« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月30日 (金)

いっつもソファー

うちのゴールデンドゥードル琥珀はいっつもソファーで寝ている。
 
 
とりあえずソファーと枕が好きだ。
 
 
スペースを取って寝る。
 
 
いつもオレンジの座る場所がない。
 
琥珀専用のソファーでも買ってやろうかな。
 
でも自分専用を貰うよりも人と共有するのがいいんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月29日 (木)

似たような名前

のれん分けかケンカ別れか知らないが。

似たような名前の外食チェーンってあんじゃん。

いや、どっちでもいいんだよ、オレンジ的には。

そんなに食にこだわりもないし。

どっちでもいいからこそ迷惑してる。

世の中には通ぶってどっちでもいいと思わない人間がいるからだ。

いや、本当に食通でこだわりがある人もいるだろうが。

そういう人はいちいち人に突っ込んできたりしないだろうな。

例えばだ。

オレンジ『昨日時計台のラーメン食べたんだ』

『どっちの?』

オレンジ『どっちのって…時計台だけど』

『だから時計台ラーメンか味の時計台かどっちだよ』

オレンジ『味の…時計台だったような…』

『なんで知らずに食べてんだよ。美味い方とそうじゃない方があるだろ』

ムキーッ!

知らねぇよ、そんなの!

どっちだっていいだろ!

さらにだ。

オレンジ『昨日あそこの王将に餃子食いに行ったんだ』

『あ、大阪王将?あれ本物じゃないからね。本物は餃子の王将だから。本物じゃない方食べに行ったんだな』

ムーキーッ!

本物ってなんだよ!

オレンジが食ったの偽物かよ!

食い物じゃないのかよ!

どっちだってイーだろーがーッッッ!!

ただまぁそうやって人に通ぶって突っ込んでくる奴ってのは食に限らず。

『え?なんでそっち買っちゃったの?こっちの方がよかったのに』とか人が嫌な気分になることを平気で言ってくる奴なんだよな。

だから店側の問題じゃなくてこだわって見せたい奴の人間性の問題なんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月28日 (水)

ウェザーガールズ

韓国アイドルがJーPOP界を席巻する近年。
 
ついに我等が台湾アイドルが日本デビュー!
 
イー!
 
飛輪海や楊丞琳など日本でもCDを出してはみたもののイマイチブームの来ない華流アイドル。
 
本格的な華流の日本進出は今回が初めてだ。
 
『ウェザーガールズ』
 
ウェザーリポートじゃないよ。
 
かたつむりになったりしないよ。
 
まぁこのブログの読み手はCーPOPマニアが多いので当然みなさんご存知かと思うが。
 
台湾の人気番組のコーナー『Weather  girls』から派生したユニット。
 
日本でもちょっと話題になった『Weather  girls』は台湾の天気予報なんだが。
 
若い女の子達が日替わりで登場、毎月決まったコスプレで天気予報を伝える宅男向けコーナー。
 
メンバーは元々美容師だったり芸能関係じゃない女の子も含めて現在38人。
 
その中からアイドル選抜された7人。
 
月曜ガール  ハイジャン
火曜ガール  エース
水曜ガール  ダラ
木曜ガール  ミア
金曜ガール  ミニ
土曜ガール  ユミ
日曜ガール  ニューニュー
 
が、先月デビュー曲『恋の天気予報』を日本でリリース。
 
 
 
 
ウェザーガールズのブログはこちら。
 
 
全員で一つのブログを共有しているのだが、相当厳しい日本語。
 
特にエースの書き込みはカタコトを通り越してもう何書いてるか全くわからん。
 
ってか笑いを表現するとき全員『ひひひ』って書いてんだけど日本語教えたの誰だよ。
 
そのくらい下手な方が自分で書いてる感があっていいけどな…モデルのCicaなんてほとんど日本語喋れないのにブログはめちゃめちゃちゃんとした日本語で。
 
誰かが翻訳してるか本人が書いてない感じがバリバリだもんな。
 
今後も台湾と日本の両方で活動する予定のウェザーガールズ。
 
まだあまり流行ってないから、今から目を付けておくといいぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月27日 (火)

全国ネット

昼のワイドショーとかで多いんだけどさ。

首都圏中心の特集ってよくやってるよね。

あれマジ許せねぇよ。

頭おかしいんじゃないかと思う。

『休日に東京下町で探す隠れ家的レストラン』とか。

『今週末バスで行ける静岡の穴場グルメ』とか。

全国ネットでやってどうすんの!?

札幌から今週末バスで静岡まで行けってか!?

関東にしか人間住んでないと思ってんじゃねぇの?

そんなんローカルでやれっつーの。

もしくは札幌の隠れ家的レストランを全国ネットでやれよ。

他の地域に住んでる人がどのくらい興味ないかわかるから。

どう思う?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月26日 (月)

XTHやってます

この前エクスについて語ったときはストーリーとゲームの内容だったわけだが。

今回から自分のプレイを交えながら書こう。

このゲームはクリアー地点がゴールではなく、ロードの途中にクリアーがあり。

その後のロードはマニアの領域。

ひたすら自分の学府年鑑を更新する為に進軍する。

学府年鑑っていうのは冒険の記録ね。

倒した敵の数やマップの攻略率、プレイ時間他。

さらには称号なんていうのもあり『人を500人以上殺す』『マップ攻略率が80%以上』『80歳以上の学徒を作る』など無理難題ばかり。

中には『入学時のボーナスポイント40以上出す』なんていう実力では不可能な称号まである。

ちなみに先日オレンジは奇跡の38を出したが。

それ以上は絶対無理だろうな。

さて、今回2回目のプレイのオレンジ。

ウィズもかなりベテランの域に達しているとの自負もあるので、少しアウトローなパーティーを組んでみた。

1、バハムーン神女
2、ドワーフ侍
3、フェルパーくの一
4、ヒューマン狩人
5、セレスティア召喚士
6、ホビット司祭

一般に必須メンバーと言われる盗賊や僧侶や魔法使いは入れずに挑戦。

しかしこれが、ゲームの難易度を7倍に上げることに。

まず宝箱と鍵のかかったドアが開けれない。

狩人とくの一頼みになるわけだが、二人揃って腕が悪いことこの上ない。

2回に1回は宝箱の罠にかかり。

石つぶてやマジックドレインくらいならいいが(どうせ魔法ほとんど使えないから)毒ガスなんか出たらもう。

僧侶がいないので毒を治す魔法がない。

一応司祭も覚えるわけだがなぜかこのゲームの毒消し魔法(モフィスディア)は8段階のうちの6レベルと異常に高レベル。

司祭程度じゃいつになったら覚えられるのやら。

購買で売ってる毒消しもやたら高い。

なのにかなり早い段階で毒の罠が出てくる上に毒のダメージの高さは絶望的。

魔法自体の使用回数もシビアなこのゲーム。

僧侶がいてもモフィスディア4回しか使えなかったりするのに毒ガスで6人全員毒になったりする。

毒を治せないのに毒にかかりやすいパーティー。

毒ごときで何十回リセットしたことか。

毒毒書いてしまったがそれぐらい毒に腹立ってるんだよな。

ウィズやっててとりあえず狩人をパーティーに入れる奴って100人に一人くらいだろう。

どうでもいい奴を入れてしまってかなり後悔している。

あと魔法使いがいないので、浮遊魔法(レビフェイト)が使えない。

ダンジョンに仕掛けられた様々な足元の罠は全てくらいながら通過しなければならないし、深水域も通れない。

とにかく司祭のレベルアップを待つしかないな。

苦しい戦いだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月24日 (土)

今のところこんな感じ

タイガース来季の構想は今のところこんな感じ?

1番 二 西岡
2番 中 大和か伊藤隼
3番 遊 鳥谷
4番 三 コンラッド
5番 左 マートン
6番 右 獲得なら福留
7番 一 新井兄
8番 捕 日高
9番 投

福留獲得がなければ右マートン左新井弟か。

獲得した新外国人がどんな奴かわからないから期待を込めて4番にしてみたが。

もし開幕時の信用がないなら4番は福留か新井になってしまうだろう。

そんなんなるとまた迫力ない打線になっちゃうんだよな。

最低でもコンラッドにはブラゼル以上の活躍をしてもらわないと。

外野手の若手に育ってほしいオレンジとしては福留獲得にはあまり気が進まない。

中谷、伊藤隼、一二三あたりが台頭してくれるのがベストなんだが、福留を獲っちゃうと聖域になるんだろうなぁ。

まだもうちょっと人のいりくりがありそうなので。

今後もストーブリーグに注目ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月23日 (金)

ピラニア

なんったる悪趣味。

ファイナルデスティネーションシリーズに匹敵、ってかもうファイナルデッドでしょ、これは。

『ピラニア』

DVDの話よ。

動物系パニックホラー映画。

DVD借りに行って『ピラニア』ってタイトルの映画あったりするじゃない。

こういうのってどういう奴が借りんの?って思うじゃない。

いや、オレンジもそう思うよ。

こんなん誰借りんの?って。

借りた。

なんかちょっと変わったの観たかったのよ。

んで観てみたわけだが。

これマジで大当り。

ヤバい。

動物系でありながらB級ホラーの鑑のような傑作。

まさにあの『ファイナルデスティネーション』を彷彿させる、見事な切株っぷり。

主人公のジェイクは湖畔で行われている若者達のパーティーでポルノの撮影隊に出会う。

地元民で湖に詳しいことから撮影スポットの案内役として彼等に同行することになり、ボートで湖に出る一行。

しかし湖は地震によって繋がった地底湖から飛び出した数千匹のピラニアで埋めつくされ。

湖畔のパーティーも撮影隊も襲われてスプラッタな光景が広がるっていう。

90分を切る短めの映画なんだが前半は死に役の若者どもがチャラチャラと湖で馬鹿騒ぎして、なんとも不快な感じ。

このパーティーに大量のピラニアが乱入して惨事になることは火を見るより明らかなんだが。

中盤から後半にかけての予想を裏切る被害者の数と、若者達の死にっぷりはなんとも鮮やか。

脚はもげる、皮は剥げる、目玉は取れる、真っ二つになる。

大勢が大混乱でしがみついた洋上のステージやボートが次々に転覆するシーンの演出は一流。

タイタニックより迫力あるぞ。

それでいて次から次へと無駄にオッパイが出たり簡単に首がもげたりする安っぽさにはB級の味わいがあり、観てる側の苦笑いが止まらない。

素晴らしい。

名作だ。

皆さんもこういう映画を馬鹿にせずに、一回観てみるといい。

きっと満足するはず。

『ピラニア』

オレンジのオススメの一本です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月22日 (木)

XTH

あの『マイケルソフト社』が家庭用ゲームソフトとして世に送り出したゲーム。

『ウィザードリィエクス〜前線の学府〜』

本来のアメリカのパソコンウィズの移植は1〜8までなので、これも含めて他のウィズはほとんど日本製。

2005年のゲームだ。

先日書いたオレンジがオススメしたいRPG第2位にランクインしたソフトだが。

1位はあのマイト&マジックBook1。

これはもうほとんど殿堂入りの1位なので、実質ランキングとしてトップなのはエクスであると言える。

そんなエクスがどんなゲームか説明したいんだけど、その前に何故今エクスか。

実は先日『ウィザードリィエクス2〜無限の学徒〜』を衝動買いしてしまって。

これほんと売ってなかったんだよね。

1をクリアーして以来ずっと欲しくて。

次見かけたら買おうと思ってたんだけど全然売ってない。

市場に出回ってないのかな。

ネットで買おうとも思ったんだけど全然値崩れしないし。

そんなエクス2にたまたま遭遇したもんで、買って家に帰ってからやろうと思ったんだけど。

これがまた。

1からやりたくなっちゃったんだよなぁ。

あの凶悪なゲームを最初からやり直したくなっちゃったんだよ。

んで2を置いといて1から始めてしまったわけだが。

いや面白い。

なんたる名作。

伝説のゲームだ。

舞台は『アーレハイン聖戦学府』。

空と海を竜が支配する世界、大陸を渡るには太古の魔術師が作り出したロードと呼ばれる道を通らなければならない。

ロードの覇権を巡り続く魔族との戦争。

魔族も竜が怖くてロードを使ってるのね。

聖戦学府はその戦争に出撃する戦士を育成する軍事学校なのだ。

このアーレハインに入学した生徒達が主役という、なんだか全くウィズらしからぬ設定。

ウィズといえばストーリーがあるのかないのかなんの目的で洞窟を歩いてるのか全くわからないけどとりあえず奥に進もうっていうノリのダンジョンRPG。

まぁ結局始まってしまえばロード内はいつものウィズ。

いや、いつもに輪をかけて鬼畜なダンジョン。

驚くのはモンスターのグラフィック数。

なんと30種類程度。

宝箱の罠の種類と同じくらいの数。

それが色違い、レベル違いで次から次に出る。

ダンジョンのマップ数は100以上。

異常な多さだ。

こんな感じのウィザードリィエクス。

面白そうでしょ。

2回クリアーした奴はそうそういないだろう。

頑張ってクリアーしてやるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月21日 (水)

予約

月末発売の王心凌のニューアルバム『愛不愛(限定2013年カレンダー付き)』をネットで予約しようと思ったんだけど。
 
 
これ限定カレンダー付きのパッケージ。
 
これになんと『直筆サイン付き』なる商品が予約受付中になってる!
 
値段は1000円くらい高いが…怪しいな。
 
中国だし。
 
誰が書いてるかわからん。
 
まぁサインはそんな興味ないから別にいいか。
 
サイン会招待券とかなら超揺れるとこだが。
 
通常の限定盤を予約しようと思ったら。
 
あ!
 
S.H.Eのニューアルバムも予約開始になってる!
 
イー!
 
チェック不足だった…セリーナのリハビリやエラの結婚から最近はソロ活動ばかりで3人での活動はやめてしまったのかと思っていたが。
 
 
『花又開好了』。
 
花はまた開いた。
 
2年8ヶ月ぶりの新譜、まさに今のS.H.Eを表す言葉。
 
名曲『花都開好了(花は全て開いた)』を受けての今回のアルバムのタイトル。
 
わかりやすく言えば一義の『魔法を信じ続けるかい?』の10年後の曲『魔法を信じ続けているかい?』みたいな感じだ。
 
うむむむむ。
 
どちらを買うべきか…。
 
迷うことないな。
 
両方買おう。
 
ボーナス出るし、試験も受かったし。
 
たまには贅沢してもいいだろ。
 
『花又開好了』は2バージョンあったが『一起的美好版』を買うことにした。
 
『一緒にいる美しさ』みたいな感じか。
 
やっべ、楽しみが2倍になったな。
 
早く来ないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

とうとうWBCに向けて侍ジャパンが始動しましたね。

オレンジは第一回のアジア予選を観に行ったよ。

日本VS中国。

札幌ドームで試合やったからね。

今札幌ドームで予選なんかやったら満席近くなるかもしんないけど。

当時は日ハムが北海道に移転して間もない頃。

北海道民は野球に関心が無く。

現在のようなクソミーハー野球ファンみたいのがあまりいなかったので、全日本の国際大会だというのにスタンドはスカスカだったな。

第一回大会ということで知名度が低かったせいもあるか。

メンバーは凄かったよ。

バッテリーは上原ー里崎で。

こんな凄い日本代表を生で見れるのになんでお客さん入ってないのか、北海道民の野球への関心の無さが信じられなかったよ。

だからクソミーハーだって言うんだ。

確かそのときは10ー1で勝ったと思う。

さて、今回第3回大会なわけだが。

1回2回と優勝していることもあり、今回も是非優勝してもらいたい。

いや、順当にいけばまず優勝すると思うよ。

クソアメリカはどーせシーズンオフに金にならない大会なんか出て怪我したらまずいからたいしたメジャーリーガー出ないでしょ。

キューバは強いったって日本がアマチュアで組めば勝てないかもしんないけどプロで組めばまぁ負けないでしょ。

そしたらクソ韓国に勝つメンバーを揃えれば優勝できるってことだ。

じゃあ優勝できるメンバーを予想しようじゃないですか。

実際は巨人が出れば優勝できるだろうくらいに思ってるわけだが、それじゃあつまらないのでちゃんと考えてみる。

今回海外組はほぼ全滅ということで。

とりあえず国内組で組んでみるか。

1番 中 長野
2番 右 糸井
3番 遊 坂本
4番 捕 阿部
5番 指 中村
6番 一 内川
7番 左 稲葉
8番 三 松田
9番 二 本多
投手 杉内、内海、前田、摂津、田中、吉見、成瀬、涌井、山口、浅尾
控え捕手 谷繁、嶋
控え内野手 中嶋、井端、鳥谷、宮本
控え外野手 栗山、聖澤、平野

こんなとこでしょう。

なんだか海外組を外しちゃうとパッとしないな…ってかタイガースいねぇ〜。

鳥谷に三塁やらせちゃうか。

外野の控えも薄いから平野を外野手登録しちゃったよ。

結局巨人中心になってしまうわけだが。

頼むから韓国に負けるのだけは勘弁してくれよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月16日 (金)

裁判員

職場の先輩になんと裁判員の通知が来たらしい。

めっちゃ羨ましい!

めっちゃ羨ましい!

先輩はめんどくさがってたが。

法学部卒のオレンジは裁判に参加するのは夢だ。

いや、それなりに悪いことすれば被告として参加はできるかもしんないけど。

そういう参加の仕方じゃなくて、もうちょっと上の立場で参加したいんだよ。

他人の人生を掻き乱してやりたいんだよ。

こいつ多分無罪だけどなんか態度悪いから懲役、とか。

この娘間違いなく嘘ついてるけど可愛いから勝訴、とか。

そして裁判の詳細な内容や公表されていない情報を周りにガンガン漏らしたい。

そんなこと言ってる奴は絶対選ばれないんだろうな。

先輩に『大きい事件だったらいいですね』って言ったんだが。

『被告に顔覚えられて後から逆恨みされたら嫌じゃん』と言っていた。

確かに。

すごく嫌がっていたので『最初面接があるらしいからそこでアホなフリすればきっと落とされますよ』と言っておいた。

でも面接通ってほしいなぁ。

そして裁判の日オレンジが仕事休みだったら傍聴に行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月15日 (木)

100sai

100sではなく。

100歳。

オレンジのおばあちゃんだ。

先日めでたく100歳を迎えたわけで。

まだまだ元気。

一人でトイレも行ける。

遠くに住んでるので実際は何度も会ったことはないが、95歳のときにはわざわざオレンジの結婚式に来てくれた。

毎年年賀状もくれるし、オレンジが大学を卒業するまでお年玉をくれてた。

とてもいいおばあちゃんだ。

とてもいいおばあちゃんなのだが、長生きと健康の秘訣は。

どうやらわがままと自己中心的性格にあるらしい。

オレンジにとってはいいおばあちゃんなんだけど。

一緒に暮らしてるとそれはそれはわがままとのこと。

まぁわがまま言って人に迷惑かけてるほうがストレス溜まんなくて長生きできるんだろうな。

オレンジみたいに周りの顔色ばっかり伺ってストレス溜め込むタイプは長生きできないかもね。

一応今考えてる作戦は若いうちは周りに気を使って人間関係を良くしておいて。

歳をとって知り合いが減ってきたら急にわがまま放題やってデイサービスの人とかに超迷惑かけつつ100歳まで生きるつもりだ。

おばあちゃんもまだまだ周りに迷惑をかけながら。

120歳まで元気に生きてもらいたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月12日 (月)

愛不愛

11月16日、いよいよ王心凌のニューアルバム『愛不愛』の予約開始。
 
発売は現地で11月30日なのでネットで買うと日本で手に入るのは12月上旬だと思う。
 
14曲入りですでに何曲かPVを動画で観たが。
 
一曲付けとこ。
 
 
やはり予約して買わねば。
 
これが気になるジャケット。
 
 
実はこのジャケ写、予約前の未発表時点にネットで漏れたもの。
 
なので直前で変更になる可能性も。
 
さすが中国。
 
 
 
シンディ大人になったなぁ。
 
30歳だもんな。
 
ハニハニ言ってた頃が懐かしいぜ。
 
みんなも早めに予約しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

名作RPGの話2

ドラクエの中では5がオレンジ的には一番良かったかな。

最初モンスターが仲間になるなんて聞いたとき。

いやものの見事にパクったな、なんて思ったよ。

恥ずかしげもなくやってくれたもんだと。

でもモンスターがレベルアップできたりさ。

ある程度好きな物装備できて成長させれるってのは良かった。

嫁さんを選べるのも良かった。

そこは斬新。

かなり浮いているが悪魔くんに触れておくか。

水木しげる原作アニメからのゲームだけどさ。

これマジ名作だからね。

たしか昔ネタにしたと思ったけど。

主人公の悪魔くんが十二使徒をを集めながらムー大陸へ東嶽大帝を倒しに行く話。

悪魔くん自体もタロットカードで戦うんだけどかなりショボくて戦闘は仲間に頼ることになる。

ゲームバランスも良くアニメからのゲーム化のくせに非常にいい出来。

これは一流のRPGに引けをとらない。

プレステ2あたりでリメイク希望だ。

最後にトップ20には入らなかったけどオレンジが面白かったと思うRPGを少し書いておこう。

『コズミックファンタジー3(SCDROM2)』

タイトルで歌がかかって結構スイッチを入れた瞬間恥ずかしい。

でもトップ20に入れるかどうか迷った名作。

アニメーション全盛期のスーパーCDROM2なのでビジュアルシーンが異常に多く、それこそアニメを観ている感覚に近い。

『ロマンシング・サガ(SFC)』

複数の主人公から一人を選び一つの目的を目指すRPG。

今では自由度が高いゲームが多いがこれが一番最初にそういった部分をアピールしていったゲームだ。

『風雲カブキ伝(SCDROM2)』

スーパーCDROM2の人気シリーズ『天外魔境』の第3弾。

当時のCDROMはとにかく豪華なアニメーションと喋ることに命をかけてたので会話のほとんどが有名声優の声。

ヒロインの阿国の声は牧瀬里穗だったと思う。

喋るだけじゃなく内容もよく出来ていた。

目新しいシステムとかはなかったけど純粋に面白かった。

ランキング内でも外でももし気になるタイトルがあれば聞いてくれ。

どう面白いのか詳しく解説させてもらうからね。

知られていない名作に日を当てていけることになれば幸いだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

名作RPGの話

1位にしたマイトに関してはもう何度もこのブログで書いてるから説明不要だよな。

名作中の名作。

全ての面において完璧なRPG。

2位のエクスはちょっと意外かもしれないが。

ウィズの中では異色というか。

画のタッチが他のものとまるで違い、学園モノで恋愛ゲームを彷彿させる。

しかしながら内容はウィズの中でもかなり高難度なほうで。

毎回変わるランダムダンジョンのマップは100種以上。

アイテム総数は5000以上でやり込み度も高い。

でもモンスターのグラフィックはまさかの30種類以下、同じモンスターの色違いとかレベル違いばっかり出る。

パッケージのソフトな印象に騙されてウィザードリィ初心者が気軽に挑戦しようものなら泣きを見ること間違いなし。

それから女神転生シリーズがたくさんランクインしている点にも触れておくか。

初めてファミコンのデジタルデビルストーリーをやったときは凄い衝撃だったよ…会話で悪魔が仲間になるなんて。

しかも合体できるなんて。

しかも主人公の名前が中島ってなぜか普通。

そして女神転生2をやったときはさらに衝撃。

ゲームの中でゲームをやってるとこから始まって。

洗練された会話内容と多彩な神話の悪魔たち。

平将門まで出る。

女神シリーズはいずれも簡単でも難しくもなく、ゲーム慣れした人はだいたいストレスなくクリアーできるレベル。

ただファミコンの2作品だけは鬼畜。

スーパーファミコン版以降オートマッピング機能が付いた点が大きく違うんだろうな。

そういう一般受けを狙った改良はちょっと残念って言えば残念。

初代デジタルデビルストーリーとかラストハルマゲドンはよく方眼紙にマップを書いたものだ。

上位タイトルに共通して言えることなんだけど、やっぱ圧倒的に難しいものを並べてしまう。

簡単ではないものをクリアーしたという自負から上位にランク付けしてしまっているところもあるのかも。

特に1位から3位の難易度は別格。

例えばオレンジと同じゲーム世代1000人にクリアーしたことあるゲームを聞くと。

ドラクエの各タイトルなんかきっと2〜300人くらいはクリアー経験あるでしょ。

もっとかも。

でもマイトをクリアーしたことある人って1000人に聞いたらさ。

たぶん一人いるかいないかだぜ。

下手するとマイトを知ってる人がそんなにいない可能性もある。

こういう隠れた名作の面白さと難しさを世の中の人にもっと知ってもらいたい。。

もうちょっと語りたいけど長くなったから次回に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 9日 (金)

オレンジのオススメゲームRPG編

今回はテレビゲーム世代のオレンジがやってきたゲームの中で最も人にやってもらいたいRPGをランキング形式で発表。

シリーズものもそれぞれ違うから今回は別々に書こう。

オレンジの中の審査基準としては『是非他の人にやってもらいたい』『プレイしている期間は何をしていてもそのゲームのことを考えている』『誰にでもクリアーできるものではない』『記憶に残るインパクトがある』など。

みなさんのランキングと違うかな。

第1位 『マイト&マジックBook1(FC)』
第2位 『ウィザードリィエクス〜前線の学府〜(PS2)』
第3位 『マイト&マジック8〜デイオブザデストロイヤー〜(PS2)』
第4位 『女神転生2(FC)』
第5位 『デジタル・デビル・サーガ(PS2)』
第6位 『デジタル・デビル・サーガ2〜アバタール・チューナー〜(PS2)』
第7位 『サンサーラ・ナーガ(FC)』
第8位 『ウィザードリィエンパイア〜古の王女〜(PS)』
第9位『デビルサマナー〜ソウルハッカーズ〜(PS)』
第10位『ドラゴンクエスト5〜天空の花嫁〜(SFC)』
第11位『ラストハルマゲドン(FC)』
第12位『葛葉ライドウと超力兵団(PS2)』
第13位『ファイナルファンタジー4(SFC)』
第14位『マイト&マジックBook3(SCDROM2)』
第15位『邪聖剣ネクロマンサー(PCエンジン)』
第16位『悪魔くん〜魔界の罠〜(FC)』
第17位『ウィザードリィ3〜ダイヤモンドの騎士〜(FC)』
第18位『ペルソナ3(PS2)』
第19位『ファイナルファンタジー3(FC)』
第20位『真・女神転生(SFC)』

勢いで20位まで書いてしまったが。

みなさんこのランキングにいろいろな意見がおありでしょう。

おそらくみんなが考えているであろうQ&Aを書いてみよう。

Q『最近のゲーム全然入ってねぇじゃん。最新のゲームの方が面白いに決まってるのに』
A.それを言われると返す言葉もない。PS3とかXーBOX持ってないし。

Q『何わけわかんねぇゲームのタイトルばっかり並べてんの?お前ドラクエとかFFやったことねぇだけじゃん』
A.ファミコンからPS2までのドラクエとFFは全てクリアーしている。確かに面白いがここに書いたゲームはそれ以上に面白いだけのこと。

Q『なんで世界三大RPGのマイトとウィズばっかりランクインしててもう一つウルティマは入ってねぇんだよ』
A.ウルティマ面白くないんだもん。

Q『女神転生びいきじゃない?』
A.確かにトップ20に7タイトルも入ってるな。そう考えたら名作が多いよね。

こんなとこでしょうか。

詳しい解説は次回あたりでも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 8日 (木)

カレンダー欲しい

カレンダーが欲しい。
 
『段ちゃんのカンタン中国語カレンダー2013』がッッ!!
 
 
お馴染みテレビで中国語の段文凝ちゃんなんだが。
 
 
なぜかメイド服もある。
 
ちょっとこれは悪ふざけが過ぎるな。
 
やり過ぎだ!
 
アイドルじゃないんだから!
 
でも欲しいな。
 
いや、別に段ちゃんが見たいわけじゃなく。
 
中国語の勉強の為にね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 7日 (水)

呪い

邪聖剣ネクロマンサーをクリアーした晩から。

凄まじい高熱を出したオレンジ。

久しぶりに真っすぐ立てないくらいというか、熱が上がりすぎると目がかすむのな。

よく漫画とかで高熱で目がかすむなんて言ってるけどほんとにあるんだ。

そんな状態でも仕事には行くオレンジ。

風邪菌を周囲にばらまいて翌日仕事に行ったら周りみんな風邪ひいてた。

しかもこれも呪いかこんなときに限って体温計の電池切れ。

嫁に『絶対高熱なんだって!』と言っても全然信じて貰えない。

ネクロマンサーの呪いだよな、絶対。

エンディングで最後土を掘り返す音がしてさ。

続編に続きそうな気持ち悪い終わり方してた。

あれで呪いがかかったが。

懲りずに昔の呪われた名作を発掘していくぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 6日 (火)

魔空王

ついにラスボス。
 
 
魔空王アザトース!
 
いや強い強い。
 
純粋に攻撃力と魔法威力か凄まじい。
 
四天王の最後の一匹が異常に強かったから、こういうクセのあるゲームってさ。
 
案外『ラスボスって四天王より弱いじゃ〜ん』みたいなことがあったりすんのね。
 
もしくはラスボスのクセにセコくMP吸い取ったり眠らせてきたりまともに戦ってくれないとか。
 
そんなことが多いんだけど、意外にもこのゲームは。
 
ちゃんと普通に強いボス。
 
やるな、ネクロマンサー。
 
あまり好ましくない制約があるとしたら、主人公のみ装備できるネクロマンサーでしかダメージを与えられないことか。
 
他のメンバーはサブに回るしかないっていう。
 
バロンなんかパーティーに入れてたら『やくそう』と『魔よけの水』を使うしかすることがない、動きの遅いアイテム係だ。
 
この前入れときゃよかったって言ったけどやっぱ入れなくてよかった。
 
あとロミナに関してなんだが。
 
成長は遅いが秘められた能力がありそうっていうキャラね。
 
ラスボスにたどり着く頃、ようやく他の二人と同じくらいのステータスに。
 
これじゃあ意味ない。
 
こっからどんだけ成長すんのか知らないけどこの辺でやっと追いつくならここまでの苦労は骨折り損じゃないか。
 
ただゲームを難しくした。
 
結論としてはライムとカオスの魔法コンビが一番正解なんだろうな。
 
とにかく苦戦したものの4回目の挑戦で魔空王アザトースをやっつけまして。
 
めでたく終了。
 
名作だったなぁ。
 
さらに昔の名作を発掘していこう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 5日 (月)

オレンジのオススメホラー映画トップ10

今回は自称ホラー映画マニアオレンジが選ぶ好きなホラー映画トップ10を発表しよう。

シリーズのものは代表作のみ記述。

第1位 『スペル』
第2位 『ディセント』
第3位 『REC』
第4位 『ファイナルデスティネーション』
第5位 『ゾンビランド』
第6位 『ハプニング』
第7位 『フォースカインド』
第8位 『28日後…』
第9位 『ホステル』
第10位『ヒルズハブアイズ』
第11位『ロスト・アイズ』
第12位『パンズ・ラビリンス』
第13位『ドーンオブザデッド』
第14位『モーテル』
第15位『ミスト』
第16位『ケース39』
第17位『バイオハザード』
第18位『ザ・ライト』
第19位『ダイアリーオブザデッド』
第20位『バタリアン』

こんな感じでどうでしょう。

勢いで20位まで書いてしまったが。

実際順番つけるのって難しいな。

それぞれ全然違う良さがあるからね。

面白いホラー、怖いホラー、痛いホラー、グロいホラー。

一言でホラーと言ってもジャンルは様々。

特にトップ5は甲乙付け難い。

どれも最高に面白い名作だ。

そん中でオレンジは『スペル』をトップにしてしまったがこれはちょっとクセがあるから賛否両論あるかもね。

怖いホラーではないから。

『ディセント』『REC』は間違いなく怖いホラー。

こんな怖いホラー映画は観たことないって言える。

特にディセントを観ちゃったらもう一人で洞窟なんて絶対行けないね。

行かないけど。

トップ10以下に至ってはもう順番つけれないわ。

それぞれに良さがあり、不満もあり。

でも少なくとも10位以内に書いてあるホラーはオレンジが自信をもってオススメできるホラー、20位以内も一応観てもらいたいホラー。

この後もトップ5を脅かすような、素晴らしいホラー映画を探していきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

面白かった赤い糸

ネットでもずいぶん話題になっていたみたいだけど。

『赤い糸の女』面白かった〜。

マジで面白かった。

昼間やってるのが惜しいよ。

月9でキムタクあたりを出してやってほしい。

麟平か栃彦の役で。

作中の発言とセックスシーンが過激過ぎて地上波ゴールデンでは厳しいか。

最後の芹亜の整形が崩れた顔はホラーだったな…鼻曲がってたし。

主役の三倉茉奈が清純派ヒロインのくせに友達と3人で男をシェアして四角関係を友情化しようとしたり人を生き埋めにして殺したり売春したりする展開には度肝を抜かれたが。

ってか結婚サプライズで落とし穴に落として死んだとかって最近あった実話だよね。

それを早速ドラマでネタにするとは驚き。

そして一番笑えるのは昼ドラならではの発言。

芹亜の整形を戻すときには『じゃあ…芹亜は元のブタのような顔に戻るというの!?』など。

いくらなんでも普通に人の素顔をブタのようとか言うなよ。

子役の子とかみんなにブタブタ言われて絶対学校でいじめられるだろ。

しかし久しぶりに熱いドラマだった。

ダラダラと愛だの恋だの言ってるよりもさ。

これからのドラマはこのくらい欲望剥き出しでいきましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土)

28週後…

いやぁ王道。

久しぶりに王道のゾンビ映画を観たわ。

『28週後…』

映画『28日後…』の続編なんだけどストーリー自体は独立してて。

『28日後…』が名作だったので借りてみたのだが、これがまた名作。

もう最初からゾンビが走る!

全速力で逃げる人間を全速力でゾンビが追う!

一応ゾンビにはいろんな制約というか取り決めというかルールみたいなものがあるよね。

一般的には『リーダーがいてはいけない』『知性があってはいけない』『頭を破壊されなければ死なない』『走ってはいけない』などが挙げられる。

しかしこの映画のゾンビ、走る!

とにかくすごいスピードで走る!

普通に全速力。

ゾンビ好きの中には走るゾンビを快く思わない人間もいるだろう。

でもここまで大勢が全速力で走るともう、完全に開き直っている感じ。

観てて気持ちいいくらい。

内容としてもベタというよりは王道という言葉がしっくりくる質の良さで。

最近の映画ではないけどいい映画だった。

これは是非みんなに観てほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 2日 (金)

四天王

四天王

四天王一体目ツァトゥグァ。
 
ミゲルアーマを装備してても打撃で500当ててくる。
 
装備してない他の二人は即死。
 
防御力アップ魔法バラムでまずこっちの防御力を上げることが絶対条件。
 
それがわからず一回目は秒殺された。
 
そう、『邪聖剣ネクロマンサー』いよいよ魔王の大陸なのだ。
 
ラスボス前に四天王がいるとはなかなかオシャレな。
 
 
二体目ナイアラトテップ。
 
クトゥルー神話でニャルラトホテプと呼ばれる奴だ。
 
強っ!
 
サバリスやキルエなどの超強力攻撃魔法を二連発してくる。
 
魔法反射魔法ラミールを毎ターンかけてなんとか攻略。
 
 
三体目ハストゥール。
 
キモッ!
 
弱っ!
 
二体目と同じく攻撃魔法を二連発してくるが、同じ攻略法で倒せた。
 
しかもこっちの方が弱かった印象。
 
 
四体目ヨグソトース。
 
激強っ!
 
異常な素早さで3回攻撃に強力な攻撃魔法、その上シリバ(眠らす魔法)もある。
 
ここまで来てそんな初歩的な魔法に苦しめられるとは、すごいストレス。
 
速さも異常。
 
早過ぎて写真もぶれる。
 
そしてこのゲームの最も恐ろしいところ。
 
四天王を倒しても一回セーブ(復活の呪文)してやり直したら全員復活してるっていう。
 
それどころか50000円払ってババァに道を空けてもらったのに一回止めてもう一回行ったらまたババァがいたり。
 
でも間違って捨てちゃったアイテムとかも切ってから再開して取りに行ったらまた宝箱に入ってたりするんだけど。
 
とにかく四天王とラスボスを一度に倒さなきゃならない。
 
FF3かよって感じだが。
 
もうちょっとだし頑張りますか。
 
あ、そうそう。
 
いよいよ今日赤い糸の女最終回だね。
 
予告では芹亜の整形が崩れて元の顔に戻すしかなくなるっていう。
 
やべっ楽しみ過ぎる。
 
絶対見逃せないぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

球児

球児の海外FA権行使が発表されまして。

いよいよ球児もタイガースを去るときが来たか。

『藤川の145キロは久保田の155キロより速い』なんてJFK時代には言われていたが。

一時期のような球の重みは感じられなくなった彼にもいまだメジャーの注目は熱いらしい。

2年総額8億円程度で約10球団が争奪戦に乗り出すそうだ。

メジャーで成功した投手として代表的なのはやはり野茂。

日本での成績と比較してよくやったと思われるのは黒田、建山、岡島あたりか。

逆にちょっと残念なのは松坂、上原あたり?

だいぶ残念なのが川上、井川、藪ね。

藤川の代名詞である打者が球の下を空振りするホップするストレートと、ストレートと同じ軌道のフォークがどこまで通用するか。

そしてタイガースの新守護神は誰になるのか。

来季は国内もメジャーも目が離せないな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »