« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月31日 (月)

精霊界

精霊界

土の精霊界。
 
2、3歩歩くごとに道が左右に別れる複雑な迷宮。
 
そのうえ鬼のような数のアースエレメンタル。
 
怖い!
 
 
水の精霊界。
 
上下左右から沸いて来るウォーターエレメンタル。
 
気持ち悪い!
 
そして長い!
 
 
風の精霊界。
 
広すぎてどこ行けばいいのか全然わからん!
 
風景も空ばっかりでどこ歩いてるかわかんないし!
 
 
火の精霊界。
 
入った瞬間から敵強っ!
 
ボーッとしてたら5秒くらいで全滅。
 
入口の門を背後にして攻撃を分散せず一匹ずつ集中、一匹倒したらすぐ門から逃げて回復&セーブの作戦。
 
フィールドの切替やセーブに時間がかかるゲームなので膨大な時間を要する作業になってしまったが、ここまで来たらやるしかない。
 
そしてこの火の精霊界の炎の城。
 
極限の難易度。
 
かつてここまで難しいダンジョンが存在しただろうか。
 
どこまで行っても敵・罠・仕掛。
 
70回くらいコンテニューした気がする。
 
ここにきて一気に難しくなってきたな。
 
クリアーが近い証拠か。
 
これがまだラストダンジョンじゃないってところが泣けるが。
 
頑張るよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月30日 (日)

鉄子

えむあーるさんから出張のお土産を貰った。
 
まめたい焼き『鉄子』。
 
 
可愛い〜!
 
鉄次という店の商品らしい。
 
 
『てつじ』って言ってる!
 
可愛い〜!
 
中身。
 
 
可愛い〜!
 
そして美味かった。
 
ありがとう、えむあーるさん。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月29日 (土)

日ハムよくやった

タイガースドラフト1位、慶大伊藤隼太選手おめでとう。

和田監督いわく『こちらが嬉しくなるくらい喜んでくれていた』とのことなので入団は間違いないでしょう。

現状来季外野全ポジション白紙ということで、是非開幕からレギュラーを目指して頑張って貰いたい。

また、2位、4位にも歳内、伊藤和雄といったハズレ1位クラスの選手を指名し、誰が新人王をとってもおかしくない。

よかったよかった。

さて、今回は盛り上がったね。

ドラフト。

なにしろ日ハムのKYな指名に尽きる。

原監督の甥で巨人と相思相愛と言われ、前日まで巨人の単独指名、入団確実と騒がれた菅野。

『ま〜た巨人の一本釣りかよ、つまんねぇ』みたいな雰囲気。

昨年の澤村、一昨年の長野に続く『巨人以外になったら入団しな〜い』宣言に他球団は怒り心頭。

せっかく逆指名がなくなってもこんなんじゃ意味ない。

なんて状態に喝を入れる日ハム。

純粋に一番いいと思う選手を取りに行った結果というが。

やってくれたね。

しかも抽選で勝つとこがすごい。

ウケる。

前日テレビでニコニコしながら『二人一緒に野球できればいい』と言っていた原の親父は『ドラフト1位指名するときは前もって両親に挨拶なりするもんだが、いきなり出てくるなんて許せん』とめちゃキレてたが。

ざまぁとしか言えませんな。

もう来季が楽しみ。

早く春にならないかな。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年10月28日 (金)

SUPER7と女孩

華流フリークのオレンジが送る華流(台流)ニュース。

あ、別にイタい人じゃないよ。

台湾で今月、台湾の少女時代という触れ込みでアイドルグループ『SUPER7』がデビューした。

平均年齢22歳の7人組。

台湾の少女時代というだけあって美脚をアピールしたメンバーなのだが、そこは全く同じだとパクリと言われてしまうので。

美脚に加え美乳という付加価値を付け、プロフィールに『全員Cカップ以上!』というアピールポイントを追加。

セクシーさで上回ろうという寸法だ。

セコい。

YouTubeでデビュー曲『マイラッシュ』のPVを見たが…。

う、うーん。

ファッション・曲共に少女時代に非常によく似ているのだが、全体的な質が少女時代に比べてかなり見劣りするのは気のせいか。

まぁ少女時代も最初の頃は垢抜けしなかったもんな。

SUPER7もだんだんよくなるのかね。

ただこのSUPER7、韓国での評判は最悪。

『似過ぎ』『パクリ』『清純さがない』など相当な批難が。

台湾びいきの自分としては整形してないだけいいじゃんと言いたいが。

それからもう一つ、話題のグループ。

こちらは中国の少女時代と言われる『女孩』。

女孩とはそのままアイドルグループという意味だが、こちらは少女時代と同じ9人組。

少女時代が日本でヒットする以前からパクリユニットとして活動していたらしいが今年発表した新曲『水果魔法棒』がヒット。

残念ながら写真と歌は見れたものの動画は見つからなかったので判断は難しいが、曲を聞く限りこっちはなかなかいいんじゃない?

これも韓国側からの批難はあったようだがまぁパクリなんて今に始まったことじゃないし。

韓国人は日本を日本人はアメリカをパクってここまでやってきたわけで。

そんな目くじら立てなくてもいいよね。

とりあえず新しい華流アイドルを発掘したいTKOあたりはこの2グループに今後注目していってみてはどうだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月27日 (木)

マイネん家

最近はよく琥珀を連れてマイネん家に遊びに行く。
 
マイネん家ってのはオレンジの実家のことね。
 
琥珀とマイネは仲良しだ。
 
 
正直最初は興奮して仲良くなんかできないんだろーなって思ってたんだけどね。
 
意外にも琥珀は犬に対しては大人。
 
 
一緒に水を飲んだり、おやつ食べたり。
 
 
タロがうちに来たときもあんまり興奮しなかったしね。
 
うららやみつばにも優しいし。
 
こんな感じなら多頭飼いも出来そうだなぁ。
 
いや、飼う予定はないけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月26日 (水)

来季の見通し

時期尚早ですが早速来季のオーダーを考えてみる。

捕:城島(回復なら)・藤井・小宮山
一:新井(残留なら)
ニ:平野
三:空き(城島コンバートで一なら新井)
遊:鳥谷(残留なら)・大和
左:聖域
中:俊介・柴田
右:3Aから新外国人バスケス獲得予定
先:能見・岩田・久保・メッセンジャー(・榎田)
中:渡辺・西村・福原(・榎田)
抑:藤川

マートン、ブラゼル、スタンリッジは退団の可能性大。

安藤・久保田・小林宏は今後の出来次第(解雇もあり)。

藤川のメジャー行きはなくなった模様。

ドラ1指名は慶大伊藤隼太、即戦力を期待されるので獲得すれば開幕から外野の一角に入る可能性あり。

また、一軍投手コーチに藪が昇格。

現段階では今年より戦力が落ちてるな…。

今後の補強に期待だな。

あと高浜みたいな若手の台頭を望む。

横浜モバゲーベイスターズ監督候補の新庄情報だが。

なんでも打率の高い奴を一番から順番に並べるとか、随時メールによるファン投票を行い人気の高い選手をスタメンにしていくような案を出しているらしい。

ムチャクチャだけどなんか面白そう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月25日 (火)

清潔マン

オレンジは清潔マンだ。

こまめな手洗い、うがいはもちろん毎日欠かさずに風呂に入り、疲れてどうしても入れない日は翌朝仕事前にシャワーを浴びることにしている。

服も1日着たらすぐ洗濯。

まぁ洗濯は嫁がしてるのだが。

そんなオレンジだが、最近足の裏にうおの目ができたのよ。

クソッ!

靴が悪いのか歩きすぎか。

そんでうおの目用の絆創膏を貼ってたんだけど。

うおの目用って高いからさ。

もったいなくて風呂入っても次の日新しいの使わないでそのまま付けてたんだよね。

濡れても剥がれなかったし。

そしたらうちの嫁が『汚ねっ!汚ねっ!不潔マン!!』って騒ぐわけよ。

いやいやいや。

確かに絆創膏は二日連続で貼ってはいるが。

ちゃんと風呂に入って全身清潔の清潔マンですよ。

右足の裏の絆創膏周辺だけ若干不潔ではあるけれども。

それで不潔マンは酷いだろう。

清潔マンがほぼ清潔マンくらいに格下げされるくらいなら話はわかるが。

どう思う?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月24日 (月)

まさかの新庄

横浜がなんか怪しい。

身売り先がモバゲーの会社に絞られてきたようだが、それが決定すると監督は新庄になるらしいのだ。

すでに新庄も承諾し、あとはオーナーが代わるのを待つばかりだという。

いやいやいや。

間違ってるって。

何をどうしたらそんなことになる?

オレンジは阪神ファンだがこれは違うというのはわかる。

監督の仕事は勝つこと、ファンサービスは球団の仕事。

新庄はどう考えてもファンサービスはできても勝つチームは作れまい。

だいたい本人、コーチも解説も経験ない。

野球はとてつもなく上手いが天才は指導者には向かないからね。

自分ができることが他人になぜできないのか理解できないから。

新庄を語るうえで欠かせない、芸術的な守備で見てみる。

ダイビングキャッチやジャンプなど派手な守備に目がいきがちだが本当に素晴らしいのはその守備範囲の広さ。

投手、打者、アウトカウント、ランナー、球場などあらゆる場面でその都度守備位置を変えるのは一流選手なら他にもやる奴はいるが。

新庄は投手が投げたコース、打者のスイングを見た瞬間コースを判断して走り出し、バットに当たった音で落下点がわかる(と本人が言っている)ほどの天才。

そんなの人に教えれるわけがない。

バッティングもコースを予測して打つタイプではなく来た球に対応して打つタイプ。

身体能力で野球をやってきた。

監督どころかコーチだって無理だろう。

唯一プラスになる点としては集客できるところかな。

球場にお客さんが来てグッズなんかが売れたら球団は潤うからね。

そうすると数年後にはお金が貯まって大型補強して強くなる可能性もまぁあるにはある。

結局生え抜きが育たない球団にはなってしまうだろうけど。

まぁどっちにしても新庄じゃ無理だ。

でも本当に監督になったら日ハム‐横浜戦札幌ドームに見に行って。

新庄グッズ買ってこよう。

あ、そうそう。

200投球回に0.2回足りず奪三振王に2個差で2位の能見(奪三振率は1位)。

本日最終戦に中1日で中継ぎ登板する予定。

注目!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

和田豊

真弓監督甲子園ラストゲームを見事な勝利で飾ったね。

藤川セーブ王おめでとう。

マートンは最多安打獲得、首位打者争いはいまだ決まらず最終戦のマートン次第だがちょっと厳しいかな。

新井兄は打点王確定。

能見は最後の登板で完投するも5奪三振、7差を逆転できず、奪三振王のタイトルをとれなかった。

でも素晴らしい成績だったね。

さて、ほぼ梨田に決まりかけていた来期のタイガースの監督が、一転して和田に絞られてきた。

おそらくこのブログで和田をイチ押ししたことが影響したと思われる。

自分は現役時代から和田のファンだ。

現役時代は主に1番バッターとしてチームを引っ張る存在。

三振が非常に少なく、また毎年規定打席に達し首位打者争いしていたにも関わらず本塁打は3シーズン連続0であったりとプレーに派手さはなかった。

守備はピカ一で、二塁手でのゴールデングラブ賞を何度も獲得。

現役最後の数年間はプレイングマネージャーとして選手と一軍打撃コーチを兼任したが、自分の練習時間が持てなくなった為に深夜一人でバッティングセンターに通っていたのは有名な話。

そんな職人気質なところが好きだ。

本人のブログ『虎の意地』も熱い。

本人の地味なイメージからは想像できない、ファン好みの内容。

『最近スタメンが増えてきた大和の応援歌が宇宙戦艦ヤマトって…(^-^;』みたいな楽しいノリ。

あまりの人気に書籍化もされている。

そんな和田次期監督だが、心配な点が一つ。

今季6をレフトで使い続けた真弓監督の迷采配を打撃コーチとしてずっとサポートしてきたことだ。

スポーツ新聞を見ると、毎月のように和田コーチの『カネの調子は上がってきている』というコメントが。

これはもしかしたら来年もレフトは聖域確定か。

そうだとすると来期もかなり厳しい戦いになることは間違いないが。

和田ブログに毎日書かれている言葉を信じて応援しよう。

『頑張るよ〓』

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

年金やばい

だんだん冬に近づいてきましたね。

去年の札幌の初雪は10月26日。

この前は最低気温3度を記録。

体調壊せって言ってるようなもんだ。

んで寒くなってきたところで暖房手当なんて出たりしたわけだが。

保険、年金、住民税もろもろが引かれていたわけ。

イー。

暖房手当って主に道内企業が善意で出してくれてるボーナスみたいなもんだろ。

そんなとこからも手取り減らされるわけ?

中でも多かったのが年金でさ。

それだけで2万近くも。

イー。

最近年金についていろいろ言われてるじゃない。

支給される年齢が68になるとか70になるとか。

70なんかになっちゃうと60で退職した後10年も収入無しだ。

60歳から貰うのと1300万円くらい差ができるらしい。

イー。

10年も収入ないとどうやって生きていけというのだ。

退職後に働かなければいけない人が圧倒的に多くなるから高齢者の職不足にもなるらしいし。

退職した後年金と退職金で豊かな老後を過ごすはずが、実際は退職金を切り崩しながらギリギリの生活を余儀なくされることになるじゃないか。

だいたい今はまぁまぁ業績のいい自分の会社も30年経ったらどうなるかわからん。

退職金がたくさん出るなんて保障もないし。

一応自分は定年前にはローンがなくなるよう組んではいるが。

その頃には家のあっちこっちが傷んで結局毎月お金がかかったりするかもしれない。

いや、年金は今の若い世代が今の高齢者を助ける為の制度で。

自分が貰う為の貯金として払ってるわけじゃないってことはわかってるよ。

そうは言っても『税金』じゃなくて『年金』って言葉を使ってるからにはやはり返ってくることを期待するだろう。

全部取り返す為には何歳まで生きればいいんだ?

クソッ今から金貯めてとりあえず70歳まで生活できるようにして。

絶対長生きしていつまでも貰い続けて回収しまくってやるぞ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

3匹

動物ネタが減ってきたなぁ。
 
とくに変わったことがないからね。
 
3匹は元気ですよ。
 
2歳半のゴールデンドゥードルの琥珀。
 
 
3歳半のネザーランドドワーフのうらら。
 
 
3歳の小桜インコのみつば。
 
 
明るい琥珀、琥珀大好きうらら、気分屋みつば。
 
微妙な関係の3匹。
 
3匹一緒だとテンション上がりすぎて写真が撮れないのが残念。
 
もうちょっと落ち着いて仲良くしてくれたらなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月20日 (木)

FA

鳥谷のFA権行使が有力になってきた。

横浜・中日あたりも欲しがっているようだが鳥谷自身はスター軍団ソフトバンクに惹かれているらしい。

これからはソフトバンクが一流選手達にとっての憧れであり、一つのステータスになるのだろうか。

かつての巨人のように。

なぜ鳥谷がタイガースを出る気になっているかというと、関西に馴染めないかららしい。

今更か。

まぁ確かに自分も今の会社に10年いていまだに馴染めないけどね。

サラリーマンもFAがあれば行使したいとこだ。

今オフの海外FAはどうなんだろ。

FAじゃなくても最近だと毎年のようにメジャーに行く奴がいるが。

今年行きそうな大物は岩隈、藤川、和田あたり?

杉内は来年だっけ?

あ、あとダルか。

みんな行ってもいいけど活躍してくれよなぁ。

日本のスーパースターがメジャーで活躍しなかったらカッコ悪いじゃん。

オールスターに出るくらいにはなってほしいよ。

ってかメジャーのオールスター日本人選手ばっかりになってほしい。

そうじゃなきゃ無駄にメジャーなんか行くのはやめようや。

スターは日本のプロ野球も盛り上げてくれ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水)

やっとここまできたよ

終わりの見えなかったマイト&マジック・デイオブザデストロイヤー。
 
たぶん自分がこれまでやってきたRPGの中で2番目に時間かかってる。
 
ちなみに1番はマイト&マジック1。
 
あまりにもクエストの数が多く、こなしてもこなしても全く進んでいる気がしなかったが。
 
なんだか終盤になってきた気がする。
 
無数のクエストの中にはストーリーに関わるクエストがこっそり隠されており。
 
それがじわじわと本当に上手に繋がっていき、気付けば新たな土地に踏み出している。
 
そのまどろっこしさはなんだか本当に冒険しているような気分。
 
パーティー全員のランクアップもして。
 
最近では海賊の艦隊に潜入捜査する予定が結局たった5人で滅ぼすことに。
 
気付けば死体の山。
 
 
だいたい巨大なドラゴン2匹も連れて潜入なんてできるわけもない。
 
そしてネクロマンサーのランクアップクエストを終えたらリッチにランクアップしたんだ。
 
そしたら人間じゃなくなってしまった。
 
左から二番目の奴ね。
 
ゲーム作った奴キャラクターに愛着を持たせようとか微塵も考えてないよね。
 
男も女も容赦なくガイコツになるからな。
 
ネクロマンサーを主人公でスタートした奴泣けるぞ。
 
いよいよ精霊界に入ってきた冒険者一行。
 
これから4つの精霊界でなんか鍵を見つけると、いよいよラストダンジョン(と思われる)レイベンショアの水晶の中に入れるらしい。
 
あ〜やっとここまで来た。
 
いわゆる『中ボス』というのが存在しなかったこのゲーム。
 
果たして最後のボスは登場するのだろうか。
 
どうやったら終わるんだ。
 
ラストが楽しみだ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

ディセント2

あまりの恐怖に失神・失禁の昨日から一夜明け。

いまだ放心状態の自分の手には一本のDVDが。

『ディセント2』

ヒィーーーッ!!

何故こんなところにディセント2がッッ!!

そうだった…どーせなら2本続けて観よっかなって1と2を借りたんだった。

うーんうーん、怖いよぅ。

でも観たい。

ムッ!?

なんと2は1と違う監督!!

マジか〜。

監督が違うと映画は全然違うからな。

だったら怖くないや。

ホラー映画百戦錬磨のオレンジ。

そうそうビビってたまるか。

観た。

………………。

なにコレ!?

めっちゃ怖い!

めっちゃ怖い!!

めっちゃ怖い!!!

めっちゃ怖い!!!!

ヤバくね!?

1に勝るとも劣らない恐怖。

イーッ!!

地底人どんだけいんだよ!

なんとか1人、洞窟から這い出してきたサラ。

一旦病院に入ったがショックの為一時的に記憶を失っていた。

すぐに他の女性達の捜索隊が組まれ、何が起きたか思い出させる為にサラも捜索隊に加えられることに。

あとはお馴染みの展開。

落盤で出口がわからなくなり、地底人に襲われるんだけど。

1にも増して地底人の登場が突然。

歩いてたら天井から急に降ってきたり、仲間のすぐ後ろに立ってて『後ろ後ろ!!』みたいになったりと。

1よりも王道のドッキリホラーだったな。

でもこれはマジこわ面白い。

後半では1で完全に死んだと思われたあの女も登場。
興奮の展開!

あまりに怖がらせようとするので急がなきゃいけないところでやたら人間チームが要領悪かったり。

鎖を切ればいいのに腕切っちゃうのかよ、みたいな。

なんにせよ怖い要素だらけ。

みんな絶対観て!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

ディセント

ホラーブログも人気が落ちてきたようだがホラーマニアとしてはやめるわけにはいかん。

『ディセント』

あのスティーブン・キングが絶賛。

『エイリアン』以来史上最高の恐怖と言われた映画である。

ホラー映画好きと言いつつも、オレンジは実はこのディセントを観たことがない。

こういうのをちゃんと観ておかないからB級マニアと呼ばれるんだろうな。

ホラー映画評論家としてはきちんと評価の高い映画も観ておくか。

とは言えこういう大袈裟な宣伝文句のある映画ほど案外たいしたことなかったりするもの。

百戦錬磨のオレンジ、史上最高の恐怖なんて言われたところでそうそうビビったりはしない。

と思って観たのだが。

………………。

なにコレ!?

めっちゃ怖い!

めっちゃ怖い!!

めっちゃ怖い!!!

めっちゃ怖い!!!!

ヤバくね!?

もう夜琥珀の散歩に行けねぇぞ!?

っていうくらい怖い!

これはもしかしたらオレンジの観た映画史上でも最大の恐怖かも知れん。

ホラー映画に出てくる恐怖の対象は様々。

宇宙人、幽霊、吸血鬼、怪獣、人間、その他。

しかしまさか地底人がここまで恐ろしいとは。

そう、ディセントは地底人の映画なのだ。

年に1度集まり、冒険旅行に出かける女性グループ。

ラフティングの帰り、迎えに来た夫、娘と一緒に車に乗り込んだサラだが、夫はなぜか運転に集中していない。

対向車線にはみ出した車は向かいから来た車と正面衝突。

サラが目を覚ますと夫と娘はすでに死んでいた。

失意のサラだが1年後、事故をふっ切るように再び冒険旅行に参加。

今年は洞窟探検に行くことに。

洞窟に入ったメンバー達はその美しさに感嘆の声を上げるが、次第に狭くなる洞窟に恐怖を感じるようになり。

若干ベタな流れだが狭い横穴を抜けたとき来た道が落盤。

入口は塞がり、奥に出口があることを信じて進まざるを得なくなる。

しかしその先に待っていたのは、醜く進化した人喰い地底人達だった…。

前半45分くらいは地底人なんか出てこないのだが、その時点ですでにかなり怖い。

特に入口が塞がってからはもう危険だらけでただの洞窟映画でもいいくらいだ。

それはまるで幼い頃にテレビにかじりついて見た『水曜スペシャル川口探検隊』のよう。

あ、川口探検隊見たくなってきた。

あれって再放送もされないしDVDも出ないから今や記憶の中にしか存在しない幻の番組だよな。

でも今見たら問題点ばっかりなんだろうな…。

『人類未踏の洞窟!!』って言いながら常にカメラマンは先回りして正面から録ってたし。

噂によるとある洞窟では入るところと出るところだけジャングルで撮影して中は国内のどっかの倉庫で撮影してたりしたらしいし。

1週間洞窟にいて命からがら這い出してきた川口隊長の服は綺麗に洗濯されてパリッとアイロンがかかっていたっていうのは有名な話。

まぁそれよりディセント。

後半には恐怖の地底人登場。

仲間割れや人間同士の汚い部分も露呈してきて、観終わった後は実に嫌な気分に。

しかし怖かった。

これ以上怖い映画はないな。

しばらくホラーはお休みしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

オールスターカーニバル

オールスターカーニバル

またしても仕事を午前でぶん投げて、今度は2年ぶりにディズニーオンアイスに行ってきた。
 
ディズニーオンアイスっていうのはディズニーキャラがスケートリンクでなんかするやつ。
 
2年前に行ったときの演目は『プリンセスドリーム』だったが今年は『オールスターカーニバル』。
 
オールスターである。
 
オールスターと言っても金本や新井は出てこない。
 
ディズニーのオールスターだ。
 
2年前に見たときはなんか結構感動したような気がしたけど。
 
正直その感動も忘れ、今回行く前はいい大人の見るもんでもあるまいという気持ちもあった。
 
『夢と魔法の世界なんてマイト&マジックで十分さ』
 
なんて思ってたんだが。
 
これが。
 
なかなかに素晴らしい。
 
 
ミッキーはすごいよな。
 
何て言うか、出てきただけで感動するようなオーラがある。
 
不思議なことに。
 
いい大人のディズニーファンが多いのもわかるよ。
 
さらに今回はオールスターと言うだけあって、総勢50以上のキャラクター達が次から次へと。
 
全然出し惜しみしてなくて豪華!
 
 
スケートも当たり前だけどみんなすごいよね。
 
北海道生まれの自分、一応は滑れるのでメンバーに加えてもらいたかったが。
 
どうやら無理だ。
 
オリンピックとか出てるような連中が引退してこういう劇団に入るんだろうな。
 
ディズニーのうえにスケート。
 
贅沢だ。
 
来年の公演もすでに決定しているらしく、再び『プリンセスドリーム』。
 
また行こうかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

仰望‐慶功典藏版

今月の中国語ジャーナル11月号、表紙と特集のインタビュー段文凝だから。
 
マジ可愛いからチェックしてみて。
 
んで、仰望ってのは仰ぎ望むって意味で、まぁそのままなんだけどさ。
 
中国語ではヤンワンって発音するんだ。
 
あぁ、中国語ですよ。
 
んでそれが何かって言うとね。
 
これね。
 
 
イィーーーッ!!
 
またネットショッピングで注文しちゃいました!!
 
楊丞琳の先月発売したニューアルバム『仰望‐慶功典藏版』!!
 
その慶功典藏版って意味はよくわかんないんだが…なんかDVD付きだから限定版的な意味に違いないと勝手に思って買った。
 
内容はオリジナル10曲プラスボーナストラックにJUJUの『S.H.E』をカバーした中国アジエンスCM曲の『重新認識我』が付いた全11曲。
 
重新認識我はたぶん『自分を見直してみる』的な意味だと思う。
 
とりあえず付属のDVDを観たが、いやぁ今回のレイニーは大人の色気が凄いね。
 
その辺がいまだバージン説のあるシンディとは対照的。
 
中には同性愛的ドラマ風に仕上げたPVもあって、非常に大胆なレイニーが見れてしまった。
 
肝心の曲ももちろんいい。
 
アルバムタイトル曲の仰望から始まり、とても聴き心地のいい11曲。
 
ってか1曲目の仰望めっちゃいいんだけど!
 
あとポストカードとか付いてた。
 
 
レイニーは一応日本デビューもしてるからネットショッピングが苦手なTKOあたりはコーチャンフォーとか行くと買える商品もあるから。
 
ただ日本版は日本の値段に合わせてるから高いし、限定品とかないからやっぱりレイニーのDVD付きとか欲しいTKOは頑張ってネットで買ったらいいと思う。
 
もっと言えばネットで買うより現地で買う方がさらに数百円安いからどうしても欲しいTKOは休みがとれたら台湾に行ってみるといい。
 
台北中心のCDショップや電気屋は破格だったからなぁ。
 
あ、中国本土はもっと安いからそっち行ったほうがいいかもね。
 
音楽的には申し分ない今回のアルバムなんだけど、唯一気になる点が。
 
鬼太郎カットにしたジャケットのレイニー、1mくらい離れて見るとIKKOに見えてしょうがないんだよね…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月14日 (金)

監督チェンジ

なんでも急遽の方針転換で来年も残留予定だった真弓監督解任説が有力になってきた。

シーズンを4位で終了し、かつ勝率が5割を切った場合ザックリ切り捨てるらしい。

残り11試合、借金2。

厳しい状況。

迷采配でファンの人気がガタ落ちになり、それを反映した形だ。

こりゃあ真弓も必死だな。

必死になったところでもう我々は次の監督候補に注目している。

現在候補に挙がっているのは四人。

梨田。

平田。

和田。

岡田。

田ばっかり田!!

そして4人のうち3人は85年の優勝メンバー。

まず梨田、現日ハム監督、唯一外様。

日ハム退団はすでに決定。

当初の予定では1年間ヘッドコーチをした後監督に就任する予定だったが。

急に1年繰り上がる可能性が出てきた。

次、平田。

前二軍監督。

監督経験者がいいとなると平田が有力だが、確か二軍監督を辞めたときは解雇だった気がする。

果たして球団に戻ってくるだろうか。

そして和田。

現一軍打撃コーチ。

自分は現役時代から八木と並んで和田が好きだ。

派手さはないがそこに逆にプロ意識を感じる。

頭もいいし、ブログの内容も真面目さの中にユーモアがあり面白い。

和田豊ブログ『虎の意地』はこちら。

http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=toranoiji3

最後に岡田。

前タイガース、現オリックス監督。

梨田がオリックスに行って岡田が戻ってくるなら歓迎だ。

タイガース監督時代の実績をオレンジは高く評価しているし、リリーフが主役の新しい野球『JFK』を作り上げた功績は素晴らしい。

そういうわけでオレンジ的には和田か岡田がいいかなぁ。

あと大穴でバースね。

今アメリカのどっかで議員かなんかやってるらしいが。

『日本デ監督ヤレルナラ議員ナンテイツデモ辞メチマウヨ!』

とか発言してるらしい。

思い切ってランディに頼んでみたらどうだ?

強いか弱いかはわからんけど面白いチームになりそうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

アコースティックライブ

ここ一ヶ月なかなかハードスケジュールが続いてて。

休めないわ深夜まで仕事だわ試験勉強はあるわラジオ出演はあるわ熊は出るわマイト&マジックはするわでもう。

正直身体が弱りきってる。

お腹の調子も悪い。

そんな中、今年もBONNIE PINKのライブに行く日がやってきた。

いやぁ、いい気分転換になるなぁ。

しかも今年はアコースティックライブ。

椅子に座ってゆっくり聴けるっていう。

お腹の調子が悪い自分、助かるなぁ。

毎年ボニーのライブに行くのは理由があって。

ボニーは自分が高校生の頃、その音楽に感動してから15〜6年。

いまだにずっと聴き続けてる、いわば青春時代を供にしてきたアーティスト。

そして自分と嫁は全然音楽の好みが合わないのだが、ボニーだけは好みが合ってて一緒に聴きに行けるアーティストなのだ。

仕事は昼でぶん投げ、会場『CUBEGARDEN』へ。

小さっ!!

マジ!?

会場には約200席。

こんな少人数初めてだ。

ほとんどシークレットライブだよ。

チケット発売日の朝職場を抜け出して買いに行ってよかった。

中程の席に座ったオレンジとオレンジ嫁。

ボニー登場でいよいよ開演。

『PERFECT SKY』『Ring a Bell』から始まり、お馴染みのヒット曲で2時間。

今年は新曲が少なかったので過去の名曲がメインだった。

アルバム『Golden Tears』あたりの曲が多かったかも。

バンドのメンバーも少なくてナナちゃんとかいなかったのでコーラスも無しっていう。

でもすごく良かった。

感動したわ。

恥ずかしいくらい近かったし。

やっぱりあの臨場感はいい。

来年また行こう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

残りの楽しみ

リーグ優勝どころかCS進出も怪しいタイガース。

3割確実の1、2、3番。

4、5、6番のAKB砲。

メジャー帰りのキャッチャーと才能溢れる若手が外野ポジションを争う下位打線。

そして谷間のないローテーション。

開幕当初は優勝間違いなしだと思ったんだが…。

今年も夢に終わったか。

まぁいいんだけどね。

なんかリーグ優勝逃しちゃうとCSとかどうでもよくなってくるし。

今シーズン残りの楽しみと言えば…。

まずは若手の育成。

CS進出の可能性ゼロの横浜と違いまだ可能性のあるタイガース。

こういう状態での若手育成は非常に経験になるはず。

今の経験を来年に是非活かしてほしい。

そして個人タイトル。

マートンの首位打者&最多安打&連続試合安打(現在1位)。

球児のセーブ王(1位)。

新井(兄)の打点王(2位)。

能見の奪三振王(1位)。

榎田の新人王は厳しいか…どうやら澤村だな。

一番の目玉はやっぱり絶好調マートンだろうな。

なんとか首位打者をとって、チヤホヤされて来年も球団に残ってほしい。

代わりに6あたりにメジャーに行ってもらって。

チームの成績はもうどうでもいいので。

みんな個人プレーで頑張って!

ところで下柳のブログの最新の記事に『まだまだユニフォームを脱ぐつもりはありません』と書いてあるんだよね。

オレンジ的にはタイガースでユニフォームを脱いでほしいのだが…。

マニアックな地方のプロチームとか行くんじゃないだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火)

さらば桜井

札幌が熊だらけで連日大騒ぎになっている中、阪神、桜井広大外野手がひっそりと引退。

濱中と同じく将来の4番候補として期待され、奇しくも同じ年齢、同じ時に引退。

キャンプ、二軍では圧倒的な打撃力を見せるも一軍では全く力を発揮することなく。

唯一ちょっと活躍した数年前のシーズン、これから桜井の時代かと思った矢先にウッズと激突。

負傷。

そこから持ち前のフルスイングにも支障が出始め、元々草野球レベルの守備だった為に使いどころがなくなり、引退することとなった。

才能あったのにな。

知らない人には『誰?アルフィー?』なんて言われたりしていたが、タイガースファンにとってはかなり大事件なんだよ。

球団に残るほど結果も残してないし、残念だけど引退後は地震予知の機械を作る会社でも始めるしかないのかな。

あと葛城、杉山、下柳、育成の田中あたりが戦力外。

田中って結構支配下に近いって言われてたんだけど育成選手ってやっぱ早い段階で結果を出さないと難しいのかね。

厳しい世界だな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

外様どころじゃない

地元高校野球チームを外様外様と言って盛り上がる青森県民が知人にいるのだが。

先日テレビで高校バスケの全国大会を見ていたらさ。

全国を勝ち上がってきたチームには必ず一人ないし二人の黒人選手がスタメンにいるんだよ。

しかもヒゲとか生えてる奴いたからな。

高校生か!?

どこのスポーツも似たようなもんだがベンチに何人も外人がいるバスケは野球以上に酷いと思う。

地区予選とかで優勝候補と当たって相手チームに黒人二人くらいいたら、きっとやる気無くすだろうな。

怖くて近づけねぇよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

熊マジやばい

『熊出没注意』なんて看板山奥で見かけるけどさ。

最近なら市内、中央区の電柱にまでかかってんのね。

この前昼に丸亀うどんでも食おうと車で走ってたら、あの辺めっちゃ凄い。

ちょうど前の日に熊が歩いてたあたりだからなぁ。

藻岩山とか滝野とか、水源池周辺に棲息してるらしくてさ。

夜、人影が少なくなってくると街中に出てくるみたい。

この前は真昼間から目撃されてたけど。

昨日夜中に琥珀の散歩してたらさ。

向こうからおばあちゃんが一人で歩いてきて。

腰にチリンチリンって鈴付けてんの。

マジでか!

このブログに冗談で書いたらほんとに付けてる!!

山奥じゃねーんだぞ!

すごいことになってきた。

新聞の一面が連日熊の話題になるくらいだし。

全国ニュースでも特集されてた。

これだけ興奮して書いても関東に住んでる人はきっと信じないだろうな。

今度見つけて写メ付けてやるかな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

冬の朝

いやぁ〜冬だ。

寒過ぎる。

札幌はこれから3月くらいまで半年近く冬。

長ぇ!

アラスカか!

吸血鬼が来るぞ!

冬で一番つらいのは朝ね。

寒いわ暗いわ。

うちは小桜インコのみつばみたいに寒さに弱い動物もいるから水道が凍るほど冷え込むなんてことはもちろんないようにしているのだが。

それでも寒い!!

とくに朝、琥珀をオシッコに出すときなんか最悪だ。

一人で外に行ってほしいくらいだ。

そして、明け方暗いのも辛い。

血圧がゾンビ並に低い自分、全然目が覚めない。

ちなみに体重もゾンビ並に軽い。

星野伸之(185センチ・65キロ)レベルだ。

たまに自分はゾンビなんじゃないかと思うもんな。

今んとこはたぶん人間だけど。

とにかく寒いのが苦手だ。

子供の頃は冬が好きだったのになぁ…。

秋はホラーを観て過ごしたけど今年の冬は何をして過ごそうか。

家から出たくないから、やっぱゲームかホラーかなぁ…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

熊やばい

最近うちの周辺や市内のあちこちで目撃されている熊だがとうとう街中にも出現。

円山公園、北海道神宮方面にも出てきたらしく、小学校は次々集団下校。

市内を銃を持ったハンター達が歩き回る姿は実に不気味で、さながらホラー映画のようだ。

今年は冬眠の為に溜め込むドングリが不作で街に食料を求めて下りてくるらしい。

全然捕まらないっていうしな。

熊に会ったらどうすりゃいいんだ?

死んだフリはダメだろう。

走って逃げるのもよろしくない。

『イー』とか言ってみるか?

意外といけるかもな。

でもほんとに会ったら困るから。

これからは街中でもチリンチリン言う鈴でも付けて歩こうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

実験室KRー13

最近ホラー映画の観すぎでなんだか疲労が蓄積している気がするな。

毎度毎度首がもげたり、包丁が刺さったり、身体が真っ二つに折れたり、丸焦げになったりする映像ばかり観るのは怖い、怖くないに関わらず精神的くるものがある。

さらには何も運動していないのに緊張して身体が固まっているせいか腹筋が痛い。

あんまり観てると将来的に欝だとか、なんらかの精神的病になりそうな気がするな。

または平気で人を殺せる殺人鬼になってしまうかもしれん。

ならないか…虫も殺せなくて嫁に頼りにならないと言われているオレンジさんだし。

さて、今回は『実験室KRー13』。

キューブやSAWに代表される密室系シチュエーションホラーだ。

アメリカCIAに依頼された民間企業が行う人体実験。

新薬などの開発時に行われる治験のアルバイト広告を見てやってきた見ず知らずの4人の男女。

白く無機質な部屋でペーパーの適性検査を行う。

医師と呼ばれる男は結果を確認するや即座に一人を射殺し、部屋を出ていく。

混乱する3人の元にさらに一枚の質問文書が。

『1〜33の数字の中で合衆国の国民が最も多く選ぶ数字を答えよ。一番遠かった者が次の犠牲者』

実はこの実験はアメリカ同時多発テロに対抗した、アメリカ軍側の自爆テロ要員を選ぶ為のものだった…。

これもまた実話を元に作られているというから驚きだ。

1960年代頃まで実際に行われており、一時中断されていたものの同時多発テロ以降再び再開されたと言われる殺人実験。

4つのフェーズからなり、周りの人間や国の為に死ねる人間かどうかを選別されるのがフェーズ1。

2以降はテロリストとして教育されていく内容のようだが映画はフェーズ1が舞台。

とりあえず最初の女が死んだシーンがショック大。

あまりにも突然だったんで。

以降は緊張の連続だが派手な演出は無く、じわじわ追い込まれるパターン。

やはり精神的に来る。

この映画、映画館で観た人の感想をネットで読んだが『字幕が全然読めない』という意見が多数。

ほとんど壁が白いシーンでそこにテロップが重なり、映画館で観るとほとんど字幕が見えなかったそうだ。

酷い。

死に様が割とあっさりな上に死ぬ人数も最初から3人と決まっている為若干物足りなさは感じるものの、なかなか緊張感はあったかな。

このタイプもちょっと飽きてきたな。

久しぶりに思いっきりグロいのでも借りて見ようかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

飽きてきた〜

いやぁ。
 
いやぁ〜。
 
恐れていた事態が。
 
まさかの。
 
飽きてきた〜。
 
マイト&マジックに。
 
もうどれくらいの時間やってきただろう。
 
別に行き詰まったわけではないんだ。
 
まだまだ行くとこはいくらでもあるし。
 
進めようと思えば進む状態。
 
でも飽きてきた〜。
 
とてもじゃないがクリアーまで続けられそうにない。
 
マジやばい。
 
マンネリを防ぐ為に新メンバーを入れてみる。
 
 
一番右のオッサン。
 
魅力ねぇ〜。
 
ますますやる気ダウン。
 
今更ながらまず主人公のチョイスを間違ったよね。
 
このゲーム中途半端キャラはアウトだ。
 
魔法か剣術かどっちかに秀でてないと戦力にならない。
 
とは言えまだまだ諦めるわけにはいかん。
 
もう物語は中盤に差し掛かっていると信じたい。
 
物語なんてないんだけど。
 
とにかくもう一頑張り。
 
なんとしてもクリアーしてやるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

30デイズ・ナイト

白夜という現象がある。

地軸の傾きの為、一ヶ月もの間太陽が沈まない状態の事だ。

そしてその逆が、極夜。

一ヶ月、太陽が昇らない。

アラスカ州バローでは翌日から30日間夜の続く極夜を迎えていた。

極夜になると空港は封鎖され、隣町まで100キロ以上あるバローは完全に孤立する。

町の住人の大多数は極夜の前に他の地へ移り、一ヶ月過ごすことに。

わずか数百人だけが残って孤立したバローで過ごす。

太陽が沈んだ初日、住人の貴重な労働力である犬達が全て惨殺されていた。

その後町は停電、電話も不通に。

保安官のエバンと妻ステラは調査に乗り出し発電所に向かうと、そこには殺された管理人の首が。

太陽の昇らない町は、光を嫌う吸血鬼達の最高の狩場になるのだった…。

映画『30デイズ・ナイト』。

ジョシュ・ハートネットはカッコイイね。

メジャーな俳優が出てるホラー映画より無名な奴が出てる方がリアルで好きなんだけどさ。

前半は結構間延びした、というかダラダラした展開で。

バローの状況とか、極夜を迎える人達の生活がメイン。

なかなかヴァンパイアが出て来ない。

1時間くらい観てから、やっと話は急展開。

最初の一人の死体が見つかってから死ぬわ死ぬわ。

そっから一ヶ月太陽が昇らないわけだから、もうやりたい放題ね。

逃げ惑う人達が面白いように捕まって、あっという間に残り数人。

になるわけだが。

30日間っていう期間が面白くもあり、また難しくもあり。

普通のドラキュラ映画みたいに夜明けを待っていればいいっていうわけでもないから逃げる方は絶望的な雰囲気になるんだけど。

30日を2時間にまとめてるから意外と屋根裏に隠れてるだけで1週間経ったりして、観てる側としては『なんでこんなのも見つけれないんだよ、無能なヴァンパイアどもだな』みたいな感じになる。

一般の、一晩を必死で乗り切るドラキュラ映画に比べてスピード感に欠けるような気が。

だいたいなんだかんだ言って屋根裏から出てった奴から殺されるんだよね。

そんで食われる側が大勢いたときはヴァンパイアの異常な強さが際立ってたんだけど。

残り数人のいわゆるメインキャラクターたちだけになってからは案外戦えたりして。

ヴァンパイアそのぐらいの実力なら最初何百人もいたときなんとかなったんじゃないかって思ったりした。

終わり方はちょっと予想に反した、と言うか。

意外な感じだったかな。

全体を通してまぁまぁだったね。

2も観てみるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

すっきり琥珀

すっきり琥珀

ドッグランで遊ぶ琥珀。
 
 
ぱっと見全然人がいないようだけどこの日は大型犬が結構来てたよ。
 
プードルの飼い主さんに『ゴールデンドゥードルみたいですね』って言われた。
 
みたいっていうかそうなんだけど。
 
どんな基準があるのか琥珀にも犬の好き嫌いがあるらしく。
 
犬によっては自分から近づいていったり一緒に走ったりするのだが。
 
別の犬は琥珀と遊びたいのかせっかく近づいて来てくれてるのに、吠えて追い返したりする。
 
オスメス関係ないようだ。
 
なんか生理的に嫌な奴とかいるのかな。
 
さて、久しぶりにシャンプー後、毛刈りをした琥珀。
 
 
プッ。
 
まるで別犬。
 
 
触り心地が良くなった。
 
冬は毛が長いと雪玉がひどいからなぁ。
 
これで冬支度は万全だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

メッツ五十嵐

ソフトバンク優勝おめでとうございます。

タイガースは来年の為に今から頑張ろう。

不人気球団が集客の為に旬を過ぎたビッグネームを集めるなら話はわかるが。

今季のようなふがいない采配、成績でも毎日お客さんがいっぱいになるタイガース。

なぜ今更の補強。

なぜ小林宏之の失敗で学習しないのか。

タイガース、メッツ五十嵐亮太獲得調査へ…。

外様外様とどっかの高校野球の田舎チームみたいに馬鹿にされ。

今やすっかり滅びゆく銀河系軍団。

生え抜きをきっちり育てて優勝へ突き進むヤクルトが羨ましい。

井川、川上、五十嵐。

三人揃った姿は滑稽以外の何物でもないぞ…。

でも、どうしても獲得するというのなら、井川でお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

札幌はとうとう最低気温一桁に。

去年は10月に雪降ったしなぁ。

寒いなぁ。

さて、この前車の1年点検に出したんだけど。

オイルだのなんだの、ちょこちょこかかって1万7千円。

車って金かかるよなぁ。

自分の車はそんなに大きい方ではないし、年間走行距離も5〜6000キロくらいなんだけど。

それでも金かかる。

車検が4万くらい、自動車税も4万くらい。

ガソリンが月に7〜8千円、年間で9万くらい。

保険が月に2千円くらい、年間で2万くらい。

その他ライトが切れただのタイヤが減っただのなんだのっていちいちかかって。

前なんかシートベルトの確認ランプってあるじゃない。

あんな別に切れてても問題ないようなやつが壊れて車検通らなくてさ。

直したら4万。

イーッって感じだ。

全然車にこだわりのない自分が、一体年間どんぐらい金かけてるんだ。

マジで自転車通勤しようかな。

でも自転車買ったところで車検や車税がなくなるわけじゃないし。

冬乗れないし。

人間だけなら公共交通機関でもいいんだけど犬もいるし。

やっぱ車必要だよなぁ。

軽自動車なら燃費いいし車税も安いから替えようかとも考えたけど。

中古で軽買おうと思ったら普通の車より高くない?

新車と全然変わんないの。

需要があると思って足元見てるよな。

クソッ。

でも金がかかる以外は今の車気に入ってるんだよね。

四駆だから冬埋まらないし、荷物いっぱい積めるし、天井高いから閉所が怖い自分も大丈夫だし。

北海道に住んでるからには車ないとダメかぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »