« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月31日 (月)

台湾旅行8

台北駅に戻った自分達。
 
ブラブラと本屋に行ったりまたCDショップへ行ったり。
 
ここで再びDVD、安室奈美恵の『2010巡回演唱會・過去<未来』588元(1590円)を購入。
 
これ日本では5000円以上する先月発売のライブDVD。
 
しかしこれが大失敗。
 
すっかり台湾に溶け込み地元民みたいな顔になった自分。
 
ショップの店員は『しえしえ』と言ってでかい安室ポスターをくれた。
 
 
左は楊丞琳のポスター。
 
こっちは旅行者なんですけど。
 
飛行機で帰るのにポスター邪魔過ぎだろ。
 
バッグに入らないサイズだし。
 
しかもこの安室のDVD、日本に帰ってから再生してみると。
 
『地域規制により再生できません』の文字。
 
イーーーーッ!
 
日本の技術は進んでるな。
 
安い台湾で大量に買って日本で売ったりできないようになってるわけだ。
 
今度アジアに行ったときはDVDプレーヤー買ってくるか…いや、テレビごとか?
 
まぁそんなこんなでホテルに戻り。
 
翌朝は早朝に陳さん(22)が迎えに来て、空港へ。
 
朝食バイキングを食べれない時間の出発だった自分達の為に陳さんはホテルで持ち帰り用お弁当を用意してくれていた。
 
しかも結構重たいお弁当。
 
サンドイッチくらいでよかったのに…。
 
飛行機で食べようと思ったが柑橘類など一部機内に持ち込めない物も入っており、空港ロビーでむしゃむしゃ食べることに。
 
陳さんとはここでお別れ。
 
三年前に北京に行ってきた経験を話し、北京の人は冷たく、それに比べて台湾人はとても親切で優しい人ばかりだった旨を伝えると。
 
『私モ春ニ上海ニ行キマシタガ。大陸ノ人ハ冷タカッタ』
 
と同じ印象だったようだ。
 
陳さんも日本語はよくわからなかったがとても感じのいいガイドさんだったので、今後も日本語を頑張ってもらいたい。
 
さて、いよいよ飛行機に乗り込み日本を目指す自分達。
 
幸運なことに自分達の席は非常口の前。
 
非常口ドア開閉の為、他の席より格段に広く足が伸ばせるくらい。
 
ファーストクラスとは言わないまでもセカンドクラスくらいの広さ。
 
楽だ。
 
そしてまた機内食が出た。
 
焼肉弁当的な。
 
重たい…。
 
帰りは非常に速く、約3時間のフライトで新千歳へ。
 
短くて長い3日間の旅は無事に終了したのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月30日 (日)

ドッグフード

どうも。
 
久しぶりにウルトラジャンプのスティールボールランを立ち読みしたら大統領にやられたディオが復活してザ・ワールドで時を止めててビックリしたオレンジです。
 
台湾編はまたお休み。
 
仕事柄結構ドッグフードや犬のおやつが手に入る自分。
 
若いうちは何を食べさせても大丈夫だろうと思いながらもやっぱり安い一般食には抵抗がある。
 
我ながら犬バカだと思う。
 
なので、犬の餌代は馬鹿にならない。
 
それで機能食なんかをもらってこれると嬉しいんだよね。
 
この前も大量にもらってこれたんだけど。
 
 
食べねぇの。
 
ってか琥珀、若いくせにやたら食べ物にうるさくて。
 
グルメなわけじゃないんだよ。
 
単純に好き嫌い激しくてさ。
 
おやつはなんでも食べるくせに。
 
 
『おいしくない』
 
若いんだからなんでも食べろよな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月29日 (土)

台湾旅行7

陳さんに士林夜市に連れてきてもらった自分達。
 
現在夜7時。
 
陳さんは帰りホテルまで送ってあげるから1時間遊んでらっしゃい的な感じだったが。
 
こりゃあ1時間で帰ったらもったいないと思い。
 
自分達は地下鉄で帰るから先に帰っちゃっていいよと言って陳さんには夜市の入口で帰ってもらった。
 
さぁ、これで時間を気にせず士林夜市を探索できるぞ。
 
地下鉄は12時まで動いてるみたいだし。
 
夜市へ入っていく自分達。
 
すんごい人。
 
 
こういう風景テレビドラマとかでよく見るなぁ。
 
活気がすごい。
 
やはりファッション、雑貨屋、屋台、スポーツ用品、土産物屋、ゲーセン、エアガン屋などか立ち並び。
 
昨日の西門街よりも全てにおいて安っぽい感じ。
 
でも面白い。
 
海賊版DVD店なんかも堂々と軒を連ねる。
 
そうだ、えむあーるさんとTKOにはTシャツ屋でTシャツでも買っていってやるか。
 
ついでに自分のも欲しくなって計3着購入。
 
横丁には結構大きなペットショップまであった。
 
犬、猫、うさぎ、モルモット…。
 
モルモットって台湾原産が多くて日本のペットショップで売ってるモルモットも大抵台湾から持ってきたものなんだよ。
 
ちなみにハムスターは中国、モンゴルとか。
 
そういえば昨日から街中ではやたらと犬の散歩をしてる人に出会ったなぁ。
 
一般の人が犬を飼えるってことはやっぱり裕福な国なんだな。
 
と、ある地点にやってきたとき。
 
くっさ…
 
くっさーーーーーーー!!
 
なんじゃーこの臭い!
 
『臭豆腐』
 
 
『しゅうとうふ』と読みます。
 
日本のテレビの罰ゲームなんかでも使われる有名な臭アイテム。
 
マジ臭い。
 
屋台の5mくらい前からもう息ができないくらい。
 
ウゲーッ。
 
でも地元の人達は普通に歩いてるし、顔をしかめてるのは自分達だけ。
 
ってか結構食ってる人がいる。
 
こっちで言う納豆みたいなもんかな。
 
広大で大変な人混みの士林夜市を散々歩き回って地下鉄で台北駅に戻った。
 
まだ時間があったので台北中心を再び散策…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

台湾旅行6

台湾旅行6

中正紀念堂。
 
中華圏はどこに行ってもでかい建物ばかり…。
 
ここでも衛兵交替式があり。
 
立つと身の丈10mはありそうな巨大な蒋介石の前でまたかっこよく門番の交替を見学。
 
素晴らしい。
 
そして最後はいよいよ台湾随一のパワースポット『龍山寺』。
 
パワースポット芸人のTKOが泣いて悔しがりそうだな。
 
 
人がいっぱい。
 
みんなすごい勢いで念仏を唱えてる。
 
熱心な信者は土下座までしたり。
 
 
線香を購入し、名前、住所、生年月日を告げてお祈り。
 
『人生とんとん拍子でいきますように』
 
なんて祈っているとホームレスなのかボランティアなのかわからん変な婆さんが近づいてきて半ば強引にしょうが汁を飲まされた。
 
なんてこった。
 
オプションツアーはこれで全部おしまい。
 
ホテルまで送ってもらい、李さんとはここでお別れ。
 
一気に台北の観光地みんな回ってきたみたいで、すごい充実してた。
 
疲れたぁ。
 
しかしこれで終了ではない。
 
ホテルでは前日空港から送ってくれた陳さん(22)がお待ちかね。
 
台湾料理店『欣葉』に連れて行ってもらうことになってたんだった。
 
一緒に向かった。
 
ここも繁盛してるなぁ。
 
こんなリッチな店で食べていいのかね。
 
コース料理で出てきたのは豚の角煮やボイル海老など。
 
美味ーーーーーーーーっ!!
 
ほんっとうめぇ!
 
屋台は口に合わないけど、鼎泰豊にしてもここにしてもレストランで食べる台湾料理は最高だ!
 
しかし北京のときもそうだったがガイドさんは自分達の隣のテーブルに座ってなんか違う質素な物食べてんだよなぁ…。
 
自分達だけいいもの食べて申し訳ない気分になる。
 
まぁ味はホントに大満足。
 
最後に連れて行ってもらったのは士林夜市。
 
夜市とはだいたい夕方5時くらいから深夜1時くらいにかけて店を開けるショッピングモール+屋台村の集まり。
 
台北市内には何箇所もあり、ある意味台湾の醍醐味は夜にあると言える。
 
中でも士林夜市は台北でも最大級の夜市。
 
台湾ブログをココログで書いたら下の方に勝手にリンクが出るほどメジャーなんだな。
 
ここがまたいろいろあって…詳しくは次回。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

台湾旅行5

世界10大レストランの一つに選ばれた『鼎泰豊』。
 
 
世界中に支店があるらしい(東京にも)がここはその本店。
 
さすがにすごい行列。
 
何階建てかわかんないけど自分達は3階に予約席があった。
 
入ると、美人のウェイトレスばかり。
 
そして、スチュワーデスに続いてスカート短っ!
 
写真は撮らなかったが…。
 
小籠包は撮った。
 
 
激うま!
 
前日の変な麺を食べたときは所詮本場の中華料理なんて日本人の口には合わないな、とか思ったが。
 
ここは本当にうまい!
 
本物は違う。
 
満足した…。
 
さて、予定は詰まっていて。
 
次は世界2位の高さを誇る台北のランドマーク、台北101へ。
 
去年ドバイに世界最高の高さのタワーができるまでは世界で最も高い建築物で、地上101階地下5階の508m。
 
ちなみに東京スカイツリーが完成すると世界3位に降格予定。
 
しかしこの台北101、本当に世界一なのはそのエレベーター。
 
僅か30秒で89階まで到達するエレベーターは紛れも無くギネス認定の世界一(東芝製)。
 
楽しみだ。
 
ちなみにここ2週間曇り空が続いて101の展望台はずっと雲の中だったらしいが、自分達の滞在期間は雨の予報だったにも関わらずずっと快晴。
 
日頃の行いか。
 
台北101到着。
 
 
高ぇ〜!
 
当たり前だけど。
 
まずは噂のエレベーターへ。
 
ドキドキ。
 
乗り込むと、急に真っ暗。
 
そして、天井には幻想的な星空が。
 
流れ星も流れて、ムードいい空間!
 
オシャレ〜。
 
動き出すエレベーター。
 
……………。
 
……………。
 
耳が痛ぇーーー!
 
凄いG。
 
飛行機どころじゃない。
 
世界一の速さとかいう前にこの気圧をなんとかしろよっていう。
 
89階到着。
 
絶景。
 
見たことない高さ。
 
車くらいは見えるが、人間なんかは全然見えない。
 
台北市を遥か彼方まで一望。
 
しかしエレベーター使用料が400元(約1080円)とは…CDのアルバムより高いじゃないか。
 
一通り堪能してそこでもお土産を購入。
 
下りた。
 
101は地上5階がショッピングモール、その上がオフィスなのだがモールもブランドショップとかばっかりであんまり見るとこはないかなぁ。
 
続きまして中正紀念堂へ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

自己嫌悪

昨日、食後のおやつにプリンを食べようと思ったのね。
 
 
『男子スイーツ部・理想のプリン』
 
手に持った瞬間さ。
 
琥珀がじゃれてきてプリンが手からポロッと。
 
絨毯にベチャッと。
 
………………。
 
一口も食べてなくてさ。
 
そのときの怒りときたらもう…。
 
自分は自分のことをこんな温厚な人間はいないと日頃から思っていて。
 
アバタールかっていうくらい温厚なのだが。
 
正直こんなになることあるんだなって思ったほどブチ切れてしまって。
 
大声出して半泣きになって物も投げた。
 
さすがにマズイと思った嫁はすぐ絨毯をキレイに掃除すると琥珀を連れて出ていって。
 
コンビニで新しいプリンを買ってきてくれたんだよ。
 
そして自分はプリンを食べて多少落ち着いたわけだが。
 
そのあと何となく嫁も琥珀もよそよそしいのさ。
 
冷静になるとなんでそんなに怒ることがあったかなぁって思うよね。
 
みんな引いちゃって雰囲気悪くなるし。
 
でもそのときはどうしてもプリンを食べたくてそうなったんだよなぁ。
 
後から考えると実に恥ずかしいし自己嫌悪だ。
 
日頃からキレやすい人間は精神的に未熟で、わがままな性格の延長で、まともに話を聞く価値もない、ととても軽蔑しているのだが。
 
自分にもそういう一面が。
 
恐ろしいことだ。
 
深く反省し、今後このようなことがないよう穏やかな気持ちで生きていこう。
 
そう誓った日でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

ゴルフしないと

台湾編はまた一休み。

TKOとえむあーるさんとゴルフに行ってきた。

台湾疲れはあるものの、たまにはやらないとうまくならないからな。

二人には台湾土産をプレゼント。

クールでオシャレなTシャツ。

大好評。

よかった。

さて、今回もインドアのゴルフ場。

珍しく混んでる。

混んでるって言っても9打席のうち5打席埋まって1打席故障って感じ…ちょうど3打席空いてた。

相変わらず狭いのでどんぐらい飛んでるかわからん。

賢明な自分は黙々と練習。

えむあーるさんとTKOは『い…今の絶対200Yくらい飛んでる!お、俺うまくなった!』と浮かれまくり。

なんて愚かな。

どーせ50Yくらいしか飛んでないのに。

TKOに至っては浮かれ過ぎて『ラ、ラフティング!ラフティング!』と騒ぎ出す有様。

困った奴だ。

翌日自分は仕事だったが二人はまたゴルフに行ったらしい。

二日続けて行くなんて、ツアープロにでもなったつもりか。

仕事が終わった自分はその日の夜えむあーるさんに晩飯をおごってもらった。

しえしえ。

それからうちに来て台湾の写真を見せて土産話をして。

お土産のパイナップルケーキなんか食べたりした。

えむあーるさんは自分がお土産にあげたTシャツを早くも着てた。

有効利用してくれてうれしい。

夏場はそのTシャツを着て街に遊びに行ってくれればもう言うことなしだ。

ゴルフにもそのTシャツで行こう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

台湾旅行4

台北駅に戻った頃はすでに夜21時。
 
しかしこのまま帰るのもなんだし、地下街でも行こうか。
 
そう、台北駅には巨大な地下街があるのだ。
 
ポールタウンやオーロラタウンとほぼ同じ感覚かな。
 
しかし広い地下街。
 
しかも道も真っすぐじゃなく斜め、幾つも分岐があり、行き止まりもあり。
 
ウロウロしてるうちに、完全に迷ってしまった…。
 
まさにウィザードリィ。
 
一旦地上に出ると、シーザーパークは見えるのだが高速のように重なる巨大な道路の向こう側。
 
とてもじゃないが渡れない。
 
仕方なくまたダンジョンに戻り、リルガミンを目指す一行。
 
店のシャッターも閉まってきた。
 
やべぇ。
 
クソッ、あのホームレスさっきも見たぞ。
 
マーフィーズゴーストか?
 
歩いて歩いて、なんとかホテルへ。
 
疲れた…。
 
ホテルのテレビは映りが悪く、何言ってるかもわからず。
 
シャワーの出もイマイチ。
 
トイレの便座は心臓が止まるほど冷たい。
 
ぐったりしながら眠りについた。
 
でも部屋に置いてあったマグカップは非常にクールでお土産にピッタリ。
 
フロントで売ってもらった。
 
二日目は一日オプションツアー。
 
朝はホテルのバイキング。
 
これはなかなかだ。
 
本日のツアーガイドはハゲ頭の李さん。
 
他の日本人観光客と10人で行動することに。
 
李『台湾デハ必殺仕事人ガ人気アリマス。オレンジサン似テマスネ』。
 
笑う観光客。
 
クソッ人をネタにして小さい笑いをとりやがって。
 
まず向かったのが忠烈祠。
 
ここは戦没者を奉る、日本の靖国神社のようなとこ。
 
名物は1時間おきにある衛兵交替式。
 
徴兵制のある台湾は20歳になると軍への入隊が義務付けられているが、衛兵に選ばれるのは慎重180センチ以上のイケメンばかりと決められている。
 
選ばれるのは名誉なことだが月給1万5千円。
 
衛兵は門のところに二人ずつ立っており。
 
その規律は厳しく一度自分の番が来ると、顔を動かすどころかまばたきも禁止。
 
一時間、ピクリとも動かずに立っていなければならない。
 
くしゃみもオナラもダメ。
 
その交替が銃剣を振り、動きを併せ、メチャカッコイイのである。
 
 
それをじっくりと見学して、次はいよいよ世界四大博物館の一つ、故宮博物院へ。
 
ちなみに世界四大博物館とはメトロポリタン美術館、ルーヴル美術館、エルミタージュ美術館、故宮博物院。
 
大英博物館が入って五つになる説もある。
 
故宮博物院は北京の紫禁城にあった貴重な品々が日清戦争に巻き込まれないようこっそり台湾に持ち込まれたものを展示した博物館。
 
こっそりって言ってもその数は膨大。
 
全部見て回るには何年もかかるとか言われている。
 
あんまり広く、また大勢のツアー客にそれぞれガイドがついているので混乱しないようトランシーバーとヘッドホンを着けて行動。
 
1時間半でメインのところのみ見学。
 
それでも凄かった…。
 
一度見たほうがいい。
 
この後我々はお決まりの土産物店へ。
 
日本へのお土産をちょこちょこ買って。
 
昼食は小籠包の名店『鼎泰豊』へ…。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

台湾旅行3

台北はどことなく札幌に似ているっていうのが最初の印象だ。
 
街の雰囲気や建物、道路、地下鉄。
 
気候は違えど冬のファッションも似ていて。
 
20度近くあるのに人々はダウンジャケットを着込む。
 
自分達だけ春先のようなファッション。
 
地下鉄は3本で、現在4本目を建設中。
 
ホテル直結の台北駅は3本の路線全てが停まる中心地。
 
路線はそれぞれ色分けされていて初めてでも簡単にわかる。
 
コイン型の切符『トークン』を改札に投入するか、もしくはサピカのようなカードにチャージしてタッチ。
 
自分達はツアー会社から50元(約135円)分チャージされたカードを貰っていたので一応地下鉄に乗る準備は出来ていたのだが。
 
一体50元でどこまで乗れるのか。
 
まぁ最初の目的地は台北から一駅先の西門。
 
最初から入ってる金額でもそれくらいは行けるだろう。
 
恐る恐るタッチ。
 
通れた〜!
 
ホームは札幌の東西線のように全て転落防止用安全ゲートが取り付けられていて。
 
近代的だ。
 
 
そして電車を待つ人々はみんなきちんと線に沿って並んでる。
 
日本よりマナーがいいぐらい。
 
台湾人は自分が北京で体験して感じてきたた中国人の印象とは大きく違うようだ。
 
そういえばCDを買った店でも店員は『しえしえ』と言って商品を渡してきたな。
 
北京では店員同士お喋りなんかしながら、投げるように商品を渡されたりしたもんだが。
 
新しいこともあるだろうが地下鉄の中もキレイで。
 
しかも混んでいるのに優先席には誰も座らない徹底したマナーの良さ。
 
非常に好感が持てる。
 
残念なのは改札周辺のホームレスの多さ。
 
せっかくキレイな街なのだがホームレスの数が尋常じゃないんだ。
 
何をしてくるわけでもないが、あんまりそういうのがいると観光客としてはなんだか落ち着かない。
 
西門に到着。
 
改札でタッチすると16元(約43円)消費。
 
安っ!
 
外に出ると、すんごい人。
 
活気があるなぁ。
 
実は自分が原宿に行ったのはもう20年も前、小学生のときなのだが。
 
まさにその時の風景と言ったような感じ。
 
とにかくネオン街の中へ行ってみよう。
 
ファッション、レストラン、コンビニ、スポーツ用品、屋台、化粧品…。
 
立ち並ぶ商店。
 
若者の街。
 
狸小路よりオシャレだな。
 
とにかく散策。
 
楽しい。
 
ここでもお店でかかってるBGMは徳永英明とか、日本のアーティストばかり。
 
台湾人はホントに日本人が好きらしい。
 
ずいぶん散策したが、そういえば晩ご飯を食べてなかった。
 
周りを見ると吉野家、マック、スタバなど無難にいけそうなとこもたくさんあるけど。
 
海外を最大限に楽しむにはやはり現地の怪しい店に挑戦したいところ。
 
キョロキョロしていると、お客さんがたくさんいる繁盛店を発見。
 
 
店の前で座り食い立ち食いしてる。
 
麺らしい。
 
大椀60元、小椀45元。
 
食べてみよう。
 
『小椀二!』
 
90元(約240円)払って小椀二つ頼んだ。
 
小椀って言っても結構でかいな…。
 
食べた。
 
熱っ!
 
まずっ!
 
米でできた麺みたい。
 
みんなうまそうに食べてるけど、これはちょっと口に合わない。
 
でも残すと悪いので全部食べた。
 
口直しにパンケーキの店に入ってクッキーやパンを購入。
 
ようやく一通り見て周り、地下鉄で台北駅へ戻ることにした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

嬉しい悲鳴

ここで台湾編はちょっとブレイク。

先日、オレンジの熱烈アプローチに心を動かされたロッテ小林宏之が、ついにタイガースに入団を発表。

年俸2年5億。

2005年から3年連続で二桁勝利を挙げたコバヒロ。

元々リリーフの充実しているタイガース、獲得した暁にはてっきり先発復帰させるのかと思っていたが…。

『球児に繋ぐのが自分の仕事』と会見であっさり8回の男発言。

マジか。

藤川優遇されてるなぁ。

しかし久保田の立場はどうなる。

昨年頭角を現した西村や新人投手達も虎視眈々とそのポジションを狙っていたのだが。

とにかく頼れるリリーフが多いのはいいこと。

開幕がまた楽しみになった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月21日 (金)

台湾旅行2

細かく書きすぎて『台湾旅行1』でまさかの台湾にたどり着かないアクシデントが発生してしまったな。
 
まぁいいか。
 
1時間くらい飛行機に乗った頃、機内食が。
 
出るのかよ…空港でたらふく昼ご飯食べてきちゃったよ。
 
チャイナエアラインのスチュワーデス、もちろん中国人。
 
客に一人ずつメインディッシュを選ばせているようだ。
 
ここは早速自分の中国語の出番か?
 
『ゴハンorパスタ?』
 
『ゴ…ゴ…ゴハンプリーズ!』
 
クソッ、日本語かよ!
 
しかし受け取ったところで『しえしえ』を言うことができた。
 
カツ丼…。
 
結構重たいのが出て来ちゃったよ。
 
むしゃむしゃ食べた。
 
一緒に付いてきたウェットティッシュの水分がなんかめちゃめちゃ多くて。
 
手がビシャビシャなんだけど、中国のウェットティッシュってこうなのか?
 
ってかスチュワーデススカート短すぎなんだけど!
 
屈んだらパンツ見えるぞ!
 
5時間のフライトの後、ついに到着『台北桃園空港』。
 
結構かかったなぁ。
 
無事に入国審査をパスして手荷物受け取り。
 
出て来た荷物を貰ってそのまま空港の外へ。
 
あれ?
 
いつの間にか外だけど荷物の控えとかチェックしなくていいのか?
 
いいんだな。
 
ロビーで待ってたのは意外にも女性ガイド。
 
陳さん(22)。
 
カタコトって言うか…あんまり日本語できてないじゃないの。
 
台湾って日本語通じるとこが多いって聞いてきたんだが、まずガイドが日本語あんまりできないってどういうこと?
 
車で『シーザーパークタイペイホテル』へ。
 
滞在日数が少ないので街中でのフットワークをよくする為に、街の中心の地下鉄台北駅直結ホテルにしたんだよね。
 
これは正解だったなぁ。
 
陳さんとはホテルでお別れ。
 
とりあえず観光地は2日目に全部回るので1日目はショッピングをすることに。
 
台北駅前、繁華街。
 
街は思ったよりキレイだ。
 
原チャがすんごい多いんだけど。
 
そして速い。
 
信号がない道とかが多くてみんな車や原チャがビュンビュン走っているところをサッと渡っている。
 
これが慣れないとかなり怖い。
 
まずは駅前雑貨屋へ行こう。
 
いかにも台湾っぽい便箋や雑貨を嫁が買いあさってた。
 
自分はCDショップへ。
 
アジアの旅のお土産で最近注目されてるのがCD。
 
日本にない現地アーティストのものはいい記念になるし、中華圏では日本人アーティストのCDもとても安く買える。
 
台湾でCDは日本と違って定価ではないので店によって値段が違い。
 
まぁ僅かな違いだけどネットで安い店を調べていたのでそこに行ってみた。
 
『光南大批發』
 
っていう店。
 
店内ではBGMで濱崎歩のCDがかかり、日本のCDが豊富に並ぶ。
 
沢山陳列されてて人気がありそうなのはやはり濱崎歩、そして宇多田光、嵐、生物股長(いきものがかり)など。
 
自分はそこで米希亞(MISIA)の『星空情歌(JUSTBALLADE)』を購入。
 
358元(約970円)。
 
安い。
 
それから二軒隣の『5Minutes』へ。
 
そこで、あ、王心凌!
 
買おう。
 
ベスト版『美麗的日子』CD6枚組+写真集で548元(約1480円)。
 
 
さらにパッケージが可愛かった楊丞琳っていう歌手のベスト版『異想天開』CD3枚組+DVD+ポスター2枚付きで408元(約1100円)を購入。
 
 
可愛い。
 
つい買いあさってしまったな。
 
満足した。
 
それから地下鉄で、台湾の原宿と言われている西門町へ。
 
つづく。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

台湾旅行1

海外旅行はやっぱりいい。

人はいろんなことを経験して経験値を積み重ね、レベルアップしていくものだが。

一度海外に行くと経験値がビビビッと上がって4つくらいレベルが上がった気分になる。

わかりやすく言うとマイト&マジックで普通に敵を倒しててもなかなか経験値が貯まらないのにクエストを一つこなすと1000とか2000の経験値が増えるような感じだ。

そういう訳で、先日の台湾旅行での経験を詳しく書こうと思う。

琥珀を病院に預けた自分達はバスで新千歳へ。

いつものように新千歳の停留所で下車、国際線ツアーデスクへ。

と思ったら。

新千歳に国際線ターミナルができてる!

3年前にきたときは国際線は国内線の隅っこにちょっとあっただけだったが、いつの間にか巨大な国際線ターミナルが。

連絡通路で繋がっているのだが、それが長くて。

後で気付いたことだが、バスの停留所も国際線ができていたようだ。

国際線ターミナルバス停で降りればこんなに歩かなくてよかったのね。

連絡通路はもちろんムービングウォークがあるのだが、横には5人乗りゴーカートが。

職員のお姉さんが『乗りなよ』と言うので乗車。

何故か流れるサザエさんの曲。

ゴーカート遅っ!

歩いてるのとたいして変わらん!

みんな歩いてるのに自分達だけ乗ってしまって、サザエさんの曲がかかって、妙に恥ずかしい。

なんて無駄な人件費だ。

国際線ターミナルに到着。

ガラガラだ…。

国内線はあんなに人がいたのに。

まだまだ北海道から海外への直行便はマイナーってことか…。

こんな立派なターミナルができたんだからこれからもっと直行便が増えるといいな。

早く着きすぎた自分達は搭乗手続きだけ済ませて早めの昼ご飯を食べることに。

予定では台北まで4時間、機内食は出ないはず。

空港のレストランでどっさり食べて、いよいよ飛行機へ。

チャイナエアライン。

意外にも満席。

乗客は9割方台湾人。

狭い。

それでも北京行ったときよりマシか…あの時のエコノミーの狭さと言ったら、普通に座っても膝が前の座席に当たるほどだったからな。

暴風雪の予報だった新千歳は何故か快晴。

予定通り台湾へ向けて、離陸したのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月19日 (水)

無事帰国

台湾から本日、無事に帰国しました。

いろいろあったけど楽しく旅ができました。

旅の詳細は後日、報告します。

しえしえ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

新千歳空港

新千歳空港
いよいよ台湾に向かって出発します!

琥珀は病院のペットホテルへ、うららとみつばは実家へ。

暴風雪の予報だった新千歳の天候はなぜか快晴、大丈夫そう。

3日間の短い旅だけど、145%満喫して来ます!

お土産お楽しみに!

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

インキー

インキー

やってしまったよ…。
 
In Key。
 
休みの日にうちのゴールデンドゥードル琥珀を連れてドッグランに行きまして。
 
散々遊んだのね。
 
んで、あーやれやれと。
 
帰ろうと思って、琥珀を車に乗せて。
 
鍵を車にポイッと投げて、ドア閉めて運転席側から乗ろうと思ったのよ。
 
そしたら…ん、開かないぞ。
 
他のドアも…。
 
鍵は?
 
車の中を見ると、琥珀の足の下に!
 
イーーーーッ!
 
あれだよ、鍵に付いてるボタン!
 
押すだけでドアロックが全部開いたり閉まったりするやつ!
 
踏んでるーーーっ!
 
もっかい押せよー!
 
って言っても琥珀は車ん中で『早く乗んなよ』って顔してるだけ。
 
なんて奇跡的な確率で押す奴!
 
漫画かっつーの。
 
家に電話をしたが合い鍵は発見できず。
 
仕方ない…保険屋に電話。
 
無料ロードサービスついた保険でよかった。
 
まさかお世話になる日が来るとは。
 
女性が電話に出た。
 
『そちらまで3〜40分かかりますが。エンジンかかってたり中に小さなお子様がいたりはしませんか?』
 
『犬が乗ってます』
 
『プッ』
 
プッってなんだよ、クソッ!
 
とりあえず連絡したので琥珀を車に残しドッグランのカフェでコーシーを飲んで待つことに。
 
ドッグカフェで犬も連れずにコーシーを飲むこの切なさ。
 
他の犬連れのお客さんも来てちょっと視線が痛い。
 
30分くらいして鍵屋登場。
 
窓は中が確認できないくらい琥珀の息で曇っている。
 
今どき車に鍵を閉じ込めるなんてそうそうないからな。
 
恥ずかしい。
 
しかしさすがに鍵屋、ものの1分で開錠。
 
ドアを開けるといつものエヘ顔の琥珀。
 
無事だったか。
 
夏場じゃなくてよかった。
 
散々走り回った挙げ句1時間近く閉じ込められて、帰ったらすぐぐったりの琥珀。
 
 
自分はその後家でコーシーを飲んで床屋のKちゃんへ。
 
相変わらずホントにヒゲを剃ったのかと疑わしくなるくらいのマイルド剃り体験をしてからコーシーを飲んで談笑。
 
いろんなとこでコーシー飲んだな。
 
それにしてもインキーがそんなに大事にならなくてよかったよ。
 
タダだったし。
 
ありがとう、保険屋さん。
 
しえしえ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

小鳥の生態

小鳥の生態

小鳥を飼うのは楽しい。
 
自分は小さい頃小鳥を飼っていたがその頃の記憶は全然ない。
 
なので小桜インコのみつばを飼いはじめたときは全くの初心者。
 
小鳥を飼うのがこんなに楽しいことだとは思わなかった。
 
よく鳥頭なんつって頭悪かったり物覚えが悪い例えになるじゃない。
 
主にニワトリなんだけど。
 
でも、実際飼ってみると鳥はそんなに頭が悪くない。
 
少なくともみつばは。
 
飼い主のひいき目かもしんないけど。
 
自分になついてくれるからね。
 
なによりいいのは、みつばはきちんと人を区別して、判断できる点。
 
動物を飼って一番つまらんのは飼い主にもそうでない人にも同じ反応をすること。
 
人当たりがいいのはいいことだが、やっぱり世話してる飼い主くらいはわかるようになってほしい。
 
みつばはその点で非常にオレンジによくなついてくれる。
 
ちゃんと餌をくれたり水浴びさせてくれる奴だと理解している。
 
本には鏡を入れると小鳥は鏡の中の相手に求愛したりすると書いてあったが、みつばは鏡の向こうの自分にそんなことはしないし。
 
意外と賢いのだ。
 
ケージを掃除するときはまずみつばを外に出す。
 
 
みつばはたいてい肩に留まるのでそのままケージを持って風呂へ。
 
じゃぶじゃぶと洗っている間はずっと肩か頭に留まってピチピチ鳴いていて。
 
掃除が終わってシャワーの方へ手を伸ばすとピチピチと手の先まで歩いて行って水浴び。
 
小屋掃除が終わるのをワクワク待ってる感じが可愛い。
 
それに飽きたら居間に戻ってチラシをちぎってオシャレ遊び。
 
 
それも飽きたら自分でケージに戻っていく。
 
偉い。
 
卵があるときは不機嫌で近寄れないけど。
 
手乗りになるとホントに可愛いよ。
 
是非みんなで飼おう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

透明人間

どうも。

先日嫁にゴミを捨ててもらったとき思わず『しえしえ』と言ったら『中国語やめろっつってんだろ、このボケナス野郎!』とブチ切れられてもう一切喋れなくなったオレンジです。

ところでこの前怪奇現象があったのよ。

職場のトイレでのことなんだけど。

職場の男子トイレは小便器2つ、洋式便器1つ。

んで小の方はよくある、前に立ったら水が流れてどけたらまた水が流れるセンサー付きのやつなんだけど。

いつものように小の方を使用しているとき。

トイレには自分だけ。

にも関わらずなんとなく人の気配が。

大の方はドアも開いて無人だし、狭いトイレだ。

人が隠れるところはどこにもない。

なのになんとなく一人じゃない気がする…。

と、その時なんと隣の小便器の水が突然、ジャーッと!

うおっ!

誰もいないのに!

ポルターガイスト?

透明人間?

怖っ!

慌ててトイレを飛び出し、ダッシュで帰りました。

職場のトイレには何かある…。

恐怖体験でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

聖者への道

聖者への道
昨年3月上旬に書いたファミコンネタ『ウルティマⅣ〜聖者への道』。

年明け、そのゲームを始めてみた。

サンサーラナーガと同じ神ゲーと言われるウルティマ。

一応おさらいで書くけど、ウルティマはパソコンの洋ゲーRPG。

そしてⅣの目的は悪者を倒すことでも姫様を助けることでもなく、アバタール(聖者)になること。

それには物語の中での行動でやさしさ、公平さ、勇敢さ、名誉、清らかさ、献身、誠実さ、謙虚さの8つの徳を極め、8つのルーンと8つの石を集め、8つの神殿で瞑想して3つの原理を解き明かすことが必要。

ラストハルマゲドンと同じ、フィールドは2D、ダンジョンは3D。

物語はかなり長め。

まずは8人の主人公の中から一人を決められ、他の仲間を探すとこから。

主人公は自分で決めれないけど占いの質問の答え方でだいたい誰でスタートするか決めることは可能。

自分は名誉の町トリンシックから騎士でスタート。

とにかくアバタールになるために善行を重ねなければ。

激烈意地悪なこのゲーム。

アバタールになるための障害がそこら中に転がっている。

例えば城には非常にわかりにくい隠し部屋があり。

それを奇跡的に発見して入ると宝箱があったりするのだが、城の物を盗むと名誉の徳が極端に下がるので結局開けるわけにいかない。

せっかく隠し部屋を見つけたのに意味ない。

それとか店で物を買おうとしたとき。

人参2G、10個買おうとすると。

店主、『私は目が見えないのでお金を手の上に乗せてください』と。

いくら払うかこっちに決める権利があったりするのだ。

もちろん1Gだけ払って大量に商品を貰ってくることもできるが、アバタールへの道は一気に遠ざかる。

逆に多く払うとやさしさ、献身は上がるが公平さは下がったり。

また、海賊に絡まれて金を出せと言われ。

勇敢さを示して戦うか、献身のためお金を渡すか。

死んだ男を案ずる女にやさしさを示し元気だったと言うか、名誉の為に真実を告げるか。

町中が選択肢。

本当に難しい。

これゲームをクリアーしたとき自分自身が聖者になってるんじゃないかとか思うもん。

普通城のもんだろうがなんだろうが宝箱があったら開けるのがRPGの常識だからなぁ。

自由度も非常に高く、スタート直後から世界中どこでも行けるし、町の人にいきなり攻撃をしかけることもできる。

けどやったらダメなことが多過ぎて、ある意味実際の生活によく似ているのだ。

ちなみに全ての徳を極め、アバタールに達するともう徳は下がらないのでやりたい放題。

盗みはするわ人を騙すわ店の物全部持ってくるわ虐殺はするわ。

それまで我慢して聖者を目指そう!

ゲームの進み具合は随時ブログに更新していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

打ち始め

年が明けて初めてゴルフの打ちっぱなしに行ってきた。

ゴリュプ部全員集合である。

1月の札幌は氷点下。

しかもこの日は全国ニュースでも度々話題になるほど札幌は暴風雪。

車で走ってても前が何も見えない。

気温マイナス10℃。

こんな日にゴルフって正気か!?

正気だ。

自分達が行ったのはまた屋内練習場。

まぁまぁあったか。

ちなみに週末だってのに他の客はゼロ。

前回練習したのがブログに書いてる12月19日の前…3週間くらい前になるか。

年明け初だったが、このゴルフ場狭いのでなんか調子いいように思えるんだよな。

ここで練習して久しぶりに広いとこ行ったらドライバー400Yくらい飛ぶようになってたとかそういうことないかな。

ないな。

浅はかなえむあーるさんとTKOは『お、俺うめぇ!俺天才!』と言いながら練習してたが。

最初に100切るのはこのオレンジ様なのに。

奴らめ『オレンジのズボン池田勇太みたいだな』って最初褒められてんのかと思ったらそれってダセェっていうことじゃん!

ギクシャクした雰囲気の中みんなで練習。

TKOも『この寂れた感じが最高だ!もうここに住み込むよ!』と大満足。

やっぱりみんなでゴルフは楽しいな。

早くコースに出たい!

春が楽しみだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

小林宏之獲得へ

タイガースの補強もいよいよ終盤。

ここにきて大物獲得の可能性がかなり大きくなってきた。

昨年からFA宣言済みのロッテ小林宏之。

本人はメジャー希望だが今のところメジャーチームからのオファーはなし。

国内でもタイガース以外に興味を示している球団はないようだ。

先発から抑えまでいける小林宏之。

タイガースはジャパンのクローザー藤川球児がいるのだが、中継ぎにしてしまうのも彼のプライドを傷つけることになるしもったいない。

わざわざ獲得するのであればおそらく先発。

日本一チームのクローザーなのになんとなく扱いの悪い小林宏之。

ここでタイガースが獲得して、見事に彼を蘇らせてほしい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

年賀状

信じられないことに、今年は3名の方から送られた年賀状に差出人の名前がなかった。

今までこんなことなかったのに今年は3通も。

ありえん。

嫌がらせか?

自分の名前って一番基本だと思うんだけど、よっぽど慌ててたのかな?

1通は写真付きだったからまぁ相手はわかったし。

もう1通は郵便番号だけ書いてあったからそこから推測できた。

あと1通、マジわからん。

心当たりある人。

これ見たら名乗り出てくださいよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

友達のブログ

自分の周りには何人かブロガーがいるのだが。

年末年始忙しいのか最近みんなパッタリと更新が止まってしまった。

まるでどんどん更新してる自分だけが暇人みたいじゃないか。

なんでもいいから書けよ、みんな!

手が空いたときチラッと携帯見て知り合いのブログが更新されてると嬉しいんだよ!

タレントのブログとかってなんか読んでてもつまんないんだよなぁ。

でも不思議と知り合いのブログってすげぇ寒い内容でも面白く感じるって言うか。

読みごたえがあるっていうか。

コメントしたくなるっていうか。

とりあえずなんか書いてくれ、みんな。

そしてまだ書いてない人、今年は書こう!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

ベキオナチ

タイガースはマルコス・ベキオナチ内野手と育成契約。

ベキオナッシでもベチオナッシでもなくベキオナチで登録の様子。

背番号は128、右投両打。

契約金600万、年俸400万。

同じくベネズエラ出身のザラテ投手と刺激しあいながら一軍を目指してほしい。

ちなみにタイガースで今一軍に在籍している外国人はマートン、ブラゼル、メッセンジャー、スタンリッジ。

そこにザラテ、ベキオナチが入ってくるようになればタイガースは最強の外国人チームになることだろう。

それから藪氏がタイガースの二軍投手コーチに就任しました。

タイガースのファームコーチは藪、八木、遠山など現役時代の人気だった選手達がズラリと揃う。

未来のスターをどんどん育てていってほしい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

ドキッ!女だらけの水泳大会

新年好(あけましておめでとう)!
 
これ言い忘れてたな。
 
せっかく中国語勉強してんのに。
 
そしてうらら年なのにうららの写真を付け忘れてた。
 
 
元旦の昼間、ほとんど寝てたけど少しだけテレビ見たんだ。
 
まぁどのチャンネルもたいていお笑い、漫才、バラエティー。
 
当たり前だな、正月なんだから。
 
しかしバラエティーも変わったな。
 
最近は雑学、教育系が多くてさ。
 
昔は元旦と言えばアイドルの水泳大会。
 
朝っぱらから生放送で水泳。
 
激流のウォータースライダーでポロリとかあったり。
 
プールでの騎馬戦でポロリとかあったり。
 
小学生の頃よく家族揃ってそんなん見てたな。
 
それから20年。
 
元旦のテレビも上品になったもんだ。
 
これから20年後の元旦はどんな番組やってるんだ?
 
もしかしてバラエティーやってないのか?
 
それともまた水泳大会に戻ってるのか?
 
20年後が楽しみですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

正月終了

今年の正月は寝正月だったな。

深夜に実家から帰ってきて、もう昼までグッスリ寝て。

起きておもち食べて年賀状書いて犬の散歩行って。

また寝て。

起きてお雑煮とおせち食べて犬の散歩行って風呂入って。

寝た。

そして今日からはまたいつもの慌ただしい日々が始まる、と。

今年は二日の朝から慌ただしくテンパったなぁ…。

職場はすでに『いつまで正月気分だ!?』みたいな雰囲気ビシビシ出てたからな。

こっちにしてみりゃあ『正月なんてあったのか?』的な感じなんだが。

そんで一番腹立つのが4日か5日くらいになると取引先が正月ボケした顔して『今年もよろしく〜』ってやってくるのね。

何がよろしくだって思うから一週間くらいは自分も仕事中機嫌が悪くなる。。

ただ今年はなんと元旦と二日が土日。

普通の仕事の人はモロ正月休みと重なって休み損してることになるな。

お気の毒に。

ニヤリ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

オレンジの新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
 
2010年は大変お世話になりました。
 
おかげさまで無事に1年間過ごすことができました。
 
2011年もよろしくお願いいたします。
 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »