』と聞いたら『キモいと思う』と言われた。
 
クソッ。
 
とりあえずうららの水を飲む顔を見て癒されよう。
 
いつかうさぎいっぱいと暮らしてやるぞ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

美人すぎる営業

自分の職場には取引先の営業が毎日やってくる。

何十社と取引してるかはちょっとわかんないけど多いときは一日10社くらい来るし毎週のように来る人もいる。

営業さんはエリアで回ってる人もいるし企業で割り当てられてる人もいるみたいだ。

ありがたいことに自分の職場はみなさん重要視してくれてるので訪問頻度はかなり高いようだし、こっちから呼べば割とすぐに駆け付けてくれる。

もちろん誰彼構わず来てほしいわけではない。

いけ好かない営業も中にはいるわけだが。

それだけいると、中には美人もいる。

今自分の店の担当で美人だなぁと思うのが3人くらい。

残念ながらこの春1人担当が変わってしまったが、新たに1人別の取引先で美人が現れた。

別に美人が来たからってどうなるわけでもないんだが。

仕事とは言えやはり美人と話ができるっていうのはそれだけで結構嬉しい。

独身でフリーならアド聞いてご飯でも誘いたいとこだがまぁそうもいかないかな。

しかも社内の噂は音速のスピードなので他の担当のとこ行って『オレンジにご飯誘われた』なんて言われた日には社内で生きていけないので。

っていうかそういう話結構入ってくる。

『あの事業所のあの人取引先の美人のAさんをしつこく誘ってるらしいよ』みたいな。

そんな話が出回ると自分の社内だけじゃなくあっちこちの取引先の間でも有名になったりして。

つらいよなぁ。

もっと言えば自分元ヘルス嬢の友達がいるのだが『昨日オレンジの会社の社員だっていう人来たよ。オレンジのこと知ってるって言ってた。』なんて情報まで来たりして。

まぁこれは仕事から離れたところの話だから別にいいんだけどね。

とにかく美人の営業ってのが時々来るわけよ。

そして自分は美人に弱い。

なので自分の職場は美人の営業が売り込んできた在庫で溢れるのである。

最近では美人の一人に『オレンジさん売りにきた商品必ず買ってくれるから申し訳なくて逆に来づらくなったわ〜』まで言われた。

でもそのあとまた商品を売られた。

クソッ。

我ながらバカタレにも程があると、たびたび後悔する。

別に自分の数字や出世に大きく関わることではないんだけど。

仕事が増えたり作業が重たくなることは確かで。

なのでメーカーさん。

あんまり美人をよこすのは勘弁してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

裏旭山動物園

裏旭山動物園

琥珀ではありません。
 
休みの前の日、急に思い立って旭山動物園に行こうってことになった。
 
いきなりそんな話になってもなかなか心の準備ができないわけだが、とりあえず翌日早起きして札幌駅へ。
 
緑の窓口で札幌から往復の特急切符と旭川駅から動物園までの往復バス切符と入園券がセットになった『旭山動物園きっぷ』を購入。
 
僅か1時間20分で旭川着。
 
意外と急に思い立っても簡単に行けるもんだ。
 
近いな旭川。
 
旭山動物園に来たのは2度目。
 
以前来たのは4〜5年前でまだそこまでブームに火がついてなかった頃。
 
その頃すでに目玉のペンギン館やホッキョクグマ館はあったが、その後オオカミの森やクモザル・カピバラ館などずいぶん新施設ができたようだ。
 
天気は良かったが、平日だったので空いていて絶好の動物園日和。
 
週末なら行列であろうホッキョクグマのもぐもぐタイムも目の前で大迫力。
 
あと話題の動物は空飛ぶペンギン、オランウータンの綱渡り、円柱を通るアザラシ。
 
チンパンジーの森、レッサーパンダなど。
 
でももう行ったことある人はもちろんさ。
 
行ったことない人もテレビや雑誌で見まくってるだろうからその辺のメジャーな生き物の写真はつけません。
 
うたた寝日記にも出てるだろーし。
 
だから今回はマニアックな写真付けます。
 
 
キリン。
 
全く注目されない。
 
旭山行ったことない人は他が注目され過ぎててキリンがいること知らないだろう。
 
 
ワニ。
 
かなり目立たないとこにいるワニ。
 
これはもう旭山行った人も『え?ワニなんかいた?』ってなるのでは。
 
特に混んでる日に行った人はどこにいるかわからんワニなんか見てる暇はあるまい。
 
 
モルモット。
 
うじゃうじゃうじゃうじゃいる。
 
ちなみにうさぎも同じくらいの数いた。
 
ふれあい動物園の一角。
 
その他アヒル、山羊、犬にも触れ合える。
 
犬はゴールデン、ボーダーコリー、ニューファンなどの大型犬が揃ってるのだが、わざわざ動物園行って犬と触れ合うか…?
 
あとカバとか孔雀とかライオンとかフクロウとか旭山動物園にはテレビで話題にならない動物も結構いるので。
 
せっかく行ったんならちゃんとそいつらも見てあげよう。
 
あ、ちなみにエゾシカの森は口蹄疫関係で閉鎖中でした。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

走ってる場合じゃネーワ

大学時代の友人でシェフのオクスプリングさんが駅伝に参加したそうだ。

彼は北海道の大学を卒業後ネタで料理を始めたらそれが仕事になった変態である。

そして最近ネタでマラソンをしているらしい。

彼のブログにベストな走りができるよう念を送ってくれとか書いてあったが…自分はマインドシーカーをクリアーしてないから念なんか送れんよ。

だいたいそんなネタに付き合ってられっか。

そんなことよりこちらも大学の友人、ビッキーから結婚式の招待状が届いた。

ものすごく嬉しい。

同期では自分に続いてようやく二人目。

まさかのビッキー。

自分の中で『結婚しそうランキング』同期8人中7位にランク付けしていたのだが(8位はえむあーるさん)。

7位にランク付けしているだけあってビッキーはとにかく変わり者だ。

どう表現したらいいかわからないが変わり者だ。

大学卒業して9年も経った今でもときどき使ってる『イー!』もビッキーの言葉だ。

お嫁さんにも何度かお会いしたがまともそうな人だった。

あのビッキーについていけるのはすごい。

式場は札幌から結構遠いがトマムの水の教会。

彼の地元と札幌の間をとってくれたのだろう。

自分は水の教会に行くのは2度目。

1度目は従姉妹の結婚式で、従姉妹はそこで結婚した人とは数年後に離婚したがその後別の人と再婚して幸せになってるという縁起のいい教会だ。

ビッキーのキャラからいって披露宴を目一杯荒らしてやりたい気持ちはあるが…親戚や会社の人もいるだろうし、ここはきっちりと祝ってあげようと思う。

楽しみだなぁ。

オクスプリングさん、もう走ってる場合じゃネーワ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

パ・リーグが強い

交流戦開始直後からメタメタにやられている我等がタイガース。

しかし何故か首位から離されないのはジャイアンツもメタメタだから。

それどころかセ・リーグ全体がメタメタメタボリック。

ヤクルトに至っては8連敗で交流戦いまだ勝ち星なし。

なのでセパ共に全然順位が変わらない。

単純な楽天ファンあたりは『球界の盟主に勝って奇跡の夜!』とか言ったりしてるようだが。

パ・リーグみんな勝ってるから何も変わってない。

こんなときこそチャンスなんだけどね。

ただ、タイガースに関しては交流戦勝てないことに今のところこれと言った理由がない。

何となく勝ってないけど。

弱くて勝ってないわけではないので、それほど心配していない。

ちょっと待てばまたガンガン勝つだろう。

今は他も負けてることだし、じっくり待とうじゃないか。

まぁ昨日は使えない楽天のおかげで巨人の連敗は止まってしまったようだが。

なんとかこの辺で巻き返せるようみんなで応援しよう。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

ゴールデンドゥードルとの1年

ゴールデンドゥードルとの1年

このブログの右のツールバーに人気記事ランキングみたいの付けたんだけど。
 
直近の30日間のアクセス数上位の記事にしてあるのね。
 
そしたら1位が約1年前に書いた『ゴールデンドゥードル』というタイトルの記事。
 
上位に『ウィザードリィ』などのゲームネタも入っているものの、最近の記事だろう。
 
その中でぶっちぎり1位が『ゴールデンドゥードル』。
 
タイトルがそのままなのでゴールデンドゥードルを調べたい人は結構たどり着くようだし、なんかこの記事に貼った琥珀の写真がインターネットの画像サイトに勝手に転載されてたりして。
 
それでアクセス数増えてるんじゃないかなぁ。
 
なので今回はそれにあやかって一年ぶりにタイトルは『ゴールデンドゥードルとの1年』。
 
にしてみました。
 
琥珀がうちに来てもうちょっとで1年。
 
この1年間大変だったけど、琥珀に出会えてホントによかった。
 
1年前、うちに連れてきた日のことはハッキリと覚えてる。
 
バーニーズののんちゃんが死んで犬のいない生活にいつも物足りなさを感じていた日々。
 
休みのたびに理想の大型犬を探してあっちこち販売店に行ったりブリーダーに電話したり。
 
そんなときうちから結構離れたホームセンターで見かけた茶色のゴールデンドゥードル2匹。
 
売ってるのか売約済みなのか不明だったが。
 
『うちに合うのはこれかも…』
 
帰って嫁と相談。
 
お店に電話してみる。
 
ゴールデンドゥードルまだ一匹残ってますよ、と。
 
『週明け行くからそれとっといて』と言って予約。
 
週明けお店に行ってみた。
 
待っていたのは…。
 
あれ、白?
 
この前見たのとは明らかに違う犬。
 
茶色を想像してた自分達はかなり意表を突かれた感じ。
 
イメージと違った雰囲気に戸惑ったが、サークルにいた白い犬はこっちに気付くと『遊んで』と。
 
抱っこしてみた。
 
おとなしい…とぼけた顔で抱かれる犬。
 
『うち来るか?』
 
一応聞いた。
 
『いく』
 
って言ってたかどうかはわかんないけど全然人見知りしなくてすぐなついてくれた。
 
じゃあこの子にしよう。
 
決めました。
 
これが琥珀。
 
店から家までは車で40分くらい。
 
くるっと毛布に包まれ顔だけ出して嫁に抱えられる犬。
 
全然暴れる様子もなく車に揺られ家へ。
 
急に抱えて連れてきたらオシッコでも漏らすかと思ったけど、そんなこともなく。
 
可愛い…。
 
家に着くと玄関で下ろす。
 
座り込んで部屋の方に入ってこない。
 
抱えて居間まで連れて来るが、緊張して動かない。
 
 
腰が抜けて座り方も情けない。
 
その日はびくびくしてたけど、環境に慣れるのはあっという間だった。
 
まだ幼かったのでしばらく散歩には出さなかったが、家の中では食欲が落ちることもなく元気いっぱい。
 
このとき体重は8キロ。
 
 
懐かしいなぁ。
 
あれから1年かぁ。
 
今は30キロくらい?
 
 
立派になったなぁ。
 
体だけ大きくなったなんて言われたりしているが。
 
ちゃんと中身も成長したよな。
 
こうやって比較してみると、また一年後が楽しみだよね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

オレンジの無表情ルーム

オレンジの無表情ルーム

日頃動物達と一緒にブログに写っているのはだいたいうちの居間かダイニング。
 
えむあーるさんはしょっちゅう遊びに来てるけど他の人達はそれ以外の部屋をほとんど見たことないだろう。
 
今回は気になるオレンジの部屋を紹介したいと思う。
 
気にならないとか言わない。
 
6畳の雑然とした部屋。
 
1番上の写真はファミコンとネオジオ。
 
いつもブログのゲームネタはこの部屋から出る。
 
部屋はキレイにしたいタイプなんだが…今は散らかってるなぁ。
 
ネオジオ出しちゃったからなぁ。
 
 
300枚を越えるCDと100枚近いMD。
 
全然ラックに収まりきってない。
 
あとファミコンカセット。
 
アナログ人間の自分はiPodとか持ってないし携帯で音楽とかも聞かない。
 
聞きたい曲があればCDを買う。
 
そして売ると必ず後で聞きたくなるので売らないことにしてる。
 
溜まっていく。
 
 
ゴルフバッグ、弓矢、竹刀、ビーチパラソル。
 
ゴルフバッグは最近結構活躍してるがパラソルは年に1度か2度海に行ったときしか使わない。
 
基本的にインドア派だからな。
 
弓はもう9年くらい引いてない。
 
引いた瞬間折れるかもな。
 
でも記念の品だから捨てられない。
 
大学の同期でまだ弓道を続けてるのはしげちーのみ。
 
羨ましいな。
 
今の自分はたぶん袴の着方すら忘れてしまった。
 
それでもいまだ付き合いのある友達ができただけで弓道やっていてよかったと思う。
 
 
棚の上『宝物コーナー』。
 
結婚したとき指輪と一緒に買った記念のくまちゃん。
 
その奥は結婚式のとき貰った祝電ってやつ。
 
オクスプリングさんが送ってきた下柳がどーのとか書いた完全にラリった内容のドラえもん電報や、他の人から戴いたプーさん、ドナルドとデイジーの電報など。
 
オシャレなぬいぐるみは記念にとっておける。
 
さらに奥はマニアックなスピカちゃん人形。
 
度重なるラジオ出演でラジオ局の人と親しくなり、記念に気持ち悪いマスコットを貰った。
 
一瞬だけブームになったまりもっこりグッズとかも貰った。
 
嫁はキモいと言って捨てようとしたがせっかくなのでとってある。
 
さらに写真左下に垂れ下がっているのは北京のお土産の飾り。
 
自分は『石仮面』と呼んでいる不気味な物。
 
北京一の繁華街で天安門広場のすぐそばにある王付井のお土産屋で買った。
 
たしか10元(150〜160円。)
 
安い。
 
メイドインチャイナ。
 
オレンジの部屋はだいたいこんな感じ。
 
あとは1畳くらいのクローゼットに衣類が山盛り。
 
本棚にはジョジョ、ガンダム、ゲゲゲの鬼太郎など。
 
あんまり立派な部屋じゃないけど。
 
お近くへお越しの際は是非お立ち寄りください。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

ウィザードリィ1攻略編

ウィザードリィ1攻略編

えむあーるさんの好きなマーフィーズゴースト。
 
最近ゲームネタ多いな…。
 
病んでるときはゲームをするか動物と遊んで現実逃避するのが自分のパターンだから。
 
知らず知らずに病んでるのかな。
 
そんなつもりはないんだが。
 
そんなつもりはないんだが、ウィザードリィ1やってる。
 
まずは簡単にあらすじ。
 
ある国に王様がいまして。
 
王様は魔法の魔よけを持っていたのでウハウハ。
 
でもある日悪い魔法使いワードナに盗まれた。
 
取り返そうと思ったけどワードナは城の近くの洞窟に隠れてモンスターを喚びまくった。
 
王様は言った。
 
『誰か取り返して』
 
そこで腕に覚えのある冒険者が集合したのだった…。
 
説明書ないから詳しくはわかんないけどこんな感じだ。
 
ゲームのシステムは以前書いた通り、難易度高。
 
すぐ死ぬ。
 
全滅する寸前にリセット。
 
でもリセットからダンジョン内でゲームを再開するとせっかくかけていた『ラツマピック(敵を識別する)』『ロミルワ(ダンジョンを明るくする)』『マポーフィック(防御力アップ)』などダンジョン内で常時効果がある魔法の効果が消えるので不利になることは間違いない。
 
あらためてかけ直そうにもウィズのMPは超貴重なので無駄遣いできない。
 
ダンジョンで経験値を上げて宿屋でレベルアップ。
 
 
字ばっかりの画面。
 
写真はビショップのルーシーがレベルアップしたところだが最大HP19だったのにレベルアップで35増え54に。
 
ちなみに戦士のジャイロもレベルアップしたが1しか上がらなかったので最大HPは27止まり。
 
この理不尽な数字バランスもウィズの魅力だ。
 
回復魔法ディアルマをかけても回復値は3〜35と非常に幅が広い。
 
連続でかけても3、3、3と全然回復しなくてすんごいイライラする場合もある。
 
MP貴重なのに。
 
階層は地下1階から地下10階まで。
 
ちなみに攻略に必要なアイテムがあるのは地下1階、2階、4階。
 
1階で二つ、2階で二つのアイテムを取ると金の鍵を取れる。
 
これでエレベーターに行けるので地下4階へ。
 
さらに地下4階でブルーリボンを手に入れると第2エレベーターに入れる。
 
このエレベーターは地下4階から9階まで行ける。
 
9階からは落とし穴で地下10階へ。
 
つまりこのゲーム、地下3階、5階、6階、7階、8階には立ち寄る必要すらないのだ。
 
エレベーターを発見できなかった人は階段で1階ずつ降りてくことになるんだけど必要アイテムがなんにもないからほんとに意味ない。
 
ちなみに地下9階も降りたらすぐ落とし穴があるので探索の必要はない。
 
とは言え、いきなり下の階層に行くとさすがに敵が強い。
 
リセットの回数は半端じゃない。
 
魔法使いがレベル12〜13くらいになると魔法『マロール』を覚える。
 
この魔法がウィザードリィのシビアさを最も表していると言える。
 
この魔法、自分の行きたい階、行きたいマスへ一瞬で行ける超便利魔法。
 
地下深くから一気に地下1階へも戻れる。
 
でもそうそう簡単でもない。
 
このゲーム、マップというのが存在しないため移動先は現在地からの距離で決めることになる。
 
現在地から下に5階、北に10マス、東に3マスみたいな。
 
移動先が壁ならもちろんロストしてキャラクターは消える。
 
オートセーブされるのでゲーム台なし。
 
マロールは使わない方がいい。
 
ゲームは進み、自分もドキドキしながら地下10階へ。
 
ゲーム中最強モンスターグレーターデーモン。
 
 
そしてラスボス邪悪な魔法使いワードナ。
 
 
ティルトウェイトやマダルトを連発してくるのでまともに戦ったら勝ち目はない。
 
でも魔法使いの魔法『ハマン』で即死。
 
ハマンを覚えてない場合は僧侶の2レベルの魔法『モンティノ』が有効。
 
魔法を封じる魔法だがラスボスと言えど容赦なく効果あり。
 
弱い。
 
こんなゲームバランスの悪いゲームだがなぜか人々の心を掴んで離さないウィザードリィ。
 
まさにキングオブRPG。
 
みんなでやろう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

ネザーランドドワーフ

ネザーランドドワーフ

うさぎは可愛い。
 
一般に可愛いと言われる生き物の姿の条件は、『頭が大きい』『目が離れている』『手足が小さい』『おちょぼ口』など。
 
全て兼ね備えたうさぎはさらに動きもコミカル。
 
無敵。
 
 
中でも自分はネザーランドドワーフが最強に可愛いと思う。
 
もっと言えばうららが1番可愛いのだが、あんまり言うとバカだと思われるから言わない。
 
 
厚紙で遊ぶうららのケツ。
 
 
おちょぼ口で水を飲む。
 
ちょっと変な顔。
 
可愛い。
 
いつかうさぎ好きで集まってうさぎを囲みながらうさぎ談議をしたい。
 
うさぎ飼ってる人うさぎ会をしましょう。
 
まだ飼ってない人は飼おう!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

マインドシーカー

マニアックなゲーム紹介コーナー。
 
今回は『マインドシーカー』。
 
知ってる人はすごい。
 
名前だけ聞いてもどんなゲームか想像もつかないだろうが。
 
1989年、ナムコから発売した『超能力開発ゲーム』だ。
 
あのテレビで話題の自称超能力者清田益章氏監修の下、なんとゲームをプレイしているプレイヤー自身を超能力者として養成していこうと言うぶっ飛んだテーマの内容。
 
小学生の頃超能力者になりたかった自分は迷わず購入した。
 
例えばテレキネシス。
 
画面の机の上に四角いキューブが乗っている。
 
画面の説明に従い意識を集中し、深呼吸。
 
 
キューブが浮かぶ姿を想像し、念じながらAボタンを押す。
 
超能力が目覚めればなんとキューブは机から静かに浮き上がるのだ。
 
超能力が伝わらなければもちろん浮き上がりはしない。
 
また、念じながらAボタンを押すことで画面の○が赤く点灯するトレーニング。
 
念が伝わらなければ点かない。
 
 
久しぶりにやってみたら32回中19回点いた。
 
なかなかの念導力。
 
しかし実際は運とタイミング次第で適当にボタンを押せば浮き上がったりランプが点くことがある、訴えられてもおかしくないような詐欺まがいのゲーム。
 
これを小学生の自分は熱心にやった。
 
日々瞑想し、画面に向かって念を送った。
 
しかも『画面で成功したら次は同じ要領で実際の物を動かしてみよう』まで言ってくる。
 
机の上の消しゴムは動かなかった。
 
だんだんと超能力が身につきレベルが上がると、ゲームから要求される課題も難しくなってくる。
 
自分の部屋から研究所までテレポートしたり。
 
ゲームではできたが実際はできなかった。
 
超能力者として有能だった自分はゲーム内で次々に難題を片付け、いよいよ最終試験に。
 
しかし、残念ながら今一歩のところでどうしても合格できなかった。
 
最終試験はさすがに超難題。
 
例えば透視の試験。
 
伏せられた1枚のカードと同じマークを5枚から選ぶ。
 
 
それを20回中15回当てろと。
 
ものすごい確率。
 
これはホントに超能力者じゃないと無理だ。
 
自分にはそこまでの超能力はなかった。
 
透視できるようになりたかったのだが。
 
これも今手元にあるので興味ある人にはいつでも貸してあげます。
 
このゲームで本当に超能力が目覚めた人がいるかどうかは不明。
 
ただ言えるのは超能力者清田益章氏は後に大麻取締法違反で逮捕されているということだ…。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

大興奮琥珀

休みだったけど早朝から仕事に行った。
 
自分が仕事に行くジャケットを着るときゴールデンドゥードル琥珀と小桜インコみつばはテンションが低い。
 
 
鏡を見るみつば。
 
よくインコは鏡を入れると映った自分に対して求愛行動をするというが、みつばはあまり興味がないようだ。
 
ってかそんなにバカじゃない。
 
以外と早く仕事が終わったので昼で帰ってきた。
 
普段昼間に帰ることはないので、琥珀とみつば大興奮。
 
あ、うららはいつでも淡々としてるのよ。
 
琥珀は遊ぼう遊ぼうと。
 
みつばはピチピチ鳴いて今年も庭にお友達の小鳥を集める。
 
せっかくなんでドッグランに行くことに。
 
琥珀を後ろに乗せて月寒へ。
 
お、大型犬多い。
 
チョコラブ2匹、シェパード、セター、柴、ミニチュアダックス、そして白いシェパード風ミックス犬。
 
琥珀投入。
 
1番大きいのに明らかに1番はしゃいでる琥珀。
 
走ったり飛び上がったり。
 
チョコラブ2匹連れた男性はすごくよく会う。
 
平日の昼間いっつもいるんだよな。
 
働いてないのか?
 
自分もそう思われてるかもしんないけど。
 
ダックスは大型犬に囲まれてマイペース。
 
2時間くらい遊んだかな。
 
芝生で琥珀の足の裏は緑色になった。
 
相変わらず帰ってきたら琥珀も自分もぐったり。
 
 
ぐっすり昼寝しました。
 
もうちょっと遊んでやらなきゃな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

マジシャンロード続き

非常に難易度の高いアクションシューティング『マジシャンロード』。

前回この話をしたところ興味を持ったしげちーがWii版の購入を決意していたが。

何がそんなに難しいのか検証してみた。

①主人公の大きさ。

気づきにくいことだがこのゲーム、グラフィック重視のせいか普通のアクションゲームよりプレイヤーキャラクターが大きい。

大きいとどうなるか。

敵の弾に当たりやすい。

避けたくても弾と弾の隙間を抜けられない。

そして、先の状況が見えにくい。

キャラの大きさで進行方向が遠くまで見えない為突然敵に遭遇したりするのだ。

しかも敵は四方八方からどんどん現れる。

全然避けれない。

②無敵時間の短さ

アクションゲームは普通敵に当たったら一時的に点滅したりして無敵状態になるじゃない。

このゲームに関しては無敵状態が異常に短い。

ダメージを受けてるポーズのほんの一瞬。

なので3発当たったら1機死ぬのだが、ダダダッと飛んできた弾にハマッてあっという間にやられてしまうこともある。

酷い。

③しゃがみの高さ

主人公、非常に座高が高いので普通のゲームなら避けられる上段の弾に結構当たる。

帽子も高いし。

しゃがみがあんまり意味ない。

④100%ダメージをうける場所がある。

数々の罠が張り巡らされた道のりだが、もう罠の場所をわかってても確実にダメージをうける場所がある。

絶対避けれない罠があるので結構やる気なくす。

⑤意味ない変身がある。

全部の変身を見たわけではないが、少なくともウォーターマンは意味ない。

万が一変身してしまったが最後、異常な使いづらさで瞬殺されることは間違いない。

と、こんな難易度の高いゲーム。

マニアックなゲーマーにはたまらないはず。

しげちーには是非8面までクリアーしてもらってエンディングを見せてもらいたい。

あ、まずいな…ゲームネタ続いちまった。

もうしばらくゲームネタやめよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

悪魔の招待状

友人から『動物ネタは奥さんに任せてマニアックなゲームネタに特化しろよ』と言われてる。

そんなこと言っても動物好きなんだよ…むしろ本当は動物ネタ一本でいきたいくらい。

でも今回はゲームネタ。

お待ちかね、今回はあの『悪魔の招待状』。

『あの』と書いたがご存知だろうか。

自分昔からこのゲームについては熱く語ってきたから知ってる人多いかもな。

1989年、ケムコから発売したアメリカから移植のホラーアドベンチャーゲーム。

ナムコじゃなくてケムコね。

ストーリー

雷の夜、姉と二人でドライブの帰り道。

不思議な洋館の前で車は事故に遭い、大破してしまう。

主人公(1人称でぼく)が目を覚ますと車の中に姉の姿はない。

洋館に助けを求めに行ったのだろうか…。

っていう話。

アドベンチャーなので基本は画面にカーソルを合わせて『話す』『調べる』『使う』『取る』などを選択しながら進む。

まぁ話すって言ってもほぼ人間は出てこないんだけど。

このゲームのどの辺がオススメかと言うと。

まず死にやすさ。

アドベンチャー版スペランカーと言ってもいいだろう。

車の中で目を覚ましたところから始まり、とりあえず車から何か持って行ける物はないかとダッシュボードとかを『調べる』してみると。

車が炎上して死亡。

普通調べるだろ、なんかアイテムあるかも知れないし。

ここは何も調べずに外に出るのが正解。

洋館に入るといきなり廊下に後ろ姿の女性が。

話し掛けると骸骨女で襲われて死亡。

普通最初に会った人にくらい話し掛けるだろ。

しかも死ぬとき急に音楽が変わって画面に髑髏が出てすげぇ怖い。

表現も今では考えられないくらいグロい。

『女はぼくの顔の肉をひきちぎっていく』とか。

『燃え盛る炎でぼくの身体は焼け焦げていく』みたいな。

怖すぎ。

でもゲームオーバーの後で『なーんちゃって。こんなことでヘコたれるぼくじゃないよ。コンティニューしてね』みたいなメッセージが出るからそれがまたイライラする。

しかもゲームを進ませるのに100回くらいゲームオーバーになるから怖いわイライラするわで体調崩しそう。

また、このゲームの特徴として選択肢が無限にあるということがあげられる。

どういうことかと言うと、例えば目の前にある物はなんでも持つことができる。

館の中はゲームとは関係ないアイテムが山のようにあり、主人公が持てるアイテムの数に制限がないのでとりあえずなんでも拾っていくと所持アイテム数はえらいことに。

キッチンに行くと鍋やらお玉やら包丁やらフライパンやらなんでも取れて。

取ったからって使うとこない。

生きてるクモとかまで取れる。

普通そんなん捕らないだろ。

でもクモは重要アイテム。

そして取ったアイテムはどこでも使える。

例えば拾った斧を自分に使ってみると首を切り落として自殺、ゲームオーバーに。

『なーんちゃって』になる。

首を切り落としてんのになーんちゃって?

くだらないとこ凝ってるのにその辺は非常にアバウト。

敵の幽霊やモンスターは多々登場するのだが、ほとんどノーヒントでなんらかのアイテムや行動で退散させねばならない。

アイテムや可能性は無限だがノーヒント。

たとえばこの館の執事の霊が出たとき。

さっきのクモを投げつけると退散するんですね。

幽霊にクモを使うっていうアイデアが普通ないのでここでいろんなこと試して。

十字架使ったり包丁使ったりライター使ったり魔術の書いた本を使ったり幽霊退散スプレー『ノーゴースト』を使ったり殴ったり。

何やってもダメで完全に行き詰まった。

違う行動すると怒らせてゲームオーバー、何十回も首を絞められて『なーんちゃって』になった。

でもクモを使ったら悲鳴をあげて退散。

最低なゲーム。

そういう流れが最後まで続くので次から次へと行き詰まる。

教会の地下では巨大なクモが道を塞ぎ、持ってるアイテム全部試してもダメだと思ったら地下はストーリーと何も関係なかったりとか。

いらんとこで時間とエネルギーを使う。

巨大クモのところでは死に際に主人公が

『こっち嫌な予感がしてたんだ。あーあ、君のせいでぼくは死ぬんだ。せいぜいコンティニューしてくれよ』

なんてプレイヤーに対して愚痴みたいなことまで言い出す始末。

でも髑髏が出てゲームオーバー画面になると『なーんちゃって。』で死ぬ前に戻る。

そんな感じで館からなぜか近くの迷宮へ。

ここでも様々な悪霊が登場するがなんとか退け。

屋敷の主ドラカンの元へ。

ドラカンは寝てるけど起きたら殺されるので起こさないように穴に捨てる。

屋敷に戻ると、ついにお姉ちゃんが!

デーモンに襲われてるところだがデーモンがこっちに気づくと姉は弟を置いて窓から逃走。

酷い!

この後ぼくはデーモンに勝つことができるのか!?

結局アイテムで一撃なんだけどね。

皆さんここは自分で試してみて。

ほんとに名作。

難しいけど、興味のある方は是非挑戦してみてほしい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

桜の時

天気がよかったのでaikoなんか聞きながら琥珀と真駒内公園に花見に行くことにした。
 
真駒内公園は競技場や一周3キロのマラソンコースがあり札幌のランナー達のメッカだ。
 
平日だってのに金払ってマラソン大会に参加するであろう人達が沢山走ってた。
 
動くものを追いかけたくなる琥珀はマラソンランナー達に襲い掛かろうとする。
 
どうせなら美ジョガーの人に飛び掛かってお近づきになるきっかけをつくってくれればいいんだが。
 
『コラコラやめなさい。いやすいませんねぇ、うちの犬が飛び掛かっちゃって。お詫びにお茶でもいかがですか?』
 
みたいな。
 
ならないな。
 
桜は…まだあんまり咲いてなかった。
 
今年は寒いせいか札幌の桜の開花は遅い。
 
たぶん今週末あたりがピークかな。
 
 
相変わらず琥珀は怪獣みたいな顔してますな。
 
 
実際見たらこんなんじゃないんだけど毛が多過ぎて写真うつりが悪い!
 
このあとテンション上がった琥珀が『ウガーッ』って引っ張った結果なんとリードの結び目が解けて危うく逃げられるとこ。
 
なんて馬鹿力だ。
 
繋いでた木は折れなくてよかったけど。
 
そんで家帰ったら自分お腹痛くなって。
 
その日は夜TKOの引越し祝いパーティーだったんだけど、あまりの激痛に動けず。
 
行くか行かないかギリギリまで悩んだ挙げ句、行くことにした。
 
TKOの新居は窓の外を見ると思わず飛び降りたくなるほどの高層階。
 
でも飛び降りなかった。
 
たぶん誰か飛び降りてると思う。
 
そんでお腹痛いのに焼肉食べに行って。
 
あ、なんかオクスプリングさんから引越し祝いが届いた。
 
ニキとか言う会社からゴミみたいなもの送って来てた。
 
オクスプリングさんはこういうことに全身全霊を賭ける変態だ。
 
その日はゲームの話をしたりゴルフの話をしたりで盛り上がった。
 
翌日、自分が話に出したマジシャンロードというゲームが気になると言ってしげちーがWiiで買ったというメールがきた。
 
こいつもどうもならん変態だな。
 
あんな難しいゲームを買うとは。
 
しかし、馬鹿話ができる友人が周りに多くいるっていうのはいいことだよな。
 
学生時代の友達っていうのは大事にしていきたいもんだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

ウォークラリー

寒いなぁ。

この前からちょっとあったかくなってヒーター切ったと思ったのにGW明けたらまた最低は4℃とか5℃。

また点けるハメになっちゃった。

週間天気予報を見てもこの先曇りとか雨ばっかりで気持ちもジメジメしてしまうな。

風も強いしさ。

ところで。

寒いとは言え春になってマラソン大会とかウォークラリーが盛んになってきたね。

みんなで走ったり歩いたり。

参加費払って…。

ここがひねくれ者の自分のツッコミどころだ。

なんで金払って走ったり歩いたりしなきゃならないんだ。

マラソンの大会とかならまだわかるかな。

大会に出て自分の順位とか実力を確認することはそこそこ意義がある。

でもウォークラリーって何だ?

何で金払って何キロも歩かなきゃいけないんだ?

一人で歩けよ!

何が目的で参加してんだ!?

ってまたあんまり批難ばっかり書いてると性格を疑われてしまうが。

そんなに歩きたければ大型犬を飼えばいい。

雨だろうと雪だろうと風だろうとおっくうだろうと強制的にウォークラリーだ。

毎日欠かさず歩かなきゃならん。

昨日昼間うちの周りを琥珀と散歩してたら道の向こうから歩いてきた一人の女子大生風の女の子。

こっちに手振ってきたのさ。

後ろが川だから自分に向かって振ってるのは間違いない。

テンション上げて手を振り返そうと思ったんだけど、あ、これは違うかも、と。

たぶん自分じゃなくて琥珀に手振ってるな、と気づいた。

全然知らない女だったし。

99%琥珀に手振ってる。

でも1%くらいは自分に手振ってる可能性が。

振り返すか?

なんとなく女は琥珀ではなく自分の方を見ている気もする。

でも確実に知らない女。

うーむ。

そうこうしてるうちにすれ違い。

女は相変わらずこっちを見てる。

自分か琥珀か。

ひとまずスカして薄笑いを浮かべながら軽く会釈をし、その場はやり過ごした。

我ながらキモかったかもしれん。

琥珀を連れてるとこんなことは日常茶飯事。

毎日ハプニングのあるウォークラリー。

健康の為歩きたい人は大型犬を飼おう!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

マジシャンロード

マジシャンロード

マニアックなゲーム紹介シリーズ。
 
どっかで聞いたことありそうなベタな名前なのに実際ほとんど知られていないであろうゲーム『マジシャンロード』。
 
ゲームセンターで餓狼伝説や龍虎の拳が流行るもっと昔のこと。
 
全く人気のなかったアーケードゲームである。
 
何故人気が無かったか。
 
難しかったから。
 
難しい。
 
無茶苦茶難しい。
 
ジャンルはアクションシューティング。
 
 
魔界村とかマドゥーラの翼に代表されるタイプの。
 
家庭用機種はNEOGEOで、その他の機種に移植はなし。
 
実は記念すべきNEOGEO第一弾ゲームなのだ。
 
驚くのがそのゲームの容量だ。
 
100メガショックでお馴染みSNK開発だけあり。
 
なんとなんと46メガ!
 
『NEOGEOなのに全然100メガじゃないじゃん』とか言わない。
 
最近ゲームがCD化してからはあまり容量の話はされなくなったが、わかりやすく言うとドラクエ2=1メガ、ドラクエ3=2メガ、ドラクエ4=4メガ、ドラクエ5=12メガ。
 
あの何十体のモンスターが仲間になって装備、成長システムまであるスーパーファミコンの名作ドラクエ5でさえ12メガ。
 
たかが横スクロールアクションがその4倍近い容量なのだ。
 
すごい。
 
しかも使うボタンは十字キーとAがショット、Bがジャンプ、C、Dは使用無しと超単純。
 
どんなゲームか気になってきたところでストーリーを紹介。
 
昔、ある平和な国に悪い魔王が攻め込んで来た。
 
勇敢な魔法使いは8つの魔法の書に魔王を封印。
 
国は平和に戻った。
 
その何百年後、魔王復活。
 
魔法使いの末裔エルタは魔法使いマスター『マジシャンロード』となり8つの書を取り返して再び魔王を封印する旅に出る…。
 
 
名前だけでなくストーリーもベッタベタだ。
 
全然期待できない流れになっているが、そこは46メガショック。
 
ゲームの中身は熱い。
 
主人公エルタは面の途中手に入るエレメントによって、7つの姿に変身できるのだ。
 
ざっくり言うとスーパーマリオがフラワーでファイアーマリオになる感じ。
 
ざっくりし過ぎてて500kbくらいの容量しかない雰囲気だが、実際は結構凄い。
 
以下が7つの変身。
 
マジシャン:何も取ってない状態。武器は魔法だが威力は弱い。
 
ドラゴンウォーリア:連射の効く炎が武器だが射程は短い。ジャンプ力も低く動きも遅い。
 
シノビ:炎のリングを投げる。動きが早くジャンプも高い。
 
ウォーターマン:投げるボールが地面につくと水の柱ができる。当たらないし連射も効かないので全然意味ない。
 
サムライ:詳細不明。
 
ポセイドン:詳細不明。
 
ライジン:詳細不明。
 
何故詳細不明か。
 
それは説明書には出てるが見たことがないから。
 
何故見たことがないのか。
 
最初に書いたがゲームが難し過ぎてそこまで到達しないのである。
 
っていうかこのゲーム8面まであるようなのだが。
 
自分、2面もクリアーできていないのだ。
 
持ち主なのに。
 
ゲーマーなのに。
 
普通アーケードゲームって、ちょっとゲームやってる人なら1面くらいはすぐクリアーできるようになってるじゃない。
 
初心者だって何回かやってれば、1面くらいは越えられそうじゃない。
 
でもこのゲームに関しては、全然違う。
 
自他ともに認めるゲーマーで持ち主の自分も今だにノーコンテニューでは1面もクリアーできず。
 
2面に至っては何十回コンテニューしても1度も攻略出来ずにいるのだ。
 
ちなみにコンテニューは無限なのだが。
 
ほんと凄い難易度。
 
これじゃあゲーセンにあってもみんな挑戦しなくなるのも納得だ。
 
せっかく名作なのに。
 
ライジンとか見てみてぇ!
 
誰か貸すから攻略してくれ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

ペットセラピー

先日のペットフェスタで盲導犬、介助犬のブースを見た。
 
営業で来ていた犬達はみんな落ち着いていて、もみくちゃに触っても目の前で変な動きをしても全然動じる様子はなかった。
 
偉いなぁ。
 
でもちょっと思ってしまったよ。
 
この犬たち、なんか楽しいことあんのかなぁ。
 
一生懸命働いて、感情を押し殺すようになって。
 
偉いなぁとも思うけど、ちょっと可哀相な気もするな。
 
盲導犬を可哀相って言ったら終わりだけどさ。
 
引退した盲導犬を引き取ってたっぷり遊んでやりたい。
 
そういうボランティアもあるんだよね。
 
いいなぁ。
 
うちのゴールデンドゥードル琥珀。
 
 
幸せそう。
 
 
幸せそう。
 
 
いつも幸せそう。
 
どういう寝かた?
 
落ち着きがないから介助犬は絶対無理だけど。
 
セラピー犬はどうだろう。
 
底抜けに明るい性格には自分もいつも癒されてるし。
 
かじり木のオレンジには噛み付くけど他の人には噛み付かないし。
 
動きがコミカルでなんか微笑ましいし。
 
親バカと言われるかも知れないが見た目もなかなかのイケメンくん。
 
資質は十分。
 
幸いうちに来たお客さんやドッグランで出会った人、散歩中に出会った人達はみんな琥珀に優しくて。
 
おかげですっかり人間好きに。
 
だから本人もきっといろんな人と触れ合えば楽しいと思う。
 
訓練らしいことはしてないからいきなりは難しいかもしれないけど。
 
誰か癒されたい人いるかな?
 
セラピー犬琥珀が駆けつけますよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

美の巨匠

最近よくテレビや雑誌に出てるカリスマメイクアーティストとか。

美容の先生達がみんな美人じゃないのはなんでなんだ…。

どうして美人になれてないのにそんな堂々と他人に美のアドバイスができるんだ。

どうして美人になれてないおばさん達の言うことをみんな聞くんだ。

やはり男から見た美人と女から見た美人は違うのか?

日本人は自信を持ってるやつに弱いからなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

ペットめぐり

ペットめぐり

ゴールデンウイーク中だけど1日だけ休みをとって。
 
北翔クロテック月寒ドーム(前月寒アルファコートドーム、元月寒グリーンドーム)で開催された第1回北海道ペットフェスタに行ってきた。
 
ペットフェスタでなんで写真がRX78ー2『ガンダム』の写真かというと、それは後ほど。
 
月寒ドームはあっちこっちのペットショップやグッズショップがブースを出してて。
 
写真はセラピー犬のブースで見かけた柴。
 
 
おとなしい…。
 
まるで置物。
 
これはペットセラピーになるわ。
 
いろんなペットを売っていてうさぎやフクロウや蛇と触れ合えた。
 
20万で売ってたバーニーズがのんちゃんとかぶって思わず買ってしまいそうになったが…バーニーズの仔犬は琥珀より手がつけられないっていうから。
 
きっと買ってしまったらのんちゃんと違い過ぎてがっかりするんだろうな。
 
その後勢いでファクトリーのペットワン博にも行った。
 
ちょうど『ポチたま』の松本秀樹氏のトークショーが。
 
 
でもそれ以外はほとんど普通のペットショップと変わらんな…入場料払ったのに。
 
そのままファクトリーのアトリウムに行くとなんとガンダム展が!
 
狙って行ったわけじゃないがツイてる。
 
周りは中年のガンオタがデジカメ片手に黒山の人だかり。
 
 
ガンダムからZ、ZZ、逆襲のシャア、OO、ユニコーンなどのモビルスーツがずらりと並び。
 
フィギュアと年表で歴史を振り返ることができる。
 
驚いたのがランバ・ラルとグフのところに中年男性が集中して写真を撮りまくっていたこと。
 
アムロやシャアより人気あるようだ。
 
さすが理想の上司No.1のラル大尉…やたら男にモテるのな。
 
自分はそのすぐ横にならんだマ・クベとギャンのフィギュアの方が気になったが。
 
おっとあんまり書くとガンオタだと思われてしまいそうだからこの辺にしとくか。
 
ホントはペットフェスタに琥珀を連れて行きたかったんだけどね…落ち着かないから。
 
来年は連れていこうかな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

誕生日

今日はなんとあのベッカムさんの誕生日なのです。
 
それとオレンジさんも誕生日です。
 
サプライズで嫁から誕生日プレゼントもらいました。
 
 
バーバリーブラックラベルの小銭入れ。
 
ちょうど今使ってる小銭入れのジッパーが壊れてたとこなので嬉しい。
 
隣のは何年か前に貰った同じブラックラベルの愛用の財布。
 
琥珀にかじられないようにしないと…。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

世間はGW

世間はゴールデンウイークらしいよ。
 
 
まぁうららには関係ないよね。
 
自分にも関係ないしね。
 
ちょっと仕事が増えるくらいで。
 
 
二匹は相変わらず柵を挟んで牽制しあい。
 
仲良くしろよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »