« 名作RPGの話 | トップページ | 愛不愛 »

2012年11月11日 (日)

名作RPGの話2

ドラクエの中では5がオレンジ的には一番良かったかな。

最初モンスターが仲間になるなんて聞いたとき。

いやものの見事にパクったな、なんて思ったよ。

恥ずかしげもなくやってくれたもんだと。

でもモンスターがレベルアップできたりさ。

ある程度好きな物装備できて成長させれるってのは良かった。

嫁さんを選べるのも良かった。

そこは斬新。

かなり浮いているが悪魔くんに触れておくか。

水木しげる原作アニメからのゲームだけどさ。

これマジ名作だからね。

たしか昔ネタにしたと思ったけど。

主人公の悪魔くんが十二使徒をを集めながらムー大陸へ東嶽大帝を倒しに行く話。

悪魔くん自体もタロットカードで戦うんだけどかなりショボくて戦闘は仲間に頼ることになる。

ゲームバランスも良くアニメからのゲーム化のくせに非常にいい出来。

これは一流のRPGに引けをとらない。

プレステ2あたりでリメイク希望だ。

最後にトップ20には入らなかったけどオレンジが面白かったと思うRPGを少し書いておこう。

『コズミックファンタジー3(SCDROM2)』

タイトルで歌がかかって結構スイッチを入れた瞬間恥ずかしい。

でもトップ20に入れるかどうか迷った名作。

アニメーション全盛期のスーパーCDROM2なのでビジュアルシーンが異常に多く、それこそアニメを観ている感覚に近い。

『ロマンシング・サガ(SFC)』

複数の主人公から一人を選び一つの目的を目指すRPG。

今では自由度が高いゲームが多いがこれが一番最初にそういった部分をアピールしていったゲームだ。

『風雲カブキ伝(SCDROM2)』

スーパーCDROM2の人気シリーズ『天外魔境』の第3弾。

当時のCDROMはとにかく豪華なアニメーションと喋ることに命をかけてたので会話のほとんどが有名声優の声。

ヒロインの阿国の声は牧瀬里穗だったと思う。

喋るだけじゃなく内容もよく出来ていた。

目新しいシステムとかはなかったけど純粋に面白かった。

ランキング内でも外でももし気になるタイトルがあれば聞いてくれ。

どう面白いのか詳しく解説させてもらうからね。

知られていない名作に日を当てていけることになれば幸いだ。

|

« 名作RPGの話 | トップページ | 愛不愛 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名作RPGの話2:

« 名作RPGの話 | トップページ | 愛不愛 »