« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月30日 (木)

タイ旅行9〜帰国

タイ旅行9〜帰国

シリラート博物館は撮影禁止だったので殺風景な玄関だけ写真をつけておこう。
 
チャオプラヤーエクスプレスとBTSに揺られ、サイアムに帰ってきた我々。
 
 
ホテルはレイトチェックアウトにしてあるので、18時までなら戻って一休みできる。
 
リキッドに空港に連れて行ってもらうのは20時。
 
まだ昼なので時間はたっぷりある。
 
嫁が欲しいと言っていたアカリコのアロマオイルとかジム・トンプソンのハンカチとか買い物したり。
 
CDショップに行ってタイアイドルのCDを物色したりした。
 
嫁と離れて単独行動とかしてみたんだが、男の一人歩きはここでは大変だ。
 
『オニーサン、ジャパニーズ!?エロビデオエロビデオ!スケベスケベ!』
 
海賊版を売る店。
 
変なとこ歩いてたらすげぇ声かけられたりガッシガシ腕捕まれて引っ張られたり。
 
中国人とかアジア人観光客が多い中、奴らどうして一目見ただけでオレンジが日本人でスケベだとわかるんだ。
 
アジア人も多いが欧米人も異様に多いバンコク。
 
さすがは世界一の観光都市だ。
 
最後はまたホテル前のお土産ストリートを歩いて。
 
バンコクとお別れ。
 
さすがに楽しかった。
 
リピーターや長期滞在者が多いってのもわかるよ。
 
帰りは深夜発の便だったから爆睡して。
 
朝、新千歳に到着。
 
一昨年から週一で運行を始めた新千歳−バンコク直行便。
 
昨年末から毎日運行になり、札幌とバンコクのパイプはこれからどんどん太くなるな。
 
また休みをとって行ってみたいと思います。
 
そのためにも、毎日仕事頑張ろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月28日 (火)

タイ旅行8〜死体博物館

タイ旅行8〜死体博物館

美しいアユタヤの夕焼け。
 
異国の素晴らしい景色に心を癒される。
 
そしてデモと雑踏の街に帰ってくる。
 
ホテルで一休みして今夜も夜の街へ。
 
今日もデモは大盛況だがデパートはやってる。
 
買い物したり、ご飯を食べたりして、二日目終了。
 
あ、ちょっと関係ないけど。
 
タイは野良犬が多いんだよな。
 
昼は暑いので路上でグダグダと倒れこんでて。
 
夜はちょっと活発になって歩き回る。
 
平気で人混みを犬が歩いてる。
 
街中にも仏像とかがよく建ってて、お供えも置いてあるからそういうのを食べてるんだな。
 
 
ちなみに結構でかいネズミもいる。
 
三日目。
 
この日は一日フリー。
 
バンコクにはまだまだ行きたい観光地がたくさんあるのだが。
 
どこへ行こうか。
 
バックパッカーの聖地、カオサン通りか。
 
トラと触れ合える、タイガーテンプルか。
 
小船に乗ったまま買い物ができる水上マーケットか。
 
いずれも魅力的だが、オレンジ夫婦が選んだのは一般にオススメされない、ガイドブックにもほとんど載らない隠れスポット。
 
『シリラート博物館』。
 
別名『死体博物館』。
 
チャオプラヤー川の対岸、広大なシリラート病院の一角にある博物館。
 
死体の博物館だ。
 
人間の。
 
イー。
 
BTS(バンコクトランジットシステム:スカイトレインと呼ばれる電車)に乗り、昨日に引き続きドブ川のチャオプラヤー川へ。
 
今回は渡し舟ではなくチャオプラヤーエクスプレスという水上バスに乗る。
 
いくつもの停留所に停まり上流と下流を結ぶ舟。
 
渋滞の多いバンコクにおいて、渋滞と無縁の市民の足だ。
 
チケットも何種類もあるし舟も旗で色分けされてて、停留所が異なる。
 
なかなか難しかったがそこら辺にいたタイ人に身振り手振りで聞いて乗り込んだ。
 
スピードが速いし揺れるのでドブ川の水がかなりかかる。
 
停留所停車時間が極端に短く、着いたと思ったらあっという間に発車。
 
日本のバスだと『バスが止まってからお立ちください』だがこっちは止まってから立ったんじゃ到底下りられない。
 
もうすぐ着くと思ったらグラグラ揺れていても降り口まで行って待機してないと。
 
舟を降りて少し歩くとすぐにシリラート病院。
 
迷路のような敷地の中で、狭い路地に『MUSEUM』の文字。
 
こんなとこが入口か。
 
大丈夫か?
 
入ると受付で名前と入館時間をチェックされ、2階へ。
 
そこに待っていたのは…。
 
いきなり出ました、赤ちゃんの死体のホルマリン浸け。
 
ただの赤ちゃんじゃないんだ。
 
奇形児。
 
身体は一つで頭が二つあるとか。
 
両足がくっついてるとか。
 
そんな奇形の死体が何十体。
 
うげぇ…。
 
なんたる悪趣味。
 
絶対日本じゃ無い。
 
さらに進むと事故や殺人で死んだ人間の写真とその本人の頭蓋骨。
 
顔に斧が刺さってたり、手榴弾で頭が半分吹っ飛んでる写真と骨。
 
エグすぎる…。
 
日本では多分殺人事件の裁判員とかはこういう写真見るんだろうね。
 
そして死刑執行された凶悪犯のミイラ達。
 
特徴的なのは寝てるんじゃなくて電話ボックスみたいのに立って展示されてること。
 
前開きなんだがに顔を近づけると今にも扉が開いてこっちに倒れかかってきそう。
 
鍵も壊れてるしセロテープで止めてる感もあり。
 
ヤバすぎ。
 
他にもマラリアに感染した人とか銃で撃たれて穴が開いた心臓とかが展示してあった。
 
なんてキッチュなんだ。
 
非常に嫌な気分になりながら一通り見て、病院を後にした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月26日 (日)

タイ旅行7〜世界遺産

タイ旅行7〜世界遺産

タイと言えば象。
 
ここアユタヤにも40頭ほどの象がいて。
 
背中に乗ったり一緒に記念撮影できたり。
 
人に慣れててとても頭がいい象達。
 
可愛い。
 
アユタヤは600年前から栄えていた王朝だが、250年前にビルマ軍に滅ぼされて以来風化の一途を辿る遺跡。
 
 
世界遺産なんだけど手厚く保護されてるわけではなく雰囲気としては街中の公園のような。
 
さとらんどとか野幌森林公園みたいに気軽に入れて誰でも触れて。
 
近所のタイ人の子供が鬼ごっこかかくれんぼか知らないがそんな感じで走り回ったりしている。
 
しかし我々から見れば神秘の遺跡。
 
素晴らしい。
 
アユタヤにも輝く仏像。
 
 
巨大な寺院と仏像は最初は感動したがあまりにも数が多くて。
 
だんだん珍しくなくなってくる。
 
そして入るとき必ず靴を脱ぐのだが、歩き回って足がむくんでて。
 
うまく脱ぎ履きできなくてめんどくさくなってくる。
 
寺院は服装に厳しく。
 
帽子は脱ぐし、ノースリーブやスカートは禁止。
 
サンダルもダメ。
 
熱心な仏教徒や坊さんがたくさんいるので気をつけないと。
 
アユタヤにはこんなのもある。
 
 
600年前に作られた仏像が200年前に生えた木に取り込まれている。
 
すごい光景だ。
 
気付けばいい時間に。
 
遺跡の側のレストランでやはり口に合わないタイ料理のコースを食べて。
 
夕刻、アユタヤのライトアップを観てバンコク市内に帰ることに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月25日 (土)

タイ旅行6〜見所まだまだ

タイ旅行6〜見所まだまだ

これがワット・ポーの涅槃像だ。
 
なんか…大雑把な作りだ。
 
散々繊細な建築物を観てきた後だけに、足の指の長さとか10本全部同じような像はやや幻滅だなぁ。
 
 
それにしてもすごい寺院が目白押し。
 
ボキャブラリーが少なくて申し訳ないがすごいしか言いようがない。
 
 
すごい。
 
タイだなぁ。
 
午前中の観光はここまで。
 
ここから高級ホテルで昼ご飯。
 
タイ料理のバイキングだ。
 
見た目は超うまそうなんだが。
 
実際食べると、やはり口に合わない…。
 
全部美味しくない。
 
調味料と素材の違いなんだろうなぁ。
 
そして格安ツアーお決まりの宝石店へ移動。
 
こういうとこで宝石を買う奴いるのか?
 
いるからツアーに入れるんだろうな…。
 
さらにキングパワー免税店に行って。
 
午後からはいよいよ世界遺産、アユタヤを巡る。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月24日 (金)

タイ旅行5〜寺院を観よう

タイ旅行5〜寺院を観よう

2日目。
 
この日は朝から晩までツアーを詰め込み定番観光地を全て回る強行日程の日。
 
ガイドのリキッドと待ち合わせて、いざ、王宮へ。
 
 
うわぁ〜。
 
なんたるきらびやかさ。
 
そして荘厳さ。
 
この迫力はヤバい。
 
これぞタイ。
 
鳥肌だわ〜。
 
いろんな国からいろんな形で仏教が入ってきてるのでいろんな神様がいるなぁ。
 
エキゾチック、タイ。
 
そしてチャオプラヤー川対岸、暁の寺院へ。
 
チャオプラヤー川はコーヒー色のドブ川。
 
このドブ川を渡し舟で渡る。
 
結構揺れて酔うし雑菌の多そうな水もかかる。
 
口に入ったら病気になるだろう。
 
 
これが暁の寺院だ。
 
なんと3階まで登れる。
 
 
建築技術が発達してない時代に気合いでこの巨大かつ繊細な建築物を作りあげる昔の人達はほんとすごい。
 
たっぷり堪能して、次は『ワット・ポー』へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月23日 (木)

タイ旅行記4〜ホテル事情

オレンジが泊まったバイヨーク・ブティック・ホテルは、非常にランクの低いホテルだった。

タイの平均がどの程度か知らないのでなんとも言えないが、少なくともオレンジが過去に泊まったアジアのホテルの中では最低ランクだった。

元々マンションだったビルをオーナーが買い取って改装したらしい。

そう言われるとなんか気持ち悪いな。

何があった部屋かわからない。

とりあえずこれはアジア共通だがトイレの水流は尋常じゃなく弱い。

とてもじゃないが大はできない。

シャワーの出方もおかしい。

水がまとまらずヘッドから出た瞬間飛び散るので、かけたい所に全然かからない。

なんか説明が難しいのだが、とにかく水がうまくかからないのだ。

朝食もまずかった。

まぁ朝食に限らず現地の飯は基本口に合わないってことは前に書いたが。

テレビのチャンネルは60以上あって。

日本のアニメもやってたよ。

シティハンターは音声は日本語のまま、タイ語の字幕が出てたんだけど。

ドラゴンボールZは完全吹き替え。

ベジータやフリーザがタイ語で喋っているのは圧巻だ。

オレンジは部屋に荷物を運んできたボーイにチップを渡したのだが、なんかそいつビックリしてた。

チップ文化ないのか?

あと備え付けのコップとか普通に汚かった。

落ちない汚れかと思ったが水に浸けて擦ったら落ちるんだよ。

こういうとこほんと適当なんだよな。

まぁそれも慣れだ。

弾丸旅行だから基本ホテルには寝るときしかいないしね。

東南アジアの格安ホテルってこんな感じ。

潔癖の人はちょっとお金かかっても高級ホテルにするべきだよ。

まぁこの汚さもアジアの醍醐味だって思って楽しむくらいの気持ちが必要ってことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月22日 (水)

タイ旅行記3〜夜の街

タニヤ通りはさすがにいかがわしかったな。

狭い路地は両側ぎっしりいわゆるゴーゴーバー。

セクシーな服装のブス共がもう何十人も店の前で客引き。

女連れだったからまだマシだったと思うが、それでも随分声をかけられたよ。

ドアの開いてる店もあり、中を覗くとステージ上で下着姿のブス達がポールダンスしてる。

なるほど。

そんなタニヤ通りを抜けて次はパッポン通り。

こっちは昔はタニヤ通り以上のいかがわしい路地だったらしいが、現在はあまりの観光客の多さにお土産屋の屋台の方がガンガン出てしまい。

感じとしては台湾の士林夜市に近い。

客引きに腕とか捕まれて引っ張られたりするから台湾よりはだいぶ品が無いが。

アジアの観光地の商店は2種類分けられる。

商品に値札の付いてる店と、付いてない店だ。

付いてる店は良心的なところが多いのだが。

パッポン通りのようないかがわしい所はどの店もまず値札が付いてない。

ふっかけてくる値段をどこまで下げられるか。

交渉を楽しむのがアジアの醍醐味なんて言う人もいるが、言葉もわからないオレンジ的には値段交渉なんて煩わしさしかない。

値段が書いてあっても興味ありそうな顔で商品を見ていると『100』と書いた値札をバッと下げて『300!』とか言ってくるカス店員もいるからほんとたまんないよ。

しかしここは全然値段付いてないから買い物しずらいなぁ。

それでも中にはオシャレな小物もあり、欲しくもなる。

『ハウマッチ?』と聞いてみる。

店員の女、電卓を叩く。

我々はタイ語で数字すらわからないので交渉は基本電卓だ。

『850(約2550円)』の文字。

ふざけんな。

オレンジ、電卓を叩く。

『100(約300円)』。

有り得ないような差額だが中国を初めアジアではこのくらい言っていい。

ジョセフ・ジョースターも同じようなことを言ってたろう。

女店員、『100!?バカバカ』と日本語で人を罵倒しながらまた電卓を叩き『600(約1800円)』と。

なんかムカついたので『バカはお前だ』と言って立ち去る。

ほんと面倒くさい。

少し行くとまた同じ置物を売る店が。

『ハウマッチ?』

店員の女、電卓を叩く。

『650(約1950円)』。

さっきよりは良心的。

しかしオレンジ、再び『100』と電卓を叩く。

女、考えこむと『500(約1500円)』と出してきた。

オレンジ『200(約600円)』と叩く。

そうしたやりとりを続け、女は『350(約1050円)』、オレンジは『250(約750円)』から引かなくなった。

『じゃあ実家のお土産と自分用に2個買うから500(約1500円)にしてよ』と言いながらジェスチャーすると。

『280×2で560(約1680円)』まで来た。

もうめんどくさいので2個で550(約1650円)で交渉成立。

最初1個650バーツって言ってたのが2個で550バーツになったんだから納得してもいいだろうか。

これでも実際得してるかぼったくられてるかわからない。

結局すっきりしない、モヤモヤした気分。

だから嫌なんだ。

そんな感じでパッポン通りをぐるりと回って、時間は気付けば23時。

BTSでサイアムへ戻り、ホテルで休むことにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月20日 (月)

タイ旅行記2〜デモに参加しよう

ホテルではフロントもボーイもいきなり部屋に来たタイ人の女もいろいろ話し掛けてきたがタイ語も英語もわからないのでことごとく追い返した。
 
すぐにホテルから出ると、バイヨーク・スカイからメイン通りまでの路地300mはすごい屋台街。
 
お土産系はここで全部買えるな。
 
えむあーるさんとTKOにTシャツを買おう。
 
あいつらTシャツ好きだからな。
 
1枚100バーツ(約300円)で結構生地がちゃんとしてる。
 
屋台街を抜けセンターワールドショッピングモールに来ると、もう街の中心部。
 
そして噂のデモである。
 
 
 
普段は車が通れるらしき大通り。
 
現在は運動会のように敷物をしいて居座る人々と、デモに便乗して商売をする屋台で完全に車は通行止めだ。
 
さらにテロ予防の為か通りを通るのにデモ隊と警官隊両方の持ち物チェックまであり。
 
日本語を話すと観光客だとわかったのかノーチェックで通してくれたが。
 
何万人いるか知らんがデモの真ん中に来てみる。
 
 
だいたい半分はちゃんとデモをしているがあとの半分は遊びで来てる奴ら、商売しに来てる奴ら、そして我々観光客。
 
特に商売しに来てる奴らはどこから仕入れてるのかデモグッズのようなものを道端で所狭しと販売し。
 
あとジュースとか、土産物とか、全然関係ないものを便乗して売ってる。
 
オレンジはデモの真ん中で100バーツ(約300円)で帽子を買った。
 
予定より早くバンコクに着いたんでサイアムスクエアのデパートで珍しいものでも物色しようと思ったのだが。
 
まだ19時なのにデパート閉まってる…。
 
デモの影響らしい。
 
デパートは早く閉まり路上でうさん臭い物を売る連中は23時くらいまで大騒ぎするような感じ。
 
仕方ないのでとっととサイアム駅からBTS(JRみたいなやつ)に乗って、サラデーン駅へ。
 
サラデーン駅周辺はアジアNo.1歓楽街。
 
札幌で言うとサイアムがさっぽろ駅周辺、サラデーンはすすきの駅周辺と言ったところ。
 
ここでもデモをやっていたがデパートは開いてた。
 
とりあえずお腹が空いたのでフードコートでトムヤムクンラーメンとか言うのを食べてみた。
 
クソまずぃ…。
 
旅全般通して言えることだがいろいろ食べてみたもののタイの現地料理は全くもって口に合わない。
 
まずタイ米がまずいし、全体的に辛酸っぱい。
 
ツアーに組み込まれてたのは仕方なく食べたけど、結局後半はマックとか日本食の店に逃げたもんな。
 
一応食べる物も食べたし、デパート内を閉店の21時まで歩き回って。
 
いよいよタイ名物の歓楽街、タニヤ通り〜パッポン通りへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月19日 (日)

タイ旅行記1〜初めてのタイ

さて、今回からまたダラダラとタイ旅行について書いて行きましょう。
 
いつものようにうららみつばは実家、琥珀は病院に預けて新千歳へ。
 
毎日運行中のタイエアライン新千歳直行便。
 
初めて乗ったがなかなかに快適。
 
デモの影響か機内はガラガラで。
 
とりあえず3人席を嫁と二人で陣取ってゆったり。
 
食事も日本人向けっぽくて美味しかったし、CAの洋服も紫色のタイの民族衣装みたいなので素敵。
 
でもカップにお茶を注いでもらったらカップが割れててボタボタに漏れた。
 
まぁその程度のハプニングでいちいち驚いていられないのがアジア旅行。
 
経験豊かなオレンジ、鼻で笑いながらカップを交換してもらう。
 
7時間半のフライト後、バンコク、スワンナプーム国際空港に到着。
 
タラップを降りてバスに乗り込むわけだが。
 
もう暑い。
 
氷点下10℃からプラス30℃の世界へ。
 
しかし連絡バスは冷房が効き過ぎて超寒い。
 
これは身体に良くないな。
 
税関を通って手荷物を受け取り、ロビーで待っていたガイドはリキッドさん。
 
中年のオッサンだ。
 
そこから車で40分ほどで、バンコク中心部のホテルへ。
 
 
渋滞で有名なバンコク。
 
車なんて一部の富裕層しか持ってないのになんで渋滞するのか。
 
行くとすぐわかる。
 
まず信号が無い。
 
よっぽど大きい交差点以外は基本信号が無いのでタイミングを見て強引に割り込むスタイル。
 
 
さらにはバンコクの地図を見ると驚くのだが。
 
道路が行き止まりだらけ。
 
あまりにも無計画な都市開発の為、道が全然繋がっていないのだ。
 
これじゃあ渋滞するのも当然。
 
あと基本『駐車場』ってのがない。
 
高級マンションに住んでる人は自分の家に駐車場があるものの、それ以外の街中にはだいたい無い。
 
世界的に有名な寺院などの観光地にすら無い。
 
だから道路の脇は路駐が溢れ。
 
これで渋滞にならないわけないよな。
 
もう、一から街を作り直さなきゃダメだ。
 
ちなみに前回チラッと書いたが横断歩道も無いので歩行者も車がビュンビュン走るところを歩いて渡る。
 
これは東南アジア共通のルールなのでオレンジも慣れたものだが。
 
泊まったホテルは『バイヨーク・ブティック』。
 
85階建てのタイNo.1ホテル『バイヨーク・スカイ』の裏にヒッソリと佇む元マンションを改築したホテル。
 
正直今まで泊まったホテルで一番ランクは下か…。
 
しかし今回の旅の拠点である。
 
時間は18時。
 
適当に準備して、早速夜の街へ繰り出すのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月18日 (土)

ほほえみの国から帰国

ほほえみの国から帰国

本日、無事にタイから帰ってきましたよ。
 
 
デモの影響もほぼ受けること無く…。
 
影響があったとすればサイアムスクエアのメイン通りがデモ隊で埋めつくされて歩行者天国になってたくらいか。
 
あと付近のデパートが1〜2時間早く閉店したってところ。
 
タイは初めてでやはり言葉には苦労したよ。
 
あのミミズの這ったようなタイ文字は1文字も読めない。
 
中国と違って漢字から想像をつけることもできず、英語表記とかも意外と少ない。
 
『コアラのマーチ』でさえこれだ。
 
 
コアラもマーチも読めないよ。
 
ただ海外旅行の場数はモノを言ったな。
 
タイは初めてで言葉はわからなくても『東南アジア暗黙のルール』ってやつは各国共通。
 
それを今まで嫌というほど体験してきたので強く体に染み付いてて。
 
横断歩道が無いから車の間を縫って歩くとか。
 
話し掛けてくる奴はだいたい悪人だから無視するかキレるしかない、とか。
 
わかってたから本当に楽しめた。
 
変なハプニングもなく、とてもいい国。
 
まぁハプニングがあっても動じなくなったというべきか。
 
次回からまた、旅の詳細を書いていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月13日 (月)

デモ

ジャムポムダイマイカッ!(私のこと覚えてますか!)

本日Xデー、予告通りバンコクで大規模デモが行われたようで。

主要な道路は封鎖され、10万人規模のデモ隊が行進。

そんなバンコクに今週行ってきます。

すでにシンガポールや香港からの便は欠航を決めているらしく。

今のところ日本からの飛行機は飛んではいる様子。

飛ばないなら飛ばないでいいんだ。

急に決めた旅行だし、行けなかったらノンビリするだけだ。

最悪なのは帰りに空港が封鎖されていること。

帰ってこれないと困る。

タイに永住しなきゃいけないじゃないか。

タイに行った人はみんな永住したいと言う、天国に最も近い国。

だからって日本での暮らしを捨ててまだ行ったこともない国に永住する勇気はない。

台湾に転勤と言われたら喜んで行くんだが。

とにかく行きの飛行機が飛ぶ以上は行くしかない。

デモの様子や爆発が起こったらすぐに駆け付けて写真をUPするので。

むしろデモに参加するくらいの勢いで行ってくるので。

皆さんに生のバンコクの様子を伝えますから。

楽しみに待っててくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日)

行き鯛

サバイディーカッ!(お元気ですか?)

タイに行くことになったわけだが。

バンコク中心部は反政府デモで連日大混乱なようで。

発砲や爆発が鳴り響き、デモ隊と警官隊が日夜衝突。

死傷者の数も日増しに増えているらしいね。

道路も封鎖されて交通機関もマヒしてるなんて話も。

オレンジの泊まるホテルはそんなバンコク中心部のサイアムスクエアから程近い好立地。

イー!

いやぁ緊張感があるな。

わりとギリギリになってから申し込んだのにすんなり第1希望のチケットが取れたところになんとも言えない危険な空気を感じるもんな。

だいたい中国に行くってんならどんなとこかどんな奴らがいるかわかってるつもりだが。

オレンジはタイについてなんの知識もない。

バンコクがどんな街なのか、どんな人種なのか。

下調べしておかないと。

タイの首都バンコクは市ではなく首都府。

東京23区と同じ、バンコク50区からなる都市なのか。

1月の平均最高気温は32度。

常夏だな。

千歳までどんな格好で行けばいいんだ。

シンガポール行った時は雪深い札幌をアロハシャツで歩いた記憶があるが、もうそんな若くないしな。

バンコクの人口は850万。

850万ンンン!?

そんなにいんの!?

あ、東京って1300万もいんの?

最新の地下鉄も張り巡らされてて高層ビルも建ってるようだ。

タイなんて言うとイメージ的には山奥に寺院や仏像ばっかりあって布きれ1枚の僧侶が裸足でウロウロしているような。

頭の上にカゴかタライみたいのを乗せて物を運んでいるような。

街中の移動手段は自転車の人力車(トゥクトゥク)だろう、みたいな感じに思ってたけど。

東南アジアの国って日本人が思ってるよりずっと発展しててビックリするもんね。

ロンドン、パリを抜いて外国人観光客が訪れる都市現在世界一。

物価も安いし程よく都会だし、みんな行きやすいんだな。

オレンジの上司のように一人で30回以上行っているリピーターも多いようだし。

きっと素敵な国なんだろう。

た〜のし〜み〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

寝込み正月

皆さん、あけましておめでとうございます。

本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

オレンジの正月は寝込み正月。

実は年末29日からがっちり風邪を引いてしまいまして。

頭痛、発熱、悪寒、吐き気、関節の痛み、腹痛、咳、鼻づまりを網羅した完璧な風邪。

風邪オブ風邪。

キングオブキングス。

外回りの仕事なんで何度も途中で辞めて帰ろうかとも思ったんだけど、またうまいタイミングで呼び出しの電話が鳴って振り回されんの。

帰れない仕組みになってるもんだな。

そんなわけで体調を回復させることもできないまま正月突入。

こんな辛い正月は初めてだわ。

実は年賀状もまだ書いてないんで。

来ると思ってる人、もうちょっと待ってくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »