« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月18日 (金)

シオシオのパー

シオシオのパー

買ってしまった。

円谷プロ特撮ドラマDVDコレクション。

創刊号999円(税込)。

幼少時代より無類の特撮好きだったオレンジ。

もちろんウルトラQの時代にはまだ生まれてないわけだが、物心ついたころライブで見ていたウルトラマン80から特撮の大ファンに。

ゴジラ映画も映画館で何本観たことか。

まぁ当然のごとく付属のDVDを今観たらショボいわけだが。

しかし白黒の特撮ドラマ、味がある。

昔のドラマは音が悪いし役者が早口で半分何言ってるかわかんないけど。

ブースカは可愛くてハマるな。

一時期ブースカブームもあったみたいだけどブースカがへこんだときに使う『シオシオのパー』
はなんか言いたくなっちゃう。

流行らそう。

シオシオのパー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 8日 (火)

疲れてます。

疲れて仕事から帰ったら琥珀がもっと疲れてた。



今日はカットとシャンプーの日だったみたいで。

長時間じっと立ってたんだって。

ズビズビ言いながら寝ております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 7日 (月)

インドのおまけ

インドのおまけ

気付けばインド行ってから1ヶ月経ってたよ。

これでなかなか忙しくしているもので。

でも最後にまとめておこう。

いやインド、素晴らしかったね。

人生観変わったかと聞かれたらそれくらいで変わるほど人生経験浅くないよと答えるが。

それでも本当に良い経験ができたしいいものを見れた。

同じ21世紀の地球にこんな場所があるんだな。

悔やまれるのはお土産をあんまり買えなかったことかな。



海外に行ったら意外と強気になっちゃってわりと変な露店でなんか買ったり怪しいお土産屋に入ったりするのだが。

今回に限ってはとにかく時間も無かったし。

何より怖かった。

ガイドが徹底して止めてきたしね。

そこらの店に入ったらドア閉められて出れなくなるみたいなことが多々あるらしい。

でも楽しかったよ。

その怖さもアジアの醍醐味。

今にして思えばちょっとそういう店に入ってみればよかった。

まだ行ってない人はそんなとこ絶対行きたくないとか言わず、是非一度挑戦してみて。

きっと今まで経験したことのない体験ができると思うし。

なにより日本の素晴らしさに、気づくはずだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 1日 (火)

India3

タージマハールに来たぞー!



浮かれて現地の衣装をレンタルして来てみたが。

素晴らしい…。

イメージしてたより数倍デカい。

タージマハールってこんなに巨大なの?

大理石でこれほどの建造物。

この迫力。

なんかもう、圧倒されて言葉も出ない。

これを見るためだけでもインドに来るべきだと強く言えるほどの素晴らしさだった。

人生で一度は生で見て。

この日はアグラに宿泊。

この日のホテルはお湯が出たよ。

インドも冬は寒い。

お湯が出るって幸せ。

夕食はホテルのバイキングでカレー。

朝食もホテルのバイキングでカレー。

早朝、川の対岸から朝日の昇るタージマハールを見物。



寒さを忘れる感動。

そして車で3時間、再びデリーへ。

昼食はレストランでカレー。

このあとデリーの世界遺産群、『レッドキラー』『インド門』『フマユーン廟』『クトゥブミナール』を見学。

この頃にはすっかりインドの環境にも慣れ、ガン見してくるインド人をガン見仕返したり道でウンコしてる人を見ても驚かなくなった。

でも1ヵ所、途中でチャリンコタクシーに乗ってインドのスラムを散策するという意味不明なイベントに巻き込まれた時は戦慄したよ。

これがまた旅行会社が手配したタクシーじゃなくてさ。

そこら辺を走ってる汚ならしいジジィの運転する自転車を捕まえて乗せられて。

スラム街を2~30分かけてのんびり回ってくるというもの。

ガイドは留守番。

このチャリンコのジジィがまた話のわからん奴でさ。

黙って回ってくれればいいのになんかただ観光客を乗せてスラムを一周することに相当納得いかなかったらしく。

だいぶガイドともめてた。

インドの町の雰囲気を味わうにはこれが一番だが、くれぐれも話しかけてくるインド人を相手にしたり買い物したりするのはやめるようにとガイドから注意事項を聞いて。

ジジィの三輪チャリでスラム街をのんびり走る。

非常に怖い。

あばら家が立ち並び牛と猿がごみ捨て場を漁る整備されてない道をチャリンコの後ろに乗って眺める。

なんだこれ。

どこまで行っていいかわかってないジジィ、なんだか随分遠くまで来た気もするが。

適当にターンして戻る。

車道を走ってるから後ろの車の邪魔になってクラクションを鳴らされたりする。

発展途上国はすごい勢いでクラクション鳴らすからね。

信用できないジジィだったが無事に出発地点まで帰してくれた。

命の危険を感じる非常にスリリングなアトラクションだったぞ。

そして旅は終了。

インディラガンディー国際空港でJALに乗り帰国。

アジアの国は何ヵ国も行ってみたが。

全てにおいて別次元だったインドでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »