« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月30日 (火)

らんららんらら〜ん

頭がおかしくなってらんらん言ってるのではなくドッグランに行ってきたということ。
 
毎日の散歩は欠かさないもののしばらくランに行ってなかったので、琥珀も全力疾走する機会がなく。
 
家ん中で元気が有り余って手がつけられなかったので、近くのひまわりに連れて行った。
 
ひまわりは入園料が1000円から400円に大幅に下がったので嬉しい。
 
屋内と屋外があるが、天気がよかったので雪が積もってる屋外で遊ぶことにした。
 
他に犬はいない。
 
相変わらず期待を裏切らないアホテンションになる琥珀。
 
雪の中で走る、転がる。
 
しばらく遊んでいると、お客さんが。
 
黒ラブを一匹ずつ連れた主婦らしき二人組。
 
最初屋内に入っていこうとしたが、琥珀の姿を確認すると屋外へ。
 
相変わらず人気の琥珀。
 
今日はいつもの1.3倍くらいアホテンションな琥珀だが…まぁラブくらいなら迷惑はかかるまい。
 
って思ってたら。
 
黒ラブ2匹も若い犬だったようで、琥珀と同じくらいアホテンション。
 
3匹でアホになる大型犬。
 
走ったり飛び上がったり取っ組み合ったり。
 
写真撮るの忘れた…。
 
帰ってきてから写真を撮った。
 
 
 
疲れたか。
 
もっと遊んでやらないとなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月28日 (日)

サプライズパーティー

札幌はいよいよ気温も氷点下。
 
鍋のおいしい季節になってきた。
 
それで、札幌近郊に住む大学の同期をえむあーるさん宅に集めて鍋会をすることに。
 
メンバーは6人プラスうちの嫁の7人。
 
今回の日程は偶然にもメンバーの1人、ナイロン姉さんの誕生日の翌日。
 
なので他のメンバーで口裏を合わせて、サプライズパーティーをしようということに。
 
ワクワク。
 
どうせ集合時間を決めても時間通り来ないだろうし、鍋だって言ってんだから昼間っから来る奴もいないだろうと、最初は時間を決めていなかったのだが。
 
『な…な何時?な何時!?』
 
と時間を決めたがる輩がいるので、20時集合ということに。
 
嫁とえむあーるさんと3人で食材を買いに行き、20時までに準備をしたのだが。
 
ホラ、誰も来ない。
 
ちゃんとケーキとプレゼントまで用意してあんのに。
 
TKOに至っては来たくなかったらしくドタキャン。
 
21時過ぎにしげちーとおさや登場。
 
主役不在のまま鍋スタート。
 
まぁ主役が遅れて来た方がサプライズしやすいんだけどさ。
 
鍋は大成功。
 
うまい!
 
みんなで囲むと楽しい!
 
でも主役が来ない!
 
22時近くなっただろうか、ナイロン姉さんから電話が。
 
『遅くなったからめんどくさい』
 
イーーーッ!!
 
なんとか説得してしげちーを迎えに行かせる。
 
ついに主役登場!
 
盛り上がる7人!
 
ヒートアップして服を脱ぐえむあーるさん!
 
鍋にラーメンを入れて締める。
 
いよいよサプライズの時間。
 
『デザートの時間ジャー!!』
 
ケーキ登場!
 
 
なんか横に長いケーキだったけど切ってから写真撮っちゃった。
 
チョコレートプレートには『ハピバスデーナイロンちゃん』の文字。
 
感激で泣き出す姉さん。
 
さらにプレゼント責め。
 
えむあーるさんからの大人のおもちゃに一同ドン引き。
 
最後は姉さん自ら買ってきたハーゲンダッツを食べて終了。
 
とても楽しい時間だったー。
 
やっぱ学生時代の友達っていいね。
 
今回参加できなかったメンバーも、この次は集まろう!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月26日 (金)

イルミネーション

せっかく一戸建てがあるわけだし、今年からイルミネーションに挑戦してみたいと思った。
 
近所は古い家と新しい家が混在する住宅地で、新しくて若い夫婦が住む一軒家ではときどきイルミネーションが見られる。
 
ホームセンターとかでもこの時期大きくコーナーを展開しているし、やってみたい人は多いんじゃないかな。
 
これまでは電気代がネックだったよね。
 
凝る人は凄い電気代かけて毎年点けたり。
 
ちなみに通常の白熱球だと1kWh25円で計算したとして、40W電球1個180時間(1日6時間で一ヶ月)の点灯で150円ってとこ。
 
イルミネーションすんのに電球何個必要なんだ。
 
しかし時代はLED。
 
2〜3年前からのLEDの普及により、一気に敷居が低くなったイルミネーション。
 
お金持ちじゃなくてもできる!
 
買ってきて休みの日にでも飾ろうと思ったら、自分が仕事の間に嫁が作ってた。
 
やたら積極的だ。
 
 
夜だと写真撮るの難しいな…。
 
100球タイプでとりあえずツリー型に挑戦してみた。
 
お店のサンプルを見たときはそんなに明るく感じなかったけど、夜点けたらちょっと近所迷惑なんじゃねーかって思うくらい明るい!
 
360球タイプとかにしなくてよかった…。
 
ちなみに気になるLEDの電気代。
 
100球タイプで8Wなので、なんと40Wの5分の1!
 
1日6時間の点灯でも月の電気代約30円。
 
つまり500球でトイレの40Wの電球1個分くらいの電気代なのだ。
 
素晴らしい、LED!
 
明るいし!
 
今年はコーン型一個にしとくけど、年に一個ずつくらい増やしていければいいな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

就職氷河期

就職氷河期の真っ只中、大卒内定率56%とか。

きっと自分より仕事ができてガツガツ働く学生は山ほどいるのに、こんな自分が東証一部の会社に入社してしまってすみません。

せっかく入社させてもらったのに仕事中ブログとか書いてダラダラ過ごしてすみません。

そしてこの男も就活中。

中村紀洋(37)。

岩隈の移籍金をあてにして強力な補強を目論んだ楽天を解雇され、現在無職。

あくまで現役にこだわるノリ。

超、野球したがってる。

『もう代打でも育成枠でもなんでもいいからどっかの球団入れてくれ』と。

なりふり構わない発言。

かと思ったら。

『俺は虎党だから阪神とってくれないかね?』

とか微妙に阪神にアプローチしているようだ。

なんか謙虚さがないなぁ。

ここ数年目立った活躍が無かったようで自分もノリの実力をイマイチ把握してないのだが、どうなんだ?

試す価値あるんですかね?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

感動のライブ

毎年恒例のBONNIE PINKのライブに行ってきた。

いっつもは平日だから適当に仕事休んで行くんだけど、今年はなんと祝日。

全然休めぬ。

しかも開場16時半とかって早過ぎだから。

しかしどうしても見たいと。

そういうわけで15時半くらいまで仕事して後はもうぶん投げてダッシュでライブハウスへ。

うぉーもうどんどん入場しとる!

ネクタイして仕事投げて来た感が出てるの自分だけ!

急いで列の最後尾に並んで入場。

いつもは早めに並んで前列に行くのだが、今回はすでに前の方はいっぱい。

後ろ側からの観覧となったのだが。

後ろって空いてんだな…。

今までは前の方ですし詰め状態、周りの女の子とぎゅうぎゅう密着してハァハァ言って痴漢と間違われたりしてたのに。

なんか今回はゆったり見れそうだぞ。

後ろっていってもちっちゃいライブハウスだからステージまで7〜8mくらいだしね。

いよいよ開演。

5時きっかり、羽根付きシルクハットにステッキを持ったBONNIE登場。

興奮!

いやぁ、いい。

『MORNING GLORY』『Cookie Flavor』と立て続けに新曲で大盛り上がり。

ニューアルバム出たから当然それの曲が中心なんだよね。

でも過去のヒット曲も挟んでくれて。

なんとデビュー曲『オレンジ』まで披露。

ちなみに自分の『オレンジの無表情ファイル』のオレンジはここからとっています。

何年か前、初めてブログを書いたときにたまたま聞いていた曲が『オレンジ』だったんで。

あと自分の大好きな『Love Is Bubble』や『Private laughter』も出てくれて大満足。

最後は『流れ星』や『ナミナミ』といった新しい名曲が続き、感動のライブが終了。

よかったぁ。

泣けたぁ。

来年も絶対来たいなぁ。

今回かなり無理して見に行ったんで。

次回はなんとか平日で、お願いします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年11月20日 (土)

メジャーチームを作ろう

やることがないのでパワフルメジャーリーグでサクセスを始めてみた。
 
キャラクターメイキングが好きな自分はナムコの熱チューシリーズは、顔とか作れるからかなりやり込んだけど。
 
パワプロはなんか二頭身だしいまいち気持ちが入らなくてあんまりやってなかったんだよなぁ。
 
一般的には野球ゲームと言えばコナミみたいな感じはあるんだけど。
 
キャラクターの動きが速くていちいちロード時間が長いのがパワプロの特徴。
 
熱チューはと言うと選手は顔も動きもデフォルメ化されてなくてリアルなのだがリアル過ぎて1試合の時間がすごく長い。
 
だいたいゲームは早打ちだから実際の試合よりは早いけど、それでも1試合1時間くらいはかかる。
 
そしてリアルに顔を作ってもみんな無表情なのでデッドボールを受けようがサヨナラ勝ちしようが真顔で不気味。
 
それはそうと、パワメジャを始めてみた。
 
どうせなら1チームできるくらいの人数作りたい。
 
チームは何でいこうかな…よし、第3部のスタンド使いでいこう。
 
先ずはクローザーあたりから作るか…。
 
ディオにしよう。
 
ストレート151キロ、コントロールC、変化球はスライダー、チェンジアップ、ドロップ。
 
クローザーらしいのができた。
 
次は中継ぎだな。
 
リリーフはたくさん必要だと思うが左右のリリーフエースとして、ダービー兄弟を作ってみる。
 
中途半端な選手ができた。
 
ダービー兄のほうにポーカーフェイスがつけれたのはよかった。
 
何度もやっているとうまくなってくるし、買えるアイテムやバッティングフォームなども増える。
 
スタメンにしたい奴は後で作ったほうがいいな。
 
先に作っちゃうと後から作ったわけわからん奴ばっかりスタメンになっちゃう可能性があるから。
 
まぁ誰がスタメンでもいいんだけど、アラビア・ファッツ(ザ・サンのスタンド使い)とかズィー・ズィー(ホイールオブフォーチュンの腕だけやたら太い奴)とかヌケサク(本名不明。ディオの館にいた女の顔を後頭部に出す能力の持ち主。裏切って棺桶開けたら自分が入ってた奴)とかがクリーンナップになったらちょっと切ないもんな。
 
あとンドゥール、ケニー・G、オインゴとかも作ってみた。
 
キャッチャーオインゴ特殊技能多くて妙にいい選手。
 
 
次はポルナレフあたりいこうかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

ボージョレー解禁

毎年11月3週の木曜、職場で買わされてくるボージョレーヌーヴォー。
 
うちは自分も嫁も酒が飲めないのでもう押し入れに5年分くらい眠っている。
 
ワインの保存は一般に12〜14度くらいの湿度がある暗室に置く必要がある。
 
それはワインが光や振動による劣化が早く、温度が高すぎると酸化してしまい、低すぎると熟成が進まないから。
 
また、湿度が低いとコルクが収縮してしまい、中に空気が入ってやはり酸化してしまう。
 
それくらいは仕事柄分かっているのだが、とりあえず飲めないから押し入れに年々貯まっていってる。
 
押し入れは温度が高いし、たぶんもう飲めたもんじゃないんだろうな。
 
そして今年も一本お付き合い。
 
変な話ボージョレーって毎年解禁のたびに盛り上がってるけど世界のボージョレーの半分は日本で消化してるらしいよ。
 
そして大半は買いたくもない我々流通業の業者が買わされているっていう。
 
実際飲みたくて買っている人なんてどれだけいるか。
 
今なんか安いテーブルワインがコンビニで3〜500円くらいで買えるわけだし、味なんかヌーヴォーもなんも変わんないんだし。
 
みんなそれに気付かないでボージョレー売れてるとか流行ってると思ってるんだよなぁ。
 
グチグチ言ってみたが今年は珍しくスパークリングヌーヴォーがあったんで。
 
自分、シャンパンは飲めるのでこれにしたよ。
 
今年は飲もう。
 
 
 
飲んでみた。
 
うん…まぁ。
 
予想通り、飲めなくはないけどうまくもない、みたいな。
 
気分だけ、ちょっと優雅になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

ファイナルデッドゲーム

久しぶりに低予算B級ホラーを借りました。

『ファイナルデッドゲーム』

あのファイナルディスティネーションシリーズの新作か!?

って思うんだけど全く関係ない、名前だけパクリの映画。

1927年、ある遺跡調査隊は紀元前のゲームを発見。

とりあえずやってみた調査隊はなぜか一人を残して全滅。

残った一人はそのゲームを無人島に隠して自殺。

ゲームは紀元前の物なのにモノポリーか人生ゲームみたいな感じでちょっとウケる。

そして現代、バカンスに来た男女はそのゲームを発見。

わざわざこんな携帯も通じない無人島にバカンスに来んなよって感じだが、案の定ゲームを始める男女。

そのゲームは止まったマスに書いてあることを実行しなきゃいけないよくある罰ゲーム双六みたいなので。

実行って言っても内容は

『恥ずかしい過去を暴露しろ』

とか

『隣の奴にチューしろ』

とか

『誰とエッチしたいか言え』

みたいな王様ゲームレベルの下ネタが中心。

それを続けていくわけだが、カップルばかりの男女達は次第に関係がギクシャクと。

浮気したり嫉妬したり裏切ったり、ゲームそっちのけで喧嘩を始める男女。

ゲームの魔力も手伝って、ついには殺しあいまで発展する。

B級ホラー定番のチェーンソーやオッパイももちろん登場。

目をくり抜いたり顔が動物用の罠に挟まったりと、なかなかの切株っぷり。

ちなみに島の持ち主でやたらショットガンを撃つオヤジはターミネーター2のTー1000役、ロバート・パトリック氏。

太ったなぁ。

結局ゲームをやった人が呪いにかかって友人達と殺しあいをする感じなんだが、ゲームはあくまで揉めるきっかけで、死に方に法則性は無く。

もうちょっとゲームの内容と関係ある死に方のほうがよかったんじゃないかなぁ。

例えば『隣の奴を刺せ』みたいな。

実行しないと呪いで自分が死ぬみたいな。

ジュマンジのホラー版的な感じでさ。

まぁツッコミどころは多かったけどなかなか面白かったよ。

気になった人は借りてみて。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年11月16日 (火)

冬の秘密特訓開始

連日の雨と雪で全く外出気分にならない今日この頃。

しかし、そんなときこそゴルフの秘密特訓をしてライバル達に差をつけるチャーンス!

いや、ライバルは自分の中にいるのだ。

とかかっこつけながら父を連れて練習場へ。

もうここに書いてる時点で秘密でもなんでもないとかいうツッコミは受け付けません。

練習は報道陣シャットアウトの厳戒体制でやらせてもらったからね。

幸い平日の昼間、雨だったせいかガラガラで報道陣も無し。

5人くらい練習してたが。

暇人どもめ。

ホントに空いててボールも全然落ちてないので、自分の打ったボールがどこに落ちたかよくわかる。

父に教えてもらいながらあれこれ試し打ち。

なんだ、なんか今日は矢飛びが安定しているぞ?

実に調子がいい。

久しぶりにやったせいか、いろいろ直しながらやっているせいか。

飛ぶなぁ。

とくにユーティリティが絶好調。

よし、調子に乗ってドライバーやろう。

全部前(右)。

なんでドライバーうまくなんないのかなぁ〜。

その分ユーティリティは飛ぶ飛ぶ。

それからアプローチの練習もした。

でもアプローチって打ちっぱなしでやってもうまくいってんのかどうか全然わかんないんだよな。

コースに行くと毎回距離も違うしボールも芝に沈んでるし。

練習場とコースと違いすぎるもんだから。

なので結局アイアンで射形を直しながら、ユーティリティを集中的に練習した。

なんか一気に上手くなった気がするぞ。

あー春が楽しみだなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

琥珀にできること

琥珀にできること

対面キッチンの向こうから興味深そうに料理を見る琥珀。
 
うちのゴールデンドゥードル琥珀にはこれといった芸がない。
 
基本的なオスワリ、オテ、フセ、マテくらいはできるけど。
 
マテ。
 
 
これと言って教えてないから芸らしい芸はなんもできない。
 
でも愛嬌だけはある。
 
ヨシ。
 
 
とりあえずなんか動きが滑稽だし、変な顔して食べてるところも可愛い。
 
あ、芸じゃないけどしつけてあることと言えば。
 
ちょっと触ればすぐ動くような柵でも、置いてあるとそれを越えてはこない。
 
 
もう体の90%は抜けてるんだけど、こっちにはこない。
 
利口ではないしイタズラもするけど、ルールを守るところは守る。
 
なんとも憎めない奴。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

○○さん家の野菜

最近スーパーの野菜とかでよく見かける生産者情報。

作った人が消費者にわかることによって安全性をアピールするもの。

『○○さん家の玉ねぎ』とか書いて顔写真までつけてたりする。

しかし。

実際消費者が作ってる奴の顔なんか知ってどうすんだ?

顔とか、家とか教えられてもその野菜が良いものである証明にはならない気がする。

顔が爽やかでもトイレから出て手を洗ってないような奴かもしれないじゃないか。

もし自分が『オレンジさん家のピーマン』とか作ってて顔写真をお店に出したとしても、消費者は『いい男が作ってるんだな』くらいにしか思うまい。

こんな腹黒くてイヤミな奴だとは思わないだろう。

友人のしげちーはまさにそうだ。

大学を出てから実家の農家を継いだ奴だが、変質者で声が高くて一人でゲームばかりやっているオタク。

通称『デュエリスト(決闘する者)』。

彼の作る果物もお店に並ぶわけだが、もしそこに生産者情報として『しげちーさん家のぶどう』とか言って顔写真をつけても、消費者は『眉毛の太い人だな』くらいにしか思うまい。

いや、もしかしたら『駅のポスターとかで見たことある人だ』くらいは思うかもしれないが。

とにかく、そんな名前や顔だけ出されても人となりがわかるわけじゃないんだし。

どうせ出すんならその人の生い立ちとか履歴書とか周囲のその人に対する評価とかを張り出す方がまだ、安心感があるんじゃない?

どうかな?

農家の人に怒られるかな?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

金本残留への待遇

タイガースは今季FA権取得の金本知憲外野手残留へ向けて、最大限の待遇をすることを明らかにした。

確かにこれまでの金本の功績は大きく、万年Bクラスのチームを優勝争いできるところまで引き上げたのは、間違いなく彼の力。

しかし、今年の成績は2割4分1厘、16本塁打、45打点。

現在年俸4億5千万…。

これはちょっとね。

タイガースは引き留めの為、来期年俸3億5千万プラス出来高提示の予定。

オフの間に右肩が治ってフルイニング出場できれば、今季と同じ4億5千万もあるという。

そこまでするかなぁ。

たぶんもうFAしても金本を欲しい球団ないと思うけど。

金本の力は偉大だけどさ、今まで十分な待遇をしてきたわけだし。

活躍出来なくなったベテランがたくさん貰ってると若手も嫌な気持ちになるだろうし。

そこは平等に、きちんと減俸しないと。

もちろん起用法もそうなんだけどさ。

金本もチームの一員なら来シーズンはひいき無しにしましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

アルバイト店員

いやぁこの前久しぶりに頭にきたことがあってさ。

今コンビニの○ーソンでキャンペーンやってて。

パンに付いたシールを一定の枚数集めるともれなくコリラックマスープマグが貰えるのよ。

んでうちの嫁がそれを欲しいっていうもんだから、ゴルフ練習の帰りとかちょくちょく寄ってパンとかスイーツを買ってたのね。

愛妻家だから。

通いつめた結果ようやくシールが貯まってさ。

全部貼った台紙を持っていよいよ景品交換へ。

そんでそこのアルバイトらしき店員にホレって渡したんだよ。

そしたらその店員。

『この景品はもう無くなりました』

と。

なんですと!?

そんなバカな!!

シールを集めてもれなく貰えるってのに期間中に無くなったなんて話あるかよ!

カチーンと来たよ。

こんなにパン買って食ったんだぞ!

だいたいパンコーナーにまだキャンペーンボード付いてるだろ!

詐欺だ!

ふざけんな、店長出せ!

って言おうと思ったさ。

でもそこでキレるとたぶん店員は表向き謝るだろうけど。

『こいつ何怒ってんの?どんだけコリラックマ欲しいんだよ、気持ち悪ぃな』

って絶対心の中で思うじゃない。

後で他の店員に相談してネタにするじゃない。

次行ったとき

『オイ、コリラックマ来たぜ』

ってあだ名付けて笑い者にするじゃない。

自分が店員でもそれでキレてるオッサンがいたらそうするよ。

そう思うともう文句言えないし。

悔しィーッとか思いながら黙って他の○ーソンへ。

そしたらそこも在庫が切れてたんだけど、アルバイトらしき店員が入荷したとき引き換えてくれるように引換券をくれた。

納得して帰宅。

アルバイトの教育ちゃんとしないと、お客さん来なくなっちゃうよ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

FF2攻略中

前回書ききれなかったFF2の大きな特徴がもう一つある。
 
それはストーリーに関係しているのだが、4人目のメンバーの入れ代わりだ。
 
まぁ今でこそパーティーが次々入れ代わることはよくあるけれども。
 
このゲームほどあからさまに4人目のメンバーが入れ代わるのは珍しい。
 
主人公4人のうちの1人、レオンハルトはゲーム開始時点で追っ手に襲われ行方不明に。
 
なので最初は3人スタートなわけだが、少し進むと実力が認められてミンウが仲間になる。
 
しかし物語が進むと負傷したフィンの王の容態が悪化。
 
治療の為にミンウは城に残る。
 
次に仲間になるのはミスリル鉱山の調査に出ていたヨーゼフ。
 
 
かなりシブい。
 
ヨーゼフは3人を逃がす為に命を落としてしまう。
 
そのシーンは結構泣ける。
 
そしてパラメキアの大戦艦を破壊する為にすでに滅ぼされたカシュオーン城へ太陽の炎を取りに行くところで、カシュオーンの王子ゴードンと合流。
 
っていう感じで話は進んでいく。
 
いちいちダンジョンが長い上に最深部まで行ってから宝箱モンスターとかで容赦なく尋常じゃない強さのモンスターとか登場したりして。
 
宝箱モンスターだから当然逃げれないし、FFだから全滅したら終了。
 
すごいシビアで意地悪。
 
実に根気のいるゲームだ。
 
まだまだ序盤。
 
ゆっくり攻略していこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

うちカフェ

最近の休日の楽しみは3時のおやつ。
 
ぶらっとカフェに行ってみたり、ケーキ屋さんで買ってきたり。
 
昨日も雨降ってたけどわざわざ買いに行ってきた。
 
嫁が発見した住宅地にひっそりと佇む個人でやってる小さな洋菓子屋さん。
 
看板も出てないしやってるのかやってないのか…。
 
やってるんだけど。
 
商売っ気ないなぁ。
 
ケースには美味しそうに並んだケーキ。
 
買って帰った。
 
 
至福のひと時。
 
うちの近くに美味しい洋菓子屋さんとか、雰囲気のいいカフェがあったら是非教えてくれよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

ノウイング

大学教授ジョンの息子ケイレブが通う小学校は創立50周年の記念イベントで、50年前に埋めたタイムカプセルを掘り返した。

中には、50年前に子供達が書いた50年後の未来の絵。

その中の1枚、ルシンダという少女が書いたのは未来の絵ではなく紙一面の数字の羅列。

ジョンが何気なく見たその紙の途中にある数字があることに気付く。

ジョンの妻がホテルの火災にあって死んだ日の日付だった。

不思議に思ったジョンは紙一面に書かれた数字を解読。

全てこの50年、世界中で起こった大災害の日付、死者数、発生場所の緯度経度が書かれていた。

そこには未来の日付も。

ジョンは一人、災害を止める為に駆け回るも次々と預言は的中し、災害を止めることはできない。

そして最後に書かれていた数字は世界の終わりと人類の滅亡を示していた…。

という映画『ノウイング』を見た。

主演ニコラス・ケイジ。

なんかファイナルデッドコースター系…。

ちょっとホラー入ってるなっていう感じ。

そして超意外、衝撃のラスト。

ケイレブに近づいていた不気味な男達がまさかね…。

久しぶりにDVDを借りたが、なかなか面白かったな。

ほんとはB級ホラーを借りたかったが、なんか面白そうなB級は全部新作じゃね?

旧作は安いんだけど定番っていうか、例えばバタリアンとかポルターガイストみたいなメジャーな作品しかなくてさ。

たぶん需要の少ないBC級作品は新作じゃなくなると同時にカットしちゃうんだろうな。

かといってB級作品に新作料金を出して借りるのもバカらしい。

悪循環。

安くB級作品を見たいんだよ!

ゲオさん、ちょっとその辺考えてくれよ!

ところで関係ないけどその借りに行ったとき。

アダルトコーナーの中からちょっと可愛い女の子の店員が出てきたんだよね。

もちろん仕事で入ってたんだろうけど。

なんかそういうのって興奮しない?

しない?

あ、そう…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

犬とうさぎ

犬とうさぎ

ゴールデンドゥードル琥珀とネザーランドドワーフうらら。
 
犬とうさぎ。
 
最近以前にも増して仲のいい2匹。
 
うららがとにかく琥珀好き。
 
 
立っていると短い足で必死に琥珀に絡むし。
 
 
横になっていてもぎゅうぎゅうと懐に入ってくる。
 
琥珀も鼻でぐいぐい押し付けたり、ハムッとくわえてみたりしているが。
 
 
うららはそれも楽しそう。
 
もっと仲良くなったらテレビに出してお金を稼ごう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金)

チャップマン情報

さて、皆さんが気になっている虎のチャップマン、ロバート・ザラテ投手(23)。

新たに情報を入手したので報告したい。

ザラテ投手が3ヶ月前来日したとき、ストレート最速は144キロだったらしい。

外人選手に多い手投げで下半身が弱く、直球に体重が乗らなかった。

それが日本に来て3ヶ月。

徹底した下半身強化とフォームの改造で球速はパワプロ並に一気に上がり今や154キロに。

元々の潜在能力が凄い。

何しろザラテが野球を始めたのは16歳のとき。

僅か7年の経験でNPBに乗り込んできたのだ。

未だその日の調子によってオーバースロー、サイドスロー、果てはアンダースローまで使い分けるド素人丸出しの投球術。

まずフォームを固めるとこから始めないとな。

時間かかりそうだ。

ところで関係ないけど先日、鍋パーティーをしたくなって近くに住んでる大学の同期連中に『鍋しよう』って声かけたのよ。

そん時ちょっとツッコミが欲しくてザラテの入団会見の写真を付けたんだけど。

みんなから来た返事は。

『やろうやろう、鍋楽しみ〜』

とか。

『日程合ったら参加したいな〜』

とか。

一人もザラテにつっこんで来ねぇ!

『キモい写真つけんな!』

とか。

『これ誰?』

とか。

『パケ代もったいない』

ぐらいでもいいんだ!

信じられねぇ…こんなツッコミどころ満載の写真を付けたのに、誰一人触れてこないとは。

みんなザラテに期待してないのかなぁ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

今度はFF2

今度はFF2

パラメキア帝国の皇帝はその魔力で怪物達を呼び出し、世界征服に乗り出した。
 
対する反乱軍はフィン王国に力を結集し迎え撃つも、圧倒的な戦力の差に敗走。
 
辺境の町アルテアまでの後退を余儀なくされた。
 
フィンに住む4人の若者達もまたアルテアへ向かうが、背後からは追っ手が迫っていた…。
 
という場面からスタートするFF2。
 
ドラクエ3の後、今度はFF2をやってみることにした。
 
FF2は当時としては非常に斬新な成長システムのRPG。
 
キャラクター達にはレベルという概念がなく。
 
戦いを重ねることで『熟練度』を上げていくのだ。
 
『それって要するにレベルじゃん』とか言わない。
 
熟練度は無駄に成長することはなく。
 
剣で戦えば剣の熟練度が。
 
弓で戦えば弓の熟練度が。
 
魔法で戦えば魔法の熟練度が上がっていく。
 
わかりやすく言うと、いわゆるラストハルマゲドン方式なのだ。
 
具体的に言うと。
 
ずっとロングソードで戦ってたフリオニールが、強力な武器のミスリルアクスを手に入れるとする。
 
装備すればもちろん攻撃力は上がる。
 
しかし斧はこれまで使っていなかったので、熟練度は全く成長していない1。
 
そのため連続攻撃はおろか敵にヒットさせることも難しく、結果ロングソードを持っていたときよりダメージを与えられないのだ。
 
強いキャラクターを作るには槍だの杖だのって次々と武器を替えず、剣なら剣のみを成長させていくことが大切。
 
魔法もそうなのだが、ここが少し難しい。
 
ファイアばかり使っていると、ファイアの熟練度は上がり威力は凄まじいものになる。
 
しかし、旅の途中、ボスのアダマンタイマイのようにブリザドしか効かないような奴に出会ったとき、ブリザドの熟練度が1では目もあてられない。
 
回復魔法で言えば。
 
例えば状態異常回復魔法のエスナ。
 
みんなが使える方が旅が有利と思うかもしれない。
 
しかし、全てにおいて熟練度が重要なこのゲーム。
 
石化した場合、治せるようになるのはエスナの熟練度5以上。
 
せっかくみんながエスナを使えても5レベルになっていなければ誰も治せないのだ。
 
HPMPに関しては。
 
どちらも消耗すれば上がっていく。
 
ポイントは、前衛と後衛。
 
このゲーム、キャラクターを後衛に配置すると敵に直接攻撃することはできず、また、敵から直接攻撃されることもない。
 
 
前衛が全滅すると後衛は強制的に前に出されるのだが。
 
いわゆるウィザードリィ方式。
 
ゲーム序盤は、弓や魔法などで後衛に攻撃してくるモンスターはほとんどいない。
 
そのため、魔法や弓専門にしようと一人を後衛に配置してしまった場合、いつまでもHPが上がらずに他のメンバーが300オーバーの中一人だけ20のままなんていうバランスの悪いパーティーになってしまったりするのだ。
 
ここまで書いてきたように、キャラクターメイキングに関しては非常に自由度の高いFF2。
 
グラフィック以外キャラクターの成長はほとんど自由。
 
極端な話マッチョなグラフィックのガイに杖などを持たせて魔法キャラにしたり。
 
明らかに戦闘向きではないグラフィックのマリアに両手斧を持たせてパワーキャラにすることもできる。
 
ウィザードリィなどのキャラクターメイキングが大好きな自分にとって、FF2は向いているRPGだと言える。
 
FF3とかの方がジョブとかあって自分好みに出来そうな気もするが、最終的には誰がやっても忍者忍者賢者賢者になるじゃない(もしくは玉ねぎ玉ねぎ賢者賢者)。
 
同じ成長をすることはないFF2。
 
昔一度クリアーしているのだが、久しぶりにこってり攻略してみようと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

虎のチャップマンの実力は

先日群馬のホテルでタイガース入団会見を行った群馬のチャップマン改め虎のチャップマン、ロバート・ザラテ投手。

191センチ92キロの巨体から放たれる最速154キロのストレート(この前より速くなった)を武器に同郷の巨人ラミレス切りを宣言。

そして『160キロも出ると思う』と何の根拠もない自信の発言。

さらには『NPBのトッププレイヤーになるのが目標。自信があります。自分の仕事をすればできると思います』と堂々と言い放つ。

コントロール悪いっていう前評判なのに。

球団側はそんなつもりじゃなく、左のワンポイントかうまくいけばウィリアムスのような使い方ができるかな、くらいの感じで獲ったはずなのだが…。

実力よりも先にビッグマウスが明らかになったザラテ。

来年のタイガースの戦力は能見、榎田、ザラテ、筒井、江草、そして入団が有力視される元中日のパヤノなど、有望な左投手が揃うな。

活躍が約束されているのは能見くらいだが、それぞれ頑張ってタイガース左投手王国を築き上げてほしい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

うさぎのマグカップ

毎日のティータイムを楽しむために新しいマグカップが欲しかったんだよね。
 
器がいいだけでコーヒー入れるのもちょっと楽しくなるじゃない。
 
雑貨屋に行くたびキョロキョロと物色しててさ。
 
いいのがあったので買いました。
 
 
微妙なポーズのうさぎ柄…。
 
かなりツボ。
 
30過ぎて可愛い物が好きでキモがられる自分だが…。
 
うさぎを飼っているとうさぎ柄の物をつい買ってしまうんだよな。
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »