« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月31日 (木)

乗せない

オレンジの車はCD6枚入るCDチェンジャー。

たいてい6枚ともCーPOPが入っている。

現在のラインナップはこんな感じ。

①郭書瑤/honny
②王心凌/黏黏黏黏
③楊丞琳/仰望
④S.H.E/TOGETHER
⑤粱靜茹/心靜茹水
⑥許茹芸/如果雲知道

うむむ。

以前は6枚全て王心凌だったり王心凌3枚楊丞琳3枚だったりしたので現在はかならバラエティーに富んでいると言える。

とは言え改めて見ると我ながらなかなか気持ち悪いな。

女の子とか乗せるのはかなり勇気がいる。

しかも犬を乗せるので犬臭い。

きれいにはしてるつもりだが。

あまり人は乗せないようにしている。

えむあーるさんとかはCーPOPに理解があるし本人が臭いから気兼ねなく乗せれるのだが。

犬の臭いを紛らすために最近エアコンに付ける芳香剤を新しくしたんだけどなんかガムみたいな臭いがするんだよね。

これがまた失敗した。

夜仕事してるとたまに親しい女子高生に『オレンジさんまだ終わんないの?』と聞かれる。

タイミングが合えば家に送ってもらおうという寸法だ。

別に女子だろうと男子だろうと送るのは全然構わないのだが。

むしろ可愛い女の子なら歓迎なのだが。

エロければ超大歓迎なのだが。

なかなか女の子を乗せれる車内ではないのだ。

恥ずかしいのだ。

たいていは『まだかかる』とか『急いで帰らなければならない』とか『寄るところがある』とか『ガソリンがない』とか『自分は危険な男なので女の子と二人きりになると何するかわからない』と様々な事を言って断ることにしている。

冷たいと思われていることだろう。

しかし断りきれず女の子を乗せざるを得ない場合もあり。

上司とかに『こんな時間に一人で帰らせんのも危ないからオレンジ送ってやれ』なんて言われた時とか。

そんなときはやむを得ず乗せてやることになるのだが。

もちろん車内はCーPOP。

別に音を消してもいいんだけど。

悪いことしてるわけでもないのにコソコソと音を消すのもなんだろう。

むしろ親切で乗せているんだ。

何をかけようとこっちの勝手だし、キモがられる筋合いはない。

堂々と爆音でかけてやる。

『これ、誰の曲?』

聞くな。

『郭書瑤』

言ってもわからないが一応答える。

『…へぇ』

まぁだいたいそういう反応だよね。

どう思ってるかは知らないけど、送ってもらってるから悪くは言ってこない。

職場に戻ってから何言われてるかわかんないっていうのが嫌だが。

次回女の子乗せたとき用に1枚くらいダミーで流行りの邦楽を入れとこうかな。

100sとかね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月30日 (水)

2012開幕戦

みんなはゴルフって、劇的にうまくなることなんてないと思ってるでしょ。

確かに一般的にはそうかもしれないけどね。

例外はあるのさ。

満を持して行ってきました2012年開幕戦。

コースはオレンジの家から程近い9ホールのとこで。

急に思い立って父さんと二人で行ったんだけど、他に客はいなかった。

ここってほんと、近いし安いし空いてるから気軽に来れる。

行くぞって気負わなくても半日あればプラッと遊べる。

かと言ってガサいかと言えばそうでもなく、コースは長くないけど適度にアンジュレーションもあり戦略性十分。

肩慣らしや練習するには持ってこいだ。

そんなお気に入りのコースで今季初ラウンドのオレンジ。

ちなみに父さんは冬の間1度もクラブを振っていなかったらしいが。

1H551Y、記念すべき第1打。

緊張。

カキョーン!

ギャルギャルギャル!

ドシューン!

ボラボラボラボラボラーレヴィーア!!

行った〜!

1打目からこんないい当たりするなんて初めてかも。

続いて2打目、3打目とフェアウェイキープ。

4打目で残り約80Yをベタピン。

5打目で2mパターを沈め。

パー!!

551Yパー5をパパパパパパー!!

イー!!

どうなってんだオレンジ!

どんな秘密特訓をやってきたんだと聞かれたけど特に何も。

劇的に上手くなってる!

まぁそんなうまくいったのは最初のホールだけで。

あと他にパーとれたのは11番のショートホールだけだったし。

ちゃんとOBや空振りもあったし。

それでも1ラウンドで2回もパーがとれるなんて大した進歩。

しかも大叩きもなく気持ち良く最後まで回ることができた。

終わってみると大幅にスコアは縮み。

技術的には進歩のないオレンジがこんなにスコアが縮んだ理由は1つ。

メンタルの問題。

今まではオレンジもみんゴルのやり過ぎだったよ。

みんゴルだと例えば残り150Yのときってさ。

MAX150Yのクラブを使うじゃない。

160Y飛ぶクラブを使って150Yに調節すんのって難しいのよ。

常にピンを狙うしね。

だからオレンジも今まで残り150YのところMAX150Yのクラブを使ってたんだけど。

現実はそれではうまくいかなかった。

MAXパワーで打つとミスショット率が格段に上がり。

時に空振り、時にOB。

これじゃあ全然スコアは縮まず。

今回気にしたのは1つ番手を上げまして。

残り150Yのとこは160Yくらい飛ぶであろうクラブでゆとりを持って打つ。

そうするとどうだろう。

ミスショットしない!

フェアウェイキープ率が飛躍的にアップ。

あとこれまで攻めのゴルフをしてきたオレンジは木の間から旗をねらったりして強引に突破を謀ったりしていたのだが。

それもやめた。

1打捨てても林から抜ける方を選び。

守りのゴルフを心掛けたりしてみれば。

驚きのスコアに!

こ、こ、こんな簡単なことでこんなに縮むなんて!

さすがはメンタルのスポーツ。

全力でプレーしないのがコツだというのを知った。

楽にやりゃあいいんだ、楽に。

この調子なら次回はさらに縮みそうだ。

いよいよレベルアップしてきたオレンジ。

今年は相当な進歩が期待できそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月29日 (火)

妙齢

オレンジと同い年くらいの奴で、事あるごとに『もう年だから』と言う奴がいるんだ。

オレンジは『もう年だから』っていう言葉が嫌いだ。

いい年して自分が若いと思ってる奴も嫌いだが、年齢のせいにして何かと諦める奴が嫌いだ。

だいたい『もう年だから』には『恋愛しない』とか『オシャレしない』とか『新しいこと始めない』とか『若い奴には勝てない』とかネガティブな言葉が含まれる。

オレンジは何かと諦めは早い方だが年齢を理由にした諦めだけはしないようにしている。

年齢を理由に諦めてしまうと、一生諦める人生になると思わないか?

今より若返ることはないんだから。

例えば今30代半ばになって20代の頃は良かったって思うだろ。

でも50歳になったとき、きっと30代は若かったと思うわけで。

80歳になったら50歳に戻りたいと思うはずだ。

120歳になったとき80歳の頃はまだ元気があったからいろいろやっておけばよかったと思うかもしれない。

そう考えたら今よりいい時なんてこの先来ないじゃない。

10代、20代の頃はじっとして事態が好転するのを待てても。

30代になっていずれチャンスが来るなんて思ってたら日に日にチャンスがなくなっていくと思った方がいい。

前回書いた再就職にしてももうこの年になると迷ってる暇はないよな。

するかしないか火急の決断が迫られるよ。

しないけど。

女の子にいずれモテる日が来るなんて思っていても、今日よりモテる日はもう来ないんじゃないか?

年とってくんだから。

どんどんチャンスはなくなっていくんだ。

まぁ男は余裕と経済力を見せればもうちょっと年とってもモテる可能性もあるけど。

年とった年とったってあんまり言ってないでさ。

常に今が一番いい時だって思って、残りの人生後悔しないようにしようや。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012年5月27日 (日)

再就職

先日TKOに会ったのだが、無事に再就職していた。

『離職すると人生観変わるぜ!オススメだ!』と言われた。

人生観って言うか人生が変わっちまうが。

考えてみたら弓道部同期8人の中でもすでに4人は大学を出てから勤めた会社を一度以上辞めており、1人は就職すらしていない。

つまりはずっと同じ会社に勤めているのは8人中3人だ。

この就職難の中、大卒新入社員の3人に1人は就職した会社を辞めるなんて話を聞いたが実際そうなんだろうな。

しかしメンバーの中で30過ぎてから会社を辞めたのは3人。

勇気あるな。

業種の違いってのも大いにあるか。

オクスプリングさんやTKOは勤め先で手に職を付けて転職によってスキルアップしていける職業だ。

魔法使いが賢者になる感覚でこれまで身につけたものが生かされるのだろう。

しかしオレンジみたいな仕事は残念ながらなんの技術も資格も身についていない。

商人が魔法使いになる感覚か。

転職したら今までやってきたことが何も残ってないっていう。

TKOだったらすでにベギラマくらいまで覚えたからそろそろホイミやニフラムに手を出そうかという感じか?

オレンジだと転職した時点でメラから覚えなければ。

スタミナと多少の小銭が貯まっている程度。

最初から魔法使いにしとけばよかったと思うことになる。

なので今更会社は辞めれないよな。

商人でやっていくしかない。

だいたいローンという名の莫大な借金があるオレンジ。

次の職場で返せる補償なんかない。

しかもワイフもいるし。

仕事は一からやり直せたとしても人生的にマイナスからのスタートは厳しい。

まぁ今の仕事も辛いって言えば辛いけど楽しいって言えば楽しいし。

楽でいっぱいお金貰える仕事なんてないだろうし。

少なくともローンを返し終わるまでは、今の会社でのんびりやることにするよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月26日 (土)

魚が病気になったら

うちのベタのムンクちゃんは前から見るとこんな顔だ(O∩O)。
 
口が逆Uの字になってる。
 
そのムンちゃんなんだけど、先日急激に食欲が落ちまして。
 
幸い二日くらいしたら食欲は戻って今はすっかり元気になったんだけど。
 
 
魚が調子が悪くなったときの人間の無力さといったらもう。
 
どうしていいか全くわからず。
 
犬やうさぎや鳥なら病院に駆け込めるけど。
 
魚を診てくれる病院はちょっと心当たりがない。
 
本を見ると水を替えるとか、餌を替えるとか、感染を防ぐ為に他の魚と離すとか…全く根本の解決になってないな。
 
あとは薬液を水に入れるなんて言うが、なんの病気かもわからんのに素人が水に薬を入れるってのも難しいよ。
 
というわけで魚が病気になったときは諦めるしかないのか。
 
なんにもできないで死ぬのを待つのは寂しいけど。
 
ムンちゃんには元気で長生きしてほしい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月25日 (金)

ホスピス

若い研修医連中は調子に乗ってパーティーでバカ騒ぎ。

勢いで病院から持ってきたドラッグでハイになっていたところを輪に入れないウジ虫のような男ケニスに録画されてしまう。

焦ったメンバーはケニスを捕まえてドラッグとアルコールを無理矢理注入して病院の前に放置。

意識不明になったケニスは集中治療室に運ばれるが脳死と診断され、翌日には生命維持装置を外されることに。

ケニスにはそのまま死んでもらって事実を隠蔽しようとする研修医達だが、罪悪感に苛まれるキャサリン。

キャサリンは深夜病院に忍び込むと、いまだ研究の初期段階にある脳死の新薬を勝手に調合、ケニスに投与する。

薬は効果を現し脳波は反応を示すも意識は回復せず。

なんとケニスは意識不明のまま幽体離脱をして他人に取り憑き、研修医達に復讐していくのである。

映画『ホスピス』。

あくまでB級の域は出ないがもう一歩といったところ。

前半の研修医達のチャラい私生活部分が長すぎるため憑依されてからの本番に到達するまでにちょっと飽きる。

憑依が始まって殺人が行われても若干派手さに欠けるかな。

恐さもグロさも今一歩。

せいぜいグロかったのはじょうごで口から酸みたいなのを流しこんで脳が溶けるみたいなとこか。

映像はまぁまぁよかったよ。

おっぱいはちょっと出た。

ちなみにパッケージに描いてある看護婦のゾンビみたいなのは出なかったな。

怖さ☆☆
グロさ☆☆★
エロさ☆
面白さ☆☆★

くらいの感じか。

そろそろ当たりを見つけたいところだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月24日 (木)

タダより高いものはない

大通公園でさっぽろライラックまつりというのをやっておりまして。

初日のオープニングセレモニーとやらに行って参りました。

そんなどさんこワイドが好きそうなローカルイベントに興味はないわけだが。

お目当ては初日来場者に先着でライラックの苗木を無料プレゼント。

庭の木でも増やそうかと考えていたオレンジ。

ライラックの苗木なんて買うといい値段するし。

タダより安いものはないということで、オープニングセレモニーに参加することにした。

平日の午前中だ。

予想通り会場には苗木目当ての老人達が集まる。

老人の群れの中、オレンジも1時間前から列に並ぶ。

退屈だ〜。

さすがはプライドも世間体もない老人達。

平気で地面に座り込んだり、素知らぬ顔で割り込んだり。

ディズニーランドの行列とはまるで違うマナーの悪さ。

そんな嫌な列の中、1時間待ってみる。

タダだから我慢我慢。

いよいよ開幕。

でもすぐ貰えないんだよね。

スポンサーの銀行の合唱サークルの合唱からスタート。

合唱サークルって。

素人の発表会かよ。

タダだから我慢我慢。

それから自衛隊の演奏だの偉い人達による挨拶だの植樹だのやったりして。

ライラック大使みたいな女の子とか出たりして。

もういいから早く苗木よこせ。

いや、タダだから我慢我慢。

そんな感じで老人達に囲まれ辛い時間を過ごした後にようやく苗木プレゼント。

10人くらいで配ってたから大使の女の子から貰おうと思ったが、オレンジの目の前に札幌市の副市長がいたので。

せっかくだから副市長から苗木を受けとった。

タダだと思っていたが辛い時間を1時間半以上過ごした。

その見返りがこの苗木と考えるとアルバイト代的にも思えてくる。

結局タダで貰うにはなんらかの代償か努力が必要ってことね。

勉強になりました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

スカイツリー開業

スカイツリーが開業したようだね。

だからなんだということはないんだが。

オープンに合わせて入場制限もあり、凄い人が予約していたみたいだけど。

なんと初日、東京は雨で展望台からはなにも見えないと。

チョーウケる。

そういう他人の不運が大好きだ。

さて、スカイツリーは日本で最も高い建築物であり、また世界4位の高さであることは間違いないのだが。

あくまで電波塔である。

ビルではない。

ってか日本には高いビルがない。

日本で最も高いビルは296mの横浜ランドマークタワー。

296m!

低っ!

アジアの主要都市には400m超のビルが乱立し、香港や上海に転勤していた人が東京に帰ってくると田舎に来たようだと言う。

しかも低いビルが平面で広範囲に広がっている様は景観的にも美しくないとされる。

なぜ日本には超高層ビルがないのか。

建築基準法?

よくわかんないけどそんな高さになったらあんまり関係なくない?

地震大国だから?

しかし日本以上に地震大国と言われる台湾にも台北101(508m)や高雄85ビル(378m)など超高層ビルが立ち並ぶ。

技術がないから?

いや、日本の建築技術は世界最高レベル。

上海の上海環球金融中心(492m)などは日本の六本木ヒルズ森タワー(270m)とほぼ同じ敷地面積で、日本の森ビルが建築している。

他にもアジアの超高層ビルは日本の企業が建築しているものが多いわけで技術的に十分可能なわけだ。

だから日本にも超高層ビルをどんどん建てるべきだよな。

北海道とか土地がいくらでもあるんだからさ。

どんどん超高層ビルを建ててドバイのように海外の企業を呼んで。

経済でも観光でも産業を活性化していけばいいのにね。

さて、ここから先は自慢と悪口を書くので。

皆さんは読まなくていいですからね。

自己満足の領域に入るから。

読んだら気分悪くなるし、オレンジの性格も疑われるので。

読まないでよ。

読んだ後のクレームには一切お応えできませんので。

スカイツリー完成に先駆けてオレンジは3ヶ月前に上海環球金融中心の展望台に行ってきた。

展望台の高さはスカイツリーを越える世界一。

東京と違い景観が世界に認められる上海の景色を世界一の高さから眺める。

なんたる贅沢。

そしてそこより高さも低く景観も美しくないスカイツリーに群がる人々を嘲笑うかのように視界を奪う悪天候。

その様子を見れるのはさらなる贅沢。

いやいや。

申し訳ないけどこんな優越感は久しぶりに味わったな。

この気持ちだけで上海行ってよかったと思ったよ。

あ〜気分いい。

ね、ムカついたでしょ。

だから読むなって言ったのに。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2012年5月22日 (火)

うららラン

うららラン

いつもの琥珀ランで遊んだ後は。
 
 
うららラン!!
 
うらら初の庭デビュー!
 
最近アメーバで札幌うさオフ会のぐるっぽが立ち上がっていてね。
 
参加してみたい気持ちはあるんだけど、室内育ちのうらら。
 
まず外に出たことがない。
 
それで最近リードつけたり庭に出したり練習中なのよ。
 
 
最初おっかなびっくりだったけどだんだんと穴を掘ったり葉っぱを食べたり。
 
犬とか鳥には慣れてるんだけどうさぎには会ったことがないからね。
 
仲良くできればいいけど。
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

世紀の天体ショー

今日は25年ぶりに日本から金環日食が見られる日。

見られるのは九州から関東にかけてということで、大盛り上がりだ。

残念ながら北海道からは金環は見られず、ただの部分食という形になる。

なのでそんなに珍しくもないのだが、メディアの影響で一緒になって盛り上がっている。

それでも最大食時はかなり欠けて見えるしね。

北海道で金環日食が見えたのは1948年5月9日の礼文島。

もちろん生まれる前のこと。

部分食は自分も過去に見た記憶があるが。

もっと昔の人達は太陽が欠けていく様を見て世界の終わりと思ったなんて話もあるけどどうだかね。

とりあえず金環が見れない北海道民としては盛り上がっている東京の空をその時間分厚い雨雲が覆ってくれるのを願うことにしよう。

そして次回北海道で金環日食が見られる2030年6月1日を楽しみにしよう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年5月20日 (日)

芸術の春

冬の間北海道ってあんまり出掛けられないからさ。
 
雪が解けたらとにかく行きたいとこがいっぱいあって、春になったら休みの度にお出かけ。
 
全然休まる日がないなぁ。
 
なんて思いながらまたお出かけしてしまった。
 
今回は芸術の森美術館へ。
 
 
アニメーション作家のフレデリック・バック展やってるんで。
 
別に特別芸術に興味があるわけではない。
 
芸術の森なんか来たことも人生で3〜4回くらいしかないし。
 
そしてフレデリック・バックのファンでもない。
 
ってかその人を知らないんだけど。
 
なんだか芸術に触れてみたくなることってあるのさ。
 
ってか嫁が見たいっていうからついていっただけだけど。
 
まぁとは言えオレンジは絵が好きだ。
 
こう見えて子供の頃絵画教室に通っていたので描くのも見るのも好きで。
 
『美の巨人たち』とか『絵画警察』もよく見てるのさ。
 
んでひょこひょこ行ってきたよ。
 
たまにこういう芸術を観賞して人間成長しないとな。
 
見たけどね。
 
いやよかったわ。
 
作品数がまず多くて、じっくり見てたらかなり時間かかったけど。
 
1000点以上って言ってたもんな。
 
そんでリアリティがあってわかりやすい絵ばっかりだったから凡人のオレンジでも楽しめる感じ。
 
なんかよく天才の描く絵って天才にしか理解できないようなの多いけど。
 
ウルトラQのオープニングみたいな?
 
っていう表現でわかる人はすごい。
 
まぁそういうのじゃなくてよかった。
 
芸術はいいな。
 
絵が上手い人はうらやましい。
 
自分が描いたものが後世に残っていくなんて最高だ。
 
オレンジも会社を辞めて画家になりたくなった。
 
辞めないけど。
 
まだ1週間くらいやってるから興味ある人は行ってみて。
 
気持ちが安らぐ、というか目の保養になるよ。
 
6月はトリックアートの巨匠福田繁雄展らしい。
 
これも行ってみようかな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

4番金本

交流戦2連敗スタート。

いや忘れていたよ。

タイガースは交流戦にめっぽう弱いんだった。

過去の交流戦は全て下位に沈み。

まぁいっつもパ・リーグが上位を占めるっていうのもあるんだけど。

そんなこと言ってられないよな。

今年こそ頑張ってもらわないと。

まず日ハムと当たったのがついてない。

日ハム強いもの。

そして職場のミーハー日ハムファンのババァ達の話し声が聞こえるわけだ。

『阪神のファンは怖いよね』

『そうそう、試合見に行ったとき日ハム応援してたらすごい睨まれたもの』

クソッ偏見だ!

しかも負けて悔しい!!

次は楽天だからここは確実に勝っておきたい。

そして金本が4番を打ってる時点で終了なんだよな。

新井ももう完全にアウトだし。

この際ブラゼルでいんじゃね?

それか勝負強い鳥谷。

あとは若手を並べてさ。

なんていろいろ言うんだけど結局聖域オーダーで決まりなんだよね。

とりあえずなんでもいいから打ってくれ。

なんとか勝とう、タイガース!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月17日 (木)

エンジェルウォーズ

AV女優が主演するB級セクシーシネマみたいなタイトルだけど違うよ。

原題は『サッカー・パンチ』って映画で日本名が『エンジェルウォーズ』。

昨年のアメリカ映画で、人生や場面が様々なシチュエーションで交錯するいわゆるオリエンタル作品だ。

まぁセーラー服やミニスカの美少女達がSF世界で日本刀やマシンガンを振り回し巨大鎧武者やゾンビやドラゴンと戦うような感じなので、オタク向けセクシー映画と受け取られても仕方ないんだが。

物語の大半がセクシー美少女の空想になっているという、作った奴が何考えてるかわからないちょっとぶっ飛んだ内容なのだが、そこはあの『300』のザックスナイダー監督。

見事な演出でかなり見応えある仕上がりに。

監禁された暗い現実世界から逃避する為空想するベイビー・ドール。

スィートピー、ロケット、アンバー、ブロンディの4人のセクシーな仲間と共に空想世界を激しいアクションで切り抜けていくわけだが。

空想は現実とシンクロし、二重、三重と重なっていく。

もう空想だからなんでもありなんだよね。

なんでもありだから迫力もあり。

また現実とシンクロしている為、空想とは言え落ち着いて観てもいられないっていう。

そして5人の若手女優のアクションも見物。

とくに主役のエミリー・ブラウニングのアクションは男顔負け。

なんだか他の出演作はエロティックドラマとかそんな感じらしいんだけど、そんなんやらせとくのはもったいないくらい。

他のメンバーも無名ながらみんなよかったな。

ちなみにオッパイは出ないのでそういうの期待してる人はがっかりするよ。

以前紹介した『死霊のはらわた』は出るからオッパイ見たい人はそっちを観てください。

グロ過ぎてオッパイどころじゃないけどね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年5月16日 (水)

とうとう巨人の借金が無くなってしまった。

予定通り横浜と広島が脱落して、いよいよ本番って感じか。

さて、今回は弓道部として思うことなんだが。

日本は銃を持つことは禁止されているが弓を持つことは禁止されていない。

実際元弓道部のオレンジの部屋には巨大な弓がある。

弓だって危険度から言えば銃と全然変わらないのに。

殺傷力は十分。

暴発すれば本人もただじゃあ済まない。

現役なら2〜30m先の人間に当てるのなんてわけない。

しかも部屋にあると時々無性に撃ってみたくなる。

危険だ。

いつかこれで犯罪を犯す日がくるかもしれないな。

早く取り締まった方がいいぞ。

いや、オレンジをじゃなくて弓を所持することをね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

生命保険

先日5年ぶりくらいに知り合いの女から電話がかかってきた。

あんまり突然だったんで、何事かと思ったら。

『生命保険入らない?』って言われた…。

これは軽く殺意が芽生えるよな。

藁にもすがる営業かよ。

保険の外交員やってるのか…保険の勧誘って、どうしてこうなりふり構わないところがあるんだろう。

だから妙に堅気じゃないっていうか、ヤクザな仕事のイメージがある。

保険会社って商品が物じゃなくてサービスだっていうのもあるけどさ。

もちろんCMにタレントなんか使う一流企業も多いしそういうとこはちゃんとしてんのかも知れないけど。

一流企業に見える企業でも職場にうっとうしい外交員とか来たりするよな。

とりあえず友達とかしばらく連絡とってなかった人に商売を持ち掛けるような奴は最低だ。

仲良い奴にちょっと頼み事するとかそんなんなら話はわかるけどさ。

人間性がでるわ。

もともとたいして印象がよかった女じゃないけど。

もう一生連絡とらないわ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

ガーディアの宝珠しぇんざぁい

ウィズ7『ガーディアの宝珠』をやっている。
 
相変わらず字が小さくて。
 
゛と゜の区別がつかないからウェザーって名前にしようとしたらウェサ゜ーになってたことにスタートしてから気付いて切ったもんな。
 
ウィズってだいたいどのゲームもキャラクターメイキングが面白さの半分くらいを占めてるんだけど。
 
『ガーディア』に関してはキャラクターメイキングがゲーム全体の面白さの90%くらいで。
 
ゲームが始まっちゃったらほとんど面白くなくなるっていう。
 
それでも残りの10%を楽しむ為に続ける。
 
ってか最近気付いたんだがこのゲームってウィザードリィなのか?
 
ウィザードリィってダンジョンRPGなのになんで地上ばっかり歩く?
 
魔法もウィズシリーズは統一されてて『マダルト』や『ポーフィック』『ロミルワ』などやっている人はすぐわかるお馴染みのものなのだが。
 
ガーディアの宝珠だけ『ディテクトシークレット』とか『ホイッピングロック』『イッチング・スキン』みたいにシリーズに一切関係ない名前。
 
種族もフェアリーやリザードマンなどこの作品にしかないものが揃う。
 
なによりタイトル画面。
 
 
『クルセイダーズオブザダークサヴァント・ガーディアの宝珠』。
 
ウィザードリィって一文字も出てねぇじゃん!
 
ディスクのパッケージに『ウィザードリィ7』って書いてある以外ウィザードリィ要素なし!
 
明らかに別物。
 
これはもしや…ウィズじゃなかったゲームを無理矢理ウィズシリーズとして売り出したパターンか?
 
日本人がやったのかアメリカ人がやったのかは知らないが…。
 
ウィズをやりたかった人にしてみたら詐欺と言われても仕方ない内容。
 
オレンジ的にはマイトに近いから嫌いじゃないが。
 
パーティーはムーク(毛に覆われた宇宙人)の侍、ラウルフ(半人半犬)のモンク、フェルプール(半人半猫)の忍者、ドラコン(半人半竜)のヴァルキリー、ノームの僧侶、エルフの魔法使いとかなり攻撃的なメンバー。
 
わけのわからん種族ばっかりだろう?
 
ウィズっぽくないだろう?
 
体力バカを四人も配置してとにかく戦闘を勝ち抜いていく。
 
盗賊も入れず鍵開けや隠れアイテムは後回し(諦め)。
 
忍者に最低限の仕事をさせてそれで罠にかかったら体力でカバー。
 
超能力者とかもパーティーにいないので外交もうまくいかないけど別にいい。
 
どこの部族とも仲良くなんかせずに全て滅ぼしていこう。
 
こんな調子でやっております。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

ムンク

うちのベタのムンクちゃん。
 
いつも一匹で優雅に泳ぐ。
 
 
餌の瓶を出すと雰囲気でわかるらしくテンションが上がる。
 
目とかどこまで見えてるんだろうな。
 
縄張り意識が強く他のベタを入れると喧嘩するため多頭飼いができないというが。
 
喧嘩するときは鰭をぶわ〜っと広げて威嚇するんだよね。
 
ネットの話では時々広げないと鰭が劣化して広がらなくなったり小さくなったりするってんで。
 
たまに興奮させて広げた方がいいらしい。
 
外から鏡なんか見せると威嚇して膨らむ。
 
 
興奮して動き回るから写真ではわかりずらいけど顎の下とか広がってます。
 
 
鏡を使わなくても青いボールペンでいけることが判明。
 
指とか黄色い花では反応なし。
 
嫁のピンクの携帯には興奮。
 
お菓子の袋の青い部分にも興奮。
 
銀の部分には反応なし。
 
どうやら赤や青といった派手な原色を敵と認識するらしい。
 
ベタの多頭飼いはできないけど他の魚との混泳はできるっていうしね。
 
でも他の魚はラフなベタ飼育環境では生きていけないから結局一匹飼いになってしまうんだけど。
 
魚類も飼ってみると可愛いもんだな。
 
手軽だし、いっぱい飼って家ん中ベタだらけにしようかな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年5月12日 (土)

郭書瑤と陳小予

相変わらずCーPOPを聞いてるんだけど。

最近郭書瑤(グオシューヤオ)にハマっててさ。

郭書瑤ってのは前にも書いたけど宅男殺手(オタクキラー)って言われる台湾の童顔巨乳セクシーアイドルなんだけど。

セクシーアイドルって言ってもエロい目で見てハマってるんじゃなくてね。

曲がよくてハマってるのさ。

上海で買ったCDなんだけど、正直最初はこういう見た目で売るアイドルは歌なんかたいしたことないだろうと思ってたんだ。

でも聞いてるうちに超いいことに気付いてさ。

聞きまくってるのさ。

それでネットで他のCDとか買えないかなって検索してるんだけど。

郭書瑤って全然日本で流通してなくて、通販サイトでもなかなか見つからないんだよな。

んなもんだからどっかで手に入らないかとネットをうろうろしているのだが。

なにしろセクシーアイドル。

エロい画像ばっかりぶつかっちゃって音楽系になかなかヒットしない。

そんな中、ネットでやたら人気があるらしい台湾ネットアイドルに出会った。

陳小予。

チンコヨ?

チンシャオユって読むのか。

このチンコヨちゃん(20)がネットアイドルマニアの間で非常に人気を博しているらしく。

タレントではなく素人さんなのにここ2〜3年台湾のネットアイドル界のトップに君臨しているという。

う〜む。

普通に可愛いけど。

そこまで人気出るほどか?

ブログの内容が面白いんだろうか。

読んだけど中国語なもんだから翻訳するだけで時間がかかる。

水着や下着姿もアップしてるちょいエロブロガーだから人気あるんだろうか。

ちょっと段文凝に似てる台湾独特の可愛さというか。

たぶん日本人と同じ人種でありながら中国語の発音のせいで口元が独特の形になっているんだろう。

まぁそれはいいけど郭書瑤ね。

中国で買ったとき他にもアルバム出てたんだよな。

やっぱ中国行って買わなきゃダメか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

死霊のはらわた

井川は全くブランクを感じさせない良い球投げてたね。

往年のピッチングが思い出されたな。

味方のザルな守備で0−1で負け投手になっちゃったけど。

あれなら相当勝てそう。

今後期待できる投球だった。

さて、オレンジはホラー映画が好きだ。

大好きだ。

周囲の人達にホラー映画の素晴らしさをわかってもらいたく、職場でも日々ホラー映画について熱く語っているのだが。

一向に伝わらない。

むしろホラー映画を見るような目でオレンジが見られる。

なぜホラー映画の素晴らしさがわかってもらえないのか。

切株派の人間というのは孤独なものということはわかっているつもりだが。

それでも名作ホラーを観てないのはもったいないと思うし、みんなとあのホラーを観た後のほろ苦い気持ちを共感したい。

オレンジのホラー映画に対する情熱が足りないのか。

と考えて、今回はオレンジも原点に立ち返る、というか勉強し直す意味も込めて王道の名作を観ることにした。

『死霊のはらわた』

ホラーの巨匠サム・ライミ監督が若干19歳にして初の監督をした作品が原作。

低予算で作ったものを自ら他の作品で得た興行収入でリメイクしたものというから、監督のこの映画にかける想いが伝わる。

観た。

5人の若者が山中のコテージへキャンプにやってきた。

地下室にあったテープレコーダーを再生してしまったことで呪いの呪文が発せられ、メンバーは次々とゾンビ化。

残されたメンバーは果たして無事に山を下りることができるのか…。

みたいな。

いやぁ。

これは後悔した。

観なければよかった…。

とりあえずグロ汚い。

CGとか使わない時代の古い映画なもんだから映像も粗いんだけど。

グロくて汚いんだ。

サム・ライミ監督独特のゲロとか血しぶきが顔にビシャビシャかかる演出も、とにかく汚いし。

腕や指を斧で切断するシーンなんかもソフトな表現じゃなくザックリいっちゃう。

かなりキツイ。

王道とは言えやはり昔の映画はいろんな意味で見るに堪えないところがあるな。

ちょっと懲りた。

なるべく新しい映画を観よう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月10日 (木)

オーブ

GWに実家の両親と姉が東北に旅行に行ってて。

その間うちでマイネを預かってたんだけど。

帰ってきたから旅行の写真を見せてもらったんだ。

デジカメで100枚くらい撮ってあったんだけど、その中のある旅館の部屋で撮った写真数枚にさ。

おびただしい数のオーブ(光球)が!

ちょっちょっちょっちょっちょっとって親に聞いたんだけど、『やっぱ気付いた?』みたいな反応。

ちなみにオーブを知らない人の為に書くとオーブとは代表的な心霊現象で。

自殺の名所や墓地なんかで写真を撮るとよく写ると言われてるよね。

部屋の写真はどのアングルのものもオーブだらけだが部屋以外の写真にはなし。

驚いたのは他にも3枚くらい部屋で撮ったらしいがあまりにもすごい数のオーブで消してしまったと。

残っているのはマシな方だという。

おかしいと思って旅館の外やロビーで撮ってみたが特に何も写っておらず。

部屋に戻って撮るとまた大量のオーブが写るっていう。

オレンジがその場にいたら間違いなくフロントで訴えて部屋を替えてもらうとこだがそこはあんまり気にしないうちの家族。

疲れていたしすぐ寝てしまったという。

写真を見る限り20人くらいはその部屋で死んでると思うんだけどなぁ。

それか霊のたまり場になっていたか。

どっちにしても額縁や掛け軸の裏にお札とか貼りまくってるような部屋だったんじゃね?

その後なんにもないっていうから憑いてきてはないと思うけど。

ちょっとは気にしろっつーの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

見られる仕事

先日、職場でいきなりミニスカート履いた20代くらいのギャルに声をかけられた。

『あの、すいません』

『どうされましたか』

ギャルにはスカして対応するオレンジ。

『いつもあのあたりで仕事してる男の人、彼女とかいるんですか?』

は?

何言ってんだ、この女。

どうやらうちの職場の男性従業員が気になるらしい。

女が言っているのはおそらくオレンジの職場が誇るイケメンカルテットと呼ばれる男性従業員4人(オレンジ含む)のうちの一人のことだろう。

『さぁ…仕事以外の話はしないんで』

嘘だけど。

人のプライベートの話を見ず知らずの女にできるはずもない。

『話したいって言ってもらっていいですか?』

ウザッ。

自分で言えよ。

アイドルじゃないんだから。

『仕事中はそういうのはお断りしてるんですよ』

嘘だけど。

めんどくさいしろくでもない女の雰囲気が出てるから紹介なんてしたくない。

『じゃああの人って仕事何時に終わるんですか?待ってていいですか?』

しつけぇ。

何時に終わるかなんて知らねぇし。

ってか自分で聞けっつの。

ってかオレンジの仕事終わる時間なら教えるけどね。

ってかオレンジに興味だせ!

オレンジの仕事は人に見られる仕事なので稀にではあるがこういうことはある。

女性従業員はよくお菓子を貰っただのアドレス貰っただの言ってるし。

オレンジにももしかしたら知らないところでファンがいるかもしれないな。

声をかけられたことはないが、そういえば視線を感じるときがある(気がする)。

恥ずかしがって声をかけれないのかも。

もしファンの人がいたら遠慮なく声をかけてくれ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

花見に行こう

マイネの子守を頑張った琥珀をご褒美で花見に連れていくことにした。
 
札幌はGW明けの今が満開。
 
 
うへうへ歩く。
 
 
天気は曇りで散歩にはちょうどいい。
 
ちょっと風はあったけど。
 
 
もっこり咲いてました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

スマホデビュー

タイガース黄金週間巨人→中日→巨人の9連戦は1勝6敗2分で終了しました。
 
イー!
 
交流戦に賭けるか。
 
さて、オレンジもついにスマホを持つことになりました。
 
ビジネス用の方がタダで替えれるというので。
 
思わず替えてしまった…。
 
 
使い方がわからなくて変なとこいじってたら通話になった。
 
ヤベッ!
 
画面のスクロールがうまくいかなくてまだ『あ行』しか電話できない。
 
ちなみにパケホーダイに入ってないのでヘタなボタン押すと破産します。
 
しかも電池切れるの異常に早いし。
 
全然意味ない。
 
替えなきゃよかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

多頭飼いできるかも

琥珀とマイネはすっかり落ち着いて仲良くしています。
 
 
うららもペロペロされてます。
 
 
こんなに落ち着いてんならうちも多頭飼いとかできそうだな。
 
ってか琥珀がマイネの前でスカしてるんだよね…いつもみたいに大はしゃぎしたりしないし、いつも琥珀が座るソファーの場所をマイネに譲ったり。
 
大人になったのか?
 
ストレス溜まってなきゃいいけど。
 
今日の夜はいよいよマイネも帰る。
 
子守お疲れさまでした。
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

同じ女でも

雨だな…(ニヤリ)。

GWに雨なんて、残念だよね(ニヤリ)。

せっかくバーベキューやろうとか思って大勢で肉だの木炭だの買ってる人達がいたけど可哀相(ニヤリ)。

それはいいとして。

オレンジは別に石原さとみファンではないのだが。

最近柔軟剤のCMで見る石原さとみは超絶可愛いと思う。

何パターンかバリエーションがあるが、いずれも実に可愛く見える。

しかしタイヤのCMでは。

何パターンかバリエーションがあるが、いずれも全然なんとも思わない。

特別可愛く見えない。

同じ女なのに。

なぜだ。

ここ大事。

同じ人間でも仕草や雰囲気、シチュエーションによって、見る人間のツボにハマったりそうでもなかったりするわけだ。

これが日常に応用されると、もうどこにロマンスが転がってるかわからないと思わないか?

女の子達がオレンジのふとした仕草に『あ、今までなんとも思ってなかったけどオレンジさんって素敵かも』とか思うかもしれない。

そう考えると急に周りの視線が気になりだす30代。

意識してスカさずにはいられない。

まぁそんなこと考えてソワソワしてる時点で好かれる要素もないわけだが。

ところでCMと言えば、以前深夜に一度だけAKBが次々とベロチュウしてる超エロいCMを観たんだけど。

普段AKBに興味ないオレンジもあれはビックリした。

それっきり見なくなったということは放送禁止になったのか?

AKBマニアのオクスプリングさんなんかが見たら昇天確実。

と同時にそこまでやらせるプロデューサーや大人達に…背筋が凍る思いがしました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月 4日 (金)

熱帯の楽園

気付けば34になってた。
 
おめでとうメールは1件しか来なかったな。
 
おめでたいことなんだからみんなもっと盛大に祝ってくれればいいのに。
 
さて、オクスプリングさんがオレンジが魚屋になった夢を見たらしいが。
 
中途半端に正夢か。
 
魚を飼ってしまった。
 
タイのメコン川に棲むスズキ目キノボリウオ亜目オスフロネムス科トウギョ属という種類。
 
 
学名…ベタだ。
 
 
子供の頃お祭りで金魚やメダカを捕まえたり川でよくわからないタニシみたいのを拾ってきて虫かごで飼育したことはあったが。
 
きちんと魚類を飼ってみるのは初めてだ。
 
魚を飼うっていうのはどうも敷居の高さがあるよな。
 
素人が気軽に始められないような。
 
水質だの水温だの水中の酸素だのバクテリアだの餌だの水草だの。
 
きちんとやらないとすぐ死んじゃうような気がするし、いろいろ揃えるのに初期投資がね。
 
その上ライトだのポンプだのって手間もランニングコストもかかりそうで。
 
『魚を水槽に入れる前にまず水作り』とか言ってる時点でめんどくさい。
 
水道の水をジャッと入れてポチャンと魚を入れたってダメなんでしょ。
 
自分好みのオブジェや水草にカラフルな熱帯魚を入れて熱帯の楽園を作り観賞するっていうのは憧れるし。
 
観賞魚には精神を安定させ癒しを与える効果があるらっていうから家に癒しの空間も欲しいんだけど。
 
とにかく敷居が高い。
 
ちょっとほっとくとすぐ苔だらけになっちゃう。
 
と思って今まで敬遠してた。
 
なんだけど、ペットショップをブラブラしたときにベタを見てさ。
 
『コップやペットボトルでも飼える!』なんて言うからね。
 
飼い方とか調べてみたのよ。
 
ベタは口から入れた空中の酸素をエラにあるラビリンス器官という器官でエラ呼吸できる為水中の酸素は必要ないらしく。
 
また原生地では川の増水で出来た水溜まりにも生き続けるほど丈夫ということで。
 
でも闘魚って名前がつくだけあって複数飼いは不可。
 
だからコップで飼うわけか。
 
なるほどね。
 
ゴールデンウイークの休日、熱帯魚ショップへ行ってみた。
 
いるいる。
 
安いのから高いのまで。
 
コップは可哀相なのでまず小さい水槽を買って。
 
砂利と水草とカルキ抜きも。
 
あとはベタちゃん。
 
初心者なので195円のを買った。
 
帰ってきてセッティング。
 
完成。
 
 
簡単だ。
 
餌を入れると残さず食べた。
 
可愛い〜!
 
家に熱帯の楽園ができてうれしい!
 
10匹くらいで飼うんなら適当だけど。
 
1匹飼いだからちゃんと名前をつけて可愛がろう。
 
なんて名前にしようかな。
 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年5月 3日 (木)

1年ぶりのお泊り

GWで実家が旅行に行くと言うので。
 
1年ぶりにマイネをうちで預かることになった。
 
 
マイネにしてみたら3泊4日の宿泊研修って感じか。
 
琥珀3歳、マイネ1歳。
 
1年前よりは落ち着いたような気もするが。
 
 
まぁ騒がしい。
 
 
いやぁ4日間大変だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 2日 (水)

今成って?

黄金週間も半分が過ぎまして。

みんな有意義に過ごしているかな?

オレンジはちょうど真ん中の本日のみ休みなので、ここは超有意義に過ごしたい。

何をしてやろうか。

やはりウィズか…。

さて、それは置いといて。

タイガース若竹投手とハム今成捕手がトレード。

今成ってどんな奴?

イマイチ日ハムの選手って詳しくないんだけど。

城島がファーストへコンバートしたのでタイガースの捕手は藤井、小宮山、岡崎、清水、橋本。

小宮山や岡崎は伸び悩み、リードには定評があるが打てない。

ここで藤井が負傷したことによる場当たり的なトレードか?

日ハムにしてみれば鶴岡、大野の2枚看板に期待の若手近藤もいて半端な選手はいらないか。

しかしタイガース的には若竹はもったいなくなかったのかな。

先発候補が多い中、若竹はポスト藤川として二軍戦で実績を残してきた選手。

今後が期待されていたのだが。

そして生え抜きの捕手はもう育てるつもりはないのだろうか。

今成をじっくり育てるっていうんならいいが、いつまでたってもスタメン捕手が定着しないっていうんならそれは大きな問題だ。

もう誰でもいいから安定した力を発揮できる奴を育ててくれよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

ガーディアの宝珠

ウォリアーズを終わらせてからすることもなく。
 
だらだらと長くできるゲームはないものかと考えて。
 
自分が持ってるウィザードリィシリーズの中でまだクリアーしてないのがあることに気付いた。
 
5と7。
 
中でも7『ガーディアの宝珠』はクリアーどころかほとんどやらないで投げ出していた。
 
だって7だけウィズとちょっと違うゲームみたいなんだよね。
 
舞台がダンジョンじゃなく、外の世界。
 
どちらかと言えばマイトに近い。
 
マイトに近かったらオレンジが好きな感じだと思うでしょ。
 
そうなんだけどさ。
 
そうなんだけどやってなかった。
 
最初の町ニューシティーで投げ出してた。
 
とりあえず字がちっちゃくて疲れるんだよね。
 
急激に敵が強くなってすぐ死ぬし。
 
治せないステータス異常とかあるし。
 
スタートして最初に見つかる宝箱。
 
開けると毒矢の罠で数人毒になるわけだが。
 
低レベルなうちは絶対罠を外せないからまぁ毒になるわな。
 
で治すアイテムなんて持ってない。
 
魔法も高レベルで使えない。
 
町にはかなり進まないと辿り着かない。
 
途中には中ボスが。
 
この時点での毒は完全にゲーム終了を意味する。
 
それがわからなくてどっかで毒を治せるだろうなんて思ってたら泣きをみることになる。
 
このあたりの容赦のなさもウィズよりはマイトに近い。
 
あと町で物を売ってるお店の人を攻撃して殺せるところとかもマイトっぽい。
 
絵の粗さもマイトっぽい。
 
 
とにかくすんごいエネルギーを使うゲームなんだよな。
 
めんどくさいな…。
 
でも持ってるのにクリアーしてないのもしゃくだ。
 
ちんたらやってみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »